パレスチナで、また紛争が起きている。
WikiPedia:パレスチナより抜粋引用
民族宗教ユダヤ教の聖典タナハでは、パレスチナの地は神がイスラエルの民に与えた約束の地であると説かれ、このためヘブライ語では「イスラエルの地」とも呼ばれるようになった。
後にユダヤ教から分かれてキリスト教が興ると、その聖地として世界中の信徒から重要視されるようになった。
さらに、ユダヤ教・キリスト教の影響を受けアラビア半島に興ったイスラム教も当然エルサレムを聖地としたため、諸宗教の聖地としてエルサレムを擁するパレスチナは宗教的に特別な争奪の場となった。
イスラエルだのガザ地区だのと分割地域(国?) での紛争だけでも面倒な事だが、北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと、接する国家との関係が話を余計にややこしくする。


不満毎が起きる度にドンパチ戦争をしなくても、剣闘士を立てて代理戦争により解決することはできないだろうか。
別に剣闘士でなくとも、白黒つけるための手段は有る。 
たった一人の剣闘士に国運を掛けるのが嫌なら、パレスチナ・オリンピックでもよかろう。
どちらが勝とうが、それが神の意志ということだ。 と能テンキに思う。

関連過去記事:
オスマン帝国の再来を
滅び去る民族