2017年06月に換装したcrucial「MX300 2.5-inch SSD1」SSD用ファームウエアのアップデート専用のアプリ、Crucial Storage Executive(v5.09.122019.04)が不調になった。
Crucial Storage ExecutiveのDLL先は上記(https://www.crucial.jp/support/storage-executive)以外に(https://www.crucial.jp/support/ssd-support/mx300-support)が存在する。ページ内の記載が異なるが、DLLファイルは同じ物と見た。但し、後者は「Crucial MX300 SSDファームウェアアップデート」の冠。20/06/09、アンインストールして再インストールしてみたが状況に変化無く。

同アプリ自体は自動アップデートする仕掛けになっており、同SSD用のファームウェアも自動アップデートする。これは過去(20/02頃?)に自動実行された事があり、作動することは確認していた。
20200608175648

本日20/06/08に同アプリを起動したところ、上図のように「プロキシ設定」という画面が出て消えない。
この「プロキシ設定」画面は、4or5月頃から現れ出したが、それ以前は出てはいなかった。出始めてからも殊更の事は行わなくても画面右下の「プロキシ設定ボタン」を押下すれば消え失せて、その後は「ファームウェアは最新です」的な緑色の文字が表示されて一件落着であった。
ところが本日、「プロキシ設定」画面が出っぱなしで、「ファームウェアはありません」との赤色文字になる事に先ほど気が付いた。推察するには「同アプリがネット接続できず、ファームウェアをDLL・チェックできない」との同アプリから苦情を言われているのだろう。

しかしこれまで、同アプリを始めてインストールした時から「プロキシ設定」を行った事は無い。また、本日のように完全に不具合状態になる以前から「プロキシ設定」画面が出現していた事に疑念が濃い。
20/02月のWindows定例更新の頃からネット接続が切断される不具合があるとの報道と関係があるのだろうか(?)とも思ったり...以下の記事からファームウェアを手動でインスールする方法も考えたが、今しばらく模様眺めした上で決めることにしたい。20/06/10の定例バッチが問題無く済みますように
Crucial MX300 SSDファームウェアアップデート | Crucial Japan
関連過去記事:SSD用ツール:学
 06/09、本件「Crucial Storage Executive バージョン 5.05.082019.02 がリリースされていました。 - 私のPC自作部屋」にて質問したところ、俺と同様の症状とのこと。
4月14日に、v5.09.122019.04 にアップデートした時点では、全く問題なかった...とのこと。
~【20/06/11 11:30追記】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本件解消した。何にもしていない。アプリCrucial Storage Executiveは(v5.09.122019.04)で変わらず。
20200611112725

-【20/06/12 10:00追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
自動更新が降臨。v5.09.122019.04⇒v6.04.042020.06。更新を実施。その後、AdwCleaner「PUROptional.OrangeDefenderAntivirus」が発生した。感染原因かも? (関連記事:ウィルス感染メモ)。
これを除去した後、Windowsのフルスキャン、カスペルスキーの完全スキャンを実施し異常無し。
20200612100516