江戸時代頃から、「小股の切れ上がった女」・「こまたの切れ上がった女」という表現があるようだ。
Web日本語によれば、「股が長くてすらっとした、いきな女の姿を言う言い方」とある。
また、『「こまた」は、たとえば指と指のあいだ、首のうなじだとか、体のさまざまな場所をあてるのが昔から俗説としてあった』ともある。 おいらは、首のうなじであると確信している。
春風亭小朝氏の落語を聞けば、「こまた」とは「首のうなじ」ということであったが、女の色気を感じる部位の呼び名であることは間違いないようだ。

小股だけではなく、男が女の色気を感じる部位は多数ある。 千差万別・人それぞれということだろう。
全身から色気を発散しているような女もいるようだ。 とは言うものの、叶姉妹に色気は感じないが。
小朝氏の落語で 「ロングドレスを着ることで膝小僧を隠す女性は..」 という件がる。
体型に自信の無い女性は隠すことで細く見せようとするが、太腿が太い人でも膝小僧と踝は細い。 
その膝小僧や踝をロングドレスで隠してしまうのは唯一の細い部位を隠すことになる...ということらしい。
女性はオッパイには執念を持つようだが、膝小僧と踵(踝を含む) を磨く人は少ないようだ。
母性の象徴としてのオッパイに色気を感じる男性も多いのだろうが、膝小僧に色気を感じる者も多いんだよね~。
ましてや、ひび割れた踵に、高級なサンダルを履いたところでね~  バッチイだけだと思うのだか..

エクシヴ「かかと水虫」篇 ロート製薬 蜂谷晏海さん


篠原涼子 CM 天使のブラ スリムライン【夏のこもれ日篇】 トリンプ