無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

PC工事覚え

Chromeの拡張機能

「コンテンツブロッカー(広告ブロック)」としてきたChrome拡張機能にマルウェアが5つ発見され、Googleはストアから削除したとの事。
Googleがストアから削除。一見「広告ブロック」のChrome拡張機能、裏でユーザデータ抜いていた | ギズモード・ジャパン
・AdRemover for Google Chrome
・uBlock Plus
・Adblock Pro
・HD for YouTube™
・Webutation

本件は以下の記事でも扱われているが、具体的な名前と数量を書いた記事は上記だけである。特に「AdRemover」が多く取り上げられている。
俺は「uBlock Origin」はインストールしていたが、「uBlock Plus」は入れていなかった。「uBlock Origin」はChrome以外にもFirefoxやMicrosoft Edgeでも提供されている。名称は酷似しているが本件とは別件のようだ。他の4本は存在も知らなかった...という事で、本件はセーフ也。
本件に関する拡張機能をGoogleはストアから削除したとの事だが、「uBlock Plus Adblocker」という極めて紛らわしい物が有る。また、セーフな物では「uBlock Origin」や「uBlock Origin Extra」、「AdBlock」や「Adblock Plus」が有る。
英語はサッパリの俺が言える事では無いのだろうが命名が下手だね それとも、わざとかな

 数日前に『Googleの広告ブロックで減った広告収入分を運営者に還元するためのサービスツールFunding Choice』について知ったが、本件は逆のテーマである。Googleでは『不要な広告を非表示にする - 広告 ヘルプ』記事もあるのだから、敢えて拡張機能で広告をブロックする事はない。また、セキュリティソフトに委ねる方が簡単也。
過去記事:Windows 10の不調記録:3  / アドインのインストール状況 / ソフトのインストール状況 / ブラウザのアップデート:新
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
 買物先のイオンでは、愛飲していたサッポロの発泡酒 「極ゼロ」 の入荷が極めて少なく、「極ゼロ 爽快ゼロ」(2018年1月30日に新発売)が多くなっている 。
【ケース販売】サッポロビール 極ZERO 350ml×24: イオンスタイル品川シーサイド
「極ゼロ」は一時「発泡酒」 では無いとして税務署から指摘を受け 「第三のビール」 としたが再び 「発泡酒」 として発売されていた。「極ゼロ 爽快ゼロ」に移行しそうに見えるのは、今年の春からの酒税変更に関連したことか。
過去記事:発泡酒で酔う / 愛飲物の復活


サッポロビール (Sapporobeer)YouTubeより

メールアプリ:学

無償のWindows 10メールアプリケーション5選 | マイナビニュース
という記事を読む。 それによれば、メールソフト(メーラー)と称する物でも「メールアプリケーション」と「Webメール(フリーメールサービス)」が有るようだ。そして、「メールアプリケーション」からベスト5が紹介されている。

俺はメールアプリなんて物が多数ある事を知らず、2011年に購入したWindows 7パソコンに付録していたWindows Live MailとYahoo!メールを使っていた。結局現在はメールアプリとしては「Outlook 2010」に類似した使用感の「Thunderbird」をメインで使用し、Windows 10の付録である「Windows 10のメール」をサブとしている。また、メールアドレスを取得している都合からWebメールの「G-mail」・「Yahoo!メール」・「Outlook.com」も利用できる体制だが、ネット世界に存在するWebメールよりは自分のパソコンに存在するメールアプリを使う方に奇妙な安心を覚えている。
Mozilla Thunderbird」をメイン使うのは、WebブラウザのMozilla Firefoxをメインとしているという単純な理由からだ。以前、「Sylpheed」というメールアプリ(公式サイト)を教えてもらったが「Thunderbird」と似ている感じ。
窓の杜のSylpheedの特徴で「1メール1ファイル形式」の利便さを享受できないでいる。確かに個々のメールをファイルとして独立保存できるメリットは判る気がするが、個々のメールのファイルを管理する自信は薄い。
前記の記事は初耳のメールアプリばかりだが、「Mailbird」・「Mailspring」は英語サイトであり、俺には敷居が高い。
唯一つ「eMClient」だけは日本語サイトがあり、画面回りもThunderbirdよりは垢ぬけているように見える。
eMClient - クリーンで洗練されたUI/UXが魅力で、物事をシンプルにしておきたいユーザーに向いている。
無料かつ最強のOutlook代替メーラー - eM Client の使い方 - Outlookでいこう
ということだが、「eMClient」は『30日間の試用期間終了後、FREE版の使用またはPRO版へのアップグレードのどちらかを選択』しなければならず、試用を躊躇している。なお、Web版のG-mailのリニューアルするとのことだ。
Google、Gmailに「自動消滅メール」を導入予定 | TechCrunch Japan
過去記事:知らなかったメーラー / Outlookマニュアル公開 / Office 2010削除
2018/04/17 の「先週のサイバー事件簿 - Outlookでメールをプレビューしたら情報漏洩 | マイナビニュース」で『Outlookで特定の条件を満たしたメールをプレビューしただけで情報が漏洩する可能性がある』との事だ。過去記事(04/12)で『04/11恒例のセキュリティUpdateで、Office 2010用の更新(KB4018311)がオマケ付き』だった事を訝しく思ったが、これへの対応という事なのだろうか。

今は、金沢CATVに加入しているので真っ当なメルアドを持っているが、老人ホームに入居する事になれば金沢CATVは解約する事になる。その場合、フリーメールサービスのメルアドだけでは如何にも寂しい。
フリーメール以外にメールアドレス(メールアカウント)を取得する方法を探さなければなるまい。
スマホのメルアドを、パソコンでも併用することはできるのだろうか。
【追記】俺はdocomoガラケー利用者(spモードで無い)の為、「パソコンでも併用」はできないようだ。
【追記】と思っていたら「スマホを持っておらず、ガラケーしか持っていない場合でも、spモードを契約することができる」とのこと也。それによれば、「spモード(iモード契約可)」に契約すると、「既契約中のiモードはそのままに、spモードの契約が追加される。ISPセット割引(-300円)が適用されて、spモード分は実質無料」との事。
嬉しい情報也。後日docomoにて質問すべし。安価なガラケー契約が高くなっては適わない。
 livedoorブログで「2018/05/30でケータイ(フィーチャーフォン)からメールで投稿不可」との告知有り。
メール投稿機能の終了のお知らせ|ライブドアブログ 公式ブログ
docomoのガラケーで使えるメールは無料だったので、投稿用として便利だったのだが...続きを読む

Cortana接続の不具合

2018/04/05時点では「MSN に繋がらない」不具合があったが、2018/04/12「v1709 OSビルド 16299.334 ⇒ 16299.371」になった事で少し解消され、MSNには不完全ながらアクセスできるようになった。 (MSNサイト)

しかし、Cortanaへの接続が、できたり・できなかったりしている。と言うか、殆どできない。
接続できない場合は「Cortanaがオフラインのため取得できません」とのエラーメッセージが出る。
ネット検索しても、判ったような判らないような記事は見受けるが解決策は見当たらない。
強いて必要としない機能であり、ネット世界では「無効化する方法」の説明も有る。しかし、完動しないのは何故
思うには、俺のパソコンでのネットワーク設定が不十分なのだろう。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 明日(04/18)にも公開されるかも知れない「Windows 10 Spring Creators Update」v1803(RS4)で直る事を期待。
とは言うものの、04/18が遅れるという話題が出てきている。
  1. バグ問題でWindows 10春の大型アップデート「1803」配信開始に“待った”か- ITmedia PC USER
  2. 完成したかに見えた「Windows 10 RS4」にブルースクリーンの不具合が発見される - 窓の杜
過去記事:凄いね、Windows 10  / アドインのインストール状況 / ソフトのインストール状況 / ブラウザのアップデート:新 / Windows 10の不調記録:3

Win10 v1803 Upgrade

2018年4月11日、Windows 10 のアップグレートが公開されv1709⇒v1803に成るというパソコンサイトの記事を見ていたので楽しみにしていた。 が、無し。 という事で、頼りのサイトにて情報収集した。
2018年4月の Windows Update メモ - ぼくんちのTV 別館
それによれば、04/11は恒例のセキュリティUpdateが配信されている(KB4093112、KB4093110、KB890830)。
これにより、v1709 OSビルド 16299.334 ⇒ 16299.371 になった。 20140411

Windows 7から10に無料アップグレードした俺の場合、アンインストールしているにも関わらず何故かOffice 2010用の更新(KB4018311)が行われるというオマケ付きだ。本日付でアプリが更新されている「Microsoft Access database engine 2010」が存在している事が原因と素人判断し、これをアンインストールした。以上で、本日の更新は完了。
20180411a
本日のアップデートで「MSN に繋がらない」不具合は解消された模様也。なお、更に不具合の場合は「Windows Update後にインターネットに繋がらなくなる場合の対処法 | ハルパス」を試みること。
また、提供のWi-Fi用ソフト「エアナビゲータ2ライト(Windows用) 個別版 Ver.2.21b」を上書き。
 本日アップグレードが無かったということは、別のパソコンサイトの記事の04/18が乞う御期待也。
なお、『2018.04.10: Win10 v1703に KB4023814 と KB4023057が公開。これにより、v1703⇒v1709への強制アップグレードが始まている』との事。
「Windows 10 Anniversary Update」のサポートが終了 - 窓の杜
2018/04/11で、2016/08/02にリリースされた「Windows 10 Anniversary Update v1607」のサポートが終了。同日を以てセキュリティ更新プログラムの提供が受けられない。

過去記事:Windows 10の不調記録:3  / アドインのインストール状況 / ソフトのインストール状況 / ブラウザのアップデート:新 / 「修復ディスク」を作成

MSN に繋がらない

04/04午後、以下に関する自動アップデートがあった。これにより、現在MSN Japanサイトに繋がらない不具合。
これは、過日(03/07)、自動アップデート「KB4090914」が行われた際に発生した「MSN Japanに繋がらない」状況と同じだ。 なお、俺が利用しているWindows 10は最新で、以下のバージョンである。
Windows 10 Fall Creators Update v1709 OSビルド16299.334
上記記事によれば、この緊急公開された修正パッチは、Windows 10/8.1/8の場合「Windows Defender」で配信されるとのことだ。以前(03/07)自動アップデートで提供された「KB4090914」の場合は
コントロールパネル⇒プログラム⇒プログラムと機能⇒インストールされた更新プログラム
により配信を確認できたが、今回はこの方法では確認することができなかった。しかし、上記記事の記載
脆弱性があるのは、Microsoft MPEのバージョン「1.1.14600.4」以前。デフォルトの設定では、修正パッチは自動的にインストールされる。更新後のバージョンは「1.1.14700.5」となる
を頼りに、Windows 10の設定から「Windows Defender」を見ると『エンジンのバージョン』が変わっている。
20180404

 前回「MSN Japanに繋がらない」と同様に「Wi-Fiモデム電源を切断し、再度入れ直す」事をしたが、ダメ。
但し、IE 11では通じる。また、Microsoft Edgeは通じたり、ダメになったり。Firefoxは偶に通じる。Chromeはサッパリ。
MSN JapanBing以外のサイトには殊更の問題は無いのだが、本家マイクロソフトのサイトに通じないのが面白い。
~~~【追記】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
04/05 22:00 クッキー等を全部奇麗にした。 直った
04/06 13:00 再発。放置することにした。かまってらんないよ
04/07 19:00 PC本体及びWi-Fiルーターを含め、すべてのモデムの電源を切った。現在は復旧している。
      それ以前は、Firefox以外は通じない状況。但し、MSNにログインしていなければ通じる。
04/07 19:10 上記により通じても、すぐ元の木阿弥で通じなくなる。閃いて、これまで「Windows Defender」と「カスペルスキー」の両方のセキュリティを生かしていたのを、「Windows Defender」の『定期的なスキャン』をOFFにして「カスペルスキー」のみにした。今のところok、これで大丈夫になったように思う。....甘かった、MSNにサインインしなければOK。すればダメ。それでも、何故かFirefoxだけはサインインしても通じる 明日、『定期的なスキャン』を元のONに戻す。
20180407

04/08 11:10 本件は「MSN JapanやBing」のマイクロソフトのサイトに接続する場合にだけ発生し、IE 11で接続を試みれば「オフラインのためこのWebページを表示できません。」のエラーが表示される。更に調べたところ、これら「MSN JapanやBing」サトに接続できない際は「Cortana」も機能していない...ということで、マイクロソフトにログインしていて「Microsoft store」等のサービスが利用できるにも関わらず、「MSN JapanやBing」ログイン認証されていない為に起こっている現象である事が判った。ということて、何故か「Cortana」に接続している現在は、「MSN JapanやBing」にアクセスできる。できない場合は「Cortana」も「オフラインのため、取得できません。」のエラーが表示。

「修復ディスク」を作成

Windows 10 v1709にして以来、簡単で時間も掛からないIO DATA外付けHDD(EC-PHU3)にばかりAOMEI Backupper Standard を用いてバックアップを行っていたが、v1709からv1803にアップグレードする日に備えて、03/26 20時、Windows 10の標準機能を利用して、BD-REでDVDに「システム修復ディスク」作成した。(但し後述するように、「システム修復ディスク」なる物が、同じパソコンで1度作れば、v1709の時点でもv1803の時点でも変わりが無いのかどうかはわかっていない)
  • システムイメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」のメニューの相違は未だに理解できない。
    Windowsが起動しなくなった場合、システムイメージのデータだけでは復元を実行できない。
    システムイメージの他に、回復ドライブやシステム修復ディスクなどが必要。
  • Windows 10で復元ポイントを手動で作成する方法
  • Windows10 - システムの保護 - 復元ポイントの作成 - PC設定のカルマ
  • 「システム修復ディスクの作成」で作られる“システムのバージョン”が判らない。
    ①パソコンを購入した時点の物(ex.Windows 7)、②「システム修復ディスクの作成」を行った時点でパソコンに入っている物(ex.Windows 10のv1703とかv1709)
    ※今回作成した光ディスクに付与(書き込み)するようにシステムからメッセージされた名称は、過日「Win10今年最後の実験(2017/12/29)」の際と同様に「システム修復ディスク Windwos 10 64ビット」1/1枚(DBV)である。この名称の付与の仕方に新旧(バージョン)の違いはあるのだろうか?? 20170926a
関連過去記事:システムイメージ更新:纏 / Win10 Update再び / Windows 10の不調記録:3


RiriMai乃木坂 YouTubeより

Firefox v59の不思議

この記事は、当初2018/03/19に書きましたが、2018/03/27の「Firefoxの自動アップデートで、Firefoxのバージョン表示の(x64 ja)が(x64 en US)に変わってしまう」という症状が再発しました。
その為、情報収集の意味で記事の掲載日時を繰り上げて遡及します。

 Firefoxを利用している皆様からの情報提供をお願いします 
MozillaZine.jp フォーラム • トピック - Firefoxのバージョン表示の(x64 ja)が(x64 en US)に変わってしまう
【追記:2018/03/31】上記フォーラムで、EarlgreyTeaさんより御教授いただいた。『この現象ですが、59.0 のリリース時に一部で話題になっていました。』とのこと。大いに納得也。

そんなバカな 【追々記:2018/03/29 09:00】
本件記事について、2018/03/28 23:58付けにて pikopiko さんからいただいたコメントで閃きまして、現在利用しているFirefoxはそのまま何も弄らず、「Firefox をダウンロード」のページの『今すぐダウンロート』ボタンで新しくDLLを行い、それを単純にインストールしたところ、それ以前は(x64 en US)が(x64 ja)になりました。
20180329a

20180329

原因などはサッパリ不明ですし、これで抜本的に解決されたのか(?)は判っていません。
しかし、当面は『これで良し』と致します。お騒がせしました。
素人考えですが本件は、Firefox v59.0.1 及び v59.0.2 の自動アップデートが行われた時点に(x64 ja)用として提供された物の表記が(x64 en US)のままだった事が原因ではないでしょうか ....これが原因なら、私が本件に気づいた際に『使用中のFirefoxをアンインストールした上、Mozilla FirefoxのDLLサイトで「他の言語でダウンロード」から「Japanese 日本語」をDLLし再インストールを行った』ことで、(x64 ja)表記に直った事と辻褄が合致します。 なお、 現在自動アップデートにより提供されている物が(x64 ja)の表記に直されているかは、新バージョンの自動アップデートが有るまでは判らないということでしょうか これでダメなら以下を
2018/03/29 16:00 Firefoxのリフレッシュを行った。完了後、(x64 ja)であることを現認。
03/31 18:30 再度リフレッシュ実施
04/01 「【Firefox】WebRTCを無効化して情報流出を防ぐ方法 | ハルパス」を設定
2018年4月の「Windows 10 Spring Creators Update」v1803(RS4)、05/08のFirefox v60、待ち。
~~【以下、当初(2018/03/19)の記事】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日2018/03/14にWebブラウザ Firefox のアップデートがあり、v59.0になった。
Mozilla、「Firefox 59」を正式公開 ~新しいキャッシュ技術でパフォーマンス向上 - 窓の杜
03/16(?)に再度アップデートがあり、現在 俺のパソコンでは「v59.0.1(64 ビット)」である。

俺は以前より Windows 10 (Fall Creators Update v1709)で、Firefox をメインブラウザとして利用してきたが、今回のアップデートで不思議な出来事が有ったのでメモ。

現在、「設定⇒アプリと機能」に表示されるFirefoxは下図のとおり『Mozilla Firefox 59.0.1 (x64 ja)』である。
20180317

しかし、03/14に自動アップデートされたばかりのv59では(en US)の表示となり「English (US)」なっていた。( v59自動アップデートされる以前は(x64 ja)であった)。正確にはv59.0の時点か、v59.0.1の時点かは把握していない。
なお、2018/03/14にはv1709の OSビルドが「16299.251⇒16299.309」に自動アップデートしている。
Windows 10とFirefoxそれぞれのバージョンが同日の同じ頃に変わった事と、本件との因果関係及び原因は不明確である。しかし、OSとソフトの日本語設定が、何もしないでアメリカ英語の設定に変わるのは勘弁してくれ。
【追記:2018/03/28】現在のOS環境は、Windows 10 Home x64 v1709 OSビルド16299.334 (KB4089848適用)

本件に気が付いた後、使用中のFirefoxをアンインストールした上、Mozilla FirefoxのDLLサイトで「他の言語でダウンロード」から「Japanese 日本語」をDLLし再インストールを行った。なお、これをしても初期化されないので安心。
【追記】2018/03/27「Firefox」v59.0.2が公開 ~1件の脆弱性を修正 - 窓の杜
にても同様の症状が発生し、(x64 en US)になるという不思議が再発した。

20180327
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

関連記事:Windows 10の不調記録:3 / ブラウザのアップデート:新 / アドインの導入状況

CCleanerにマルウェア

CCleanerマルウェアが混入している(?)との事也。
CCleaner悪用攻撃、第3ステージでキ―ロガー展開の可能性 | マイナビニュース(2018/03/19)
以下の記事に関連した出来事が、今頃になって解明が進んできたということの模様也。
現在、CCleaner 最新版v5.41.6446(18/03/13)を使用しており心配無いと思ったが、念の為セキュリティソフト(カスペルスキー)のチェックレベルを高としてスキャンを実施した。結果、「脅威は検出されず」
【短期集中連載】10年を超える定番クリーナー「CCleaner」を10倍使いこなす - 窓の杜
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
とのことだ。しかし、「HTTPS接続」だからと言って必ずしも“安全(Secure)”サイトとは限らないと言う意見もある。
いずれにせよ、ブログ等で「HTTP」と「HTTPS」が混在している場合はどうなるのだろうか。
HTTPS配信時における混在コンテンツ(Mixed Content)への対応について、よくある質問をまとめました - はてなブログ開発ブログ

3月の更新プログラムを適用したWindows 7環境に問題、無線LANが利用できなくなる恐れ - 窓の杜
  • これらの問題は、Windows 7 SP1Windows Server 2008 R2 SP1に影響する。
  • その他のOSへの影響については現在調査中
  • 問題のある更新プログラム(「KB4088875」または「KB4088878」)はセキュリティに関わるものであるため、アンインストールは推奨されていない。
2018年3月の Windows Update の不具合・注意事項 (3/19更新) - ぼくんちのTV 別館
3月の更新プログラムを適用すると無線 LAN,有線 LAN 利用時に問題が発生する – Ask the Network & AD Support Team

Chrome閲覧履歴を消去?

WebブラウザのFirefoxやMicrosoft Edge・IE 11 では、セキュリティ対策の一環としてブラウザを閉じた際に「終了時に履歴を自動消去する」という機能が有る。また、消去する履歴項目を設定する事ができ、Firefoxでは以下の項目也。
  1. 表示したページとダウンロードの履歴
  2. 現在のログイン情報
  3. 検索やフォームの入力履歴
  4. Cookie
  5. キャッシュ
  6. サイトの設定
  7. ウェブサイトのオフライン作業用データ
Microsoft Edgeでもほぼ同様の設定ができるのだが、何故か天下のGoogle Chromeには無いようだ。

Google Chromeでブラウザ終了時に「履歴を自動消去する」方法を御存知の人がいらしたら、御教授いただきたい。
 Google Chromeのヘルプセンターにて以下の説明があるが、これは自動消去ではない。「手動」也。
Chrome の閲覧履歴を削除する - パソコン - Google Chrome ヘルプ
 Chromeウェブストアで「Click&Clean」アドインが公表されているが、アドインを利用するのではなく、Chromeに含まれる機能として利用できる方法を知りたいです。(※「Click&Clean App」の名称の物を紹介しているサイトもあるが、別物のようだ。また、Chromeウェブストアで検索してもヒットしない代物につき要注意。)

System Error:考

Webブラウザがバージョンアップしたら、RSS「Inoreader」に表示されるURLからジャンプする際に以下の「System Error」メッセージが出てジャンプできない。
20180315
表示されるURL
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/W3p2PflWc6wL/576872c632fd6f8e3d2590770f52c2bc?ul=PHqi_JncW6v.Q.YcOlSPWhzlpF9ySNTeyJAyL0gBoYt1oZ3zu_tpAQac07eZCBQCNqXUGWoJUs9ysmD3EwXbmD2mMAmn
「上記画像の下部」に表示されるURLは、「Fringe81株式会社サイトへ」也。

この事象は、俺のパソコン環境のWebブラウザで最新版の「Firefox v59.0(64ビット)」と「Chrome v65.0.3325.162(Official Build)(64 ビット)」で発生している。
Mozilla、「Firefox 59」を正式公開 ~新しいキャッシュ技術でパフォーマンス向上 - 窓の杜
いずれも現在の直前バージョンでは発生していなかった。Chromeにおいては、同じv65の直前のv65.0.3325.146では発生していなかった。 Microsoft のブラウザでは、Edge、IE 11 共にこのエラーは発生しない。
ちなみに前記の「表示されるURL」が正常にジャンプするEdgeで移動した場合のURLは以下の通り也。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1111856.html
 このように、本件の不具合が発生するサイトは「窓の杜」や「INTERNET Watch」等の「インプレスグループ」のサイトである様子だ。俺がRSS「Inoreader」で情報収集している他のサイトでは発生していない

この不具合は半年以上前にも発生を確認しており、RSSの「Inoreader」と「窓の杜」・「INTERNET Watch」の組み合わせであった。(なお、RSSの「feedly」では正常にジャンプできる。) その際は殊更に追及する事も無く放置したところ、不具合に気が付いてから数か月で正常にジャンプできるようになった。しかし、最近ではRSS「Inoreader」はFirefoxの正式なアドインとなったようであり、この不具合が発生する事にガテンできない。
FirefoxやChromeが強化したと報じられる広告サイトの遮蔽による影響なのであろうか
「Inoreader」、「窓の杜」・「INTERNET Watch」共に怪しげには思えない。エラーと共に表示される「Fringe81株式会社サイトへ」の「Fringe81」も殊更の事は無さそうだ。はてさて、どうして

2017年 謙信と信玄、検診の進言 ACジャパンTVCM
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • Chromeの拡張機能
  • Chromeの拡張機能
  • 電気の契約アンペア:考
  • ♪行かなきゃ良かった
  • パスワード⇒生体認証
  • 長生きのリスクを思う
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
こよみのページ
世界時計
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板の記事-最新5件

名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

  • ライブドアブログ