無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

PC工事覚え

01/20、Win10 更新

01/20朝、Windows 10 v1909で「更新プログラムのチェック」をしたら、累積更新あり。(KB4528760)
20200120
更新の所要時間は10分程度。再起動は無い。
これにより、Windows 10のv1909 OSビルド 18363.592で、2020/01/15の定例更新時点と変わらず。

本日降臨した(KB4528760)は2020/01/15にも降臨しており、相違点はわからない。しかし、「2020/01/19、IE 9~11 に脆弱性」に関連する出来事と推察する。マイクロソフトも米国国家安全保障局(NSA)に脆弱性を指摘されたのでは慌てるだろうし..とは言うものの、IE 11はv11.535.18362.0、更新v11.0.170(KB4534251)と以前と変わらないバージョンなのは不思議である。
著名ブラウザはNSA指摘へは対応済み也。
Windowsの暗号化機能に致命的な脆弱性、証明書偽装の恐れ ~米国家安全保障局が警告 - 窓の杜
01/16に正規版v79.0.309.65を公開した(Chromium Edge)は01/18に⇒v79.0.309.68に版アップしたが、NSA指摘へは対応したのだろうか? 【追記:01/22】(Chromium Edge)は⇒v79.0.309.71に版アップ
【追記:01/20 13時】
(KB4528760)にて検索するがヒット無し。ということで、俺の環境に特化した出来事ではないか(?)と思い始めている。要するに「IE 9~11 に脆弱性」に絡んで IE 11 のアンインストール(01/19)⇒再インストール(01/20)を行った為、(01/15)の1月累積更新により更新されていた(KB4528760)が欠落する事態に成ってしまった。 IE 11を再インストールされた後に欠落したことを感知して(01/20)これを補充したということであろうと推察する。この推察が正しければ、本記事の累積更新は一般的ではない。

Win7用 IE 11サポ終了

「Windows 7版の Internet Explorer 11 サポートはすでに打ち切られている」とのネット記事がある。
Windows 7用のInternet Explorer 11はサポート終了 | ソフトアンテナブログ(2020.01.20)
2020年1月14日サポートを終了したWindows 7の従来のデフォルトブラウザである「Internet Explorer 11」の、Windows 7版のサポートはすでに打ち切られていることがダウンロードページの文面より明らか....IE 11の修正プログラムが利用できるかどうかは不確実な状況だといえそう
そういう事であれば、 「少なくとも18ヶ月間はWindows 7をサポートする」と公言しているChromeを使った方が良いということになる。それよりも、Windows 7を卒業する事が先だ。 しかし、e-Tax(国税電子申告・納税システム)で申告する場合はどうなのだろうか。「令和元年分確定申告:学」のとおり、新Microsoft Edgeはe-Taxで動くか否かを検証中である。したがって国税庁では
  • 「当面は Internet Explorer 11 を利用しろ」と言う。
    e-Taxは旧Microsoft Edgeでも動くが、旧Microsoft EdgeはWindows 7では動かない。
  • 「Mozilla FirefoxやGoogle Chromeでは動かない」との国税庁アナウンス。
  • そもそもWindows 7は、e-Taxの推奨環境外である。
Windows 7をご利用の方へ(令和2年1月15日)|e-Tax
俺的には「Windows 7版の Internet Explorer 11のサポートが打ち切られている」という事は初耳だった。e-Tax関係者ではこの事を知っているのだろうか とは言うものの、この件を報ずる記事は前記だけである。また、本件の根拠とするダウンロードページの記事の解釈は、英語不得手の俺の版中外だ。いずれにしても、サポート切れと報じられたところで、Internet Explorer 11で利用するしかe-Taxは動かないのだから止むを得ないとも言えるのだろうか。どうせ、日本行政のセキュリティ感覚はその程度であろう。
【追記】他サイトでも記事化されだした....ということはホント やばいじゃん
Windows 7の「Internet Explorer 11」はサポート終了 ~「Microsoft Edge」への切り替えを - 窓の杜(2020/01/21)
新「Microsoft Edge」は“IE モード”を法人向けに提供しているが.....一般のユーザーにはお勧めできない。現在 IEではゼロデイ脆弱性が発見され、Windows 10では2月の定例更新(日02/12)で対処される予定だが、これがWindows 7等のサポート切れのOSにも提供されるかどうかは不透明だ。
過去記事:IE 9~11 に脆弱性 / (@^^)/~~Windows 7
以上からすれば「Windows 7利用者がe-Taxを利用する場合、かなりなリスクを背負う」ということだ。

今回の初耳として「ブラウザにもWindows 7用とかWindows 10用とかのOSへの対応がある」事を知った。俺的には「ブラウザは、ブラウザとして単品で機能する物」と理解していたので、OS別に作られているとは....大変なんだね~
この半年ばかりはWebブラウザのアップデートの内容が濃い。俺的には、理屈は知らないが追従している。このブログへ来訪者を見ると未だに古いWindowsが多い。また、古いWebブラウザが多い。
どうして自動アップデートしないのか、誠に不思議である。ブログを弄る程度のパソコンスキルしか無い者が「ネットのプライバシーを云々と蘊蓄」したところで、自身の浅はかな知識よりは目の前の物言わぬ箱の方が余程頭が良いという認識が無いらしい。四の五のと言わず、神の御告げのとおりが無難也。

コメントにURL欄

今日01/20は大寒也。暖冬と予報された今年、当地ではこれまで降雪がない。今朝は温かい。
小寒01/06 → 大寒01/20 → 立春02/04 → 雨水02/19 → 啓蟄03/06 → 春分03/20

このlivedoorブログでは、livedoor判断で「コメント投稿する人のサイトのURL」を書く欄が無い。
ライブドアブログ スタッフブログ
以前より「livedoorブログからの引越し」を企てているが、「コメントのURL欄」が無い事が原因の一つである。「コメントのURL欄」が有るレンタルブログを使っている人から見れば如何にも考えるにも値しないような事かも知れないが、住人にしてみれば結構な不便さと感じている。俺が知る限りのレンタルブログを見渡しても、コメント投稿枠に「メールアドレス欄が無い」ものは見受けるが、「URL欄が無い」のはlivedoorブログだけである。また、コメント欄に書いたURLが自動リンクしない。本文欄も同じ也。
俺は自動リンクさせたいと思っていたので、次の記事を参考に工事してみたが、公開された期日が古かったのか、実現する事はできなかった。また、「コメントのURL欄」の設置を試みたができなかった。
コメント欄のURL自動リンク機能のみ(のみ?) - 万年床生活者の備忘録(2007年07月18)

そんなことから自身の力量不足を嘆くのであるが、以下の記事のように「メールアドレスとURLの欄は不要」とする考えもある。「メールアドレスとURLの欄があると、ハードルが上がる」との意見だ。
賢威7のコメント欄をカスタマイズしてメールアドレスとURLの項目を消そう。|田村カツオのブログ
最近のフィッシュング詐欺等を考えれば、メルアドとかの個人情報が悪意の第三者の目に触れるのは好ましくないだろう。しかし、ブログやサイトのURLが知れたところで問題は無いだろう(?)と思う。
俺的には、「コメントしてくれた人の自宅を知りたいので、サイトのURLを書いて欲しい」。しかし、URLを書いてくれない来客も少なくはない...してみると、「欄があると、ハードルが上がる」のだろうか。
引越し先として新居設計したFC2ブログではコメント欄を工夫して下図とした。
20200115a

関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録 / FC2ブログ、TP作成-2 / FC2ブログ、TP作成-3 / FC2ブログ、RSS??
関連過去記事:FC2ブログに引越し再考 / FC2プラグイン適用実験 / FC2用に設置プラグイン

日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74等、すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事であるから、いずれかのメジャーWebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、以前はlivedoorブログに内定としたが翻ってFC2に引っ越し....
  • プラグインの選択については、jQuery (ジェイ クエリー,javascriptライブラリ)は悪者とは限らないようだ(過去記事コメント欄の表示変更)が、IE 9~11 に脆弱性はIEのスクリプティングエンジン(JavaScriptのコード実行を受け持つコンポーネント)に潜んでいるメモリー破壊バグによって引き起こされるとのマイクロソフトの説明。それはそれとして、改めてFC2ブログのプラグインを見ると、随分古い物が消されずに残っているんだね~。ゴミ捨て場状態を解消しないところに引越しするのは考えものかも知れない。10年以上前からの腕試しが転がっている。
  • テンプレートはHTML5に対応した物を用いるべし。
    テンプレートはFC2の物が多いに気に入っているのだが、引越しに伴う諸々が気篝で腰が上がらない。また、livedoorブログからもhttps化が済んだら良いテンプレートが提供されるのではないかという二股的な考えが消えない。
  • アクセス解析はhttpsの邪魔をしない物を利用するべし。
    .OBVIO ※Google アナリティクスを分析・レポート化するサービスツール
    .アクセス解析研究所 2020/01/19 PM設置。11/20 17時ボットの除外、20時
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ブックマークを利用している「はてな」だが、livedoorブログの移転先候補として「はてなブログ」をkeepしている。しかし、引越しするとしてもFC2ブログ お引越し機能に比べ面倒そうである。
他のサービスからブログを移転する(ブログデータのインポート) - はてなブログ ヘルプ

IE 9~11 に脆弱性

Internet Explorer 9~11 に脆弱性が有るとの事也。
Microsoft、Internet Explorerのゼロデイ脆弱性を公表 | スラド IT(2020/01/19)
既にターゲットを限定した攻撃が確認されており、攻撃者が電子メールなどを通じてWebサイトにアクセスするようターゲットを誘導する。
※この脆弱性はWindows 7以降およびWindows Server 2008以降のIE 9~11が影響を受ける
ゼロデイ脆弱性とは?危険な理由と具体的なセキュリティ対策について徹底解説
Internet Explorer 9の日本語版は2011/03/11に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で日04/26に延期して公開された。尚、Internet Explorer 8は2016/01/12、Internet Explorer 10は2020/01/14にサポートが終了しており、現在サポートされているのはInternet Explorer 11のみである。
一目で分かる、Internet Explorer(IE)のサポート終了時期 - @IT(2019/09/18)

表題のゼロデイ脆弱性は、米01/15に新Microsoft Edgeが公開された後の米01/17に公開されたとの事。
日2020/01/16には新Microsoft Edge公開されたが、e-Tax(国税電子申告・納税システム)で申告する場合に不具合が発生するかもしれないとの事で、国税庁は IE 11 を奨めているが....
Microsoft Edgeをご利用の方へ(令和2年1月16日)|e-Tax(国税庁)
※当面は Internet Explorer 11 から受付システム等をご利用いただくよう
以上からすれば「Windows 7利用者がe-Taxを利用する場合、かなりなリスクを背負う」ということだ。
 俺は新Edgeをインストールした際に IE 11 のアンインストールを考慮したが、新Edge(Chromium Edge)が認知されるまで当面の期間は放置する事にしていたが (関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は / IE11をアンインストール)、本件を知り、早速アンインストールした。
Windows10でInternet Explorer 11をアンインストール&再インストールする方法 | (株)とげおネット

マイクロソフトの幹部ですら見限っているというInternet Explorerだが、いつまでも供給していないで生産中止すれば良かろうと思うのだが....日本の行政が困るという事なのかもしれない。

関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ ブラウザ導入状況:3 / Microsoft Edge情報 / 01/16、新Edge公開
  1. 正式リリースした新Edgeは6週間単位で更新 - 阿久津良和のWindows Weekly Report | マイナビニュース(2020/01/19)
~~【追記:2020/01/20】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Windowsの暗号化機能に致命的な脆弱性、証明書偽装の恐れ ~米国家安全保障局が警告 - 窓の杜
2月の月例セキュリティ更新は02/12の予定也。これにより、アンインストールした IE 11 を2020/01/20 09:40にて元に戻した。結果、2020/01/16に新Microsoft Edgeとした際のv11.535.18362.0、更新v11.0.170(KB4534251)也。
その後、01/20、Win10 更新(09:40)にて累積更新(KB4528760)があった。本記事との関連は不明也。

なお次の記事によれば「Mozilla Firefoxユーザーに対する攻撃で悪用されており、類似のゼロデイ脆弱性に対処するパッチをv72.0.1として2020/01/08公開」しているとの事。
「Internet Explorer」にゼロデイ脆弱性--リモートコード実行のおそれ - ZDNet Japan(2020-01-20)
Microsoftは今回のゼロデイ脆弱性について、IEのスクリプティングエンジン(JavaScriptのコード実行を受け持つコンポーネント)に潜んでいるメモリー破壊バグによって引き起こされるリモートコード実行(RCE)の脆弱性だと説明している。
Google Chromeでも2020/01/16にv79.0.3945.130が公開され、「米国家安全保障局(NSA)が発表したWindowsの暗号化機能における脆弱性の軽減策が導入された」とのことである。

01/16に正規版v79.0.309.65を公開した(Chromium Edge)は01/18に⇒v79.0.309.68に版アップしたが、NSA指摘へは対応したのだろうか? 【追記:01/22】(Chromium Edge)は⇒v79.0.309.71に版アップ

【追記:2019/01/20】

Windows 7版の「Internet Explorer 11」サポートはすでに打ち切られているとのこと

Windows 7用のInternet Explorer 11はサポート終了 | ソフトアンテナブログ
Internet Explorerにゼロデイ脆弱性、すでに悪用も確認 | マイナビニュース(2020/01/21)
  • 回避策の1つは別のWebブラウザを使うこと。
  • もう1つはJScript.dllへのアクセスを制限すること。
として、MicrosoftのWebサイト記事の「JScript.dllへのアクセスを制限するコマンドが紹介されている。WikiPedia:JScript (ECMAScriptJavaScriptと互換性がある)

01/16、新Edge公開


01/15、Windows 10 v1909定例の1月累積更新あり、Windows 10のv1909 OSビルド 18363.592也。
また、01/15にはMicrosoft EdgeのChromium版が公開され、自動Updateにより従来版(EdgeHTML)が、新らしく公開された版(Chromium Edge)に置き替えられるとのアナウンスであったが、1月累積更新と同時には降臨しなかった。 ※WikiPedia:Microsoft Edge / 公式ウェブサイト
(Chromium Edge)用の拡張機能ストア(Microsoft Edge Addons)がオープンしていて、(EdgeHTML)に拡張機能がインストールされている場合、(Chromium Edge)インストール時点でMicrosoft Edge Addonsストアに同じ拡張機能が登録されていれば自動で移行が行われる....との事。(過去記事:Microsoft Edge情報)
待ちぼうけした後、一般提供は日本時間01/15深夜から開始されるとのこと記されたサイトを発見。
Windows 7 のサポート終了日を米時間01/14と報道していたように、(Chromium Edge)の公開日01/15は米時間であったのではないだろうか 日本時間はワシントより14時間進んでいるから、マイクロソフトがどこからリリースするかは知らないが、概ね01/16 0時に公開されるという読みになるのであろう。
Microsoft Edge 用 Windows 更新プログラム | Microsoft Docs
Microsoft Edge を IE モードで使用する | Microsoft Docs
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
01/16朝。自動Updateと安定板Microsoft Edgeのバージョンチェックを行ったが、いずれも降臨は無い。
不思議に思いながらネットを検索してみると以下の記事がヒットした。
という事で、(Chromium Edge)v79.0.309.65がリリースされている。(但し、同じバージョンの「裏・安定版」をインストール済みの俺の環境では、自動Updateの有無は確認できなかった。しかし巷の記事から推察するには自動Updateでの提供はまだである模様。)

既に安定版(裏版)を利用している俺の環境では、2020/01/14 17時点で確認し、最終更新2020/01/14の「バージョン 79.0.309.65 (公式ビルド) (64 ビット)」であり、本日リリースの版と同じである。したがって殊更の事をせずとも良さそうにも思ったが、念のためMicrosoft Edgeのサイト(Download New Microsoft Edge Browser | Microsoft)からDLLしたプログラムを用いて上書きインストールを行った。

裏版ながら既に安定版を入れていた俺の環境では、拡張機能を含めて殊更の変化は無い。本来は
インストーラを実行すると最新版のダウンロードが始まり、新規ウィンドウの表示や同期を設定して移行完了だ。タスクバーなどのEdgeのアイコンが立体的で「波」を思わせる新Edgeのロゴに変わる。お気に入りや保存したパスワード、履歴なども新Edgeにインポートされるが、移行はEdgeの完全な置き換えではない。新Edgeをアンインストールすると従来のEdgeに戻る。
01_l.jpg
これで今までの「安定版」⇒「正式版」になったということ也。
20191105112300

また、Internet Explorer 11は、Windows 10 v1909定例の1月累積更新と同時にバージョンアップがあった。
2020/01/14 18時点で確認したInternet Explorer 11は、バージョン11.535.18362.0、更新バージョン11.0.165(KB4530677)であったが、01/15累積更新終了時点でv11.535.18362.0(変わらず)、更新v11.0.170(KB4534251)になった。
01/16本日(Chromium Edge)v79.0.309.65を入れた事によるIE 11 の変化は無い。
IE 11のアンインストールを考慮したが、(Chromium Edge)が認知されるまで当面の期間は放置する事にした(関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は / IE11をアンインストール)。技術書によれば従来版(EdgeHTML)用プログラムは自パソコンの何処とか(?)に格納されていて、レジストリーを弄る事で新版(Chromium Edge)と共存できるとのことだが、俺的にはそんな事をやるスキルが無い。

俺はMicrosoft EdgeのサイトからDLLしたプログラムを用いて強制インストール工事を行ったが、従来版のMicrosoft Edge(EdgeHTML)を利用している場合は順次自動Updateが行われるとの記事である。
Windows Updateを通じた新Edgeの自動配布も数週間中に開始するが、Windows UpdateはWindows Insidersのプレビュー・リングから順次拡大していく。時間をかけたロールアウトになるため、すぐに新Edgeを使いたい場合は現時点ではインストーラのダウンロード入手が唯一の方法になる。
約6週間ごとにアップデートが行なわれ、次期の安定版 (Edge v80)は2月前半に公開予定。
(Chromium Edge)の対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10 との事だ。昨日でサポートが終了した(7)等にまで提供することが面白い。「Google ChromeがWindows 7用を少なくとも18ヶ月間はサポートする」とした事への対応と読むべきだろうか....であれば、Mozilla Firefoxはどう出るのであろうか?
とはいうものの、以下のような記事が書かれるのだから、Windows 7ユーザーは試す価値はあるのでは。
今すぐ無料でWindows 7からWindows 10にアップグレードする方法まとめ - GIGAZINE(2020/01/15)
Windows 7からWindows 10へ無料アップデートがいまだに可能 | ソフトアンテナブログ(2020.01.16)
関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ ブラウザ導入状況:3 / Microsoft Edge情報 / Win10、v2004情報 / Cookie等規制だって?
関連記事:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03
01/15に自動Updateされるという報道はガセネタ也。他の情報についても眉唾かも
従来版(EdgeHTML)で動くウィルスソフトは少なく、俺が使っているカスペルスキー制限付きであった。新版(Chromium Edge)においてもカスペルスキーは対象外であり他の物も少ない模様である。
向後(Chromium Edge)を用いる場合、セキュリティを考えながら利用する事。またはFirefoxやChromeを使う方が無難かもしれない。
これについてネット検索すると「EdgeHTMLは、マイクロソフトのストアアプリしか受け付けないからブラウザのアドオンとして機能しない」ため、市販のウィルスソフトが作動しないということらしい。
Chromium Edgeを使う為には、マイクロソフトお奨めWindows付録の「Windows Defender」を利用するしかないということになるのだろうか。「AVG Online Security」「AVG AntiVirus FREE」は?

-・-【関連追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

新たな年に新たなブラウザーを – 新しい Microsoft Edge はプレビューを終え、ダウンロード提供を開始 - Windows Blog for Japan
※日本のお客様に対しては、確定申告への影響を考慮し、Windows Updateを通じた新しいMicrosoft Edgeの配信は令和2年4月1日以降、順次開始される予定です。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2020/01/18起動後、v79.0.309.65⇒v79.0.309.68に版アップを確認。以降メモ略。
追記01/20、これはNSA指摘へ対応したのだろうか? 【追記:01/22】(Chromium Edge)は⇒v79.0.309.71に版アップ
  1. 尚、Internet Explorer 11は累積更新終了時のv11.535.18362.0、更新v11.0.170(KB4534251)で変わらず。正式リリースした新Edgeは6週間単位で更新 - 阿久津良和のWindows Weekly Report | マイナビニュース(2020/01/19)

【追記:2019/01/20】

Windows 7版の「Internet Explorer 11」サポートはすでに打ち切られているとのこと

Windows 7用のInternet Explorer 11はサポート終了 | ソフトアンテナブログ

01/15、Win10 更新

01/15、Windows 10 v1909定例の1月累積更新あり。(KB4532938、KB890830KB4528760)
20200115

再起動を含め、更新の所要時間は20分程度。
これにより、Windows 10のv1909 OSビルド 18363.535⇒18363.592也。
以前あった「Win 10の設定画面?」が変わるとかについては、以前通りで変わらない。
2020 年 1 月のセキュリティ更新プログラム (月例) - Microsoft Security Response Center
Microsoft、2020年1月の更新を発表 ~Windows 7、IE 10などに最後のセキュリティパッチ - 窓の杜
 Windows 7 ⇒ 10 に移行した人も、Windows 7 のままの人も、今日のアップデートは必要 
 特にWindows 7 はこれが最後のアップデート 


テクニカル サポート詐欺を報告する -     Microsoft
 また、Microsoft EdgeのChromium版。(新Microsoft Edge公開)
既に安定版(裏版)を利用している俺の環境では、2020/01/14 18時点で確認し、最終更新2020/01/14の「バージョン 79.0.309.65 (公式ビルド) (64 ビット)」であったが、本累積更新終了時点で変化無し。
Edgeのバージョン情報をチェックしたが最新版は出現していない。(おそらく日本時間で15日深夜頃からではないかと予想されます)の情報どおりのかも知れない。
関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ ブラウザ導入状況:3 / アドインのインストール状況:03
関連過去記事:Microsoft Edge情報 / Win10、v2004情報 / Cookie等規制だって? / 画像右クリック保存:学

2020/01/14 18時点で確認したInternet Explorer 11は、バージョン11.535.18362.0、更新バージョン11.0.165(KB4530677)であったが、本累積更新終了時点でv11.535.18362.0(変わらず)、更新v11.0.170(KB4534251)になった。

関連記事:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03/ ソフトのインストール状況:04ブラウザのアップデート:3 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法 / デバイスドライバ学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / 「来訪拒否宣言」履歴 (拒否WindowsIP登録頁)  / 来訪拒否の拡大予告:再 / 来訪拒否の取止め:結論 / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考

FC2ブログ、RSS??

「livedoor ⇒ FC2」へのブログ引っ越し作戦中の暇人。
以前はlivedoorブログに内定したが、WebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、すべて移転準備が整ったFC2ブログに引っ越しする....としたが、
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録 / FC2ブログ、TP作成-2 / FC2ブログ、TP作成-3
FC2ブログの(01/09)アナウンスがあって以来、試験設置しているFC2ブログからのRSSフィードが不調。
【ブログ】 RSSフィードから未来日付の記事データを除外いたします。 - FC2総合インフォメーション
よって2020/01/09、以下によりFC2に問い合わせした。
不思議な事象が出ましたので報告します。
FC2ブログ様で既知の事象であり、対策をご存知であれば教えてください。https://nonn63400.blog.fc2.com/
において、RSSフィードが出力されているのですが、feedly.comで受信しようとすると「Feed not found」Wrong feed URL or dead feed、のエラーが発生して受信できません。
トップページ(最新のエントリー)     ブログURL/?xml
新着コメント     ブログURL/?xml&comment
共に同様の症状です。
しかし、前述のとおり「RSSフィードが出力されており」、inoreader.comでは受信できます。
よって、feedly.comに特化した事と素人考えしているのですがわかりませんでした。
Feedly (公式ウェブサイト)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上の不具合について、2020/01/14 15時半(先ほど)ころ解消した事を確認できたのでメモ。
また、以上の不具合等の解決を以って、当面FC2ブログに関する工事・確認はOKと思い、本記事を以って記事の書き込みを含めて作業を中断することにし、閉鎖する事にした。但し、広告が付くと面倒なので1ヶ月に1回程度は記事を書き込むこととし、Windowsの定例更新記事のみを転載すること

(@^^)/~~Windows 7

米2020/01/14、日本時間では明日でWindows 7はサポート終了となる。



しかし、2021年7月15日までの18ヶ月間、Windows 7用のChromeを使用し続ける事が可能との事也。
Windows 7向け最終パッチが本日15日に配布 Chromeと新Edgeの7向けサポートは? - INTERNET Watch

マイクロソフトWindowsの歴史年表、OSの種類、バージョン一覧、比較評価まとめ | SEの教科書
Microsoft Security Essentials、1月14日以降もウイルス定義の更新が提供されることに | スラド セキュリティ
この記事はスラドでのみ取り上げられている。ホントかしら(?)とも見ていたが、「Security Essentials のダウンロード - Windows Help」で以前のバージョンの Windows 7 を実行している PC の場合は、Microsoft Security Essentials を無料でダウンロードできる。
livedoorブログの管理画面を利用する際のWindows7推奨は本日01/14までである。
しかし、Windows 10 v909(x64版)でInternet Explorer 2.0が動作したというのだから、マイクロソフトも新車販売に務めずとも良さそうに思うのだが。IE 2 は、1995年にWindows 95 のバンドル版との事。

【追記:2019/01/20】

Windows 7版の「Internet Explorer 11」サポートはすでに打ち切られているとのこと

Windows 7用のInternet Explorer 11はサポート終了 | ソフトアンテナブログ

Microsoft Edge情報

2020/01/15に公開されるマイクロソフトのWebブラウザ「Microsoft Edge」に関する最新情報メモ。
なお、従来(現行)版を「EdgeHTML」、新らしく公開される版を「Chromium Edge」と記す。
Chromium EdgeとWindows on ARMの最新情報を整理する (1/2) - ITmedia PC USER
「EdgeHTML」と「Chromium Edge」が共存できるらしい。
この方法は「Chromium Edge」をインストールする前に行う必要があり、そうでない場合、新バージョンのインストーラーを再度実行したあと有効になるそう....との事。俺はこれを実行しない。
また、2020/01/15になると「EdgeHTML」は自動更新で「Chromium Edge」に書き変えられるとのことだが、Blocker Toolkitなるツールを実行する事で自動更新をブロックできるとの事也。なお、Blocker Toolkitツールをインストールしてもユーザーによる手動インストールを妨げることはない....との事。俺はこれを実行しない。なお、Blocker Toolkitの入手先は不明也。「Chromium Edge」用の拡張機能ストア(Microsoft Edge Addons)がオープンしている。「EdgeHTML」に拡張機能がインストールされている場合、「Chromium Edge」インストール時点でMicrosoft Edge Addonsストアに同じ拡張機能が登録されていれば自動で移行が行われる....との事。既(11/08 AM)に安定版(裏版。12/21 10:00現在v 79.0.309.54 (公式ビルド) (64 ビット))を利用している俺の環境では如何なりますか
「Chromium Edge」では「IEモード」が提供されるとの事。Internet Explorer 11(IE 11)は自動削除されるのだろうか (関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は / IE11をアンインストール)-・-【以上2019/12/21迄の情報、以下逐次追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Edge for iOS v44.10.19が公開 - お気に入りが同期可能に | ソフトアンテナブログ(2019.12.23)
Microsoft、EdgeからBetaラベルを削除するテストを実施中 | ソフトアンテナブログ(2019.12.30)
.Chromiumベースの新Edge、ドメイン参加のWindows 10には自動更新で提供されず | 財経新聞(2020/01/13)
.Chromium版Microsoft Edge、明日1月15日に予定通り正式公開の見通し - Publickey(2020/01/14)
(おそらく日本時間で15日深夜頃からではないかと予想されます)
特にインストール作業などをしなくとも1月15日以降に順次利用可能
2020/01/15、Win10 更新(新Microsoft Edge公開)にてChromium Edgeが正規版に成り、本件は決了也。
なお、俺が利用しているセキュリティのカスペルスキーはMicrosoft Edgeは対応ブラウザーでない
正式リリースした新Edgeは6週間単位で更新 - 阿久津良和のWindows Weekly Report | マイナビニュース(2020/01/19)
Microsoft Edge 用 Windows 更新プログラム | Microsoft Docs
Microsoft Edge を IE モードで使用する | Microsoft Docs
関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ ブラウザ導入状況:3 / アドインのインストール状況:03
関連過去記事:Microsoft Edge情報 / Win10、v2004情報 / Cookie等規制だって? / 画像右クリック保存:学

FC2ブログ、TP作成-3

FC2ブログ、TP作成-2」に引き続き、パート3。
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録
.現行のlivedoorブログでは、画面上部にドロップダウンメニューを設置している。これには殊更の意味は無いのだが、10年ばかり以前にサイト作りを始めた時代の流行りであった「左右3カラム」+「ドロップダウンメニュー」有りきのレイアトに馴染んでいたせいだろう。その後のXOOPSでも同様のレイアウトで利用してきたので「そんなものだ」という先入観から引き続き利用してきた。
また、livedoorブログでは「メッセージボード」というスペースが提供されていたため、これを利用する事で簡単に設置できたので殊更に頭脳を使うこともなかった。

livedoorブログでは過去記事「コメント欄の表示変更」のとおりjQuery (ジェイ クエリー,javascriptライブラリ)を使っていた。しかし、最近は「jQueryを用いない」傾向にある(?)と聞き、FC2ブログ用としては「HTML+CSSだけで作る方法」に乗り換えた。また、livedoorブログのドロップダウンメニューについても「HTML+CSS」に乗り換えた。(関連過去記事:カスタムJS head内)上記方法以外にも「ct_responsive3c」テンプレート作者 aki [sorauta1] 氏サイト*Essenceで解説されている「インデックスエリアを設置」or「プラグイン3をお知らせ用に表示する」方法も可也。
MozillaがFirefoxの新セキュリティバグが攻撃を受けていると報告 | TechCrunch Japan
悪意のあるJavaScriptがホストコンピュータのブラウザ外で実行される可能性がある

.以下の機能を付加したかったが、jQuery で動作するとのことにつき、見送ることにする
テンプレート同様に、新旧取り混ぜてユーザー提供されているプラグインは注意し、jQuery(JavaScript)を用いたプラグインは使わない事。https化後のlivedoorブログも同様。
.「メールアトレス入力欄」「コメント装飾ツール」の除去は、当面放置(FC2ブログ引越し見合せ)
というよりも、新しいテンプレートを適用したところ、むしろ有った方がgoo也。

.FC2ブログの記事書き込み画面(記事エディタ)には (新) and (旧) がある。俺的には(新) を用いるのだが、「引用」符<blockquote>タグを簡便に使えないことが不服也(FC2ブログ、試用雑感)。また、(新)
で絵文字を入力しようとしすると、背面が透けてしまい、使いものにならない。要するにあれを使わなければ良いということらしい。ということで、(旧) に切り替えてみたところ、(新)よりも機能が豊富であることを知った。スマホからではアプリを使えという事らしいが、いっそのこと「パソコンからしか記事を書かない」というこで割り切れば済むことであると達観した。しかし、その後使っていると (旧) は字の表示が小さい事を痛感した。慣れの問題かもしれないが、なかなか也。

.livedoorブログには「HISTORY VIEW」機能が提供されている。この機能は異なる年の同じ月日の出来事(記事)をひと目で見比べることができ、大いに重宝である。しかし、現在のページはhttps化されておらず、将来https化されるというアナウンスは無い。
片や、FC2ブログには「過去記事の一覧表示機能」が提供されている。いずれも甲乙つけ難い。

.livedoorブログにバンドリングされている「自ブログ内の検索プラグイン」はやたらと遅い。検索に限らずlivedoorブログは動作が緩慢になる事が多く感じる。プラグインは同程度付けているのだがFC2ブログの方が早く思う。

.「ガラケーでメール投稿」機能はFC2ブログにしか無いが、機能的にはイマイチ也。

.「人気記事を表示させるプラグイン」。FC2ブログでは「FC2アクセスランキング」で代用OK。

.livedoorブログで画像リンクについてはhttps化されている(画像リンクとhttps://化 / 画像のHTTPS化?)が、FC2ブログへの引っ越し話再燃に備えて、2020/01/15からははてなFotolifeを利用すること。

再度、「livedoor ⇒ FC2、試行」を行ってみる所存也。これにより「FC2ブログ お引越し機能」でlivedoorブログ内の個別記事のリンクが(http) ⇒ (https) に自動変換されないものか(?)を確認したのだが、自動変換はされていない。手動で過去記事をするのも面倒。

FC2ブログに無料の忍者ツール(アクセス解析バリア)を設置した。パソコンでは小さなバナーが出るだけなのでlivedoorを利用していては気が付かなかったが、FC2でスマホアクセスした場合にはデカデカと広告が出る...有料版にすれば出ないのかも知れないが確認する意思は無い...ということでFC2で忍者ツールは使わないことにした。しかし、各Webブラウザで混合コンテンツがブロックされる事態となれば忍者ツールにも変化が起こらざるを得ないだろう...とも読める。
【重要】 Google Chrome で混合コンテンツがブロックされることが発表されました。 - FC2総合インフォメーション
2019年08月のアナウンスで「2019/8/1 から1年間を予定」とのことで「FC2ブログ、広告を撤廃」されている。この撤廃期間が過ぎた後では広告が出るのかと思えば広告の無いlivedoorは魅力的である。とは言うもののFC2ブログで広告表示されるのは「1ヶ月記事を書かなかった場合」だったと記憶している。そんなに長期に渡って記事を書かないことは無い予定だから、FC2ブログで広告表示される事への懸念は無用な心配かも知れない いずれにしても、「1ヶ月記事を書かないでいて広告が出た」なら慌てて書けばその広告は消えるらしいから、心配する事はあるまい。

取り敢えず保存する情報

関連過去記事:FC2ブログに引越し再考 / FC2プラグイン適用実験 / FC2用に設置プラグイン /


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
考えてみればlivedoor ⇒ FC2に引っ越ししてマズイ理由は極めて少ない。
と言うよりも、「女房と畳」的に新しいFC2に引っ越したい気持ちが強い。
日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74で「TLSのバージョン1.0 と1.1 への対応打ち切られる」との事だ。すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事。
とのことであるから、いずれかのメジャーWebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、以前はlivedoorブログに内定としたが翻ってFC2に引っ越しする。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


プロフィール+つぶやき
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて

現在の閲覧者数:
・ IPアドレス検索 ・
KEIROMICHI
  • ライブドアブログ