無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

お役立ち

町医者の小遣い稼ぎ

最近の俺は医療情報を扱うネットサイトに関心を持っている。特に、『いしゃまち | 症状の悩みを解決するお手伝い』と『Dr.和の町医者日記』は有意義な情報を提供してくれる。週刊誌のネットサイトでも、美しくない本音が語られている。 最近のへ~としても
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
昔の大きな病院では長期入院させることが儲け口だったと聞いた。 最近の町医者は、ローンで購入した最新医療器具の支払いに追われて、昔の「農協に多額の借金をしてしまった農家」と似たような状況もあると聞く。

そんな近代設備と称する町医者の稼ぎネタは、『レーシック、歯根インプラント、白内障』の手術と聞く。
手術経験の少ない医師が行う手術は怖いと思うのは、俺が臆病な故だろうか。過去記事:白内障の症状に疑問
全国病院ランキング&名医情報的なネット情報や図書が売れるが、その真偽のほどはどうなのだろうか。
とは言っても、他に情報源が無いのだから「イワシの骨も信心から」ということしかないだろう。
蘇生望まぬ場合、救命中止を 学会が初の提言 終末期患者、意思表示書など条件 - 産経ニュース
さ~て、救急車に乗る場面を想定して意思表示書を考えるかね~。 女将は憤慨しているね
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
昨夜はNHKガッテン!で「緑内障!こんなタイプは要注意だ」とのことで視聴したが、何を言いたいのか判らない。
例によってバラエティまがいの内容の中から汲み取るには「緑内障は怖いのよ」ということと、「最新検査器具としてOCTという物がある」ということを報じたかったらしい。OCT(光干渉断層像)は以前より眼底検査で使用されている検査器具であるともに、別に眼科に特化して用いる器具ではない。緑内障にしても、ゲストに大騒ぎさせなければならないような珍しい症状ではない。要するに、「新医療として紹介する程の内容では無い」という感想だ。
また、OCTは紹介された東北の病院以外にも多くの病院で用いられている、珍しくもない検査器具である。
最新医療器具を用いて発見することができたからと言って、緑内障は経過観察するしかない。手術すれば直る場合も無くは無いとのことだが、「寿命と競争」という眼科名医の言葉のとおりだろう。点眼薬を貰えるってか
それにも関わらず、あのような番組作りをするNHKの企画力と情報収集力の衰えにガテンしている。
次週(04/19)は「STOP突然死!強い心臓をめざせSP(仮)」。時間潰ししてないで、きちんと流せよ。

マンホールの蓋:学

暇つぶし作戦としてホームページを仮設してみたが、これといった利用目的も無いので、以降はサッパリだ。
そんな状態を打破できそうなネタが有った。 『マンホールの蓋の写真』だ。

以前ホームページを立ち上げていた頃にも、「“駄作の写真”を掲載する名目として良いかも」と思っていた。
しかし、如何に全国を出張行脚していたとしても、マンホールの写真を取ってばかりはおられず、止めた経緯がある。 今暇人となり、カメラ片手に全国をぶらつくのは悪くは無いが、独りでやれる事は限られる。

そんなことで、この思いつきは、以前と同様に却下ということだ。
知る人ぞ知る「マンホールカード」 ヤフオクで2万円超の高値付くレアものも- SankeiBiz
 それにしても、仮設したホームページのサーバーでは、眼目であったXOOPSの動作が不全なことは困ったね。
PHPバージョン : 7.0.6  MySQLのバージョン : 10.1.13  最大実行時間 : 300 sec. メモリ制限 : 256Mb

黄斑変性:学

俺は、「糖尿病網膜症+黄班変性」らしい。
しかし、これまでの10年ほどで5人係った遠慮深い眼科医達の中で面と向かって告げたのは、最初の医者だけだ。
後の医者は、「知っているだろうが..」という調子である。
はっきりした病状や、手術の結果期待される改善効果も知らせずに手術しようとは、とんでもない根性だ。

そんな状態で、目が悪い事だけはわかっても、はっきりした病名や、それがどんな病気で放置した場合の未来図なんてものはサッパリ知らないでいる。 もちろん、手術した場合、良くなるのか悪くなるのかも知らない。
手術すれば一生ものなのか(?)、手術後5年も経てば化けの皮がはがれるものなのか等など...サッパリだ。

そんな中で、黄班変性の症状を教えるネット記事を発見した。 あ゛~、ネットやっててよかったな~
加齢黄斑変性の症状は大きく3つに分けられます。
  1. 視界の中心部が歪むことです(変視症)。
    これは目に見えている物の中心だけ歪む症状ですが、その周りは正しく見えます。
  2. 真ん中が陥没したように見えなくなり(中心暗点)、また著しく視力が低下します。
    視力は治療しなければ0.1以下になります。
  3. 症状が進むと徐々に色がわからなくなってきます。
してみると俺は(1)レベルなんだね。それも、「比較的軽い」と自己診断。血のゴミさえ失せれば大したことは無い

名医を本気で探している人のための名医検索サイト - クリンタル
  • 急増中の加齢黄斑変性 片目1回5万円の注射が主な治療法│NEWSポストセブン
    「『抗VEGF抗体』という薬を目に直接注射します。保険適用で、片目1回約5万円を大体2か月に1本行う。それでも治すことはできず、進行を食い止めるだけです」(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類氏)
    急増した要因は食生活の欧米化による血中の酸化とされている。筑波大学医学医療系眼科教授の大鹿哲郎氏
関連過去記事
病気の知識はブログで
手術するなら入院で
ステロイド注射の施術
左目の出血状況
硝子体手術は先送り
Webで、視力検査を
左目の出血-中まとめ
病気治療は同じ医者で
怖いよ~目の手術
「白内障」の手術か~
白内障用レンズを悩む
白内障の点眼薬:学
血管新生阻害剤
左目の手術日決定(2015/11/04)




「おひとりさま」は自宅で死ぬことが可能なのか? | プレジデントオンライン

続きを読む

脊柱管狭窄症:学

シニアに急増の脊柱管狭窄症 「脱力蹴り出し体操」で6割改善を学び、40代で腰痛で入院した私は・・。 - 夢逢人かりそめ草紙」を拝読した。
女将も脊柱管狭窄症の模様に付き、関連することを興味深く調べてみた

 「脱力蹴り出し体操」とは、埼玉県の「清水整形外科クリニック」医師が下記の週刊誌で紹介している。
シニアに急増の脊柱管狭窄症 「脱力蹴り出し体操」で6割善│NEWSポストセブン
清水整形外科クリニック さいたま市 浦和区 北浦和 整形外科 リハビリテーション科
 しかし、他の呼び名でも似たような体操が紹介されていたことを思い出した。
要するに“グニャグニャ”とした、体操とは呼べないような動きが良いのだろうか。
とは言うものの、「脱力蹴り出し体操」と「ゾンビ体操」が同じものなのか(?)はわからないのだが...たぶん違う。

【ゾンビ体操公式】ついに書籍化!病気が「逃げ出す!」3分間の脱力体操


関連過去記事
女将の庭仕事
太腿の痺れ関連情報
女将の腰痛:まとめ続きを読む

これ美味いかな

おかん:「置き総菜」で急成長 職場に「家庭の味」を提供 - 毎日新聞
先日はセブンミールの弁当宅配サービスを再度利用してみたが、1周間程度のサイクルで同じメニューのようだ。
以前弁当宅配サービスを物色してみたが、メニューが似てしまうというのは同様だろう。

退職する間際の勤め人時代の東京。 会社の事務所にいる日には「玉子屋」という宅配弁当屋を利用していた。
メニューが日々変わり、大宮アパートで単身生活を送っていた頃の栄養源であった。
コンビニ弁当と違い家庭料理的なメニュー構成であり、夏場には「冷やっこ」が入ったりする。 冬場の「すき焼き風」の日には、普段は外食している派遣のおばちゃま達も注文するほどの内容であった。
それなりのボリューム感があり十分に満腹できたが、栄養管理が行き届いていたのか(?)、その弁当を食していた頃の糖尿病管理はとってもよかった。 そんな愛用の「玉子屋」は、東京圏と神奈川県でしか営業されていない。
 「おかん」大切な人やあなたへ贈る、安心なお惣菜の定期仕送りサービス
前出の「おかん」は、全国区で配達するようだ。 しかし、「おかず」だけの扱いらしい。また、冷凍品だ。
カタログ写真を見る限りではなかなか美味しそうだが、出来合いの「おかず」を扱うコンビニは多い。

東京の下町では惣菜を製造販売する店舗が軒を並べており、御飯を炊けば食事に窮することは無い。
また、美味しい宅配弁当屋も多い。しかも安い。 北千住等では3百円程の弁当で十二分に生活できる。
しかし、田舎になるほどにその手のサービスは見当たらない。 これでは、過疎地の年寄りはたいへんだ。
JA等の地元に密着した企業が弁当を作って年寄り宅に届けるというサービスを行う地域もあるそうだ。
学校給食を作る会社が、ついでに高齢者向けの弁当を作っている地域もあるそうだ。
「こども食堂」の高齢者向けがあっても良いのかもしれない。
こども食堂ネットワーク / 全国こども食堂マップ (GoogleMap)
野々市市内にもあった
特定非営利活動法人 フードバンクいしかわ (石川県野々市市粟田3-283)
農林水産省/フードバンクいしかわ

認知症に「ヒトココ」

小さな探知機、大きな安心 認知症の高齢者ら見守る:朝日新聞デジタル
親機が子機の電波をキャッチし、離れた場所にある子機を探し出すという「ヒトココ」という商品がよさそうだ。
認知症の患者や子どもに子機を持たせておけば、行方が分からなくなった時に親機を使って探索ができる。
GPSが機能しにくい地下街や建物の中でも位置を絞り込める。市街地では最大数百メートル、見通しのよい場所では約1キロ程度離れても探知できる。子機の大きさは手のひらに収まるサイズ。充電式電池が1~3カ月と長持ち。
上記記事によれば「福岡のベンチャー企業」が開発した製品らしいが、ネット検索しても多数のヒットがあり、本家は不明であった。 「HITOCOCO」との標記も同じ製品のようだ。 ヒトココ - Facebook
 
Kazufusa Kuga YouTubeより

 楽天市場やAmazonでも多数のヒットがあり、概ねにおいて、親機+子機で3.2万円程度のようだ。


【参考になる】

「ふるさとメール」を発見

北国新聞社のサイトで「ふるさとメール」というページを発見した。
当該ページより無断転載
輪島市穴水町かほく市津幡町内灘町野々市市小松市がふるさとの様子を定期的にEメールでお伝えするメールマガジン「ふるさとメール」の無料サービスを、北國新聞社と協力して始めています。
各自治体からのメッセージや観光情報、イベントのお知らせに、北國新聞の関連記事を加えて編集し、ふるさとの香りいっぱいのメールマガジンをお届けします。
との事で、同ページから各自治体のバックナンバーも閲覧することができる。

能登半島が好きなので「ふるさとメール輪島(毎月15日に発行)」・「ふるさとメール能登穴水(毎月第4木曜日に発行)」と、当地の「つばきメール野々市(毎月第2木曜日に発行)」に申し込み登録を思案。

同様に富山新聞でも、富山市高岡市のメールマガジン「ふるさとメール」の無料サービスがあった。
旧 Windows の来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 眼の注射、アイリーア:学
  • 眼の注射、アイリーア:学
  • 重くなってきたSNS:考
  • 重くなってきたSNS:考
  • 重くなってきたSNS:考
  • 凄いね、Windows 10
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ