2013年11月14日から始めたこのブログは、7か月が経つ。
過日「ブログ徘徊を楽しむ」でも書いたが、「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」の特定カティゴリーに参加している人達のブログを徘徊している。 ※徘徊先ブログリンク集

ブログの執筆者には、それぞれ癖があり感心させられる。
一般的なブログは、文章と写真で構成されるものが多い。
  • 「今日の料理」 ・ 「散歩の風景」 ・ 「ガーディニング」 といった日常の写真を散りばめながら、文章が書かれているブログ。 もっとも一般的なのだろう。
  • 「旅行記」 ・ 「春先の庭」 といった類似した写真が多いブログや、写真が文章の内容とは無関係にあるブログ。 なぜ、この内容の記事に、この写真が?? とも思う。 せめて写真の説明くらいは欲しいものだ。
  • 写真を張ることは無く、文章だけで構成されたブログ。 なかなか、読み応えのある内容が多い。 一方で、「写真を用いれば長々と説明しなくとも、読者は理解する」 ような場合にも写真を張らないことに執筆者の拘り(?) を見るようだ。 また、細かな文字で やたらと長文化するのが特徴か!?
  • 写真の掲載を目的にしたブログ。見応えの有る写真が多い。「越後悠々散歩」は、素敵な写真が沢山。
など等、写真の利用の仕方は色々とある。 

どれが好みなのか(?) は、文書記述と併せて拝読するため一概には言えないが、存在意味を理解できない写真が多いブログは避けてしまう傾向がある。 しかし、文書だらけの長文を読み解くことも飽きる。
とは言うものの、やはり感心させられる文書の表現力が、読みたくなる高い要素ということだろう。
また、その日の出来事をすべて網羅しているのかしらん(?) と思うほど、ズラズラと色々な事を書き連ねているブログもある。 これぞブログということだろうか。
おいらのようにテーマを決めて書くのもあり、どちらが楽しいのか(?) 再訪したいのか(?) ブロ友になりたいのか(?) 等は何とも言えないが、おいら的には日々の出来事ブログにはコメントしにくいものがある。 ※トラックバックを歓迎

ちなみに、「エッセイ」 という恰好良い呼び名はキザだとばかり思っていたが、意味合いを調べたところ、おいらのブログに用いても良かろうと勝手に決めてブログの副題を変えてみた。
WikiPedia:随筆より
随筆とは、文学における一形式で、筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文である。 随想、エッセイ、エッセー(仏: essai, 英: essay)等ともいう。

まあ、自分のブログは 自分の好みで書かれているのだから、読者側がチョイスして訪問すれば良いということだ。

それにしても、おいらが徘徊させていただいているブログ選びが、おいらと同年代となったことは当然かも知れないが、何故か(?) 関西地方以南の人が多い。
故郷の秋田県鹿角のブログをウォッチングしているが、始めた頃には元気に書いている人が半年も経てば尻つぼみになって、いつの間にか放置されてしまうので常連客になりにくい。 執筆者不在のブログ / 「ト坊」を訪ねて
記録するということ」でも書いたが、立派な内容を書く必要は無い。 継続して記録することが良いと思う。
おいらは「何もせず」 だけでも書こう。 日記すること / 沈黙の爺にブログ / 来客の多いブログ

また、40代・50代のブログ執筆者を探して馴染みに成ろう。 残されるホームページは(?)
「あの爺は最近ブログ更新が無いが、死んだかな?」 とでも思ってくれる人がいないことは、淋しいもの
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
都道府県ごとに1人は ブログ友が欲しいと思い探しているのだが、なかなか達成できずにいる。
【リンクの設置】
自分のブログには、お気に入りリンクを設置して欲しいものだ。
ブログ友募集中の読者としては、友達の輪ではないのだがリンク先にはお気に入り候補が多い。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ちなみに、livedoorブログには無料版でも下のような御遊び機能があり、楽しめる。
訪問者がどの記事を見たか(?) を時系列でアニメ化するとともに、訪問者の訪問回数が判る。
20140705

==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
レンタルブログにも色々と有る。 どれが気に入るかは勝手ということか。
無料ブログ比較一覧表(機能・特徴)
無料ブログ比較

関連過去記事:
レンタルブログ利用の奨め
トラックバックを歓迎
ブログ vs 掲示板
記録するということ
日記すること
残されるホームページは(?)

都道府県別・徘徊先  取りまとめ途中

関東
東京都 : ハタつれ‥‥昭和30年からの風景(徒然キング氏:鹿児島出身)
       夢逢人かりそめ草紙(夢逢人氏)


中国
       中高年よ大志を抱け(ばく氏)
岡山県 : 地底人の独り言(地底人氏)

四国
       M字ハゲおやじの野望!(M字ハゲおやじ氏)


九州
大分県 : hamさんのひとり言。(ham氏:新潟出身らしい?)
熊本県 : 徒然なか話(FUSA氏)
鹿児島県 : ばばの日記(ばば氏:徳之島