無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

どうでもエェか

大相撲の成り行きは?

照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!「モンゴル帰れ」 : スポーツ報知
大相撲にはまるで無関心な俺だが、このようなニュースを聞くと、改めて日本人の身勝手さを知る。
世に「贔屓の引き倒し」とは言うが、自分の贔屓にだけは極端に偏った応援をするのだろうか。
これは大相撲に限ったことではないようであり、日本人以外の国でも同様の傾向はあるようだ。
稀勢の里 2日ぶりに朝稽古 千秋楽の土俵へ | NHKニュース
今日の照ノ富士は、過日けがをした稀勢の里との勝負だ。 勝っても負けてもやりにくいことだ。 一方の日本人の贔屓筋(観客)は、稀勢の里のように怪我を押してでも勝負する者を好むようだ。 怪我人の相手をする者にしてみれば、手を抜こうが、勝負に徹しようが、勝ったところで「怪我人を相手に」と言われるだろう。

稀勢の里も、横綱になった場所ということで頑張っている事を示したいのかもしれないが、相手の迷惑や自分の将来を考えれば休場したほうが良かろう。
怪我を押して出場するのであれば、再起不能になったとしても相手のせいではないことを意思表明すればよかろう。
その辺を慮ってやれない日本人の解説者(親方連中)は、如何にも日本人である。
今場所は横綱の白鵬が休場している。その白鳳にしてもモンゴル出身ということで、日本人の横綱が現れた途端に冷たいあしらいを受けているらしい。日本人の相撲好きは白鳳に楽しませてもらった事を忘れてしまったのか。大相撲からすべての外人が抜けたとしたら、興行は成り立たなくなるのではないだろうか。
昨日の琴奨菊を破った相手がモンゴル出身の照ノ富士でなく日本人だったなら、文句を言っている連中はどのような評価をするのだろうか。負けは負け也。日本人ならば、変わった技でも拍手喝采を受けるだろうにな~
青森弁ではないけれど
「喋れば喋ったって喋られるし、喋ねば喋ねって喋られるし、同じ喋られるなら喋った方がええべ」
ということで、手抜き勝負は失礼だろう。したがって、今日の勝負には照ノ富士が優勝することが順当と見る。

怪我を押して勝負に望むなら、憐憫の情などを掛けること無く勝負に応ずるのが武道であろう。
負けるのが無様と思うのであれは、自分から身を引くべきである。勝負する以上は死んでも致し方あるまい。
関連過去記事:大相撲はモンゴル場所 / 相撲の番付:学
【追記:18:05】大相撲春場所 稀勢の里が決定戦制して優勝 | NHKニュース
日本人のファンは大喜びだろうね 満身創痍が強い相手を打ち破るパターンは、最も好まれる
続きを読む

敬称の用い方?

NHKで「鶴瓶の家族に乾杯」というタイトルの番組がある。出演する笑福亭鶴瓶の名前を番組名に取り入れている。
番組を制作するNHKがどのような意図で“個人の芸名を番組名に付加する”のか(?)を知る由もないが、不思議也。

ゲスト出演する人が、常時出演する(司会と言う人もいる)『鶴瓶』よりも目下or年下であった場合、『つるべ』と呼び捨てにするわけにいかない者もいて、『鶴瓶さんの家族に乾杯』という番組で...と言う場面が多いようだ。
拘って考えれば、あの番組のタイトルは『鶴瓶の家族に乾杯』であって、『鶴瓶さんの家族に乾杯』ではない。
ゲストとしては気遣って『さん』の敬称を付けて呼んでいるのだろうが、それは正しくない。食傷気味のテレビ番組
NHKでは「ブラタモリ」というタイトルの番組でタイトルに出演者のタモリの名前を番組名に取り入れているが、『ぶらタモリさん』と番組名を言う事は無いだろう。そもそも、番組名に出演者の名前を付加する必要はあるまい。単純に『家族に乾杯』というタイトルではマズイのかね~ NHK様
そもそも、現在では『鶴瓶の家族に乾杯』としてファンの多いあの番組の母体でメインを務めていたのはさだまさしであり、笑福亭鶴瓶は付録であった。 その後、番組の内容は紆余曲折しているが鶴瓶に拘るほどの事は無い。
1995年8月に特別番組『さだ&鶴瓶のぶっつけ本番ふたり旅』として放送。当初はさだがメイン、鶴瓶はさだの旅のパートナーとして番組にかかわっていた。
要するに、鶴瓶よりも年下であろうと、番組タイトルの中の個人名に敬称を付ける必要は無いだろうと力説したい。

「それが良いのだ」という意見が聞こえそうだが、鶴瓶の“土足で家の中に踏み込む”かのごとき傍若無人な振る舞いを、俺は不愉快に感じる。如何にも年寄りの関西芸人がやりそうな事だ。“鶴瓶ファースト”とでも言うべきか。

大嫌いなテレビCM

俺が嫌おうが嫌うまいが、世の中的には何ごとも変わりはしないのだが....
西川ヘレンが出演するこのCMが大の嫌いである。あのテレビCMを見るまでは関心すら無かった女性だが...

花王 アタック消臭ストロング 西川ヘレン篇 30秒 CM

KaoJapan YouTubeより

彼女自身は京都市生まれで、父親がアイルランド系アメリカ人、母親が日本人のハーフとのことだ。
吉本新喜劇にて活躍していたというが、関西弁なのか京都弁なのか、妙にマッタリとした口調は虫酸が走る思いだ。
そもそも、あのCMで使われている言葉使いは京都弁なのだろうか 実に嫌なイントネーションである。
他にも“京都人からですら嫌われる京都弁”で京都を売りものにする女の料理人がいるが、あれは京都弁なのか
1946年生まれの女性が知たり顔で賢そうに語るよりも、「私にはこれを使って欲しい」というCMならばなるほど也。

女将が「あのCMは大嫌い」と言い出すまでは殊更に関心が無かったのだが、言われてみると誠に不愉快なCMだ。
 幸い、今のところ無縁だが、寝込む事になったとしてもあの製品にだけは世話になりたくない。

トランプ君に献上したい

トヨタの社長は、トランプ大統領(1946生まれ)と安倍総理との間に挟まれてしまって難儀なことだろう。
トランプ氏対応めぐり協議=安倍首相、トヨタ社長と会談:時事ドットコム
しかし、日本車の輸出台数はトヨタが他社の倍ほど販売しているのだから、自業自得とも言えるだろう。
トヨタが困ると、日本国内での影響が大きいと報道されるが、所詮はアベノミクスのツケが回ってきただけのことだ。
この事態を招いたのは全て安倍総理が元凶である。自分の失態のお代をメーカーと国民に回そうとは良い根性也。

 国民年金を使い込んで土産金作りに躍起のようだが、子供じみていると見えるトランプ君に、トヨタならではのスペシャル土産を作らせて贈るというのは如何だろうか。

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場するタイムマシンのベースカー『DMC-12』デロリアン(De Lorean )だ。
既にトヨタ博物館MEGAWEBに展示されているのだから、安倍くんがアメリカに行くときの手土産になるだろう。
日米自動車摩擦の悪夢 トランプの「敵意」に安倍政権も戸惑い : J-CASTニュース
Back to the Future 4 Trailer 2017 - Parody


デロリアン DMC-12(De Lorean DMC-12) 1982 (トヨタ博物館)

『おバカ』はオマエだろう

最近のテレビを眺めていると、『おバカ』・『おブス』・『おデブ』といった言葉が乱れ飛んでいる。

なんでも「お」を付けるのは、どんな意味があるのだろうか。
「お」を付けると丁寧語になるということで使われている言葉なのかも知れないが、呼ばれている『おブス』当人はどう感じるのだろうか。 むしろ、『ブス』と呼ばれる方が正々堂々としているように思うのだが。
丁寧語として「お」を付けられたところで、小馬鹿にされているとしか感じない。

 言っちゃ~なんだが、最近テレビに出演する人々の中には『バカ』・『ブス』・『デブ』と呼ばれても「しょうがないか!?」と思ってしまう者が多くなってきた。もっと言えば「あの風体で、よくぞ公衆の面前に進んで出られるものだ」

昔、テレビ出演する人達は「スター」と呼ばれる所謂オーラがあった。芸能界の人間になる以前からオーラを発していた人もおり、芸能界入りしてからオーラを持った人と色々だろうが、要するにオーラがあった。
最近の同職の人達にはオーラが無い。 芸能界入りして有名になったところで、オーラが無い人が多い。
「スター」からオーラが消えたのは、いわゆる「アイドル」と呼ばれた町内会の有名人がテレビに出た頃からか。
芸能人に限らず、ヤクザとか、水商売とかの職業の人達にはオーラがあった。どこで会ってもも、俗人とは違う輝きが感じられた。 町工場の社長と呼ばれる人でも、社員とは違っていた。 今じゃ~、誰でもおんなじ。
そんな人達を捕まえてアレコレと批評することで芸能界から賃金を得ている者は、『おバカ』・『おブス』を乱発してでも嫌われないように努めながら御仕事を増やさなければならないのでろうな~
ちなみに“オマエ”とは『御前』にで、正しくは『上位の者の前にいる自分自身』のことである。『手前』も同じ也。
あたかも『相手を見下した言い方』と思っている者もいるらしいが違う。 当然、丁寧語では無い。
関連過去記事:日本語を笑う
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
上京してから鎌倉に転居するまで住んでいた京浜急行線沿いには『おこと指南』や『おこと教授』という看板を屋根に掲げている家が目についた。 日々の通勤時、『おこと指南』とは何だろうと考えた。
「さすがの大都会では男を教える」のだろうか...などと田舎者は考えたものである。

そのうちに『お指南』と漢字で書かれた看板を発見して、なるほどと意味を理解したものだ。

女性は娘が嫌い?

コンビニやスーパーマーケットでは、騒がしい子供や児童を見かけることが多い。 むしろ静かな子供が少ない。
鳴くことは子供の仕事とも言い、子供が騒がしいのは至って当たり前であると考えている。しかし、最近の子供達の騒がしさは、家庭の中で甘やかされた結果「何をしても許してもらえる」と思い込んだ結果ではないだろうか。

団塊の世代と呼ばれ者は、戦前の教育を受けた親に育てられた。騒がしい事は当然としても、節度があったと思う。

世界の宗教は殺人を禁じている。何を信じているのか不明な日本人は、戦前は儒教の教えで親を大事にしていた。
当時は家制度が法制化されており、“嫁ぐ”とは「女が家」に入ることであったのだろう。現代のように「男と女が共に暮らす」事は二の次であったようだ。 その意味では、“嫁を迎えた男”にしても、種馬ということになるのだろう。
何よりも大事なことは家系を繋ぐことであり、その家系は立派なものでなければならなかったのだろう。
嫁いできた代々の女は、立派な家系を継ぎ、盛り立てて次代の女に引き継ぐ事を生きがいとしていたのだろう。
「家を守る」女の姿は、男には無い凛としたものがある。

現在では守る程の家(家系)を持つ女を見かけることは少なくなり、共稼ぎでローンを払う建築物を守る女性だけだ。
その女性は、理性ある、知恵ある女としてでは無く、生物学的なメスとしての存在に近いのだろう。

生物学的なメスは自分の血筋以外のメスを本能的に嫌うと聞く。 要するに、自分の娘以外のメスは避けるのだ。
そのような本能を持っているにも関わらず、家を守ろうとする女の心理というものには頭が下がる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NHKのドラマ10で「お母さん娘をやめていいですか?」がはじまった。 公式サイト
オスの前では自分の娘ですら敵として見てしまうという性を描いたドラマとは、もはやメス以下となったのだろうか。
お母さん、娘をやめていいですか?のキャストや相関図やあらすじ。
それにしても、波瑠氏が娘役では、母親役の斉藤由貴氏の敵にもならん...と思うのは、俺の視線かな。
関連過去記事:「女」 と 「女性」 / 日本の女の知恵 / これが女性の姿だ?!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「母と娘のいたわり合い」的な某風邪薬のCMでは、母親役の女優は数年経っても老けもしないで同一人物であるが、娘役は毎年替わる物が多いようだ。 俺的に見れば、あの配役は逆であろうと思うのだが...
その点、ポカリスエットのCM「ポカリ、のまなきゃ。」は、母vs娘ともに同一人物のようで、共に育っていく姿が楽しい。
ポカリスエット CM|OTSUKA ADVIEW SITE|大塚製薬
ポカリスエット CM| 「水色の車とウクレレ」篇 30秒(シリーズ第5弾)

大塚製薬公式チャンネルより続きを読む

腹式呼吸:学

今日は定例の通院也。
新年になっての患者連が一斉にスタートしたのかと思うほどに混雑していたが、眼科に寄らず糖尿病内科だけだったので、早く帰宅できた。 最近の健康ブームを反映してか、診察を望む年寄りが増えたのだろうか。

健康ブームの火付け役とも思えるテレビ番組のひとつにNHKの『ためしてガッテン』がある。1995年(H07)3月に始まったとのことだから長い。しかし、昨年2016年(H28)3月に改名してを『ガッテン!』にリニューアルされた。
リニューアルに伴い、レギュラーだった山瀬まみが降板し、その代わりに指原莉乃大島麻衣が事実上の準レギュラー扱いとして出演している。 しかし、司会は落語家の立川志の輔とNHKアナウンサーの小野文惠で変わらない。

出演の長いレギュラー山瀬まみの博学ぶりは鼻に付くことも無くは無かったが、番組リニューアル後の準レギュラー2名の騒々しさに(声質が煩い)比べれば可愛いものである。何よりも、見飽きてしまった司会の2名が変わらないのに出演者を変えたところで、番組的には何も変化が無いと眺めている。 なによりも、あの番組は『謎解きの本題』に入るまでが兎に角長過ぎる。 本題だけで番組作りをしたならば、あの時間枠を使い切れないのでろう。

兎に角、回りくどい番組運びにうんざりし、最近ではテレビ朝日の『みんなの家庭の医学』を見ることが多くなった。
司会者ビートたけしのオチャラケに目をつぶれば、『ガッテン!』のような回りくどさが無く、要点を簡潔に理解できる。

過日は「腹式呼吸」についての能書きがなされ、間質性肺炎の俺としては極めて関心深く視聴した。
基本は呼吸!胸式呼吸で体幹を安定させるピラティスエクササイズ | サン・クロレラ健康BOOK

sunchlorella_officialより

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
WindowsXP来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 感情の誘導はいらない
  • 生きてる間に何をする
  • 生きてる間に何をする
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
logo


  • ライブドアブログ