無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

どうでもエェか

あの娘はだ~れ?

北國新聞CMの女優は誰?出演者の女性が気になる! | NETALSTATION
北國新聞のお友達紹介キャンペーン」のテレビCMに出演している浜辺美波さんが可愛らしい。
このCMは石川県内ローカルで放映されているようだ。
石川県と富山県の地方紙とは言えども北國新聞のCMに起用されるとは、彼女が石川県出身の為だろうか。
TVドラマにも出演。 ing.では「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系、毎週日曜22:30 - 23:25)。
東宝シンデレラオフィシャルサイト 浜辺美波
浜辺美波@MINAMI373HAMABE
北國新聞社CM お友達紹介キャンペーン「浜辺美波」編

hokkokushimbun YouTubeより

【話題のCM】まるごと浜辺美波❤『2018最新作~過去作まで ぜ~んぶイッキ見!』
続きを読む

下らない芸で身内受け

06/03、4ch.日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」でのこと。
番組レギュラーの女性お笑い芸人(森三中川村エミコおかずクラブ)が打ち揃って、イギリス(?)とかの「笑わない女性」とやらを笑わせるという嗜好。何やら馬鹿げた振る舞いはしていたが、「お笑い芸」と呼べる内容は無かった。
結局「笑わない女性」は笑わず仕舞いに終わり、お笑い芸人達が罰ゲームで騒ぐ姿を映して番組時間潰しだ。
笑いの原点は相手に対する「優位性」や「嘲り」による場合もあると聞くが、あの芸はそれにも値しない。
その「お笑い芸」とやらを見ていても、あんな詰まらない仕草では「笑わない女性」で無くとも笑わない。
そんな仕草でも、仲間内では大いに笑える内容らしく、番組では打ち揃って大笑いしている。

あのような「下らない芸」ででも笑うという風潮が最近多い。古くは落語家の初代・林家三平が「ここ笑うトコ」と言って笑わせていたが、そのテレビ版とでも言うべきだろう。古くは親に「人様に笑いものにされるな」と教えられたものだ。
バラエティ番組とやらでは「ヘェ~」とやらで感嘆させてみたり、意味も無く笑い声を流したり、更にはニュース番組にですら注目ポイントらしき事には副音声でチャイム音が流れるようになった。 ※過去記事:不必要な音声効果
要するに、喜怒哀楽の感情コントロールをされているのが現代なのだ。半面、SNSでは炎上とやらがあり、相反する精神作用なのであろう。....こんな事をブログでつぶやく俺の精神はどうなのだろう。

件の「世界の果てまでイッテQ!」において、日本テレビ系列のチャリティー番組である24時間テレビ 「愛は地球を救う」チャリティーマラソン走者が発表された。走者として発表されたみやぞんとやらは嫌がるようなポーズがしばし。
「嫌ならば断われば良かろう」と考えるのは俺のようなバカだけで、あの走者を務める事でその後は日本テレビの支援体制を受けられることは歴史が証明している。使い捨てする安倍草履より日テレのほうが仁義を守る。

それにしても、「愛は地球を救う」も長寿番組になった。前述の「下らない芸」に見る感情コントロールと同様に、あの番組にチャリティ寄付をすることで善人になり、免罪符を得られるような気になっている者が多いのだろう。
関連過去記事:生活保護も悪くはないか? / 恒例の「愛は地球を救う」 / 愛は地球を救えるのか?

有働由美子:考

06/02.、NHKを退職した有働由美子氏が4ch.日本テレビで民放初出演。番組タイトルは「その顔が見たい!
以前出演していたNHK「あさイチ」で、あれほど毎朝のように顔を見ていたのが....という意味のタイトル?
なお、フリー転身後初の出演は2018/05/30に放送された『マツコ、昨日死んだってよ。』のナレーションを担当。
とはいうものの、有働氏に退職されたNHK側としては未だに未練たらしく彼女の出演番組が有るようだ。
NHKドキュメンタリー - スーパープレミアム「第3弾!世界プリンス・プリンセス物語」


BSプレミアムで6月9日(土)21:00から「大好評につき第3弾を制作」とのことで、池上彰有働由美子というNHK退職者の組み合わせでの番組である。第1弾とは(2018/01/08)らしいが、第2弾は不明確也?
とある企業が誰を使おうとも文句は無いが、やたらと人数の多いNHKで考えれば、退職者を使わなければならない事に対して現職者や企業に恥ずかしさはないのだろうか。未だにNHKの視聴率稼ぎのネタである紅白歌合戦の番組が始まった初期の頃は「白組は男性だけ、赤組は女性だけ」という今にしてみれば珍奇な拘りがあった。時代の趨勢と共に消えてしまった珍奇な拘りは、見方を変えれば「日本人が日本人で有る事の拘り」なのかもしれない。
俺的には、有働由美子氏がNHKで広く使われた理由が理解できずにいるが、有働氏サイドから考えれば(日本企業にありがちな事として)NHKに使い潰される前に退職した事は賢い選択であったと見る。
また、安倍草履が意味不明に執念を燃やしている働き方改革関連法案が可決すれば「高度プロフェッショナル制度」の候補になることは間違いないだろうから、NHKを離職することは一抜けになるだろう。
ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ10 | BUSINESS INSIDER JAPAN
関連過去記事:ニュースウオッチ9:考 / 有働アナの降板に思う / 楽しみなAI番組 / NHK女子アナ事情は? / NHK、春の女性アナ攻勢

そういえば、やはりNHKの古参兵である小野文惠氏は、鶴瓶の家族に乾杯とか、ガッテン!とかの番組を担当して長い。NHKは特定の人間に特定の番組を受け持たせる期間は3年とのことだが、何故か有働氏と小野氏は長期間に渡り担当している。これで有働氏が抜けたが、小野氏は気配が無い。
小野氏の夫はNHKではとっても偉い編成局編成センター長との報道もあるが、その影響なのだろうか。
【追記:201806/06】有働由美子アナが日テレ「ZERO」キャスターに : 日刊スポーツ
10月から、日本テレビ系「NEWS ZERO」で村尾信尚に代わりメインキャスターを務める。
下手にやれば、フジテレビ系列昼の「直撃LIVE グッディ!」の安藤優子氏と同様に、大奥の御局様が興味本位に五月蠅いだけのワイドショーなってしまうだろう。 ※過去記事:落ちぶれテレビニュース

落ちぶれテレビニュース

ニュースを伝えるという姿勢から大きく外れ、単なる時間潰しと化しているテレビニュースは不必要と思ってから久しい。三面記事ではあるまいし、視聴者の興味を唆るためにドラマ仕立てにする事はあるまい。
ニュース報道番組で視聴率を稼ごうとしなくとも、他の番組で来客を増やせば良かろうと思う。
テレビニュース等のマスコミが報ずる事が正義であるとは限らないのに、あたかも正義であるかのごとくSNSの記事まで引用して世論を煽る事は、正しいマスコミのあり方なのだろうか。
ニュース番組というものは、事実として判っている事を的確素早く報道すれば良いのであり、飾る事は無い。
各局ともに一人程度はアナウンサーを含めたキャスター構成のようだが、出来事を伝える番組なのか(?)、出来事に対する感想を述べ合う番組なのか(?)、分からない。

などと思いながら、改めてテレビのニュース番組らしき物を拾い出してみると、正に雨後の筍状態で乱立している事を知った。これは、各テレビ局が「ニュース番組らしき物」に時間枠を割き、力をいれているのだろうかしらんと思い、暇人はそれらしき番組を拾い出してみた。これらは、ワイドショーとかバラエティ番組として制作されている番組なのかも知れない。 (WikiPedia:報道番組>>ニュース番組のワイドショー化)
なお、以下のピックアップからは、朝の5時~8時、昼の11時30分~12時15分、夕方の16時40分~19時30分頃に、正当なニュースの番組構成として報道される各テレビ局の番組は割愛している。
しかし、その時間帯でニュースを報ずるアナウンサー達もお笑い芸人なる人種と思考回路・知識は同程度のようだ。
  
 日中 
  

上記のテレビ番組は、当地石川県内の地上デジタルテレビ放送で全国版のネット番組として平日に放送されるものだ。東京などの大都市圏では、これ以外にも放送されているのであろう。
また、土曜・日曜になると、お笑い芸人がメインキャスターとなって面白おかしく週末の締めっくくりとして「ニュース報道なのかバラエティなのか分からない」状況の番組が報じられる。

こうしてピックアップしてみると、如何にニュース番組が多いかが判った。これでは、各テレビ番組が独自色を出さんが為にアナウンサーばかりではなく、毛色の変わった芸人などのコメンティターを用いる事になるのだろう。
しかし、ニュースウオッチ9のように、NHKニュースの顔と考えていた番組が「芸人を含めない自社アナウンサーだけでのバラエティ番組化」されると如何にも情けないと思う次第である。

最近のマスコミは、「日大アメフト反則事件」以外にはネタ切れとなった様子で、執拗に追いかけている。
後は「北朝鮮」の話題が高尚になってきたらしく、アメリカのマスコミが加工した報道ネタを垂れ流す以外にネタは無いようだ。日本の政治事や安倍草履に絡むようなネタは、監督官庁の総務省から口止めされているのか(?)、上っ面を撫でてお茶を濁している体たらくは情けない。結果として、ニュースを知るなら、ネットを眺める事になる。
関連過去記事:なにがあったのでしょう / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方 / 警察とマスコミの癒着 / 何故テレビは報じない? / どうするフェイクニュース / 消えるアナウンサー

テレビ番組ひとつを作るのには、大勢の人が携わっているとのことだ。番組に出演している者を頂点として、番組作りをする人達だけでも数百人に及ぶにしい。更には、レポーターとかの影で活躍する人達を含めたならばどれくらいの人が働いているのだろう。その人達の労務費や、制作費用を考えれば、「ツマラン」と一言では片づけられないのだろう。
とは言うものの、現在は「日大アメフト反則事件」で正義漢ぶっている各局の番組だが、つい数か月前までは「大相撲ぶんなぐり事件」で同様に正義の味方を気取っていた....今更あの事件を振り返って騒ぐことは無いが、日馬富士や貴乃花親方のその後程度は報じても良いのではないだろうか。
 WikiPedia:日本のニュース系列 / ニュース専門放送局 / ニュースキャスター
昨夜は、4ch.日本テレビ系列で全国好きな嫌いなアナウンサー大賞(公式サイト)。 何と言えば良いか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
05/31に第55回ギャラクシー賞放送批評懇談会主催)の贈賞式が開催され、1985年~2004年までテレビ朝日系で放送の報道番組「ニュースステーション」MCの久米宏氏と小宮悦子氏が司会役。当時は立派なニュース番組也。

世界で最も美しい顔:学

世界で最も美しい顔 2017 (※時事ドットコムサイトにリンク)
アメリカの映画評論家のTC Candlerという男性が運営する個人の映画レビューサイト「TC Candler.com」発表の2017年版「世界で最も美しい顔」100人。 (tccandler - BEAUTIFUL FACES)

日本人では石原さとみ(画像)、小松菜奈(画像)、韓国で結成されたアイドルグループ「TWICE」のサナ(湊崎紗夏)(画像)、Niki(丹羽仁希、画像)の4人がランクイン。2016年度の桐谷美玲(画像)、島崎遥香(画像)は?
 まあ、「TC Candler.com」は映画情報サイトとして紹介されているものの、WikiPediaによれば個人運営との事だ。言ってみれば、個人的・自websiteの趣味で選んだ女性を紹介しているだけの事だろう。
WikiPedia:最も美しい顔より抜粋引用
日本では「世界で最も美しい顔100人」とも記載されている。運営者の母国であるアメリカやその他国では個人のブログと同程度の扱いであるが、日本ではしばしば新聞社などマスコミで取り上げられる。2018年現在Wikipediaのページがあるのも日本語版だけである。(WikiPedia:最も美しい顔>>日本人のランクイン)
また、男性版の「最もハンサムな顔(世界で最もハンサムな顔100人)」も毎年発表されている。
目の保養にはなるかもしれないが、俺的には左程の賛同は無い。やはり、アメリカ男性の好みという感じである。

ネタ切れのマスコミは、木村拓哉氏と工藤静香氏夫妻の次女Kōki,(こうき、画像)氏とやらを取り上げて美女だと騒いでいるが、騒ぐほどの者には見えない。まあ、「トンビはタカを生まない」だろうから、あの程度ということか。

なにがあったのでしょう

「なにがあったのでしょう」、「詳しく説明します」というキャッチフレーズでニュース番組を報ずる事が多くなった。
あれは、時間枠を潰す為に時間を掛けていると同時に、気を持たせて続く広告を見させる魂胆の成せる技だ。
また、「ニュースキャスター ⇒ ナレーター」へのバトンタッチの為の間でもある。
報ずるべき出来事をアナウンサー(ニュースキャスター)が時系列で淡々と述べれば簡潔に済む事を、ドラマ仕立てにして語りたがる。それも、不倫だとか、暴力事件だとかの、「起こった」という事実のタイトルを知れば十二分であることを微に入り細に入り時間を掛けて語る。あのドラマを作る為に掛かる労力や経費は無駄以外の何でもない。

NHKでは(偉い?)キャスターとやらが番組を仕切り、アナウンサーやナレーターといった下っ端が語りを入れる。
あんなにも人数を掛けて報道番組を作らずとも、昔の様に事実関係をアナウンサーが話せば十分だ。

それにしても、韓国とアメリカに関するニュースばかりがテレビでは報じられる。日本国内で何かが起こっても、よほどのことでなければテレビに取り上げられることは無い。要するに「海外の報道機関がキャッチして作り上げたニュース」をパクッて流す方が楽なのだろう。伴って、現地レポーターの数が減り、話す内容の質が落ちてきた。この傾向は、ニュースだけではなく、SNSに投稿された動画から面白い絵を拾って報道することも同様と言える。要するに、現在のテレビは時間枠を潰すことだけで、不要になってきた。共同通信に掲載された報道をネットで見れば済む。
関連過去記事:不必要な音声効果 / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方

紛らわしいG-mailが届く

「新しいセキュリティ診断でオンラインの安全性を強化」とのことで、Googleからチェックを促すG-mail有り。
201801161700

諸々とヤバイ状況の折にややこしいことだ。 これがフィッシング詐欺ではないという保証は無い。
警察官はまじめな奴ほど自分が疑われている事を思い浮かばないそうだが、まさしくそんなところだ。
Amazon、楽天、Yahoo!、Adobe、更にはマイクロソフト等などが「危ない」という噂が立つと『御注意ください』としてe-mailで触れ廻るが、それが一番危ないということに気が付かないのだろうか。お前が一番怪しい。
オレオレ詐欺にあうことを懸念している真っ最中に、警察を名乗って注意の電話が来たならどうする。
 しかしこの際、メールに書かれたURL以外から「セキュリティ診断」と「プライバシー診断」を行った。
更に、「マイアクティビティ」から過去のGoogle検索などの履歴をすべて抹消し、検索エンジンを変えた。

やはり騒々しいNHKドラマ

NHK大河ドラマ第57作となる「西郷どん」がはじまっている。(NHK鹿児島放送局ご当地サイト)
相変わらずNHKが作るドラマのセリフ回しはやかましい。
バラエティ等では出演者のお笑い芸人が我先に大声でガナリまくるので騒々しい。しかし、ドラマの場合は舞台で演ずる話っぷりに似て盛り上げる場面では大声を張り上げるということらしい。大声を出す以外に感情の高ぶりを表現する方法は無いのたろうか。これまでも名優と称される多くの演者が出たが、演じ方に変わりは無いようだ。

以前は坂本龍馬題材の「龍馬伝」が放送されたが、福山雅治氏が演じる主人公の話っぷりが騒々しかったので視聴しなかった。民放のテレビドラマでは「渡る世間は鬼ばかり」など騒々しものが多いが、一般的な家庭生活の中であんなにも大声で言い合いをして自己主張している人々が現実にいるのだろうか。静かに語り合っても判るだろう。
過去記事:「坂本龍馬」考 / 「真田丸」が終わる / やかましいテレビ番組

あの大声となる原因のひとつには「時代劇」であることと、「方言」を使いたがる事があるだろう。以前「奇妙な時代劇の言葉」で書いたが、『戦国時代~明治維新までの全国区の著名人』が自国の方言丸出しで話すという事が眉唾物である。西郷隆盛が薩摩弁で、坂本龍馬が土佐弁で、ガナリ合っていたところで、明治維新は成功したのだろうか。

NHK YouTubeより

 西郷隆盛とされる肖像画等は多数存在し、どれが当人なのかはグレーと言うが、今NHKが用いているそれは眼もとが可愛らしく現代の女性に受けそうだ。あの肖像画の信憑性は如何なものなのだろうか。
本来は明治維新の立役者であった隆盛は、西南戦争で逆賊扱いされたので上野公園の銅像は質素とも聞く。

それにしても、受信料で経営が成り立っているNHKは、大河ドラマとなれば恥も外聞もかなぐり捨てて何でもその宣伝に用いてしまう。昨夜は鶴瓶の家族に乾杯で、数日前は知恵泉ヒストリアで、兎に角折に触れては「西郷どん」の宣伝ばかりだ。西郷隆盛は知らない人がいないと思えば、隆盛像を延々と紹介(?)されるとウンザリを通り越す。

とは言うものの、西郷隆盛の出身地である鹿児島は何度目かの脚光を浴びることになる。何度も見たという人も多いだろうが、若者達は2008年の「篤姫」以来だからお初も多いだろう。インスタ映えする場所を宣伝するだろうね。
西郷どん 序盤のカギ握るのは「女」、特に注目は小柳ルミ子│NEWSポストセブン
芸能人がスターと呼ばれていた時代の女性である小柳ルミ子氏(1952年生まれ)が再び脚光を浴びるのは楽しみだ。
ルミ子氏も自身のブログで紹介記事を書いているから裏話も散見できる。
NHK第47作目の大河ドラマ「篤姫」に続いて松坂慶子氏(1952年生まれ)が類似した役柄で再出演することに驚く。あの年代を演じられる女優がいないのか(?)とも思ったが、そうでも無いだろうと見た。
しかし、天下のNHKでプロデューサーとかディレクターとか呼ばれる者は、自分のお好みで人選できるらしいから、そんなことなのかも知れない。 1952年生まれ 芸能人・有名人一覧 - タレント辞書続きを読む

大相撲は土俵の中で


立派なお笑い芸人?

芸人と一言でまとめても、最近は細分化されているようだ。
WikiPedia:芸人より抜粋引用
かつては俳優舞踊家を含め、演芸や芸能に通じた専門的で職業的な演者一般を芸人と呼ぶことが一般的であった。この用法における芸人が扱う芸種は今日の落語から歌唱演奏演劇歌劇人形劇舞踊手品傀儡、に至るまで多岐にわたっていた。近年の日本ではテレビ番組などの影響により、本来の意味での芸人全体を構成する一部であるお笑い演芸の更に一部にすぎないはずの「お笑いタレント」のみを指して芸人と呼ぶ用法が若年層を中心に一般化しつつある。
「堅気」の人に対して、「やくざ」や「芸人」とは1ランクも2ランクも下層として扱われていた時代があったそうな。
下層民である「芸人」の浮気を取り上げて騒ぎ立てるのは、やはり下層の瓦版屋であったと聞く。
その意味では、国技とか称してもて囃されるものの、瓦版屋のネタになる大相撲もその程度ということか。
芸人にも相撲取りにも増して、彼等を追いかけては飯のネタにしている不様な瓦版屋にだけは成るまいぞ。
今「日馬富士暴力事件に端を発して、貴乃花」の話題でヤット生存しているテレビ界は、あの話題が終結したらどうする? あの事件を面白くしようとするから騒ぎ立てているが、堅気のサラリーマン世界ならば「所属部署は違うが同郷同士の後輩が先輩に酒の席で殴られ、後輩の所属する上司が会社の頭上越しに警察沙汰にした」というだけの事だ。更に言えば「出身地が同じ先輩と後輩が人生観の話題で暴力沙汰に及んだ」事に、上司だろうと会社だろうと出しゃばる事は無い。「自分達または同郷の者達で決着すれば済む」ことだ。
そんな揉め事の収拾をする会社も上司達も出しゃばりという事だ。その間で伝達ケームするマスコミは何だい。
「親方は協会に対する背任」的な評価もあるが、親方の立場では内部告発が非難されるのか。
過去記事:大相撲問題は日本の縮図 / 殴打事件にみるTVの終焉 / 大相撲の成り行きは? / マスコミ助けのリオ五輪

俺の知る程度であっても、芸人の世界では売春や人身御供などは日常茶飯事であり、その程度の出来事で話題になる事は無かった。さすがに、殺されたとなればそれなりに話題になったかも知れないが....

芸人の細分を語る事はしないが、「お笑いタレント」なる職業は更に細分化されているようだ。どのように称するのが正しいのかは知らないが、自称・他称の「お笑い芸人」なる職業は何をしてもOKということらしい。
下らない話をして笑わせていた者が、売れてくると番組の司会をしたり、ドラマを演じるものになったりするようだ。そんな中から、突出した者はマスコミの上層部と親しくなり、更には政治屋とも交際する身分にまでなるようだ。
「あんな職業をさせるために育てたわけでは無い」と言われた時代もあったが、今では親が望んでいるらしい。
「10年後のトップは俺」さんま、タモリ、たけし「お笑いBIG3」の賞味期限|AERA dot
そのように、言わば出世の道が開かれるかも知れない職業の「お笑い芸人」今では希望者が殺到しているらしい。
俺の育った時代であれば、「お笑い芸人」になる子供は親に泣いて止められただろうが、今では親も勧めるとの事。

そのようにして目指す「お笑い芸人」の道は、それなりに険しいのだろう。テレビに出演できるようになった「お笑い芸人」は、この機会に自分が目立とうとし大きな声で話す。他の者を押しのけてでも目立ちたいが為に自然と大声になり、他の者が話していようともお構いなしに被ってでも各自勝手に話す。

この風潮は「お笑い芸人」の世界だけに限らず、堅気の者にまで蔓延している。要するに「自分ファースト」だ。
そして、各個々人に限らず、組織や企業・団体も同様であり、国家までもが自分の事しか考えていない。
宗教を信じ神仏に助けを求める人達は何を救って欲しいのだろう。人類の歴史や生き方は、「お笑い芸人」也。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 大阪で震度6弱
  • 大阪で震度6弱
  • 大阪で震度6弱
  • 今日は「父の日」
  • ハン・ソロ:学
  • ハン・ソロ:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
こよみのページ
世界時計
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板から
掲示板へ

名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・


・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ