無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

どうでもエェか

知恵泉にみる居酒屋店主

NHK Eテレ『先人たちの底力 知恵泉』は、火曜日の午後10時00分~ 午後10時45分に放送される。
WikiPediaの先人たちの底力 知恵泉によれば、『現代人の課題や関心事項を毎月1つのテーマに設定して、歴史上の人物の知恵と行動から解決のヒントを探っていく』というコンセプトらしいが、俺的には単純に歴史ドラマとして視聴している。歴史ドラマという視点で見れば偏った見解もあるが、見たい番組が無い時間帯には悪くない。

"歴史酒場"とやらの「知恵泉」という名の居酒屋が舞台で、NHK男性アナウンサーが番組の進行役としとして店主となり、3名の客が集い酒を傾けながら蘊蓄話をするということだ。
番組は2013年4月から放送され、店主は既に4代目となっている。

俺が視聴し始めた頃は井上二郎氏であり、その後、近田雄一氏⇒二宮直輝氏と続き、2018年度からは新井秀和氏だ。何れも本業がアナウンサーであり、居酒屋の店主という役回りは自分なりの経験から演じているのであろうか。
結果的には、人それぞれのキャリア・性格・環境等に醸された人柄が色濃く出ているように見える。
初代店主は、番組自体のコンセプトを創作する役目もあったと推察するが、番組が始まった頃は誠にギクシャクとした演技であった。しかし、卒業する頃には立派な店主を務めていた。以降、二代目⇒三代目が短期間で店主の色を演出できたのは、初代店主の土俵作りが良かったのか、本人が向いていたのか。
その点、四代目は居酒屋店主というか、司会進行には不向きと見ている。他の番組を見聞きすれば、アナウンサーの本業である話し方は上手いが、他人の話を聞きながらまとめ上げていくという技が下手と見る。

これは、リアル世界の居酒屋店主にも言えることであり、人の上に立つような仕事をする上で大事な事だ。
『歴史上の人物の知恵と行動から解決のヒントを探っていく』という番組のコンセプトも然ることながら、身近にある歴史としての社会や隣人と、自分自身との関係を翻って考える叩き台にしたいものだ。

似ている? 二人

浜辺美波(2000年8月29日)さんと、松たか子(1977年6月10日 )さん。親子かしらんと思うほど、声も似てる。

あの娘はだ~れ?」で発見した「北國新聞のお友達紹介キャンペーン」のテレビCMに出演している浜辺美波さん
北國新聞社CM お友達紹介キャンペーン「浜辺美波」編

hokkokushimbun YouTubeより

松たか子、さわやか笑顔で指パッチン クリナップ『STEDIA(ステディア)』新CM&メイキング映像

oricon YouTubeより

「チコちゃん」視聴率:考

NHK「チコちゃんに叱られる!」は、最近のただ騒がしいだけの番組が多い中では大いに好みである。
「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」という設定の着ぐるみの少女に「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られるのも快感だが、ナレーションを担当する“ザ・NHK”と言われるNHKアナウンサー森田美由紀氏が“全国民”に対して上から目線で淡々と真面目に読む景色が好きだ。(NHKアナウンス室・森田美由紀)

毎週の金曜(19:57 - 20:42)に本放送が有るつもりでいたところ、無い金曜日もあることを知った。当地石川県ではその時間帯に「金とく」という、NHK名古屋放送局が制作した番組が放送される為だ。
金とく」は金曜日の20時台に不定期で放送されているとのことで、それ次第で「チコちゃん」の出番が無くなるのだ。

WikiPediaによれば、「チコちゃん」の金曜夜本放送時間帯はローカル放送の枠と重なっているため、地域別番組を放送した地域では再放送時間帯(本放送の翌土曜 8:15 - 9:00) 分が本放送になる。..とのこと也。
「金とく」も面白いのだが、俺的には「チコちゃん」を見たい。同好の人達が多く、再放送の視聴率が高いそうだ。
NHK「チコちゃん」今度は関西で番組最高17・1%…土曜朝に民放圧倒中/デイリースポーツ online
しかし、裏読みすればNHKローカル局(日本放送協会放送局の一覧)のすべてが本放送を流すと再放送を見なくなり、再放送の視聴率が下がるのだろう。「チコちゃん」は夜見るから楽しいので、朝から見ている内容ではない。

アッチが良いの、こっちだのと我儘言っていると「バカ言ってんじゃないよ」って叱られるかな。
でも、あの決め台詞はソロソロ神通力が薄れてきたね チコちゃん(声:木村祐一氏)
今晩(10/05)、「チコちゃんに叱られる!」を放送しないNHKローカル局(地域ブロック)を調べてみたら、中部近畿中国地方四国の4ブロック。放送するのは北海道東北関東・甲信越九州・沖縄の4ブロック也。

“ザ・NHK”と言われるNHKアナウンサー森田美由紀氏との確執が噂された有働由美子氏は去る10/01から新しい仕事を始めたとのことだ。有働氏のようなタイプはNHKという稀有な場所では一般市民的な感覚を持っている人として好感を持つ人が多かったのだろうが、普通の世界に嵌まって見れば、別に珍しくもないアラフィーの小母さんであろう。
有働由美子アナがメンタル崩壊寸前!? 『news zero』放送後の「ウドウ反省会」に批判殺到で……|日刊サイゾー
最近のNHKは、金に物を言わせてお笑い芸人抱え込み作戦でも始めたかの如く見える。有働氏が今のNHKにいたところで、昔のようにヒラメクものを発揮できるかは大いに疑問であるが、民放で輝くほどの才能があるかについては尚更に疑問である。現役であれば安藤優子氏のキャラクター程度と見てしまう。
女子アナ」と呼ばれ始めた時代の女性達がリバイバルしてきた今、有働氏のキャラクターは通じるのだろうか。

チコちゃんは、2018年9月22日にNHKと日本テレビで同時生放送された番組『NHK×日テレ同時生放送! テレビ65年 スポーツのチカラ』に特別ゲストとし出演した。この時のチコちゃんのアシスタントは本番組を務める塚原愛氏に代わって、桑子真帆氏が務めた。有働氏がNHKにいたら、桑子氏ではなかっただろう。
NHKらしくない「チコちゃん」がNHKで持てはやされ、NHKらしくない「有働氏」が民放で窮地とは面白い。
zeroと報ステ、新体制に明暗…視聴率分けた異例のネット戦略 | 女性自身

小じわのCM:考

最近多い地震や大雨。 明け方に目覚めた時なぞにテレビを点けるとコマーシャルが多いことを知った。
CMされる事は家庭製品に関するようだが、何であるにしても女性用の製品が多い。
中でも美容に関する事が多く、「小じわ」・「しみ」・「くろずみ」といった顔の皮膚に関する宣伝が目立つ。

改めて気を付けて視ていると、昼間の時間帯にも皮膚に関するCMが多いことに驚いた。
女性陣から叱られそうだが、テレビの大画面でビフォーorアフターとして目尻を映されて「減ったと称する小皺を満足そうに眺める女性の景色」を見るのは、爺としては「なんと申しましょうか」の心境だ。

爺の見解としては「大差無いビフォーorアフター」の結果でしかない化粧品を買い求める女性心理が判らない....が、それは大きな世話と言うものだろう。要するに買いたかったら、御自由にである。
しかし、そのテレビCMは「ビフォーorアフター」で見せる必要性を感じない。「アフター」を見せれば十分だろう。
以前「先輩は凄いな~」でも書いたが、資生堂の化粧品プリオールに出演している宮本信子氏は1945年(S20) 生まれだが相方の原田美枝子氏(S33年生まれ)とイイ勝負である。あれなら買う気にさせられるだろう。
プリオール 美眉ペン 「眉なし顔、みせない」篇 15秒篇|資生堂

資生堂 Shiseido Co., Ltd. YouTubeより

素人を起用したテレビのCMでは「ビフォーを見せる必要は無い」と言いたい。しかも、ビフォーたるや、当人ですらウンザリするのではないかと思えるモデルである。あれがどんなアフターになろうが、なるまいが関心を持てない。

美容品やサプリメントの類は、テレビCMが始まってしばらくすると価格がドンドン下がる物が多い。
そればかりではなく、「CMが終わってから30分以内」とか、「先着100名」とか、要するに客を釣ろうとしているのではないかと考えられるCMが多く見受けられる。その品物は「本当に効き目があるのだろうか?」と疑いたくなるほどに安くなる。発売されて間が無い頃に高い価格で美容製品を買ってしまった女性陣は、どのような感想なのだろうか。

ものまねも芸のうち

最近は「ものまね芸人」と紹介される芸人が増えた。昔の物真似と言えば声帯模写とか形態模写とかだったのが。化粧して面相模写、化粧の真似をする者の次は、白塗りに顔を書くことで立派に芸になるようだ。

お笑いコンビ野性爆弾くっきーとかは、面積の広い顔を白塗りしてキャンパス代わりに顔の絵を描く。
あれも立派な「ものまね芸」ということのようだ。考えれば、目元付近を化粧する「ざわちん」という女性タレントもいた。「ものまね芸」ではないが、歌舞伎役者の隈取を考えれば。あれも顔の「ものまね」には違いは無い。

歌真似を除けば、物真似という芸を広く認められるようにした功績は、コロッケ氏ではないだろうか。
出始めの頃はピーター美川憲一の「ものまね」をしていたが、当時は「真似をされる側」に良い顔をされていなかったと聞く。コロッケの物真似は、顔の大きさを自虐ネタにしているところも見受けられたから嫌う人は嫌ったのだろう。
しかし、その「ものまね」が観客受けすることで、「真似をされる側」にもヒィードバックされたようだ。
今では「ものまね」は文化となり、「真似をされる側」が望んでものまねされるようだ。真似られるようになれば一人前として認められたということなのだろうか。
北朝鮮やアメリカのTOPは「ものまね」する人が多いようだ。なんだかんだと言われても良くも悪くも人気があるのだろう。翻って日本を眺めれば「ものまね」される政治家はいない。「ものまね」の特徴が無いのか、つまらないのか。

テレビや映画で見る美男・美女と言われる顔の様相は、化粧次第でどうにでもなるようだ。
今どきは、化粧だけに限らず、整形美容という方法もある。

関連記事:小じわのCM:考 / 艶っぽい化粧焼け / 花咲く人妻たち

ハズキルーペCM:嬉

以前より「ハズキルーペ CM喧しい」と思っていたら、CM出演者が変わったとのことだ。
武井咲の復帰も話題 「おしり踏みシーン」が話題のハズキルーペCMに魅了される人たちとは│NEWSポストセブン
実際のCMには御目文字していないが、渡辺謙のデカイ声が無いだけで嬉しい。しかし、菊川怜さんは
以前は菊川怜さんだけだった「ハズキルーペに座る女性」が増えた。耐荷重も 90Kg⇒100Kg になった。
ハズキルーペ 公式サイト - Hazuki Company (旧プリヴェAG)
【ハズキルーペ 公式CM】武井咲さん・小泉孝太郎さん・舘ひろしさん 編

公式チャンネルハズキルーペ より

関連記事:「天気アナウンサーの話し方

デビ夫人と出川氏

先日(09/17)のNHKファミリーヒストリーではデビ夫人(デヴィ夫人、デヴィ・スカルノ)がゲスト也。
「デヴィ夫人~運命の関ヶ原 クーデターでの決断~」との大上段タイトルでの前宣伝に釣られて視聴した。
実家である根本家は、大きな船を持つ漁師だった。それが今回、戦国時代の事実が明らかになる。元は有力な武士だったが、関ヶ原の戦いの後、ある理由で漁師になった。...とやらで「根本氏
との内容なのだが、番組からはそんな内容が見えない。世に「三段論法」と言うが正しくそれだ。信憑性の薄い歴史資料に書いてあるからそうだと説明されたところで、それを鵜呑みにするほど世の中甘くはなかろう。
ファミリーヒストリー」は2008年から放送されているドキュメンタリー番組との事也。ドキュメンタリと言えば尤もらしいが、ルーツ探しである。自分のルーツは知りたい人が多いのだろうが、明治維新を経た今では分かりにくいだろう。
その点、公共放送と名乗るNHKには何やらの調査するライセンスがあるらしく、よくぞと思うほどに調べ上げる。
とは言うものの所詮は他人のルーツであり、多くのゲストがいても自分的に興味を引く人以外は視聴しなかった。
デビ夫人のルーツ探しはNHKの前宣伝もあり、かなり興味深かく視聴したが拍子抜けであった。

スカルノ大統領死後、1970年代より日本でタレント活動を始めたとの事だ。その頃のテレビで、デビ夫人を見た。
元・大統領夫人とはいうものの、日本のタレントとしては左程売れていない頃のデビ夫人である。
売れないタレントとは言えど、元・大統領夫人として優雅・豪勢な暮らしのデビ夫人が、無名の男性タレントの住むアパートと生活拠点を交換して暮らす...という嗜好の番組であった。
その無名の男性タレントは出川哲朗氏であったと女将は主張しているが、俺はそこまで記憶していない。
しかし出川氏は、現在では自分の番組を持つ身にまで売れてきたとは言え、デビ夫人と名コンビである。その名コンビがあの番組で始まったのであれば是非とも古いVTRでも再視聴し、確認したいものだ。

その出川氏と思われる無名の男性タレントは、既に結婚して妻子と共に一間程度の安アパート住まいをしていた。
安アパート暮らしの男性タレントと豪邸で暮らすデビ夫人が「王子と乞食」まがいに生活環境を交換するという番組で、豪邸やお運び付きの食事に目を見張る男性タレントも然ることながら、安アパートに残された男性タレントの子供に手際良く食事の支度をするデビ夫人の有様を思い出しては最近のデビ夫人の元気な婆さん姿と見比べている。
デヴィ夫人 オフィシャルブログ 「デヴィの独り言 独断と偏見」
過去記事:『半生の記』でも書くか / 人に歴史あり / 記憶が悪くても安心 / 親子日記を書こう / 「五島編年記」:学

あの娘はだ~れ?

北國新聞CMの女優は誰?出演者の女性が気になる! | NETALSTATION
北國新聞のお友達紹介キャンペーン」のテレビCMに出演している浜辺美波さんが可愛らしい。
このCMは石川県内ローカルで放映されているようだ。
石川県と富山県の地方紙とは言えども北國新聞のCMに起用されるとは、彼女が石川県出身の為だろうか。
TVドラマにも出演。 ing.では「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系、毎週日曜22:30 - 23:25)。
東宝シンデレラオフィシャルサイト 浜辺美波
浜辺美波@MINAMI373HAMABE
北國新聞社CM お友達紹介キャンペーン「浜辺美波」編

hokkokushimbun YouTubeより

【話題のCM】まるごと浜辺美波❤『2018最新作~過去作まで ぜ~んぶイッキ見!』
続きを読む

下らない芸で身内受け

06/03、4ch.日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」でのこと。
番組レギュラーの女性お笑い芸人(森三中川村エミコおかずクラブ)が打ち揃って、イギリス(?)とかの「笑わない女性」とやらを笑わせるという嗜好。何やら馬鹿げた振る舞いはしていたが、「お笑い芸」と呼べる内容は無かった。
結局「笑わない女性」は笑わず仕舞いに終わり、お笑い芸人達が罰ゲームで騒ぐ姿を映して番組時間潰しだ。
笑いの原点は相手に対する「優位性」や「嘲り」による場合もあると聞くが、あの芸はそれにも値しない。
その「お笑い芸」とやらを見ていても、あんな詰まらない仕草では「笑わない女性」で無くとも笑わない。
そんな仕草でも、仲間内では大いに笑える内容らしく、番組では打ち揃って大笑いしている。

あのような「下らない芸」ででも笑うという風潮が最近多い。古くは落語家の初代・林家三平が「ここ笑うトコ」と言って笑わせていたが、そのテレビ版とでも言うべきだろう。古くは親に「人様に笑いものにされるな」と教えられたものだ。
バラエティ番組とやらでは「ヘェ~」とやらで感嘆させてみたり、意味も無く笑い声を流したり、更にはニュース番組にですら注目ポイントらしき事には副音声でチャイム音が流れるようになった。 ※過去記事:不必要な音声効果
要するに、喜怒哀楽の感情コントロールをされているのが現代なのだ。半面、SNSでは炎上とやらがあり、相反する精神作用なのであろう。....こんな事をブログでつぶやく俺の精神はどうなのだろう。

件の「世界の果てまでイッテQ!」において、日本テレビ系列のチャリティー番組である24時間テレビ 「愛は地球を救う」チャリティーマラソン走者が発表された。走者として発表されたみやぞんとやらは嫌がるようなポーズがしばし。
「嫌ならば断われば良かろう」と考えるのは俺のようなバカだけで、あの走者を務める事でその後は日本テレビの支援体制を受けられることは歴史が証明している。使い捨てする安倍草履より日テレのほうが仁義を守る。

それにしても、「愛は地球を救う」も長寿番組になった。前述の「下らない芸」に見る感情コントロールと同様に、あの番組にチャリティ寄付をすることで善人になり、免罪符を得られるような気になっている者が多いのだろう。
関連過去記事:生活保護も悪くはないか? / 恒例の「愛は地球を救う」 / 愛は地球を救えるのか?

有働由美子:考

06/02.、NHKを退職した有働由美子氏が4ch.日本テレビで民放初出演。番組タイトルは「その顔が見たい!
以前出演していたNHK「あさイチ」で、あれほど毎朝のように顔を見ていたのが....という意味のタイトル?
なお、フリー転身後初の出演は2018/05/30に放送された『マツコ、昨日死んだってよ。』のナレーションを担当。
とはいうものの、有働氏に退職されたNHK側としては未だに未練たらしく彼女の出演番組が有るようだ。
NHKドキュメンタリー - スーパープレミアム「第3弾!世界プリンス・プリンセス物語」


BSプレミアムで6月9日(土)21:00から「大好評につき第3弾を制作」とのことで、池上彰有働由美子というNHK退職者の組み合わせでの番組である。第1弾とは(2018/01/08)らしいが、第2弾は不明確也?
とある企業が誰を使おうとも文句は無いが、やたらと人数の多いNHKで考えれば、退職者を使わなければならない事に対して現職者や企業に恥ずかしさはないのだろうか。未だにNHKの視聴率稼ぎのネタである紅白歌合戦の番組が始まった初期の頃は「白組は男性だけ、赤組は女性だけ」という今にしてみれば珍奇な拘りがあった。時代の趨勢と共に消えてしまった珍奇な拘りは、見方を変えれば「日本人が日本人で有る事の拘り」なのかもしれない。
俺的には、有働由美子氏がNHKで広く使われた理由が理解できずにいるが、有働氏サイドから考えれば(日本企業にありがちな事として)NHKに使い潰される前に退職した事は賢い選択であったと見る。
また、安倍草履が意味不明に執念を燃やしている働き方改革関連法案が可決すれば「高度プロフェッショナル制度」の候補になることは間違いないだろうから、NHKを離職することは一抜けになるだろう。
ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ10 | BUSINESS INSIDER JAPAN
関連過去記事:ニュースウオッチ9:考 / 有働アナの降板に思う / 楽しみなAI番組 / NHK女子アナ事情は? / NHK、春の女性アナ攻勢

そういえば、やはりNHKの古参兵である小野文惠氏は、鶴瓶の家族に乾杯とか、ガッテン!とかの番組を担当して長い。NHKは特定の人間に特定の番組を受け持たせる期間は3年とのことだが、何故か有働氏と小野氏は長期間に渡り担当している。これで有働氏が抜けたが、小野氏は気配が無い。
小野氏の夫はNHKではとっても偉い編成局編成センター長との報道もあるが、その影響なのだろうか。
【追記:201806/06】有働由美子アナが日テレ「ZERO」キャスターに : 日刊スポーツ
10月から、日本テレビ系「NEWS ZERO」で村尾信尚に代わりメインキャスターを務める。
下手にやれば、フジテレビ系列昼の「直撃LIVE グッディ!」の安藤優子氏と同様に、大奥の御局様が興味本位に五月蠅いだけのワイドショーなってしまうだろう。 ※過去記事:落ちぶれテレビニュース
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • ★SSL / TLS 設定方法
  • ★SSL / TLS 設定方法
  • 要介護認定学
  • レジ袋の有料化:考
  • 似ている? 二人
  • 似ている? 二人
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
2019年
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ