04/21から自社のネット通販サイト「シャープ製マスク販売サイト」で売り出すとされたが、開始直後からアクセス不能になった。販売方法を変えて再度売り出すとのこと。過去記事:マスクの販売案内:学
04/27より抽選の受付が始まったとのことで、申し込みをした。

URLに間違い無いか確認
https://cocorolife.jp.sharp/mask/


安倍草履が洗って使える布マスクを配布とやらは、色々と有るようで、届くものやら不明である。
届く云々も然ることながら、何をしても安倍草履は袖の下というかを掠め取っているらしい。
あの一族には善意というものは無いのであろう。 過去記事:アベノマスク、合点

最近のマスク不足から、ガーゼ等を縫ったマスクも出回ってきたが、WHOは効果が無いと言う。

しかし、高い税金を使ってアベノマスクを配布するのであれば、あながちでもないのかも知れないが...忖度と曖昧の国ジャポンでは何が真実なのかは知る由もない。

新型コロナ感染騒動が始まる前に、間質性肺炎+花粉症+元蓄膿症の俺は今年分としてマスクを備蓄していたが、そろそろ乏しくなってきた。しかし、現時点で敢えてシャープ製マスクを買わずとも、後数ヶ月もすれば追随している他社からマスクが市販されるのではなかろうか...とも思われる。
しかし、05/06までの緊急事態宣言期間が延び、年内などに期間設定される可能性は極めて高い。更には、来年はおろか数年続く可能性の方がもっと高いと思われる。
とした場合、買えるチャンスがあれば生かして買おうという魂胆である。
※同じ方が複数回申し込んでいると弊社が判断した場合は、応募を無効とします。
※抽選日は4月28日(火)です。
メールの発信元は、cocorostore-info@sharp.co.jp
とのことで、「2020年4月29日(水) までに順次当選通知メールを送る。しかし、当選しなった方にはメールは送らない」との事。難しい表現をしているが、要するに抽選日の翌日04/29 24時にメールが来なかったら外れだな 「購入期間、4月28日(火) 13:00 ~」とした事は。04/28のAMにはメールが発送か??
【第1回当選者のご購入期間】2020年4月28日(火) 13:00 ~ 2020年5月3日(日) 17:00
※購入手続き翌日以降の弊社営業日に発送
それにしても、今回の申し込み窓口は上記URLから更に【応募サイト】https://go.jp.sharp/maskに飛ばしている。それでもまだアクセスが滞る状態である。
このコロナ騒動の中で何度やっても繋がらないのは精神衛生上極めて悪い。
20200427074116
要するに、販売元であるシャープは前回のアクセス不能事件を何ら学習していない。
こんな企業が日本の大手として存在するのだから、先行きが危ういというものだ。
まあ、日本国向けに3万箱を販売し、抽選というのだから宝くじ以上の確立である。勝負運の無い俺が当選する事は望み薄だ。しかし、万一当選し、購入手続きをするハメになったら、このアクセスの悪いサイトではイライラものだろう。こんな出来事でなかったら絶対にアクセスするものかと思うサイトである。
それにしても、シャープが当初販売を発表した際には「1日3000箱をめどに売り出す」とのことで
21日から来月10日までは毎日申し込みを受け付け、その日の申し込みが3000人に達した場合はその時点で受け付けを終了し、翌日の午前10時から受け付けを再開する。-NHK(20/04/20)
であった。今回の「第1回抽選販売応募期間:2020年4月27日(月) 0:00~23:59」以降は有るのかね~
今回、一気に「3万箱」を販売するから、当分は在庫が切れるのかしらん。疑問:当初販売予定数は「20日×3000箱=6万箱」である。ということは、第1回抽選販売後も3万箱の残があるということだ。ケチ
【追記】3万箱の販売予定として第1回の抽選販売のマスクについては、470万6,385人の応募があったため4万箱に増量したとのこと。
 第2回以降の抽選販売に関する実施予定・実施方法については、近く当該サイトで案内あり
第1回抽選販売にご応募いただいた方を自動的に第2回以降の抽選販売の対象となり、改めて応募する必要はない》
【追記】石川県知事はマスク購入権配布を渋っていたが、やったね。これで、シャープは外れても問題無し。「5月中旬に購入券を郵送し、早ければ下旬から購入できるようにする」見通し。「クスリのアオキ」の店舗で、1戸当たり50枚入りマスクを2箱。調達は医療用品を扱う県内の企業が担う。福井県は04/24販売開始されており、富山県も配布予定。北陸3県、やるじゃん

石川県もマスク購入券配布、クスリのアオキで販売 県内50万戸に、最大100枚 | 福井新聞ONLINE
安倍首相と布マスク回収ミステリー 「不安はパッと」“官邸の金正恩”の発案が裏目に出た理由 | 文春オンライン
466億円の税金の使い道としてどうだったのか
本誌入手のアベノマスク「仕様書」でわかった“欠陥”と国内生産の謎 「命取りになる」と自民党幹部 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot.

【追記04/2817:30】シャープ製マスク。(早めに結果を知りたい方)を試したら、俺は不合格の模様だ。
シャープマスク 当選メールの詐称詐欺なりすましの見分け方。
マスクの当選者にはシャープのメールアドレス(cocorostore-info@sharp.co.jp)からメールが送信されるが、このアドレスで送られたように偽装されている場合もあるので注意が必要。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
もうすぐGWとなり、病院などの御助け組織もお休みになるのだろう。例年であれば連絡先をチェックして不慮の事態に備えているのだが、今年はそんな事をしても無駄のように思える。ケセラセラ也。
 
オンライン診療に関するホームページ|厚生労働省
オンライン診療検索 - NewsDigest
※厚生労働省が公開したPDF形式の「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について|厚生労働省」をJX通信社がこれらのPDFデータを解析し公開した物。