10万円「特別定額給付金」のオンライン申請は、同じ人が何度も申請できる仕様になっているとの事。
同じ人物から重ねて申請された場合、自治体は「どの申請が正しいのか」を確かめなければならない。本人確認を含めて申請者と直接やりとりしなければならないが、「電話だと『詐欺ではないか』と不審がられるため、書面で問い合わせせざるを得ない」為、確認文書を郵送する方針
こうした作業で、給付金の振り込みが郵送申請より遅れる恐れもあるという。
総務省特別定額給付金室は「システム上、今から仕様を変えることはできず、重複状況は各自治体で確認してもらうしかない」との事。早く受給するつもりでオンライン申請を済ませたつもりの人でも、予想外のオペチョンをしていないかな~.....と心配心を煽ってみたり
過去記事:「通知カード」が廃止 / 10万円のオンライン申請 / 死ぬ前に呉れ、10万円

【PC編】これでわかる!特別定額給付金のオンライン申請の手順


【スマホ篇】
これでわかる!特別定額給付金のオンライン申請の手順


郵送より遅い? 10万円給付「オンライン申請」の本末転倒 - 毎日新聞(最終更新 5月15日)
オンラインなのは申請だけで、後は自治体職員による手作業のため、郵送による申請より時間がかかる可能性があるという。