「全然+否定文」と思うのは、研究者の間では”迷信”だそうです。(苦笑) - 団塊世代おじさんの日常生活」を拝読した。
『全然』という言葉に続く内容は「否定文」と考えていたが、日経新聞の記事によれば「否定文」だけでは無く「肯定文」の場合もある。....という事に触れ、「私の頭が古いということでしょうね!(笑)」 とまとめられている。

おいらも『全然』という単語の用法に関しては、上記ブログの執筆者同様の理解をしていたので、調べてみた。
WikiPedia:『全然』の解説では、日経新聞の記事と一部異なっている様だ。
「全然+否定文」とした用法が基本である。 しかし、主に明治時代の一部の文学作品等では この用法以外の使い方(全然+肯定文) をしている物もあるが、著名辞典では紹介されていない。 
また、「全然⇒強調」の用い方は誤りである(ex.[誤] 全然眠い⇒[正] 非常に眠い) 。 とのことだ。
WikiPediaの解説が正しいか(?) は知らないが、『全然』という言葉づかいについて認識を改めた次第である。