無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

異星 watch

殴打事件にみるTVの終焉

11/14の初報以来、横綱日馬富士の暴力事件とやらのニュースばかりでテレビは時間枠を保っている。
大相撲横綱という者がナンボのもんじゃと思う。 大相撲を国技と能書きを言う人もいる。しかし、「相撲は国技」であったとしても、「大相撲は単なる興行・商売」であって国技ではない。大物演歌歌手の位置付けと同じような横綱が、何をしでかそうとも殊更の事はあるまい。要するに大相撲力士の中では筆頭というだけのことだ。

仮に「大相撲も、神事祭りである相撲と同様」に国技として位置付けても、「国技の筆頭である横綱が、日本人ではない」という事実をどのように考えているのだろうか。俺的には「国技ではない大相撲の横綱に、何れの国籍の人」がなろうとも一向に差し支えは無いと考える。

しかし、この事件を問題視してニュース流しまくりのマスコミにしてみればそうでは無いようだ。
あくまでも「国技である大相撲の中でも、ひときわ清廉でなければならない横綱」が起こしてはならない事件という取り扱いである。殊更に、大相撲でなくとも、横綱でなくとも、「ビール瓶で頭をひっぱたいた」ということは事件である。単なる傷害事件として報ずれば済む内容を、面白可笑しく尾ひれを付けて報ずるから話が面倒になる一方だ。
マスコミ各社が相互に発見し合ったことを批評することでデレビ報道の時間枠を潰しているとしか見えない。
まさに「情報戦」日馬富士問題 連日の新証言...裏には何が? : J-CASTニュース
によれば、初報は「スポーツニッポン(毎日新聞系)」とのことだが、大相撲で生きているNHKまで介入している。
結論が出たならば報ずれば充分ではないだろうか。 (スポニチ Sponichi Annex)

現在の報道姿勢は「舛添東京都知事の悪事を騒ぎ立てた」際の騒動と酷似して見える。
自分以外の者に対して精錬潔癖を求める輩は、自身がが汚れている事が多いのは史実であろう。

北朝鮮のミサイルを騒ぎ立て、トランプ大統領を騒ぎ立て、大統領の娘を騒ぎ立て。
自国の安倍草履の事にはダンマリを決め込むという日本のマスコミ、特にテレビや新聞の姿勢が判らない。 


国技ではないまでも、土俵の上では埋もれた金を目指して頑張る若い力士たちがいる。
マスコミは、いたずらに出来事を煽り立てるだけではなく、真摯に報道する昔の姿勢を取り戻してほしい。
最近の報道姿勢は、昔の三流週刊誌よりも酷いと言える。フライングしてでも売り上げを伸ばすのか。


日本では容疑者でも逮捕されれば「顔写真と実名」が公表される。「間違いありません」と言ったとされる報道は「警察組織が裁判に向けた世論の意識操作」であろう。テロ防止法で捕まれば、その言葉で自白したと報じられる也。

以前、モンゴル出身の横綱・朝青龍が暴力事件を云々として引退することになったが、あの事件の二の舞になるのだろうか。日本人は「何年ぶりとかの日本人横綱」とやらで稀勢の里の出現に拍手していたが、それまでの間に声援を送り楽しませてくれた白鵬を何と見ているのだろうか。
関連過去記事:テレビは不要 / 不倫を騒ぐ瓦版屋 / 報道の仕方を工夫しろ / 落ちぶれ果てた報道内容 / どうなった北海道警察

突然死のデジタル遺品

過日は50歳代女性の突然死があったせいなのか、その類の話題が多い。
どうする「デジタル遺品」 死後、こっそりデータを消してくれるソフトも|AERA dot
パスワードを知らせる方法とか、生前に委託しておくことでデジタル遺品を消去してくれる職業とか色々あるようだが、自分で生前に設定しておいて抹消してくれるソフトが紹介されている。
パソコン用として紹介された「僕が死んだら…」は配布が終了している。
しかし、一定期間アクセスがないとGmailやグーグルドライブなど関連サービスの全データを削除するというGoogle提供の「アカウント無効化管理ツール」は有効なツールであろう。
関連過去記事:フィルムスキャナー:学 / スケベ親父の末路 / 今日は「遺言の日」 / 写真のネット掲載は注意
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高齢者の救命:本人望めば蘇生中止 消防庁委託研究班提言 - 毎日新聞
増加する高齢者の救急搬送を受け、総務省消防庁から委託された研究班が、持病や老衰で終末期にある介護施設などの高齢入所者が心肺停止した場合の対応手順案をまとめた。本人の事前意思と医師の指示がセットで確認できた場合は蘇生処置の中止を認めており、研究班は高齢者の蘇生処置を巡る法整備をにらんだ議論の高まりを期待している。
とのことだ。救急車を手配しておきながら「本人は蘇生を望んでいない」と家族が言えば、死亡判定する為に医師のいる病院に搬送するだけの行為になってしまうのだから、このような事態に備えた法整備は必要だろう。

「安普請」ね~

自分の優勢を語るのに他人の劣勢を持ち出して比較し、劣る物よりは優れていると語る考え方がある。
平昌五輪メイン会場 観客一斉移動で揺れるといわれる安普請│NEWSポストセブン
日本人はこの考え方をする民族である。この考え方は、朝鮮半島の民族も酷似しているようだ...というよりあちらが本家らしい。 子供時代に、近所に住む韓国人が夫婦喧嘩を始めると、自宅では収まらず夫婦で他家に乗り込んでは「相手の悪さ」を他家の住人にわめき自分の正当性を訴えるという話を聞くことが多かった。
今にしてみれば、あの精神構造は朝鮮半島の民族に限ったことでは無く日本人にも多いようだ。もっとも“日本人”と威張ってみたところで「先祖は一緒」なのかも知れないし、最近では帰化した人達もいるらしいからどうなのだろうか。
そんな事を思いながら、「俺は弥生人の末裔ではない」と密かに考えている。隣百姓的な考え方はマッピラだ。

それにしても、『安普請』とは久しぶりに聞く。最近ならば三のけ合い』だろう。
東京オリンピックだって、どうなることやら判らない。 しかし、日本人は取り繕うことには長けている。

そろそろ年賀状を作ろうかと思っている。巷では来年の干支に因んで“犬”をモチーフにした絵柄が多いらしい。
しかし俺的には「アメリカの犬」を連想してしまうために“犬”は用いたくない。また、日本の十二支では11番目として“犬”を用いるが、本来は“戌”である。最近の干支では十二支が多いが、十干であれば“戌”の出番は無い。
そんな干支で、好んで「アメリカの犬」を用いる気にはなれない。
『平成』の年号は2019年3月31日迄になるようだ(過去記事)。昭和生まれだが、平成の思い出も少なくは無い。
何か平成に因む図柄でも考えてみようかと思う。 ※昭和(1926/12/25日-1989(S64)01/07)
WikiPedia:より抜粋引用
「戌」は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)で、草木が枯れる状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の“犬”が割り当てられた。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
日本では総務省の旗振りで遅ればせながらこんなことを始めたが、世界からは2-3歩遅れている。
世界的に進んでいるセキュリティ確保の道とは違う方向に向かう事は、何れは“ガラケー”に成り果てるという事だ。
マイナンバーのシステムに代表される日本のシステムは、時の政権の裏金作りの旗頭らしいから陳腐化しようとも気に掛けていないようだが、使わなければならない庶民は残骸となったセキュリティの危惧をどうすれば良いのか。
「Windows Movie Maker」詐欺に注意、Google検索で上位に表示 | マイナビニュース
マリリン・モンロー・ノーリターン 野坂昭如

長周期地震動の実証実験

長周期地震動の予測情報に関する初めての実証実験を実施 -気象庁|報道発表資料


実証実験サイト : https://www.lmoniexp.bosai.go.jp/
気象庁と国立研究開発法人防災科学技術研究所
WikiPedia:長周期地震動 / 超長周期地震動

ふざけるな、厚労省

健康保険証番号、個人ごとに=19年度から健診情報確認-厚労省:時事ドットコム
  • 健康保険証の番号を国民一人ひとりに割り当て
  • 健康診断の結果などを閲覧できるシステムを2020年度までに構築する
  • 新しい番号を記した保険証は2019年度(2019/04)から順次発行し、2020年7月までに切り替えを完了
とのこと也。 マイナンバーとの相違は あれに掛かった金は 地方自治体が行っている事との整合は
WikiPedia:国民健康保険後期高齢者医療制度
新しい番号を設けるのであれば、マイナンバーとの整合性は マイナンバーと兼用できないのか


マイナンバー制度(マイナンバーカード)の導入時の失敗を全然わかっていない。また同じ騒動を繰り返すだろう。
やっと2017/11/13から「マイナポータルの本格運用」を始めるとのアナウンスがあったばかりなのに。
『新システムの導入』を隠れ蓑にした、新しい裏金作りを考え付いたということだろか
「健康診断の結果などを閲覧」なんて生易しい事に金を掛けるなら、電子カルテを全国で見られる方が先だ。
クレジットカードを断捨離しているのに、政府がブライバシー絡みのカードを増やすのは困りものだ。無くすぞ。
2010年には解体され、日本年金き機構全国健康保険協会に移管された社会保険庁がやっていた業務は、裏金を取りやすいと見える。年金記録問題の二の舞になれば、自腹で病院支払いという事も想定できる。

かつて構想されていた社会保障カードが復活するということか あれは、マイナンバー制度が成立したことで、マイナンバーカードに吸収されたハズだったろう。 ※厚生労働省:政策レポート(社会保障カード(仮称)について)
関連過去記事:マイナンバーと電子カルテ / 独善的に病院選び:考 / 医者の紹介状 / 医者の力量は何だろう? / お薬手帳:学
タスポなんて~のが有るが、あれも厚労省の無駄なシステム作りだった。

アメリカの犬として死ぬ?

アメリカ大統領は自国の事は棚上げしてアジア歴訪の旅を続けているとの事だ。
日本政府や日本のマスコミは、挙って日本での接待が好評である事を報じて止まない。
一方で、韓国での接待が不評である事を報じ、日本での好評事と対比させるかのようだ。

どちらがトランプ大統領の、曳いてはU.S.A.の気に入ったかは知る由も無い。
しかし、今回の日本政府の対応ぶりに関する日本のテレビの報道内容を見ていれば、それは中国のそれよりも隠ぺい体質であると言わざるを得ない。 すなわち、見せたい出来事以外は見せないということだ。
国民に知らせたい事は誇張してでも執拗に放送する事で、あたかも真実であったかの如く信じさせるという事だ。

日本人は、日本の報道ばかりを鵜呑みせずに、疑いの目をもって世界の報道から日本を見直すべきであろう。
天安門事件のような出来事にまでいかない陰湿なやり方で、真実を隠されているかもしれないと疑って掛かりたい。

昔、当時の日本では飛ぶ鳥を落とすような勢いの田中角栄首相が退く事になったロッキード疑獄事件は、アメリカ政府の陰謀であった事を米国務長官が暴露していたそうだ。 今また、こんな話もある。
 小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府  在米日本大使館の内部文書入手 〈週刊朝日〉|AERA dot
事の真偽を知る由も無いが、そうかも知れないと思わせるような記事である。

何かにつけては日本の自慢をしたがり、あたかも優越国であり優越民族であるかのごとき誤解をしている(させられている)事では明治維新以来変わらない国民性の日本人だ。現在の北朝鮮と同様にアメリカに喧嘩を売り、そして負け、敵愾心を持つ替わりにすっかりと愛玩犬の立場に甘んじるばかりか、擦り寄って見せる姿勢は悲しい。どんなに愛されていても犬は犬だ。犬は邪魔になれば始末される。
予備自衛官等制度広報ドラマ「大切な人の守り方~予備自衛官という選択~」

陸上自衛隊 広報チャンネル

国が知らせたいことしか知らないでいる間に戦争が起こり、そして.....

「会場はガラガラ」欧米メディアが冷笑する日本のイヴァンカとトランプ報道 | BUSINESS INSIDER JAPAN

マイナポータルの本格運用

マイナンバーの情報連携、11月13日から本格運用に - ZDNet Japan
マイナンバー制度に基づく「情報連携」と、個人向けポータルサイト「マイナポータル」が、本格運用11/13開始
マイナポータル」とは、情報提供ネットワークシステムの中で、個人が利用できるパーツとでも言うのだろうか。
住民票の写しや課税証明書の発行といった各種手続き申請の際、住民が行政機関に提出する書類を省略できるようになるとのことだ。LINEアプリから育児関連の手続きが行える「ぴったりサービス」は11/07から提供されるそうだ。
マイナちゃんに聞いてみよう!マイナポータル!!

マイナンバー制度【内閣官房・内閣府】公式YouTube動画チャンネル

大騒ぎして導入された「マイナンバー制度」だが、騒動の主要因であった「マイナンバーカード」は申し込みが少ない模様だ。要するに“無くても困らない”システムなのだろう。
それにも関わらず、システム構築を決定した時点の内容を実行しようとするのは無駄であろう。取り止める事も勇気である。にも拘わらず当初の計画を実行すれば、国民年金制度に関する社保庁の失敗を繰り返すことになる。
マイナポータルを利用するには、マイナンバーカード、ICカードリーダライタ、パソコンが必要です。
とのことだ。e-Taxで確定申告している人ならばICカードリーダライタを所有しているだろうが、たかがマイナポータルという物を利用するためにICカードリーダライタを買い求める気にはならない。また、「マイナンバーカード」に対応したICカードリーダライタがe-Tax用のそれと併用できるとは限らない。生涯使わないシステムかも知れない。

「マイナンバー制度」については、導入検討時より個人情報の流出を懸念する声があった。検討時から期間が経ち、プライバシー問題ばかりではなく、コンピューターセキュリティの突破技術は格段と進歩している。
しかし、ぬるま湯に浸っている日本の役人は、そんな心配をする以前にヒューマンエラーを行っている。
マイナンバー情報漏れ4倍 自治体の誤送付相次ぐ - 共同通信 47NEWS
政府の個人情報保護委員会は1日、マイナンバーを含む個人情報が漏れるなどのトラブルが4~9月の半年で、国や地方自治体などから273件報告されたと発表した。
このような意識改革が進まない中で「マイナポータル」が開始される事に心配しつつ....
マイナポータル公式サイト
関連過去記事:死亡時のマイナポータル /
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 今年も後41日
  • 今年も後41日
  • Firefox v57が重い場合
  • 放送設備の点検とは?
  • Win10復活作戦
  • Win10アップデート駄目
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ