無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

日々是記録

アクセス解析の機能:考

ネット世界はセキュリティ上から、ブログ等のサイトを運営する上でアクセス解析は必需品と考えている。
そのため、このブログを開設して間もなくの頃から「無料で簡単なリアルタイム・アクセス解析|忍者アナライズ」を利用してきた。(当該設置先は、livedoorブログ。常用SSL化には未対応)
過日より、レンタルブログの引っ越し先としてFC2ブログを試行する中で、試みに「高機能アクセス解析の無料レンタルサービス FC2 アクセス解析」を設置してみたところ、FC2の性能がナカナカである事を知った。

忍者ツールでは把握していなかったIPアドレスの閲覧者がFC2ではキャッチできるのだ。
ブログへのコメントをいただくような人の場合、当然ながら閲覧している事は承知するものの、忍者ツールでは当該IPアドレスが抜けるのである。 また1週間ほど前からは、それまでキャッチできていたIPアドレスが閲覧していることは間違いないにも関わらず忍者ツールでは抜けてしまう状態になった。しかし、FC2ではキャッチしている。
今のところ、キャッチできていないIPアドレスを承知しているのは、千葉方面からのアクセス者である事が面白い。

これまで、お呼びでない閲覧者の拒否用として「忍者ツールズ」の「簡単設置でアクセス制限・拒否が設定できる無料ツール 忍者バリア」を利用してきたが、検索時の不具合があることから利用中止している。(関連過去記事:「来訪拒否宣言」履歴) 常時SSL化絡みで向後使わないだろうから、いっそのこと、「忍者ツールズ」全ての利用を止めて「FC2 アクセス解析」に引っ越すのも方法である。
とは言うものの、使い勝手は馴染んできた「忍者アナライズ」のほうが良い。ということで、しばし検討する也。

本日、Windows 10 v1803でKB4464218「2018-09 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム」が不定期でリリース。Update09:40完了し、v1803 OSビルド 17134.286となった。 (関連過去記事:おぉ~い、Microsoft)
09/19追記、以降Firefoxでのアクセス及びPCが重くなった感じ也。
2018/09ディスク速度 Firefox使用時   (参考)2018/08ディスク速度 
20180919       20180813f

ブラウザ引っ越し:試験

先日はAndroid用ブラウザを、Firefox⇒Chromeに変更した。
暇人としては、パソコンでもFirefox⇒Chromeに変更したいのだが、ChromeでHTMLリッチテキストエディタのブログ機能を用いてlivedoorブログを書いた場合、極めて使いにくいので躊躇している。この使いにくさは、livedoor以外のブログでも、ブログ以外のWordやe-mil等を書く場合には同様の現象が生じる。巷でも知られている事だが、識者が修正しないということはHTMLリッチテキストエディタなんぞを使わないから不自由していないのだろう。同様に、改行を多用しない文書の書き方をする人にとっては不自由はないだろう。でも俺の書き方では、この乱れは気に入らない事象である。

そんな迷いの中、来る秋にWindows 10のグレードアップが行われるとMicrosoft Edgeの勧誘が五月蠅くなるらしい。
Windows 10最新版ではFirefoxとChromeのインストールを検知すると「Edgeがあるよ」とダイアログが表示される - GIGAZINE
それならば、「Microsoft Edgeをメインブラウザとして使う選択肢もある」と考え、試験をすることにした。

試験方法としては、以下の簡単な文書をFirefoxで書き、他のブラウザで表示させた物をC&Pし、改めてFirefoxで表示させた物のHTMLを見る事とした。 試験に用いたブラウザは、いずれも本日時点の最新版である。

------
改行
改行
------

Mozilla Firefox (v62.0)
------<br />改行<br />改行<br />------<br />


Google Chrome (v69.0.3497.92(64 ビット)
<br  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><span  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: rgb(255, 255, 255); text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">改行</span><br  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><span  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: rgb(255, 255, 255); text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">改行</span><br  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><span  style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: medium; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: rgb(255, 255, 255); text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">------</span><br />


Microsoft Edge (v42.17134.1.0)
<br  style="background-attachment: scroll; background-clip: border-box; background-color: transparent; background-image: none; background-origin: padding-box; background-position-x: 0%; background-position-y: 0%; background-repeat: repeat; background-size: auto; color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; margin-bottom: 0px; margin-left: 0px; margin-right: 0px; margin-top: 0px; min-height: 0px; orphans: 2; padding-bottom: 0px; padding-left: 0px; padding-right: 0px; padding-top: 0px; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;"><span  style="display: inline !important; float: none; background-color: rgb(255, 255, 255); color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;">改行</span><br  style="background-attachment: scroll; background-clip: border-box; background-color: transparent; background-image: none; background-origin: padding-box; background-position-x: 0%; background-position-y: 0%; background-repeat: repeat; background-size: auto; color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; margin-bottom: 0px; margin-left: 0px; margin-right: 0px; margin-top: 0px; min-height: 0px; orphans: 2; padding-bottom: 0px; padding-left: 0px; padding-right: 0px; padding-top: 0px; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;"><span  style="display: inline !important; float: none; background-color: rgb(255, 255, 255); color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;">改行</span><br  style="background-attachment: scroll; background-clip: border-box; background-color: transparent; background-image: none; background-origin: padding-box; background-position-x: 0%; background-position-y: 0%; background-repeat: repeat; background-size: auto; color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; margin-bottom: 0px; margin-left: 0px; margin-right: 0px; margin-top: 0px; min-height: 0px; orphans: 2; padding-bottom: 0px; padding-left: 0px; padding-right: 0px; padding-top: 0px; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;"><span  style="display: inline !important; float: none; background-color: rgb(255, 255, 255); color: rgb(0, 0, 0); font-family: Arial; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;">------</span><br />


Internet Explorer 11
------<br />改行<br />改行<br />------<br />

結果として、ChromeのHTMLがグチャグチャと膨らむ事は想像していたが、Edgeがほぼ同程度に膨らむ事は予想外である。IE 11とFirefoxは想像通りにコンパクトである。しかし、Firefoxは「about:configで仕様を変更」している結果だから、本来の出荷状態ではない。仕様変更を解除すれば、以下となる。
<div>------</div><br /><div>改行</div><br /><div>改行</div><br /><div>------</div><br />
とは言うものの、このHTMLの出力を見れば敢えてMicrosoft Edgeを使いたいとは思わなかった。また社会的に見ればEdgeは発展途上的な扱いがあり、Edgeの将来が見えないため確定申告などに使えないらしい。
また、Firefoxではアドイン、Chromeでは拡張機能として利用できるオプションの提供数が少な過ぎる。これも、発展途上の成せる事なのかも知れないが、先が見えない中でリスクを承知で引っ越しする気にはなれない。
このブログを訪ねる人は、Windows 10利用者でもブラウザは IE 11 を利用しているが、なるほどである。
ChromeやEdgeにおける本件の解消策として「cnt + C」でコピーし、「cnt + shift + C」で書式無しでペーストする方法もあるが、Firefoxで使える間はその方法はしたくない。
ということで、チマチマとした試験はオシマイ。結局、パソコンではFirefox、タブレットではChromeで決まり。

追加試験として、livedoorブログ以外のレンタルブログの場合を試してみた。同じ内容で、Firefoxだけを確認。

HTENA BLOG
<p>------<br />改行<br />改行<br />------</p>


FC2 ブログ
------<br>改行<br>改行<br>------<br>

ストレージセンサー:学

Windows 10 v1803の掃除には、今後「ディスククリーンアップ」を使わず、「ストレージセンサー」を使用する。
関連過去記事:ソフトの導入状況:02 / Windows 10の不調記録:3 / Win 10アップグレード完 / Windows 10の役立ち

なお、【CCleaner】と【ストレージセンサー】の掃除性能を比較してみると【CCleaner】の方が掃除が巧いとの事。
2018/09/14、「ストレージセンサー」実施後「CCleaner」にて清掃。その後の09/15にKB4100347が配信有り。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
gooブログは常時SSL化(https://)されている。先ほど某ブログでコメントを試み、コメント欄に「(https://)ではない(http://)で始まるサイトを紹介するためにURL(http://www.geocities.jp/kounit/index.html)を書いたところ、gooブログより『安全では無いサイトURL』のエラーメッセージが発せられ、コメント自体が却下された。コメント内とは言えどもgooブログ内に「混在コンテンツ」が入り込むリスクを防止しているのだろうか 本文中ではどうなのだろうか
e-mail内に(http://)で始まるURLを書けば、プロバイダーやメーラーによっては跳ねられて届かないかも
確かに、最近のフッシュングメールや、悪意のコメント防止には有効かも。そんな時代になったか
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
10月にはリリースされるはずの「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)に向けた事前準備なのたろうか...2018/08/22にインストール済のKB4100347が09/15 AM再度配信された。「2018年9月の Windows Update メモ (9月14日更新) - ぼくんちのTV 別館」によれば、中身は Spectre Variant 2対策を含んだ更新プログラムとのことで、マイニングに関連したCPUに脆弱性対応らしい。(過去記事:おぉ~い、Microsoft)
【追記:09/16】09/15に再配信されたKB4100347をインストールして以来、アクセスが重くなった感じ。
また、ブラウザでアクセスした際、画面下部に目隠し帯のような影が出る、(すぐ消える)
昨年秋のWindows 10 v1709(Fall Creators Update)へのグレードアップは、日10/18と定例の第2水曜日に行われた。これから推察すれば、v1809「October 2018 Update」(RS5)は日10/10(火)だろうか。

Android用ブラウザ変更

Webブラウザはこれまで、パソコンとAndroidタブレットのどちらもMozilla Firefoxを使う事にしてきた。
デバイスが違っても同じWebブラウザであれば同期することができ、「ブックマーク等を共用」できると考えたからだ。Firefoxの同期(Sync)はとてもに快適に動作し満足して使ってきた。しかし、考えればAndroidタブレットには購入時にWebブラウザとしてGoogle Chromeがインストールされていた。このChromeは発売元のNECの御定めによりアンインストールする事ができない。従ってユーザーがFirefoxを使った場合はWebブラウザを二つインストールしている事になりストレージ(メモリー)を無駄使いすることになる。

「ブックマーク等を共用」する為にパソコンで使い易いFirefoxをタブレトでも使ってきたが、最近のWebブラウザの市場を眺めるにつけて、昨日09/12より「タブレットではChromeを使う」事にした。これによりメモリー消費が減った。
パソコンとタブレット間で同期しなければならなかった時期は既に過ぎ去っている。極稀に同期を必要とする場合は「PC版Firefox」⇒「PC版Chrome」でエクスポートした後、「PC版Chrome」と「タブレット版Chrome」で同期させれば済む箏也。
パソコン版のFirefoxは早くなったと言われるが、Android版ではChromeの方が早いと感じている。
 ということで本格的にAndroid版Chromeを使いだしたが、Chromeではアドオン(拡張機能)が利用できない。
FirefoxであればAndroid用にアドオンが使え、セキュリティ面で広告をブロックする「uBlock Origin」と、トラッキング防止に「Ghostery」を、「LINE アンチウイルス」と併用していた。
しかし、Chromeに乗り換えた場合、「LINE アンチウイルス」の機能が見えないので他のウィルス対策に乗り換える事を思案中。(カスペルスキー インターネット セキュリティ / Yahoo!スマホセキュリティ / Yahoo!スマホ最適化ツール)

なお、パソコン版Firefoxは v60以降「エディタでdivタグが挿入」される仕様となった。俺の使い方ではこれに不都合を感じ、about:configで仕様を変更して利用している。
v60で、HTML文で『123<br />』が『<div>123</div><br />』と記述される件(Firefoxフォーラムにて質問)
当該記事(2018/05/09)より、『「Firefox 60 for developers - Mozilla | MDN」により仕様が変わった。about:configから「editor.use_div_for_default_newlines」を検索し、 値をfalse に変更することで本件は発生しなくなる。これにより Firefox 59 までの挙動に戻っているらしい。したがって、Firefoxの版が変わったらチェックする事』
未来において「about:configで仕様を変更」することが出来なくなる状況が発生した場合は、パソコン版でもChromeに乗り換えするほうが良いと考える。
関連過去記事:ブラウザのアップデート:新 / おぉ~い、Microsoft / アドインの導入状況:02 / 楽天ブックスの電子図書 / NEC LaVie Tab E:新
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

バスの料金に思う

通院時にはシャトルバスを利用する。料金は片道300円である。往復で600円は、なぜか出費した感を抱く。
仕事人時代は会社から定期代が支給されていた。当時は自宅から会社までは片道700円程度だったろうか...その定期の範囲内で仕事をして酒を飲んでいた。したがって、自腹で交通費を払う感覚は無かった。
そんな金銭感覚の俺にしてみれば「病院代以外にもバス代が掛かる」現状は、いたって面白くない。

シャトルバス のんキーの料金は、以前は10円単位であり、俺の利用区間で280円であった。しかしある時から300円になった。100円単位で走るコミュニティバス のっティの回数券を併用する為に100円単位で合わせたのであろう。
しかし、100円 ⇒ 200円 ⇒ 300円と上がる料金は、以前の10円単位時代ならば210円で乗れた客にしてみれば大きな出費となる。とは言うものの、自家用車を利用しない人にしてみれば市内で利用できる唯一の公共交通機関である。高い、安いは別にして、それを利用するしか無いのだ。

回数券を利用する客に対する利便性を考えた上で、100円単位で走るのっティの回数券に料金を揃えたのであろうが、四捨五入のバウンド幅が大きすぎると思う。
ちなみに野々市市が運営するコミュニティバス以外には北鉄金沢バスがあり、金沢市内方面などの足になる。こちらは10円単位の運賃体系であり、370円ほどでJR金沢駅に至る。運賃支払には「ICa」というカード乗車券がある。

おぉ~い、Microsoft

09/03の記事「Microsoftもいよいよ」で『2018/10月/31より、Microsoft Office 365 では TLS 1.0 及び TLS 1.1 が使えなくなる予定との事』を書いた。それと関連するのかは読めないが、『2018/09/09、マイクロソフト、「Office」製品のサポート終了日を延長へ - ZDNet Japan』とのアナウンスもあり、マイクロソフトも色々と忙しいようだ。

以前、「3月と9月の年2回のグレードアップと、グレードアップ版のリリース後は18か月間サポートする」とアナウンスしたWindows 10のリサイクル期間に変更があるようだ。
しかし、「Windows 10 Home・Windows 10 Pro・Office 365 ProPlusのユーザーは全く影響を受けない」との事であり、何やら複雑な内容のようだから俺は斜め読みしてオシマイとする。
ちなみに「2020年1月14日に終了するWindows 7のサポートがWindows 7 Extended Security Updates (ESU)として有償で2023年1月まで延長できる。しかし、ターゲットは7から離れない企業也。個人で月々の代金を払う価値は??
マイクロソフトが「Windows 7」の延長サポートを有償で提供へ - ZDNet Japan

今日は恒例のWindows 10のアップデートが行われる第2水曜日であるが、08/31の自動Updteに続いて、10月頃と予想する年2回のグレードアップに備えた何らかのリリースがあるのだろうか(?)と楽しみである。
昨年まではグレードアップが近づくと(コンピユータ瓦版屋)が挙って噂話を囀り出すのだが、10月にはリリースされるはずの「Windows 10 October 2018 Update」(RS5)の話題が出ないのは少し寂しくもある。
ある晴れた日に突然と行われるかもしれないから、マメにバックアップをしておく也。

過去記事:Windows 10の不調記録:3  / アドインのインストール状況:02 / ソフトのインストール状況:02 / ブラウザのアップデート:新 / 「修復ディスク」を作成 / Win10 v1803 Upgrade済

09:30 恒例の更新完了し、v1803 OSビルド 17134.285となった。また、Chromeの更新あり。
20180912
「Google Chrome 69」にセキュリティ更新 ~物議を醸していたサブドメインの省略は無効に - 窓の杜
Microsoft、「Windows 10 October 2018 Update」で削除・開発終了となる機能を案内 - 窓の杜

とのことだ。iOS版アプリがApp Storeに表示されないとのことだがトレンドマイクロはどうしたのかな
9月上旬、ユーザーのブラウザ閲覧履歴などが中国のサーバに送信されていたとの指摘が出ていたアプリ「Adware Doctor」に関連する出来事なのだろうか。
【追記:2018/09/13】Intel製品に複数の脆弱性、修正版が一斉公開 ~最大深刻度は“CRITICAL” - 窓の杜
【追記:2018/09/15】2018/08/22にインストール済のKB4100347が再度配信された。「2018年9月の Windows Update メモ (9月14日更新) - ぼくんちのTV 別館」によれば、中身は Spectre Variant 2 (CVE 2017-5715) 対策を含んだ更新プログラムとのことで、マイニングに関連したCPUに脆弱性対応らしい。

【追記:2018/09/18】
KB4464218がリリース。09:40 更新完了し、v1803 OSビルド 17134.286となった。
20180918

09/19追記、以降Firefoxでのアクセス及びPCが重くなった感じ也。
2018/09ディスク速度 Firefox使用時   (参考)2018/08ディスク速度 
20180919       20180813f

Wi-Fiのセキュリティ

常時SSL化(https://)されたサイトにアクセスしましょう」との推進運動とともに、「SSL / TLS設定」は、「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用せず、「TLS 1.2以上を使用しましょう作戦が盛んである。

しかし、「SSL / TLS設定」についてド素人考えをすれば、『下流側の各パソコンユーザーが個々に自分のパソコンで厳重にセキュリティ対策しなくとも、上流側のプロバイダーやサーバーが理想的なセキュリティ対策すれば、泥水が下流に流れ込む事はないだろう』と思う。それでは、上流側と下流側の距離が有り過ぎるのだろうか。
それならば、限りなく下流側に近い「モデム」⇒「ルーター」⇒「無線(Wi-Fi)ルーター」でセキュリティ対策を行えば良いのでなかろうか。と考えたら、Wi-Fiルーターの「SSL / TLS設定」なる事をした覚えが無いという事に気が付いた。

俺のWi-Fiルーターはパソコンと同時期の2011年2月に購入したバッファロー製である。
過日、パソコンをHDDからSDDに換装した際の2017/05/31に「無線Wi-Fi買い替え思案」した結果、Windows 10用ソフト(エアナビゲータ2ライト (Windows用) v2.21 (2018/06/18))に更新し買い替えは行わない事にしている。

本件で学習した結果、Wi-Fiルーターでは「SSL / TLS設定」の機能は無く、ファームウェアを適用するしか無いことを知った。(最新のファームウェアにアップデートする方法 / 無線LAN親機)
これだけはやっておきたい!「無線LAN情報セキュリティ3つの約束」 | 政府広報オンライン
無線LANの情報セキュリティの方式には、WEP(Wired Equivalent Privacy)、WPA、WPA2、という3つの方式があります。そのうち、WEPは最も古い方式であり現在では容易に解読されるおそれがあるため、WEPが持つ弱点を補強して解読が困難となったWPA又はWPA2による暗号化を行いましょう。
俺のWi-Fiルーターは最新のWPA2を設定しているが、脆弱性が発見されている。
※WikiPedia:Wi-Fi Protected Access
しかし、2018年6月25日に「WPA3」が発表。2018年後半より対応機器がリリースされる予定
脆弱なWPA2は消える、WPA3登場で進化する無線LANセキュリティ - 日経トレンディネット
 各自のパソコンでTLS 1.2を設定しても動作が一定しない場合が見受けられるのは、Wi-Fiルーターなど下流側のセキュリティ対策が一定で無いことが原因なのかもしれない。
IoT(モノのインターネット)という事で、テレビや洗濯機を外出先のスマホからコントロールできる仕掛けが提供されているが、あれはスマホのセキュリティを突破すれば後はやり放題になるのだろうな~
過去記事:Yahoo! JAPANがTLS1.2へ / ネットの設定変更方法 (自診くん / Yahoo!のチェッカー) / Microsoftもいよいよ

ネットのセキュリティを語る以前に、自尊心だけは高い日本のシステムは自然災害に備えていない事が判った。
停電の時、電気で動く医療機器を使う在宅療養中の人はどうしたらいいのか
テレビCM パラマウントベッド・INTIME1000「いま、やがて篇」


政府の言うようにキャッシュレス拡大したり、スマホで自宅の施錠管理すると、大いに困る事が実証された。

FC2プラグイン適用実験

数日前よりFCブログへの引っ越しを想定して色々と実験してみている。 >>>当該ブログ
実験の結果、常時SSL化(htmls://)している事を謳い文句にしているFC2ブログでは、未SSL化のlivedoorブログでは動作していたブログパーツ(プラグイン)が動作しない事が歴然と見えた。これは当然の出来事である。

しかし、動作しない原因にも数種類あるようだ。代表的な原因としては以下の2種類が見受けられた。
  1. プラグイン提供元が(htmls://)に対応していない例。(プラグイン内での混在コンテンツも有った。
  2. TLS 1.2には未対応の例。当然たぶん、新しい版のTLS 1.3には対応していないだろう。
俺がlivedoorブログで利用しているプラグイン個々については以下の通りであった。
  • Instagram ※バナー画像を(htmls://)サイトに置き換えれば問題無し。
  • Yahoo!検索 ※提供元「カスタムサーチ - Yahoo!検索」にて検索サイトが(html://)or(htmls://)によりプラグインのタグを変えているので、取り直せばよい。
  • Google検索 ※タグ内のサイトURLを置き換えれば問題無し。(過去記事:Googleカスタム検索)
  • 気象情報-livedoor石川県 ※動作せず。提供元サイトが(htmls://)に対応していない。
    ※なお、「Yahoo!天気・災害のブログパーツ」は2017/03/31サービス提供を終了したている
  • 今日は何の日? ※対応不要。そのままで問題無し。
  • 名言黒板 ※動作せず。提供元サイトが(htmls://)に対応していない。
  • Twitter(つぶやき) ※動作せず。FCブログのTLS 1.2対応に関連すると見た。
    トラッキング防止を解除すれば動作する
  • にほんブログ村 ※バナー版は表示されるが、ブログパーツ版は表示されない。いずれも動作が安定していない。提供元サイトのTLS 1.2対応に関連すると見た。
  • 人気ブログランキング ※バナー版・ブログパーツ版ともに問題無し。
  • シニアナビ ※問題無し。
  • 更新情報RSS ※タグ内のサイトURL及びバナー画像を(htmls://)サイトに置き換えれば問題無し。
  • inoreaderRSS購読ボタン ※同上
  • はてなブックマークに追加 ※対応不要。そのままで問題無し。
  • My SITE ※タグ内のサイトURLを置き換えれば問題無し。
  • NINJA ANALYZE ※問題無い模様。
  • 忍者バリア ※問題無い模様。
    トラッキング防止を解除すれば動作する
  • リアルタイム来庵数 ※動作せず。当該プラグインの配布元を忘れた。
  • あなたの接続IPアドレスは ※動作せず。TLS 1.2対応に関連すると見た。
    トラッキング防止を解除すれば動作する
    IP Geolocation Search / IPひろば
  • IPアドレス検索 ※対応不要。そのままで問題無し。
 ということで、引っ越ししても概ねのプラグインは現在のまま使える事が判った。
しかし、FCブログのプラグインは、タイトルを画面表示させなければならないのが美しくない。その点livedoorブログでは「ブログパーツタイトルを表示しない」という設定ができるので整形できるのだが。
これで引っ越し先の準備はできた。後はlivedoorブログの動向を眺めていることにしよう。
過去記事:FC2ブログのSSL化 / ブログのHTML5化 / はてなブログがHTTPS化 / はてなブログ:学
QRコードが非表示 / facebookのシェアボタン / コメントのツリー化に挑戦 / ブログ改造色々 / livedoorブログの機能付加 / ブログパーツ続きを読む

台風21号:考

台風21号のあおりで停電してはマズイと思い、久しぶりにノートパソコンにバッテリィを装着した。
2017年01月30日以来であるから、一年ぶりである。
バッテリィ無しだと片手で持っても然程は重いと感じないが、久しぶりにバッテリィ装着したノートパソコンはずっしりと重さを感じた。厄年前あたりの仕事人時代の出張といえば、あれを入れたカバンをぶら下げていた。
当時のカバンは未だあるが、確定申告時に使う程度の用しか無くなった。その内、遺書でも入れておくか。

台風21号と言えば一言だが、大阪方面では被害が大きいようだ。尤も、正しくは「平成30年台風第21号アジア名:チェービー/Jebi、命名:韓国、意味:つばめ、フィリピン名:メイメイ/Maymay)」と称するらしい。
「被害が大きい」と騒いでみたところで現役人類の勝手な言いがかりであろう。「こんな台風に誰がした」
風が強かろうと、北海道で暴れようと、なりたくてなったわけじゃないよ これからは、こんな時代さ。

関西国際空港とやらは高潮がどうしたとやらで騒いでいるが、近い内に大津波が起こったらどうするの。
豊洲市場とやらも似たような設計で工事しているのだから、同じ被害になるね

FC2の模様眺め作戦

「Webブラウザはどれが良いのだろう」と暇人は色々と悩んだが、以前XOOPSでサイト作りをしていた頃の環境から、XOOPSの構築チームの薦めもあり、Mozilla Firefoxをメインで使うようにしている。
2013年11月、それまでのXOOPSから、このlivedoorブログに乗り換えた。
過去記事:HP開設に掛かる壱考察 / ブログ引っ越し思案 / ブログを引っ越す場合は
「Firefoxとlivedoorブログ」を利用して徒然のボケ防止を書く生活で十分也と思っていた。また、今更になってサイト開設をすることは考えてもいなかった。

しかし最近では主流Webブラウザが常時SSL化(https://)されているサイト以外ではエラー表示をする事を始めた為、遅々として常時SSL化が行われないlivedoorブログからの引っ越しを検討し始めた。既に大手の無料レンタルブログでは常時SSL化されており、引っ越し先は言わば買い手市場だが、利用方法の制約が少ないFC2ブログで混在コンテンツがどのように扱われるか(?)等を確認するため試行する事にした。 >>>当該ブログ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
livedoorブログで記事を書く場合は、livedoorブログが提供する「「HTMLエディタ」」を利用できる。
「HTMLエディタ」を利用すると、エディタ内での改行が、HTML文<br />の改行タグとして反映されるため、改行のたびにタグを打つ必要がなくなる。(記事の書き方)
ところが、2018/05/10にFirefox v60.0となったことで、HTML文『123<br />』が『<div>123</div><br />』と記述されるようになってしまった。これについて、Firefoxフォーラムにて質問したところ、「Firefox 60 for developers - Mozilla | MDN」により仕様が変わったことが判った。
リッチテキストエディターの改行時の挙動が変更され、<br> の代わりに <div> が生成されます-Firefox サイト互換性情報
によれば『IE では <p> が、Google Chrome では <div> が、それぞれ追加される』とのことだ。Firefox 60 はChromeに合わせる形で変更され<div> したとのことだ。 (参考TOOL、
Mozilla Rich Text Editing Demo)しかし俺の環境では、Chrome(v68.xx)やMicrosoft Edge、IE 11は、以前も現在も『123<br />』と記述される
エディタでdivタグが挿入(05/18)、Firefox v59の不思議(03/28)、
Firefox関連質問控え(07/29)
「HTMLエディタ」=「リッチテキストエディター」の機能はlivedoorブログ以外にも各ブログでも利用できるが、俺的には使い慣れたlivedoorブログが高評価也。FC2ブログの評価は低いランク也。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真の投稿は、無料レンタルブログが貸し出している容量を超えないようにすると共に、ブログとは別の倉庫に置きたかった為に写真共有サイト「フォト蔵」を利用してきた。しかし、「フォト蔵」は常時SSL化を行う気配が見えない。よって試みに、試行中FC2ブログの記事に「フォト蔵」倉庫からの画像(http://)を張り付けてみたが混在コンテンツとして扱われエラーの原因となる事が判った。という訳で「フォト蔵」に代わるものとして「Googleフォト」を利用できないものかと試行中。
しかし、FC2ブログやlivedoorブログでは「Googleフォト」からの貼り付けは本来行為ではないため手間取る。その点はてなブログでは「Googleフォト」からの貼り付けが提供されている方法なので手間無しである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FC2一時悪評があったがブログ以外にも提供するサービスも多く、利用するもののチョイスに迷う。以前から常時SSL化しているというFC2ホームページメールフォームは利用していたが、FC2ブログを追加した。
併せて、FC2アクセス解析を試用中。現在のlivedoorブログでは忍者ツールズの『忍者アナライズ』を利用しているが、勝るとも劣らないと見た。これまで閲覧拒否をする為に同サービスが提供する『忍者バリアー』を用いてきたが、最近のWebブラウザ設定と相性か合わないことから『忍者バリアー』を外す方向で思案中の為、引っ越しの場合は併せて引っ越しする。
 08/30に仮設して以来、新規の来客が多い。livedoorブログよりも、FC2ブログの方が集客効果が高いようだ。
>>> 続き
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
前述のとおり、これまでFirefoxをメインのWebブラウザとしてきたが、Google Chromeの利用者が多い状態が続いているようだ。また、一時は極めて不調だあったMicrosoft Edgeが軌道に乗り始めてきたようだ。
MozillaがFirefoxのユーザーデータを公表…ユーザー数は減少傾向が続く | TechCrunch Japan
俺的にはlivedoorブログで「HTMLエディタ」を利用したいが為もあってFirefoxに傾注していたが、livedoorブログを止める場合はブラウザを変更する事も併せて検討したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それにしても、SSL/TLS設定(パソコンをネットに接続する為の仕掛け)については激変している。俺的には尤も安全と言われる設定を行い、「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用せず「TLS 1.2」のみとしている。(JAVAは無効としアンインストール、2020年サービス終了のAdobe Flash Playerはアンインストール済也)
「SSLを有効」としたサイトに、SSLとTLSの設定をTLS 1.2だけとしたPCでアクセスできない(報告)

しかし、2018/08発表で「2018/10/31より、Office 365 では TLS 1.0とTLS 1.1 が使えなくなる」との事だから、「TLS 1.2とTLS 1.3以外は使えない」という状況が増えることになる。
主要Webブラウザでは「TLS 1.3」をパイロット版的に利用できるらしいが、次のバージョンアップで正式対応版が公開される予定との事だ。FC2や日本ぶろぐ村等の常時SSL化済をアナウンスするWebサービスですら「TLS 1.2」や(https://)には正しく対応する事ができていないように見受ける。苦慮している一般ユーザーは多いようだ。
今日はWebブラウザ2本がバージョンアッブ。Firefox v62、Chrome v69となる予定。
そんな状況に追い打ちを掛けるかのようにOffice 365が「TLS 1.2以上」でなければ使えなくなれば、仕事を持ち帰るというお父さん達はネットの設定変更に頭を悩ませる事になるのであろう。

関連過去記事:Yahoo! JAPANがTLS1.2へ /  / e-GovがJava抜きに / ネットのセキュリティ / Edgeの常時SSLエラー  / TLSの進化に追随が大変 / Microsoftもいよいよ

  1. メール投稿機能の終了のお知らせ|ライブドアブログ 公式ブログ
  2. メールで投稿する FC2ブログのマニュアル
続きを読む
月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 脊柱管狭窄症:学2
  • 脊柱管狭窄症:学2
  • アクセス解析の機能:考
  • アクセス解析の機能:考
  • ナレーション、樹木希林氏
  • 実は大きい日本の国土
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ