無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

どうでもエェか

NHKに視る声と話し方

俺的には「NHK」と聞けば政権寄りの報道ばかりしやがって...と怒りたいマスメディアであるが、冷静に眺めれば、情報の収集については世界の中でも立派な能力があるのであろう。
問題は、国営放送と揶揄されるがごとく、情報の発信の仕方にあるということだ。基本的には時の権力者の太鼓持ちをしているようにも見える。しかし、これもNHK(日本放送協会)内部でのTOP次第也。

NHK Eテレが報ずる『100分de名著』は、『古今東西の名著にスポットライトをあて、その作品の奥深さを、「噛み砕いて解説したらこの人の右に出る人はいない」というプレゼンターがわかりやすく、かつ楽しく解説する』というもので、こんな本も有ったのか...と思いつつ、斜め読みできる。
100分de名著 /100分de名著 - NHKアーカイブス
過日、100分間拡大スペシャルの放送として「メディアと私達(100分deメディア論)」と題する2018/03/17版が再放送された。取り上げられた図書は以下のとおりである。途中からの視聴であったが、なるほどと思う事が多かった。(WikiPedia:メディア・リテラシー / 情報操作 / 言論統制)、楽天「100分de名著」検索
 ベッタリ政権寄りと思っていたNHKが報ずるには、中々に反対側からの放送内容と感心したりする。
情報収集力はあっても、偏向的に報じられる番組の代表としては「ニュースウオッチ9」ではないだろうか。「NHKニュース7」ではあれほどには政権寄りの報じ方はしていない。
俺的には『NHKのニュースの最高峰は、夜9時版』と思い込んでいる為、殊更に腹立たしい。
メインキャスターをしている有馬嘉男桑子真帆の夫婦漫才的なワイドショー的な報じ方は修正されない。
特に、アナウンサーですらない有馬嘉男が、力説しようとした際に声が裏返るのは喧しい。アナウンサーである相方の桑子真帆までもが裏返った声で話し出したら喧しさの二重奏になってしまう。
気象担当の斉田季実治は桑子アナウンサーから日々新参者として紹介されるが、スポーツ担当の一橋忠之は斉田氏を尻目にバタバタと入場し、日々白々しく騒々しい大声で挨拶しまくる姿は不愉快だ。
林先生とやらを始め、何かを力説したがる者が裏返った声で騒がしく話すのは、何かを訴えたい者の特性なのだろうか。一方で発声に自信が有るように見受けられる者は、騒がしくない方法で訴えているようだ。
NHK「先人たちの底力 知恵泉」 店主を演ずる新井秀和も話し方に自信があるのだろうが、『大災害の場面でも動じていないがごとくの発声』は、某ホストクラブには向くかも知れないが、存在感が無い。
居酒屋の店主であれば初代の井上二郎アナウンサーのような、味のある且つ深みのある声でなければつまらない。新井氏の声は「聞こえる」が、真実を伝えているようには思えない上滑りの声と、俺には映る。

最近では報道番組と言えどもナレーターによるドラマチックな内容を構成して見せたがる。更には、見せたいポイント的なタイミングにはピンポン注意音までが入る始末だ。番組を作る側が全てお膳立てし、視聴者はその企画に沿って喜怒哀楽を覚え・表せば良いらしい。バラエティでは「ヘェ~」合唱隊に合わせれば世の中には遅れないで済むということらしい。1億人総白痴化と、プロパガンダによる扇動は完備している。

声と言えばNHK Eテレ「JAPANGLE」なる番組では、笹野高史がナレーションしている。
父は俳優の渡辺謙パリ・コレクション にも2006年初出演しているファッションモデルのは、最近では女優として有名になってしまった。朝ドラ ごちそうさんで主役を演じた後では結婚し3人の子供の母親だ。
「JAPANGLE」のナレーション声は朝ドラで共演したキムラ緑子の声と勘違いしたほどに上手かった。
TBSテレビ制作「世界遺産」の8代目ナレーションを務めているが聞きやすい。


聴きやすい発声と話し方ができる人は羨ましい。

雀百までと言うが

今どき、芸能人と名乗る者は見境なくinstagramとやらに加入し、自己アピールしているようだ。
「若い者ならばイザ知らず」と思わなくもない。
しかし、元アイドルだったらしい "おばさん" までもがinstagramで御姿を発信している
「雀百まで」と言うが、年齢に関係無く、自己の存在を示したいのだろう。素晴らしい心がけだ。

また、そのようにして自己アピールしようとする人は年相応に美しい人が多い。
美しく見られることに努力しているのであろう。
また、とある年齢までは老けていくのが判るが、底に達するとまた美しくなってくる。もっと言えば、若くして旅立つ人は底に達したままで復活して美しくなる事は無い。老いて美しくなる人は底から戻って来る。
やはり、どこかが、何かが違うのだろうか。
プリオール CM クールBB「じっとり汗」篇 15秒|資生堂 (出演:宮本信子、原田美枝子)


巷の女性達は、とある年齢までは写真を撮られることに躊躇は見られないが、某年齢からはカメラを向けられることを嫌がる。不細工に映りたくないのだろうか。でも、ブスだろうが、美人だろうが、それが自身である。
芸能人になったつもりで、老けていく自身の姿を撮り続けるのも歴史で有ろう。
底に達して、美しく変わっていく自身を見られるかも知れない。

とは言うものの、テレビCMの自撮りで、コレデモカとばかりに目を見開いてカメラに笑いかける女性を見るにつけ悍ましさに震えてしまうね。「目を見開く」と皺が増えるよ

やすらぎの刻〜道:考

2017年4月3日から9月29日まで放送された「やすらぎの郷」の二番煎じで、2019年4月8日から2020年3月27日(予定)「やすらぎの刻〜道」が放送されている。
役者は第一弾に比べると若返ったようだ。野際陽子氏が出演していないのが淋しい。

やすらぎの刻~道|テレビ朝日

やすらぎの刻〜道 - Topic - YouTube

過去記事:「のんびり村」を探そう / 旅立ちの家 / ブスでも美人に見える? /

「長いお別れ」:学

アルツハイマー型認知症を患った父が徐々に父でも夫でもなくなっていく家族の10年を追った、中島京子氏による小説を原作とした日本映画「長いお別れ」が05/31公開される。
アメリカの小説で私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とするハードボイルド長編シリーズの第6作に、日本語訳では同名タイトルの『長いお別れ』小説が有る(原題は『The Long Goodbye』)。
当地野々市市では御経塚|イオンシネマで観られる。長いお別れ公式サイト
認知症を通して「人生は有限、だから大切」と伝える 31日公開の映画「長いお別れ」 山崎努の演技、中野監督の演出も見事 - zakzak

Asmik Ace YouTubeより

幻解!超常ファイル:学

超常現象ミステリー等のNHKの科学ドキュメンタリー番組「幻解!超常ファイル」が面白い。
2014年に始まり総合テレビで視聴していたが2015年に終了していた。2018年からBSプレミアムで毎週木曜 21:00 - 22:00 と毎週水曜 18:00 - 19:00(再放送)に過去の名作をアンコール放送していたとの事。
栗山千明がMCを演じ、番組前半では黒ずくめの衣装で妖艶なメイクをして謎めいた雰囲気をたたえた「闇のナビゲーター」に扮する。後半では、白い衣装をまとい健康的なメイクで明朗快活な語り口の「光のナビゲーター」に扮する。これにより、同じ事象でも見方や考え方が変われば全く異なって見えることもあるという点を表現している。
2019年4月4日から、「拡大スピンオフ」として新シリーズ『ダークサイドミステリー』がBSプレミアムで放送開始したとの事を、偶々05/21「雪男“イエティ”の真実 後編」を視聴して知った。

過去3か月の放送 - ダークサイドミステリー - NHK」を眺めると、なかなか面白そうなテーマである。
不定期番組との事だが、当面の放送は以下のとおりで毎週木曜日の午後9時00分~ 午後10時00分。

05/23は、「あなたの知らない童話の闇 夢か悪夢か本当か?
05/30は、「徹底解明!超常映像の謎に迫る!


「NHKドキュメンタリー - 秩父山中 花のあとさき・最終章~ムツばあさんの歳月~」は、2019年6月5日(水)午後2時44分〜 [BSプレミアム]で再放送予定
NHK YouTube

サラ川のベスト10:考

サラ川の 意味が読めない退職者
05/23、サラ川のベスト10が決まったが、最近のサラリーマン川柳に読まれた言葉の意味知らず。
関連:昔の川柳を転記-1 / 昔の川柳を転記-2 / 川柳擬き帳
 / 俳句の指南 / まだ「サラリーマン川柳」 / 俳句or川柳 / 「シルバー川柳」って?? /

空母いぶき:学

空母いぶき」は、『ビッグコミック』に連載中のかわぐちかいじ作の漫画。恵谷治監修による映画化。
いずも型護衛艦を彷彿とさせる軍艦の映画である。公開日、2019年5月24日(ユナイテッド・シネマ金沢)
映画『空母いぶき』新予告編
 
シネマトゥデイ YouTubeより
中国初の大型空母、上海郊外で建造進む 衛星画像でその姿が判明 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
との事也。この中国空母よりも、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)いずも」が大きい。

「密会レストラン」見た

昨夜23:00、NHK「密会レストラン」を視た。

渋谷の某所にひっそりと佇む「密会レストラン」で織りなす人間模様...的な舞台設定で、寺島しのぶがママ役で、岸優太が見習いバーテンダーと言うところだろうか。
店のルールは一つ、「この店に来たら、恥ずかしがらずに、恋の話を楽しむ」事。とやらで、昨夜の来客はスガシカオ土屋アンナ夏木マリ澤穂希稲川淳二武井壮千原ジュニア、「怒髪天」増子直純、ミッツ・マングローブ、「平成ノブシコブシ」吉村崇らが“恋愛遍歴ラブヒストリー”を紹介。

このような舞台設定での人間模様番組は過去にも少なくはなかったが、NHKが乱入したのかと面白い。
最近、チコチャンに飽きたところだったが、NHKが作るあの手の番組はゲストが凝っている。しかし、口開けだったためなのか、ゲストの人数が多すぎて店のルールへの突っ込みが浅かったようだ。

さよなら、チコちゃん

#NHK#チコちゃん の名を借りて番宣するようではだめだな~
これで、チコちゃん人気もおしまいだ

とは言うものの、安倍草履と同じで「他に見る番組が無い」ということで見る人も多いか。俺は節電
過去記事:チコちゃんに叱られたい / 「チコちゃん」って、誰? / 「チコちゃん」視聴率:考 / チコちゃんの友だち / なるほど「チコちゃん」

花の命は、短くとも

最近は麻薬をやったとかで、暇な瓦版屋に追いかけまわされている芸能人がいる。死んだとか、不倫だとかの話題ででも、天下のマスコミ様に付きまとわれるようでなければ一流ではないようだ。
歌舞伎役者のように世襲制度で自分の道が定まっている者とは違い、役者や芸人・歌い手などは自分の好みで邪道の人生を選んだと見ていたが、好き放題に生きるのもできなくなっているということだろうか。
好きに生きる道を選んだのだから、人の道と呼ばれる事とは違う事をしたからと言って騒がれる事は無い。

とは言うものの、好き放題に生きる道を選べず、真っ当な道と呼ばれる事しかできなかった俺は、健康に気遣いながら目的も無く生きているだけだろう。今風に言えば「ボーと生きている」だけだ。
若い頃から社会の仕組みや人間の体や健康なんた事を今程度に知っていたならば、こんなボロイ身体にならなかったものをとも思うが、そんなに気遣って長生きしたからと言って何かに役立てる事は無い。

半世紀ほど前には「人生60年」で、ボケる迄生きる事も無く、大きな病気になる以前には社会の為に仕事をし終え、家族に看取られながら惜しまれてあの世とやらに旅立てた。
今では、位牌にするのもみっともないほどに生き恥をさらした顔をマイナンバーカードに飾っている。

美空ひばり氏は1989年(H01)52歳で旅立った。当時は先輩に見えたあの顔・姿だが、今は小娘に見える。
惜しまれるうちに美しく死ねた人を羨ましく思う事は、いけない事だろうか。
美空ひばり 悲しい酒
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


プロフィール+つぶやき
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
・ IPアドレス検索 ・
KEIROMICHI
  • ライブドアブログ