「Windows Updateの種類」に関する記事を見つけたので、パクリメモ。
Windows 10のWindows Updateでやってくる「更新プログラム」をまとめてみよう (1/3):山市良のうぃんどうず日記(139) - @IT
Windows 10の「設定」で、「更新とセキュリティ」⇒「Windows Update」⇒「更新の履歴を表示する」ページでインストール済みの更新プログラム(更新の履歴)を確認できる(古い履歴はクリアされる場合がある)。更新の履歴は、以下の様に更新プログラムの種類ごとに分類されて表示される。
  • 機能更新プログラム(Feature Updates)
  • 品質更新プログラム(Quality Updates)
  • 定義更新プログラム(Definition Updates)
  • ドライバー更新プログラム(Driver Updates)
  • その他の更新(Other Updates)
    20200424084037
関連過去記事:「更新の履歴」消滅対策 / 「更新の履歴」が消えた

2018年、Windowsの重大ニュース……それはWindows Update問題 (2/3):山市良のうぃんどうず日記(143:年末特別編) - @IT 
「C」・「D」リリースは、翌月の「B」リリースに向けたテスト配布
  • 「B」リリース (通称、月例パッチ、定例パッチ、Patch Tuesday)
    毎月第2火曜日(日本ではその翌日)にリリースされる、新しいセキュリティ修正を含む累積更新プログラム。
    自動更新される。または「更新プロクラムのチェック」をクリックすることで降臨する。
  • 「C」リリース (オプション更新)
    Bリリースの翌週(第3週)にリリースされることがある累積更新プログラム。翌月のBリリース前のテスト配布。
    「更新プロクラムのチェック」をクリックすることで降臨する。
  • 「D」リリース (オプション更新)
    Bリリースの翌々週(第4週、その月の最終日の場合、翌月の1日)にリリースされることがある累積更新プログラム。翌月のBリリース前のテスト配布。
    「更新プロクラムのチェック」をクリックすることで降臨する。
  • 「out-of-band」リリース  (オプション更新)
    随時。「更新プロクラムのチェック」をクリックすることで降臨する。
    「B」「C」「D」更新プログラムの修正版。
「C」リリース・「D」リリースは、翌月の「B」リリースに向けた「更新プログラムのプレビュー(テスト配布)」という位置付け。よって、これをインストールしたくないなら、「設定」アプリの「Windows Update」にある「更新プログラムのチェック」ボタンを不用意にクリックしない事とのこと。
20200424084033

WikiPedia:太平洋標準時(ロサンゼルス)

<<過去記事:03/25、Win10 更新より転載>>
2020年5月から、Windows 10 1909以降 / Windows Server 2008 SP2の「C」「D」リリースを一時停止する。いつまで停止するのかについては明らかにしていない。
関連記事2020/06/10更新:Windows 10の不調記録:8  / アドインのインストール状況:04/ ソフトのインストール状況:05ブラウザのアップデート:5 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法:2 / デバイスドライバ学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考 / Firefoxのセッティング-2  / ブラウザ&日本語入力 / Windows Update種類 / 「Windows検索」:覚 / ウィルス感染メモ

Microsoft、プレビュー版「Windows 10」の提供方法を再編 ~リングからチャネルに - 窓の杜(20/06/15)

Windows 10用のオプションの更新プログラムの提供が7月から通常状態に戻る
Windows 10のオプションの更新プログラム、7月に提供再開 | スラド IT(20/06/21)
7月からは「プレビュー」を名称に含めて明確化する。更新プログラム管理を簡素化するため、プレビュー版の更新プログラムは「C」の週にのみ提供する
WSUSを使用している場合はプレビューリリースが表示されなくなるほか、Windows Insider ProgramでRelease Previewチャンネルを選択した場合は開発中のセキュリティコンテンツを含まない更新プログラムが「B」の週に提供される