無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

薄れゆく記憶

宇佐に行く

U.M.とは、大田支店勤務の頃に知り合った。
大田支店は東京都大田区のJR大森駅に程近く、大衆的な飲み屋の多い土地柄で、最終電車が無くなるとK.K.と共にU.M.のアパートに転がり込むのだ。
独身のU.M.に結婚を奨め、U.M.の産地である大分県の女性との話がまとまった時には結婚式に呼ばれたりした。

結婚式には、K.K.とT.Y.、H.N.の4人で宇佐市を訪ねた。
大分空港⇒別府⇒宇佐市 と移動して宇佐市のホテルに1泊し、結婚式に参列したのだが、詳細は記憶にない。
2泊した翌日からT.Y.の運転するレンタカーで湯布院とかを観光したが、これまた詳細は記憶にない。
なんせ、運転手以外は車内で酒を飲み、昼飯じゃ~といっては酒を飲んでいるだけなのだから、致し方無い。
3泊目は別府温泉に泊まり、フグ屋なんぞでこれまた飲む。
フグと聞いてビビッていたK.K.とT.Y.であったが、俺の強奨に一口食べたところ 「これは美味い」 ということになり、人の分にまで箸を出す始末と相成り、大笑い。 「食べ過ぎで死ぬゾ」 という落ちが付く始末。
翌日も朝から飲み、飛行機の立つ時刻まで間が有ったので、JR別府駅に程近い公衆浴場に入った。

公衆浴場との看板を見て そうなんだろうと思っていたが、内部は日本風の宿であった。
聞けば、昔は旅芸人が利用した木賃宿だったとのことで、8畳程度の大部屋から3畳ほどの小部屋が不規則に並んだ部屋だらけである。 「四畳半襖の下張」を彷彿させる作りになっていた。
公衆浴場と称するものは、半地下になっており、階段を下って入浴するというものだ。

2時間ほど仮眠したが、それも飽きたので早めに大分空港に行ってみたら前の便がフライトできずに居座っており、空港職員が3人の空席が有ると客引きすするので、それに飛び乗ったという次第。
搭乗機は最後尾にでかいエンジンが付いた機体で、遅れて乗った我々はそのエンジンに囲まれた騒音素晴らしいシートに座らせられた。 謀られた!! と思っても後の祭りである。 東京に近づいたハズなのにさっぱりと着陸せず、下には新島が見えるような位置にまで飛んで滑走路空きの順番待ちという状態にうんざり。

その後のU.M.は、目出度く第1子を妊娠し、JR大森駅近くのアパートから杉並区の社宅に転居した。
出産の為に奥方が宇佐市に里帰りしている時、U.M.の予てから希望が叶い、九州勤務ということで小倉支店に転勤が決まった。 U.M.とは、新婚の大森アパートにはじまり、社宅への引っ越しも手伝ったが、最後は里帰りしたままの為に奥方のいない社宅からの淋しい荷物運び出しまで付き合うことになった。

俺は勝手に全国に出張できたので、用事をこじつけては年に1-2度は小倉支店に行き、U.M.に逢い飲んだ。 ある時、U.M.が家を新築したので来いとの連絡があり、小倉支店から宇佐市に行った。
御立派な新築家屋は部屋数が多く、既に第2子がチョコマカとしている。 既にすっかりと大分弁に戻ってしまった奥方と、“小さな二人の女の子”の前で酔っぱらっているわけにもいかず、旅の疲れが相まって1升瓶をひっくり返した程度で早々に就寝と相成った。 翌日は、U.M.の案内で宇佐神宮を参拝することになった。
「二拝四拍手一拝」の作法を教わりながらも、二日酔いの俺はウロウロするばかり。 何を見たのか(?)は、サッパリ記憶に無い。
先日LINEに参加した際、偶然U.M.妻を発見。その後instagramにもU.M.妻の写真を発見した。“小さな二人の女の子”は立派な娘になり、当時は20歳代だった奥方はそれなりに老けていた。LINEは良いが、怖いね~

N.M.の結婚式帰りにも訪れた別府温泉や、歴史を辿りたい国東半島は、二日酔い状態ではなく改めて行ってみたい土地だね。 その際には、宇佐神宮にも行こう。 宇佐神宮(公式サイト)



アメリカでは大統領が変わったとやらで大騒ぎしている。 まあ、二・三年は話題に事欠かないだろう。

宇佐をローマ字綴りすれば「USA(うさ)」であり、 United States of America(アメリカ合衆国)と読める。
その為、宇佐神宮は「(USA)うさアメリカ神社」とも呼ぶと聞いた。 新大統領は日本が好きとの話も聞く。

死への恐怖心:考

過日、鶴田真由氏のTwitterにて告知のあったNHKアーカイブス「比叡山 千日回峰~“一日一生”いまを生きる~」を視聴した。 比叡山に在る日本天台宗の本山延暦寺の僧侶である酒井雄哉氏が阿闍梨となる修行を映した番組で、初回放送は1979年1月5日にNHK特集「行 比叡山 千日回峰」の再放送である。 WikiPedia:千日回峰行

初回放送時には、仏教を学問としてしか考えていなかった俺は、あの修行を関心深く視聴していた。
また、修行の様子も然ることながら、阿闍梨を見つめる里人信者が示す尊敬の振る舞いは極めて不思議であった。
テレビで知る限り、(少なくとも)関西以南では仏教を信仰する人達が多いようだ。特に近畿圏の古都と呼ばれる京都や奈良の里人は修行僧の托鉢には積極的に供養しているようだ。また、四国八十八箇所などに代表する霊場を巡礼することも関西以南が多いように思う。他には、京都に近い北陸地方と、幕府があった鎌倉だろうか。
俺が生まれ育った秋田では“寺や僧侶”との付き合いは極めて希薄であった。少なくとも俺の周辺では僧侶と付き合うのは葬式等の仏事の時だけで、仏教を信仰する為の証と見受ける行為をする者はいなかったと承知する。
中学生の頃に奥州藤原氏中尊寺毛越寺の存在を知り、「仏さんを拝んでどうするの」という感じであった。
仏教というものは、学問としては関心があったが、信仰の対象ではなかった。
近畿圏では仏教を信仰する人が多いのかも知れないが、或るラインから北部では仏教よりも山岳信仰というか古神道に親しむ里人の方が多いのではないだろうか。また、霊場でも慈覚大師が開山したとされる恐山だが、そこで口寄せするイタコが拠りどころなのでは無いだろうか。そんな事からなのかは知らないが、東北では阿闍梨よりも即身仏に対する信仰・敬意の方が高いように思う。ちなみに秋田の我が家では、極稀に来る托鉢僧は乞食坊主と呼んだ。
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
そのような信仰心が反映された結果なのかは知らないが、東北地方の自殺率は高い。一方、仏教への信仰心が高いのではと思われる地方では自殺率が低い。
この自殺率の低い地域では“死への恐怖心”が強いようだ。 “死への恐怖心”が信仰への引き金になったのか、それとも、信仰心の強さから恐怖心が発生したのかは興味深い。

93歳で逝った俺の母親は殆ど病気らしい不調は無かったが、親父が死んだ後でも「死ぬことは怖くない」と言っていた。現在67歳で色々と病気持ちの俺だが、同様に「死ぬことは怖くない」。
まるで何とも無いかと問われれば、見知らぬ土地に出掛けるような気持ちとでもいうのだろうか。恐怖心は無い。
“死の恐怖感”は無いが、死にたい訳ではない。良寛和尚の最後の言葉と言われるが「死にとうない」ね。
千一番目の神を受け入れることができる日本人は、やはり縄文人の心を持っているのだろうと納得している。
いずれにしても、無宗教の俺としては死生観と呼べるような生き方は知らないが、自分に恥じない死に方をしよう。

関連過去記事:楽しい人生は / 「尊厳死法案」ねぇ / 日本仏教の不思議 / 宗教の不思議 / チベットの死者の書 / 家を出る時-覚悟 / 100万回生きたねこ / 生への執着心は / 「青い鳥」を探して

アイルランドに行った娘

品川の東京支店にいた頃はOAを担当していた為、他の担当では少なかった女性の派遣社員が居た。
ある時の派遣女子は、大学を卒業したばかりのピッカピカの世間知らずだった。 名前は忘れたが、N子としよう。

N子は、パソコンを用いた業務に関することは それなりに知識は有るものの、社会的なことには窮めて疎い。
それでも、酒を飲む雰囲気が好きだったのか、誘われれば、否、誘われなくとも 飲酒の場にはよく来ていた。
その為、女っ気の無い職場の若い者には頻繁に誘われていたらしい。
若い者と付き合っていれば良いものを、何故か親子ほどに年の離れた俺が酒を飲みに行く場合には、これを優先して着いて来る。 結婚を目的にして派遣社員勤めをしたわけではなかったようだ。
邪魔とも言えず、汚い居酒屋でよく飲んだものだった。 居酒屋はアイルランドのパブに似た雰囲気なそうだ。
当時は品川でパート勤めをしていた俺の女将も可愛がって、数度同席してくれた。 別に監視の為では無い。当時の俺は既に糖尿病で、人畜無害なのだから。
N子は、酒を飲む雰囲気は好きだったようだが、酒そのものに強いわけでは無く、少しの酒でよく居眠りをしていた。
ある休日の早朝に 俺の携帯が鳴り、話を聞くと築地警察とのこと。 前日の深夜、酔っぱらった女性を保護したところ 俺の名刺を所持しているとのことでグチャグチャと職質された末に、引き取りに来いとのこと。

そんなN子がある日言うには 「アイルランドに行きたい」 とのこと。
アイルランドなんて国は、おとぎ話に聞く程度の知識しか無いので聞き流していたところ、語学留学することを決めたので退職したいとのこと。 てなことで、ジタバタと、あっという間にアイルランドに行っちまった。

退職してアイルランドでおとなしく過ごしてくれれば良いものを、俺の自宅に国際便が届くようになった。
返事を出すにしても国際便なんちゅ~物を出したことの無い俺は、誠にオタオタしてしまった。
そうこうしているうちに、e-mailを使いたいとの話になった。 
アイルランドの大学サーバーを通じてe-mail送受信の設定は比較的簡単だったが、アイルランドのパソコンでは日本語を表示できない。 色々と手を尽くしたが日本語フォントが入手できず、結局はローマ字でのe-mailとなった。
それ以外にも、N子には使いまわされた。
親が携帯電話を紛失したので新しい携帯を買う手伝いをしてくれ等とのe-mailで、母親とも御面会した。
北総線沿いの矢切りの渡し付近まで、携帯を届けに行ったこともある。
そんなN子からのe-mailで、アフリカに行くとのこと。 アイルランドの大学で知り合った友人の国に行くとのこと。
アクティブなことである。 半年ほどアフリカ暮らしをした後、またアイルランドの大学に戻った。
パブ・バーとやらで、楽しげにビールを飲む写真が届いていた。
そんなこんなしている内に、我が家にはアイランドから届く絵葉書や土産物が転がっている状態になってしまった。

数年が経ち、池袋が勤務地となっていた俺の携帯にN子から電話が掛かり、帰国したと言う。
品川時代の仲間を掻き集めて帰国祝いとなったが、以来N子との音信は無いままに20年程になる。
思えばN子も アラ4 の年頃だ。 おおよそ当時の俺の年回りとなり、子供がアイルランドに行きたいと言い出しているのかも知れない。 それとも、N子共々国外でくらしているのだろうか。

俺は、長年暮らした東京を捨て 故郷の秋田も捨てて当地に来た際に、それ迄の住所録を全て処分した。
向後の人生で、これまでにお付き合いした人達とは2度と接しない決意をしたからだ。
勿論、N子の住所など知るよしが無い。 しかし、アイルランドへの旅行番組を見ると懐かしく思い出される。

今では“アイルランド”に関する情報サイトも多い。 アイルランド政府観光庁


続きを読む

カメラと鏡

親父はカメラが好きだった。 
1932年(昭和7年)に起きた、東京日本橋の白木屋デパートの大火事を撮影した写真が有ったから、いつごろからカメラを所持していたのだろうか??
警視庁消防部(現在の東京消防庁の前身)に勤務した頃に買ったというツァイス(コンタックス)の蛇腹式カメラを愛用しており、俺が中学校位までは触らせてもらえなかった。
消防車の運転手であり、カメラ撮影もできた親父は、2度にわたる出兵も司令部付きだったという。
戦争中の写真を多数保管していたが、親父の葬儀後お袋が焼却してしまった。 惜しいことをしたものだ。

そんな親父は、家族の写真もよく撮った。 俺の成長記や、お袋、そして身内の写真など等。

お袋は 「写真を撮られると魂も盗られる」 という話を信じたわけでは無いらしいが、俺が物心ついてからの写真は少ない。 俺が就職する際に2人並んで親父に撮ってもらったのが、当人の参加意思で撮られた最後である。
50代は嫌々ながらでも撮られていたが、60代を過ぎる頃からはカメラを向けると顔を隠すようになった。
お袋の葬儀の際、映っている写真を探すのが大変だった。

カメラに映ることを嫌うようになった頃から、自分達の部屋にある鏡以外の鏡の前に立つことも減ったようだ。
自分用の鏡以外に映る自分の顔が嫌だったのだろうか??

は、その品質の良し悪しで 映り方が違う。 明るい鏡・暗い鏡、千差万別である。
たかが鏡、されど鏡である。
世の中には、うぬぼれ鏡という物が有るらしい。
今どき、プリクラで写真を撮れば目鼻立ちを補正してくれるという。
そんなことをしなくても、高くても お気に入りの うぬぼれ鏡を買って、楽しい毎日を過ごしたいものだ

関連過去記事:パンツ(ズロース)見えた / 写真を撮ろう-想い出作り / 人相は変えられる
続きを読む

丸刈り万歳

俺の頭は、3mmのバリカンで丸刈りである。  プロフィール画のような容貌だ。

勤め人時代は1mmで2週に1度は床屋に行ったが、年金生活となってからは3mmで1ヶ月に1度にしている。
元々、髭は濃いものの薄かった頭であるが、丸刈りをはじめて彼是40年近くが経つ。
未練たらしく伸ばしていた髪だったが、或ることをキッカケにバッサリと切り、以来は丸刈りである。

キッカケは、先輩が軽い脳梗塞をおこした際の御見舞いである。
洒落物だった先輩は、リーゼントだった。
浅草生まれの先輩は、秋田から来た俺にとって憧れ的な人物で、所作振る舞いからファッションまで大いなる関心事であった。  その先輩を見舞った際、ツルツルに剃りあげられた頭を目にして仰天したものである。
聞けば、脳梗塞の治療にあたり、頭蓋骨に穴を開ける為に髪を剃られたのだそうだ。 (現在は、そんな荒業をしなければならないような手術は少ないと聞く)。 俺とて、何時同様の病となるかも知れない悪行の者である。
いざっという場合に備え、バッサリと刈ってしまい、以来は丸刈り愛好会である。

当時の丸刈りは、刑務所を出所した者とか、あまり行状のよろしく無い者がするヘアスタイルであり、街を歩いていても飲み屋に入っても怪しげに見られた。 かなり薄毛の小父さんでも丸刈りするのは奇妙な風体と見られる時代だった。その為、「道を歩けば、皆が避ける」状態で通行の邪魔をする者はおらず、随分と気ままに散歩(?)ができた。

ところが、いつぞやのオリンピックで水泳選手が「スキンヘッド」と称する丸刈りで出場して以来、薄毛の小父さんに限らず、フサフサと毛の有る若者までが丸刈りをするようになった。  その為、丸刈りは社会的な地位を得てしまい、道を歩いても、単なるハゲ爺を恐れて道をあけてくれる人は少なくなった。
これも、流行というものか... ヘアセットする必要も無く、洗髪も自由な丸刈りが流行ることは、むしろ当然かも。

丸刈りを御奨めしましょう。 関連過去記事:ハゲ頭

鹿角の大日堂

高校時代迄は、それなりに遊びに行っていた八幡平である。
上京した後に訪れることが無かったが、寄る年波からか(?)、死ぬ前にもう一度と思い2001年(平成13年) に行ってみた。 その後、再訪したいと考えた際に 東北未体験の女将が同行を希望した為、2004年(平成16年)7月 同伴旅行することになった。

宿泊地としては、後生掛温泉とした。 鎌倉から後生掛温泉迄の交通はなかなか不便であり、約6時間といったところか。 秋田新幹線の田沢湖駅から路線バスで1時間以上かかるのだから、致し方ない。
路線バスに揺られて後生掛温泉が近づくにつれ、温泉地独特の卵の腐ったような硫化水素の匂いがする。
当然、宿でも硫化水素が匂うのだが、女将が匂いが嫌だと言いだした為、予定した部屋を多少なりと匂わない部屋に変えてもらうことになった。
風呂も匂う為、入浴できず 水で躰を拭くことで我慢する始末。 結局 女将は、3泊中で1度も入浴せず。

2日目は、花輪町に出張ることにした。
帰りの便を考えると8時頃には出立しなければならないのだが、後生掛温泉からその時刻に立つバスが無かった為、ホテルの車でバスのある志張温泉まで送ってもらえることになった。
路線バスに乗り込み、まずは大日堂舞楽が奉納される大日霊貴神社を訪ねた。
子供の頃には随分と大きな神社という記憶であったが、改めて見ると村の鎮守というった感じ。
大日堂
通称は『大日堂』と呼ぶ大日霊貴(おおひるめむち)神社では、毎年の1月2日にユネスコの無形文化遺産である大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)が奉納される。

DSCF0019

DSCF0024


無人駅のJR八幡平駅は、駅前に雑貨屋という感じの店が1軒。 
ディゼルカーで運転される列車は 1時間に1本程度、路線バスも同様で、交通機関が少ない為、1台しか無いタクシーで花輪に向かう。
花輪は、現在は鹿角市花輪と称するが、以前は鹿角郡花輪町と称する この地域では大きな町であり、JR花輪線の名前ともなった。
花輪でタクシーを乗り換え、おいらの住んでいた場所に行ってみたが、昔と変わらぬ質素な風景にガッカリ。
そのまま、道の駅かづのに向かう。 通称 あんとらあ とも呼ばれ、花輪ばやし・花輪ねぷた・鹿角の盆踊り等を一堂に見学できる。
WikiPedia:花輪ばやし
DSCF0040

施設前では、地元の草花の販売がなされていた。

【食虫植物】
DSCF0033

地元名産の切りタンポを昼食にして、宿に戻ることにした。
後生掛温泉(八幡平山頂) 方面に向かう路線バス迄の時間が長い為、JR田沢湖方面から来る路線バスに途中で乗り換えることにした。
しかし、それぞれの路線でバス会社が異なるせいか、バス運転手は乗客の思惑などにはお構いなしである。
遅れて到着した乗り換え停留所の傍には、北緯40度線が通過しているとのことでモニュメントがある。
乗り換える予定路線のバスも遅れていたため、事なきを得た。
秘湯名湯 028後生掛温泉


3日目は、八幡平山頂に向かう。  宿に戻り、硫化水素の匂いを嫌う女将を連れて後生掛自然研究路を散策。
後生掛自然研究路2013秋


写真共有サイト「フォト蔵」
2001年09月-秋田八幡平
2004年07月-秋田八幡平
2004年11月-秋田八幡平
2006年09月-秋田紀行

寿司の御土産

親父は、酒を飲まなかった。  正月に,御神酒を御相伴に与るだけでほろ酔いになる有様であった。
そんな親父でも、仕事の付き合いとやらで、年に2~3回ぐらいは酒を飲んで帰宅することがあった。

半世紀も昔の秋田でのことである。 いまどきの様に、いたる所に安い居酒屋があるハズが無く、外出先で飲む場所といえばそれなりの高級料理屋であったようだ。
今にして思うに、秋田市の繁華街と言えば、川反(かわばた)であったろう。

飲みなれていない親父が酔っ払っての帰宅ポーズは、ヘロヘロ状態で自転車を押して帰り、自宅の玄関に倒れ込むのが定番であった。 幼かった俺と母で、玄関から寝床まで引きずって行き、寝かせることが大変であった。

そんな親父が、酔っ払った状態で差し出すのが、御土産の寿司折であった。
寿司折と言えば聞こえが良いが、中身は胡瓜か干瓢の海苔巻きである。

当時は、寿司屋といえば時価が相場であり、冷凍設備の整っていない中での具材は酢で絞めた物ばかりである。
現代のように、鮪や鰤等がホイホイというわけにはいかない。 ましてや、運動会だろうが、外出だろうが、弁当を持参していた時代である。 たとえカッパ巻きとは言えど、立派な御土産なのだ。

夜遅く(20時頃のこと)に酔っ払って帰宅し高いびきの親父を尻目に、舌鼓を打ったことは言うまでもない。
WindowsXP来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 感情の誘導はいらない
  • 生きてる間に何をする
  • 生きてる間に何をする
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
logo


  • ライブドアブログ