彼是2年掛かりで延び延びとなっていたlivedoorブログのhttps化であるが、以下の記事をとどめとして、2020/06月には実現するものと大いに期待してきた。
ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)|ライブドアブログ スタッフブログ(2020/04/28)
20200625133811
  1. ライブドアブログのHTTPS対応について(2018/02/16)
  2. ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2018/09/25)
  3. HTTPS対応の状況についてお知らせします(2019/10/01)
  4. HTTPS対応の状況についてお知らせします(2019/11/07)
  5. 【HTTPS対応】画像のHTTPS配信について(2019/11/20)
  6. ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2020/04/28)
しかし、更に延びるとのことが次の記事(20/06/25)で告示された。以下に文面を引用する。

ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2020/06/25)
平素よりライブドアブログをご利用いただきありがとうございます。
「ブログページ(サブドメイン)」と「ブログページ(独自ドメイン)」のHTTPS対応につきまして、提供日を7月以降に延期させていただきます。
お客様に安心してご利用いただくため、より十分な検証が必要であると判断したためです。
お待たせして大変申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
※対応状況については【ヘルプ】ライブドアブログのHTTPS配信についてでもご案内しています。
 さすがに腹立たしく、以下をコメントする。
「...以降」という事は、支払期限を設けない借金のようなもの。
「いつまでには..」程度でも約束できないのか。
ちなみに「7月以降」との日本語だが、「以降」とは「それより後」という意味である。
すなわち、本告知は「7月過ぎに延期する」という意味である。
livedoor側は、このコメント欄には返事しない方針のようだが、「7月以降」の意味を明確にされたい。返答如何によってはユーザーとしても、今後の身の振り方を考えなければならない。
俺的には1ヶ月程前にlivedoorブログに残留することを決めたばかりである。さて、どうしたものか
『より十分な検証が必要であると判断した』とのことだが、愚図だね~。少なくとも頭は良くないね
さてさて、何の検証をする為にこんなにも時間が掛かるのだろうか。2020/06月公開予定と告示してから既に半年が経っている。プラグインや諸々を全て検証しても時間が余ると見るが...よく潰れない。
>>1
前記コメントをスルーされるかと思ったが、掲示されたので、調子に乗って再度コメント。
「7月以降」の意味は?
1.正しい日本語の解釈どり。すなわち、8月過ぎのいつかの未来。
2.本文執筆者は「7月以降」の用い方を間違えていた。すなわち、6月過ぎのいつかの未来。
3.これまで「6月(予定)」とアナウンスしていたので、期待しているユーザーに対して「公開予定日を過ぎちゃうけど、7月早々には公開したいと思っているけど」という程度の挨拶。
の、どれだろうかな~
過去記事:livedoorブログ残留:決定 / 新旧テンプレート比較:学 / livedoorブログ整理 / :livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery / 収録写真の引越し完了 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / FC2ブログに引越し再考 / https://の信頼度:考 / ブログ引越は見送り / 新旧テンプレート比較:学 / :livedoorブログ:雑感 / FC2を再準備-不思議