「新型コロナかも知れないと怯える人」が増えているとのことだ。疑いだしたらキリが無いだろう。
間質性肺炎患者の俺だが、PCR検査を受けてみたいような、怖いような。(過去記事:病院の診察が怖い)
うまいこと潜り込んで新型コロナの検査を受ける事ができたとしよう。陰性であるとの検査結果を期待しているのだろうが、意に反して陽性だったとしよう。しかし、その時点では「症状が出ないとか、軽症」で無罪放免されたとしよう。何事も無く過ごし、数年後に他の病気で死んだ場合どうなるのだろうか。

厚生労働省は新型コロナウイルス感染症で色々と文書を出している。
新型コロナウイルス感染症について
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
オンライン診療に関するホームページ|厚生労働省
オンライン診療検索 - NewsDigest
※厚生労働省が公開したPDF形式の「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について|厚生労働省」をJX通信社がこれらのPDFデータを解析し公開した物。
中でも「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)」にて遺体に関して定めている。
3 遺体等を取り扱う方へ より抜粋引用
問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。
新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体は、24時間以内に火葬することができるとされており、必須ではありません(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第3条)*。感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。
*通常、24時間以内の火葬は禁止されている(墓地、埋葬等に関する法律第3条)
問2 新型コロナウイルスにより亡くなられた方及びその疑いがある方の遺体の搬送作業や火葬作業に従事する者が留意すべき事項はありますか。
遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。
他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。)・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。
火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。
「要請」しかしない政府の作文は金色である。『24時間以内に火葬...必須ではありません』『通常の葬儀の実施...遺族の意向等を尊重した取扱』『火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合』などと優しいが、志村けん氏や岡谷久美子氏の葬儀を見ても、そうではない事は歴然としている。
政府は体制の整っていない事を明言していないが、医療崩壊を防ぐという大義名分で検査を渋っている。
それはそれとして、むやみに検査を受ける事は如何なものであろうか。

新型コロナによる肺炎を原因として無念の死を遂げている人達が多いが、幸運にも完治する人達もいる。そしてその人達は陰性の検査結果なのであろう。
そのようにして治ったとする人達以外にも、世の中には隠れ陽性の人達が多いと報じられている。
そのような人達が、他の病気や寿命を全うして死んだ場合どうなるのだろうか。
時節柄、最近の死亡者は、死亡後にPCR検査され、新型コロナが死因ではない事を究明されるらしい。
新型コロナウイルス感染症の陽性履歴を持つ者として、普通の葬儀ができないのだろうか
そんなことで悩まないように、「新型コロナウイルス感染症の陽性」にならないように頑張ろう。

過去記事:緊急事態宣言の朝は / 緊急事態宣言:考 / 近づく戒厳令の夜 / 新型コロナ感染人数:考 / ネット国会にするべし / 「コロナ」のぼやき / 病院の診察が怖い / 「医療崩壊」と言うが / 感染者数は増えて当然 / 緊急事態の拡大宣言:思 / 新型コロナに耐えよう / 新型コロナで断捨離 / 必読、コロナ下の葬式 / 感染したら死ぬと思え / 太平洋戦争vsコロナ自粛 / 埋葬法の見なおし:考
ちなみに、新型コロナで入院治療した場合や、ホテルに隔離された場合の費用は、すべて無料との事。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PCR検査よりも、「抗体検査」(過去に感染し自覚の無い間に回復していて、COVID-19に打ち勝つ抗体を持っているかどうか)という検査が簡単にできるキットはメリットがありそうだ。
また、「抗原検査」なるものやらと、事ここに至ってからCOVID-19の検査の種類が増えている。
詳細はWikiPedia「日本における2019年コロナウイルス感染症の流行状況#検査体制」を参照
要するに、水際作戦の失敗は、医療崩壊を懸念する為に検査をしなかった・できなかったことだろう。