20/07/01はFirefox v78が降臨しない事で、無い頭を使ってしまった
その後、Firefoxに関する事を調べていたら以下の記事を発見した。
「Firefox 79」からtarget=“_blank”なリンクの挙動が変更、より安全な仕様に - 窓の杜(20/06/09)
リンクタグは、(例1)の書き方では悪用の恐れがある為、最近では“target”属性に“_blank”を指定する場合、(例2)のように“rel”属性も適切に設定することが推奨されていたとのこと。
(例1)<a href="http://example.com/" target="_blank">
(例2)<a href="http://example.com/" target="_blank" rel=“noopener”>
 大いに初耳である。俺はこれまで、リンクタグとは(例1)の書き方しか知らなかった。
これに関して調べたところ、このlivedoorブログ等各社のエディターを用いて自動生成される物や、Microsoft OfficeのWord等各社オフィスアプリで書かれるリンクタグも(例1)で書かれている....というよりも「target="_blank"」が記述されない...これは何と見るべきか。
そもそも、“target”属性を書かないという方が良いのかもしれない。

07/29に公開されるFirefox v79以降では、(例1)の書き方をしても、自動的に(例2)の書き方と同等に評価されるとのこと也。これにより、(例1)の書き方をしている古いWebページも同様の扱いをされ、悪用の恐れが減るとのこと。
Appleは2019年3月公開の「Safari 12.1」でこの変更を導入済み。「Google Chrome」への導入も計画されており、いずれはすべての主要ブラウザーがこの挙動に統一される見込みだ。
アンカー上の target=_blank が rel=noopener を暗示するようになりました | Firefox サイト互換性情報(20/06/07)
この変更は Firefox 開発者ツール拡張機能 に含まれている互換性チェッカーでテスト可能とのこと。
「Firefox 79」が正式リリース ~Windowsで新レンダラー「WebRender」の適用を拡大 - 窓の杜(07/29)
“target=_blank”なリンクの挙動が変更、より安全な仕様に