【20/07/20追記】 この記事を未だに閲覧する皆様へ
07/15公開のChrome v84.0.4147.89を以って、私の環境でTLS 1.0/1.1がデフォルト無効を確認しました。また、同日には新しいMicrosoft Edge及びFirefoxもTLS 1.0/1.1がデフォルト無効化済みです。
関連過去記事:SSL / TLS設定チェック (参考:ChromeのTLS設定方法? / ★SSL / TLS 設定方法:2 / Chromeの新機能:学 / TLS 1.0/1.1サポート終)
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
07/15にはGoogle Chromeのv84が公開される。Chromium Edgeも追いかけてv84となるだろう。
これにより、主力の3WebブラウザでTLS 1.0 / 1.1が無効化される。
Firefoxでは20/03/11公開のv74.0で無効化されているが、「TLS 1.0/1.1の無効化により、それに未対応企業でリモートワークができない」という問題があることが判り巻き戻しされているが、再度巻き戻しされ、07/01公開予定のv78でデフォルトでTLS 1.0/1.1の無効化が行われるとのこと也。
延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 | スラド セキュリティ
これにより、SSL / TLS 設定が「TLS 1.3、TLS 1.2」が標準仕様となり、個人のパソコンでも「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用しない設定にしなければネットサーフィンできない事になる。
なお、「政府CIOポータル」では、『2020年4月末頃より政府CIOポータルにおいてもTLS1.0、TLS1.1のサポートについても取りやめることになりました』とアナウンスしている。
[IT 管理者向け] TLS 1.2 への移行を推奨しています – Microsoft日本のセキュリティチーム
  • QUALYS' SSL LABS SSL/TLS プロトコルバージョンの、有効/無効の状態を確認
それにも関わらず、俺が利用している大手サイトの中でも、TLS 1.1ならアクセスできるが、TLS 1.2ではアクセスできない所が有る。そのような無神経なサイトにはアクセスしないことにしているのだが、最悪な事には「金沢CATV」にアクセスできない。昨年の暮れには「TLS 1.2ではアクセスできない」事を申請し、それなりの立場の人から善処する旨の回答を得ているのだが、2020/06/14 10:00時点で下図のとおりアクセスできない。07/15になればTLS 1.2に標準化されたWebブラウザ利用者から苦情だらけになるだろうから嫌でも対応しなければならなくなる。とっととやれよ
過去記事:ブログ屋のTLS対応は / Chromeのクッキー対応 / Cookieブロック始まる / 個人情報保護法改正案:考 / gooブログの拍手ボタン / ★SSL / TLS 設定方法:2 / CAPTCHAを敬遠しよう

金沢CATV
https://www.kanazawacable.jp/
20200614095320
2020/06/14 10:00 スクリーンショット
Firefox Nightly、実験的機能の設定をオプション画面に追加 | スラド IT
オプションを追加するには、about:configで「browser.preferences.experimental」を「true」に変更する。あとはオプション画面(about:preferences)を開く


Flash Player のアンインストール | Windows
  • 終了前にアンインストールすることを推奨
  • 今年後半からはアンインストールを促すメッセージを表示
  • 現在のウェブサイトでFlashを使用しているのは全体の2.6%ほど

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~