安部草履が延々と成果発表している顔をテレビ各局が報じている。すかさず切る。
嘘八百は、ライブで聞かずとも要約版で十分だ。

嘘八百に散りばめて、今後の武漢ウィルス感染対策としてスマホアプリを作ったと脳給う。
「武漢ウィルスに感染した人と濃厚接触した可能性のある人に通知を送るスマホアプリ」とのことで、運用を明日6月19日に開始すると言う。

スマホアプリの正式名称は「COVID-19 Contact-Confirming Application」で、通称「COCOA」との事。

明日から運用するというのであれば、既にスマホアプリが提供されているのか(?)とググったがそれらしい場所には掲載されていない。以下の厚労省サイト記事によれば「6月中旬にリリースを予定しております」とのこと也。まあ、06/19迄は6月中旬だから嘘ではないが、今、安部草履が記者発表してるぜ。
20200618191135
通称「COCOA」(ココア)なんてありふれた名称は世の中に溢れている。ググってアプリを探そうとしてもどれがどれやら識別が大変であろう。macOS用のAPIの名称がCocoaである事を開発者は知っているのだろうか 世の知識人はアベノアプリと呼ぶとのことだ。
アベノマスク以上に悲惨な結果と無駄遣いにならない事を希望する。

スマホを所持していない俺としては、インストールしようも無い。また、使う気にもなれない。
あの内容の物は既に中国版が有るのだから、日本が改めて税金を使って作らんでも良かろう。不思議な事に日本ではマインバーといい、e-Taxといい、諸々にシステムと冠して使う金には苦情が少ないから隠れ蓑として「作った」と言えば、アベノマスク同様に堂々と隠し財産のネタになるのだろう。
総務省|平成30年版 情報通信白書|情報通信機器の保有状況
2017年における個人のモバイル端末の保有状況を見ると、スマートフォンの保有率が60.9%であり、モバイル端末全体(携帯電話・PHS及びスマートフォン)の保有率は84.0%
シャープ製のマスク通販のようにアベノアプリを求めてアクセスが集中するとは思えないが、酔狂な人達が思い付きで殺到すると、アプリの配布元がパンクしてしまい、配布開始が大幅遅れになっちまうぜ。

既に、アプリに関する注意喚起がトレンドマイクロから告知されている。気を付けよう。安倍の大嘘。
【注意喚起】新型コロナウイルス接触確認アプリに便乗する詐欺や偽アプリに注意 | トレンドマイクロ is702(20/06/18)....より引用
厚生労働省が内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携して開発していた新型コロナウイルス接触確認アプリを、明日6月19日より提供開始するとの発表がありました。
本件に便乗した詐欺やデマ、偽アプリには十分注意しましょう。当該アプリをインストールする際は、送られてきたメールやメッセージなどで通知されたURLリンクからアクセスせず、厚生労働省から今後発表される公式の案内を必ず参照してください。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 -<<20/06/19 13:00追記>>-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
厚労省の上記ページの記載が『App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください』と変更された。以下の記事の方が参考になる。

要Bluetooth。対応OSは、iPhoneはiOS 13.5以上、AndroidはAndroid 6.0以上..敷居が高過ぎる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
2020年6月19日 16時58分
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
接触確認アプリ利用者向けQ&A|厚生労働省


海外で出回る「コロナ接触偽アプリ」の悪質手口 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン
 
新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」が326万ダウンロード--配信から3日で(06/22)

現在の「密」の度合いもチェック可能、接触確認アプリを補完する個人発アプリが登場- - INTERNET Watch(20/08/13)