ブログ屋のTLS対応等から思うに、livedoorブログ⇒FC2ブログへの引越しに熱くなっていた気合が薄れてしまった。レンタルブログ屋さんは何れもこの程度か(?)と思えば、引越しはどうでも良くなった。
しかし、引越し先のFC2ブログの見栄え(テンプレート)が多いに気に入っている事が、FC2ブログへの引越ししたい気持ちを断ち切れない原因である。
特に「テンプレートをHTML5化」したい気持ちが大きい。
HTML5化の出来具合を評価するサイトであるW3C CSS 検証サービス (The W3C Markup Validation Service)で合格点が付くと、採点結果の「合格を示すバナー」が発行される。以前このlivedoorブログのHTML5化を図るべく試行し、チェックしたが、「合格バナー」を取得できなかった。
過去記事:ブログのHTML5化 / HTMLの文法チェック:学 / 画像リンクとhttps://化 / Flash Playerが消える / ブログカード利用:学 / ブログのHTML5化-2
とは言うものの、スマホからのアクセス環境が思わしくないFC2ブログが勧めるレスポンシブ対応テンプレートを利用しているブログをW3C CSS 検証サービスでチェックしたが、「合格バナー」を取得できているとは限らない。同様に、「はてな」「goo」「Ameba」等の(https化)済みのレンタルブログをチェックしたが合格バナーを取得できなかった。結果として「HTML5化って難しいんだね~」という、イソップ童話のカラスの言葉「あの水は苦いに違いない」と同様に諦めることにした。集客を目的にする訳でもない俺が利用するブログがHTML5化していようとも気に掛ける事ではない...と考えることにした。

W3C CSS 検証サービスでチェックした中で、「たかが一人、されど一人」ブログだけは合格点が出た。
CSS 検証サービス検証結果 https://takaga.blogspot.com/ (CSS レベル 3 + SVG)
20200422203037
こちらは、Googleのブログサービスである「Blogger」を利用している。流石は(https化)の言い出しっぺの提供するサービスと感心。しかし「Blogger」を利用している全てが合格点が出るとは限らない模様。
死後に自分のGoogleアカウントを自動的に消去する方法 - GIGAZINE」等を併せて考えれば、WebサービスをGoogleに一元化を図るという方法もあるが、「Blogger」の使い方がよく判らない。
とは言うものの、この期に及んで手を拡げる事もないだろう....ということで、矛を収めよう。
関連過去記事:ウェブ作成ソフトを導入 / livedoorブログ:雑感

ということで、HTML5化に関する工事は見送りとする。なお、勉強先リンクを控える。
とは言うものの、FC2ブログのようにテンプレートを弄れるというのは、良い暇つぶしのネタである。
しかし、若い頃であれば兎も角、古稀を過ぎたブログを書くだけの俺が、今更テンプレートを弄って暇つぶしをしようとは思わない。御仕着せの出来合いから、気に入った物を見つけて利用できれば十分也。

以下のような記事をFC2ブログが出すという事は、レスポンシブ対応TPを勧めているとは思えない
  • 爆速テンプレートについて - FC2ブログ 公式ちゃんねる(20/04/23)
    HTML・CSSの編集機能はできず、プラグインは利用できず、古いブラウザでは閲覧できない
と思っていたら、 FC2総合インフォメーションからはレスポンシブ対応TP。どっちを勧めているの

過去記事:livedoorブログ整理

関連記事(「HTML5化」⇒「新ボタン」⇒「新デフォルト(3カラム)」)
CSS:20 / トップページ:20 / 個別記事ページ:20 / カテゴリアーカイブ:20 / 月別アーカイブ:20


過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / FC2ブログに引越し再考 / スマホにアクセス解析
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録
関連記事:ct_responsive3c:改録H / ct_responsive3c:改録C / FC2ブログ、TP作成-3 / FC2のファビコン設定 / ブログカード利用:学
過去記事:FC2ブログをスマホから?FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化
ブログ引越は見送り / ブログの引っ越し思案中 / FC2ブログ引越し見合せ /
HTML5 Powered with CSS3 / Styling, and Semantics