台風8号の接近により、沖縄地方では特別警報が発表されているとの事也。
WikiPedia:特別警報によれば
特別警報は、日本において、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に、気象庁が警告のために発表する情報。警報の一種だが、警報の発表基準をはるかに超えるような甚大な災害が発生するおそれがある場合に適用される。
NHK等のニュースでは、『直ちに命を守る行動をとり、身を守るために最善を尽くすこと』との事が繰り返されている。
しかし、命を守る行動・身を守るために最善を尽くす と言われても、具体的に何をすれば良いのか(?) 判らない。
要するに『命テンデンコ』ということなのだろう。

防災用グッズは完璧に近く準備している我が家だ。
しかし、如何せん避難先が好ましくない。 あんな場所に避難して、その後大丈夫なのだろうか
でかい津波であれば高さで負けるかも知れないが、自宅避難のほうがマシかも知れない。
目が多い分だけ、助かる確率が上がるのだろうか??
また、防災無線等の広報設備が不十分と感じる。 石川県や野々市市には、防災行政の拡充を望もう。

関連過去記事
緊急用サイレンが欲しい
「緊急警報放送」を学ぶ
日本公式SNSが欲しい
地域の防災・減災情報
石川県内の間抜けなニュース報道に思う