無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

エッセイ

あんよ美人を見たい

いつも自宅周辺と散歩道以外に行動半径が及ばない俺が、過日は珍しくJR駅に近いイオン迄バスで出かけた。
根が助平な俺としては、偶にはOLのタイトスカート姿を見たいものだと思う。しかし、普段の行動半径で出会う女性はジャージ姿か子育てジーンズ姿で、スカートは穿いていない。駅近くにバスで出かけるのだから、妙齢のスカート姿の女性に出くわせないかと思っていたが誠に甘かった。
暖冬とは言われるものの11月中旬ともなれば好んでスカート姿にはなりたくないのだろうか。俺の知る関東エリアでは寒い時期になってもスカート姿で御美足を出す事が美的センスと考える女性が多かった。まあ、降雪地帯の当地では、炬燵に入る場面などを考えればスカートは面倒なのかも知れない。

そうは言うものの、女子高校生とか中学生の通学はスカートである。発育途上の彼女達は太腿ムチムチ・パンパンだ。一方、テレビのCMに出演する八頭身のモデルは、折れるのではなかろうかと心配するようにか細い脚である。

AKB48とかの女子グループの構成員は20歳ソコソコなのかも知れないが、踊りで鍛えた太めの脚は女子高生のそれに近く、健康さはあるだろうが色気を云々するような肉塊ではない。
一方、30歳を過ぎた女性で脚が美しいと噂されるのは、たいがいは「細いは細くても筋肉美」である。50歳を過ぎて美しさを自認しマスコミが持てはやす女性は筋皮骨衛門とでも呼びたくなる。細ければ良いというものではない。
とは言うものの、各年代・生活環境などを考えれば、誰でも皆それなりに美しいのかも知れない。

世に美人と言われる女性でも(上半身は兎も角として)、「腰-尻-太腿-膝-脛-踝-足」を一括りに脚と呼んだなら、「あんよ美人」はとっても少ない。当人も自覚する程に脚を露出する服装は避けるのだろう。
All Aboutiiに「オトコが好きな脚vsオンナがなりたい脚」が書かれていたが、男女の好みが違うのだろうか。
美脚の芸能人ランキングTOP15【BMIで比較!】 | RANK1[ランク1]|ランキングまとめサイト
関連過去記事:花咲く人妻たち / 艶っぽい化粧焼け / 昔のトイレ / 大根足とは
テレビや映画でも顔や上半身の画像を撮影された絵は多いが、「あんよ」の絵は少ない。自信が無いのかな。

 

旅をするなら

紅葉狩りが絶好調の時期になった。とは言うものの、当地石川県・山中温泉の見どころは勤労感謝の日頃との便りである。しかし、他の地域は知らないが、(テレビでは外国人と称する) 中国人が大挙して押し寄せるホテルに泊まるのは躊躇してしまう。同日に出くわすのは御免被りたいし、前日に彼等が泊まった部屋も遠慮したい。
こんな状況は日本全国どこでも同じなのだろう。別に中国人を嫌いなわけでは無いが、旅行客には友達になりたいと思う者は少ない。身勝手に部屋を汚しまくった後には出くわしたくない。勿論、そんな人ばかりでは無い。

そんな事を考えると、リアルな旅よりもバーチャルな旅も悪くはない。
自然景観にしろ現物を見たからといって殊更に感激できそうなものも少なくなり、出向いてまで味わいたいと思うような食べ物も無くなった。テレビだけでも十分に行ったつもりになれるし、素人が行って見るよりも余程良い景色を見る事ができる。最近のテレビ受像機は極めて精密な描写との事だし、VRで見ても悪くはない。
写真を撮るという感性が無いような者どもが、スマホ付録のカメラを翳して寄ってたかって群がって撮った写真を恥ずかしくも無くブログやinstagramに掲載したところで、見るには堪えない。絵葉書でも求めたほうが想い出になる。

こんな事を言うようになると、長い生末ではないのかも知れない。
古くの中国の皇帝のように、未開の地でも、美味い食べ物でも、探し出す熱意を持たねば詰まらないのかな。

医者選びの運・不運

先日、パソコンの事で相談する事があった。相談先は某フォーラムであり、相談の場と言うよりは意見交換のための場である。したがって、教師と生徒という立場で語る場所ではないと理解している。
相談する相手は俺が選べるわけでは無いが、ドコの誰だか判らない者が恰も自分の出番であるかのごとく、教えてやろうというかの姿勢で、何故か相談相手として堂々とお出ましになる。
警察官ですら警察手帳を示してから身分を明らかにしたうえで物事にあたる時代だというのに、その某フォーラムの対手は偉そうに質問に応えるだけである。対手の某フォーラムでの立場が紹介されているわけでもなく、その発言内容の真偽に関する後ろ盾も無い....が、何やら醸し出している「某フォーラムの主」的な雰囲気が、その発言が正しいのかも知れないと思わせる。

その相談相手と話題が噛み合えば問題が無いのかも知れないが、俺の相談の仕方が悪いのか?、相手の聞き方が悪いのか?....は知らないが、話が通じない場面がある。視覚の相談に対して、触感の回答では
同じ言葉で質問しても、発する側と受けるとで重点と捉えるポイントにズレが生じる場合がある。ところが、受ける側は一旦「ここがポイント」と思い込むと、それがズレている事に気が付いてくれない。
同じ言葉の質問でも別の受け手であれば質問のポイントの受け取り方が異なる場合もあり、結果的に質問者が聞きたい事を理解して適切な回答をしてくれるということが多い。

ところが、最初に質問に応えた者は自分が担当者であるかのように、別の者が応える事を快く考えないようだ。
また、Yahoo!知恵袋OKWAVE教えて!goo等「Q&Aサイト」と呼ばれる質問vs回答する為のネットの世界では、質問に応える事でポイントが貯まるとかのメリットがあるようで、答えられるか否かは兎も角として質問に対して素早く手を出す事を努力する者が多いとも聞く。
そのような者は、質問の内容をジックリと考え適切な回答をする事よりも、如何に素早く顧客をキャッチするかに尽力しているようだ。結果的には、トンチンカンな回答であろうとも素早く手出しをするだけだ。質問者にとっては何の解決にもならない。それでも、回答した者は解決していない事に気づくこと無く、人助けした気分なのだろう。
質問の意味を解らない場合や回答に自信がなかったら、知ったかぶりして出しゃばるんじゃないよ。

医者でも同様に、最初に相談した相手が以降ず~と担当になることが多いようだ。
腹が痛いとして内科を受診すると、内科窓口担当医の総合的な診察を受け、その結果で専門担当に回される。
受診した曜日によって窓口担当医や各担当医が変わる中で、訴えが通じない医者に巡り合った患者は堪らない。
担当医に誤診されると、患者にはその誤診が一生着いて回り、大間違いの治療方法を受るかもしれない。悪い事には、そんな誤診をする担当医に限って、自分が誤診した事を隠すために他の医者に意見を求めさせない。

患者に言う事を言わせない早とちりの医者が担当になったなら、転院するか、セカンドオピニオンを受診しよう。
関連過去記事:長い休みの運・不運 / 在宅医選びの本:学 / 都内の綺麗な病院 / 最近の医者を思うに

徒歩時間の遠近感は

13.56km2の面積しかない当地野々市市は長さが約6Km幅が約4Kmほどの小さな街である。
殊更に急ぐ事でもなければ、良い御散歩ができる長さであり、俺は積極的に歩くことにしている。
1時間に1本程度しか走らないコミュニティバスを待っているよりは、よほど健康的である。
20分もあれば主要な施設には辿り着くのだから、時計を睨みながらイジイジとバスを待つよりも精神衛生に良い。

しかし、転居したばかりの頃は徒歩の10分がとても遠くに感じた。
東京の山手線内に在った事務所から、最寄りのJR駅や地下鉄駅などの公共交通機関までは5分程度であった。
駅では数分刻みで電車が到着し、待つという感覚は無かった。自宅の在った神奈川県でも似たような時間間隔であったから、電車や路線バスを利用しての移動には不自由する事は無かった。
伴って、「最寄り駅は近い」という感覚をもっていたため、当地での徒歩10分はとても長距離に感じた。
ちなみに、女将は未だにどこに行くのでもタクシーを利用する。タクシーを利用する事は。自家用車の維持費よりも安く安全であると考える俺は、それを止める気持ちは更々無い。

しかし、当地に住んでいる人達はおよそ歩かない。近所のスーパーマーケットで買い物をするにしても、自宅を出る時には自家用車を利用する。要するに「歩いているようで。歩いていない」のだ。
あれでは田舎者が都会に出て、駅に行く、公共交通機関を利用するといっても遠く感じるであろう。
また、田舎に住む高齢者ほど運転免許証を手放すことはできないだろうと推察する。

とは言うものの、考えてみれば「駅の入り口迄は近い」と思っても、実は入り口に入ったからといって未だ先がある。階段の昇降や駅構内を歩くことを加えれば、公共交通機関を利用している都会のネズミは日々歩いているのかもしれない。田舎のネズミよりも歩かない豊かな生活環境にあると錯覚しているだけなのかもしれない。
関連過去記事:京急に乗っていたっけ / 食パンの皮

間違ったやり方では無意味! 今すぐできる「最強スクワット」3ステップ

ラッパ飲みの景色に思う

飲料をに直接口をつけて飲む行為を、その姿から「ラッパ飲み」と言う。
ラッパ」という金管楽器が日本で認識された歴史(軍隊ラッパ)から考えれば、新しい言葉だろう。

最近ペットボトルが出回ってからは、生まれも育ちも良さそうな美人の女ですら、周囲を気に掛ける事も無く、とても自然にラッパ飲みをする。自然溢れる山・川での事であれば兎も角、自宅のテーブルに座って居てでも当然のごとくラッパ飲みであり、コップに注いで飲むという事は考えてもいないように見受ける。別に差別をするつもりは無いが、俺が子供の時代であれば、良家の御嬢様や奥様と言われる女が行う行為ではなかった。(「女」 と 「女性」)

秋田で育った俺の周囲で初めて女性がラッパ飲みする景色を見たのは、中学生の頃に東京から来たという女子大生の案内をした際に登山コースの山小屋でコカコーラを飲む姿であった。そもそも、コカコーラという奇妙な茶色の液体なんぞが飲み物であるという認識すらなかった田舎者の小僧は、女子大生に勧められて初体験した物が美味いとは思わなかった。色気づいた高校生になって読んだ週刊誌の宣伝で、コカコーラをラッパ飲みする写真を見て、あれはそのようにして飲むアメリカの飲み物である事を知った。日本にコカコーラを流行らせたのはアメリカの陰謀也。

上京する前の俺が知る限り、リアルな秋田や、日本CMの風習でラッパ飲みをする景色は見たことが無い。
高校生時代までは、日本酒の一合瓶やサイダーでも、コップに注いでから飲んでいた。飲料の入れ物に直接口をつけては飲まなかった。そもそも、屋外で飲む事はせず、自宅に持ち帰ってから飲むのが当たり前であった。
これは、屋外の自動販売機で買う缶入りジュースや缶入りビールでも同様であった。
屋外で飲み食いするなんて事は、花見と運動会程度ではなかっただろうか。

ラッパ飲みが一般化された事で、瓶や缶などに入っている内容物はすべて自分の物であるという感性になった。
日本人の心から、瓶に詰められた飲み物をコップ等に注ぐ事で皆で分かち合うという風習が失せてしまった、
今時の若者では、自宅にコップが無いと聞く。冷蔵庫から冷えたペットボトルや缶を取り出して、一人が一本ずつラッパ飲みすれば良いのだ。飲み切れなかったら捨ててしまえばよいのだ。
昔は、歯磨き時のうがい用だろうが、ゴハンの茶碗だろうが、何某かの小分けする方法を考えたが...
銭湯通いをしている頃の湯上りはコーヒー牛乳のラッパ飲みが定番であった。なぜか右手に牛乳瓶を持ち、空いた左手は腰にあてがって飲むポースも定番であった。過日のテレビ番組で「なぜ腰に手をあてがうのか」を説明していたが、なるほど半分の眉唾で、まあ良いかである。

最近、ペットボトルはマイクロチップの発生原因であるとして、その削減が叫ばれている。
日本政府も世界に遅ればせながら対策に乗り出したようだ。しかし、単純にペットボトル等のプラスチックごみを減らすという事で考えるのは誤りらしい。プラスチック製品を製造する為の石油の利権に始まり、世界的な規格が定められていないプラスチック製品を規格化し、処分に掛かる作業形態の一元化を図ることで利益の独り占め的な事を企てているグローバルな誰かが動いているのであろう。

現在のような日本政府の緩慢な対策では世界の動きには着いていけない。結果としてガラパゴス化するだろう。
サウジアラビアとトルコの確執にアメリカ等が絡む国際情勢とマイクロチップの関連をどう見るかは関心深い。
コカコーラの立ち飲みが普及し国際化したつもり日本人は、プラスチックで世界から置き去りにされるのだろうか。
過去記事:コーラのラッパ飲み / ラッパ飲みは恰好良い? / レジ袋の有料化:考

日本人のいい加減感覚

半分、青い。』とかのNHK朝ドラが終わるらしい。青半分とは、どの程度だと考えたタイトルなのだろう。

「半分」とは、どの程度を示すのか考える。「半分」と言われて、50%と思う、40~60%と思う、まちまちであろう。円周率の感覚で、「49.99999999....」、「50.0000001」は「半分」てはないと考える人もいるに違いない。
最近では、「ほぼ」なんて言葉が宣伝にまで使われている。あれだって「限りなく100%に近い」と思う、「50%を超えれば」と思う、色々なのだろう。

朝ドラのタイトル『半分、青い。』は、第12話で小学3年時のヒロイン鈴愛が遠足当日に、雨が止んだ空を見上げて言った台詞でもあるそうだ。「青い」の言葉は「未成熟な状態」を示すつもりなのだろうか。「青い」の反対は「しろい」のだろうか。半分未成熟でも、残り半分は成熟しているのだろうか。
「青い」といっても色見本のように多様である。「空の青」なんて色は人それぞれに思い浮かべる物が違うだろう。

それでも、「半分」と言い、「青い」と言って、互いに同じことを考えているに違いないと思い込むいい加減さが日本人の日本人的な特性なのだろう。
今またまたマスコミの餌食になっている貴乃花親方の騒動では「引退届」とか「退職届」で揉めているそうだ。親方と称する地位にある者が所定の書類を提出しないのは稚児にも劣る。そんな思考回路で、これまで親方として務まったものだと感心するが、これも日本人のいい加減感覚だから務まったのであろう。

巷の女性は「私は歯並びが良ければ美人」的な事を言うが、「歯並びが悪いから美人ではない」と言いたいのだろうか。そんな女性に限って歯並びがどうであろうと美人で無い。一般的には“いいわけ”と称する。
とは言うものの、「歯並びが良い」女性を美人と思う人もいれば、不美人と思う人もいるだろう。「蓼食う虫も好き好き」の言葉もあるように、日本人はいい加減なのである。
しかし、悪いものからでも良いことを見つけ出せるという特技もある。いい加減さこそが、日本人なのかも知れない。「1+1=2」にならないのが日本人なのかも知れない。「2かも知れない」、「ほぼ2」が日本人也。

物事の見方として、正しい事、誤った事が有る。しかし、どうでもよい事が多いのかもと思う爺である

♪朝が来るまえに

台風21号が上陸すると騒がれていた夜、思いついてテレビを点けた時、ある歌詞が頭に浮かんだ。
ウロ覚えの歌詞を精査し、やっと『夜明けの霧が雨に変わる時...』というフレーズに辿り着いた。

翌朝ネット検索し、ちあきなおみ氏の「朝がくるまえに」であることが判った。
1969年(S44)発売とのこと。19歳の俺にとって想い出に残る何があったのだろうか。
ちあきなおみ。最近の「あの人は今」的なテレビ番組でも噂を聞くことは無い。
あれほど有ったヒット曲は、ちあき氏当人を知らない若者たちがカバー曲として歌っている。


Maki Asakawa 浅川マキ 「 夜が明けたら(歌詞付) 」

バスの料金に思う

通院時にはシャトルバスを利用する。料金は片道300円である。往復で600円は、なぜか出費した感を抱く。
仕事人時代は会社から定期代が支給されていた。当時は自宅から会社までは片道700円程度だったろうか...その定期の範囲内で仕事をして酒を飲んでいた。したがって、自腹で交通費を払う感覚は無かった。
そんな金銭感覚の俺にしてみれば「病院代以外にもバス代が掛かる」現状は、いたって面白くない。

シャトルバス のんキーの料金は、以前は10円単位であり、俺の利用区間で280円であった。しかしある時から300円になった。100円単位で走るコミュニティバス のっティの回数券を併用する為に100円単位で合わせたのであろう。
しかし、100円 ⇒ 200円 ⇒ 300円と上がる料金は、以前の10円単位時代ならば210円で乗れた客にしてみれば大きな出費となる。とは言うものの、自家用車を利用しない人にしてみれば市内で利用できる唯一の公共交通機関である。高い、安いは別にして、それを利用するしか無いのだ。

回数券を利用する客に対する利便性を考えた上で、100円単位で走るのっティの回数券に料金を揃えたのであろうが、四捨五入のバウンド幅が大きすぎると思う。
ちなみに野々市市が運営するコミュニティバス以外には北鉄金沢バスがあり、金沢市内方面などの足になる。こちらは10円単位の運賃体系であり、370円ほどでJR金沢駅に至る。運賃支払には「ICa」というカード乗車券がある。

台風21号:考

台風21号のあおりで停電してはマズイと思い、久しぶりにノートパソコンにバッテリィを装着した。
2017年01月30日以来であるから、一年ぶりである。
バッテリィ無しだと片手で持っても然程は重いと感じないが、久しぶりにバッテリィ装着したノートパソコンはずっしりと重さを感じた。厄年前あたりの仕事人時代の出張といえば、あれを入れたカバンをぶら下げていた。
当時のカバンは未だあるが、確定申告時に使う程度の用しか無くなった。その内、遺書でも入れておくか。

台風21号と言えば一言だが、大阪方面では被害が大きいようだ。尤も、正しくは「平成30年台風第21号アジア名:チェービー/Jebi、命名:韓国、意味:つばめ、フィリピン名:メイメイ/Maymay)」と称するらしい。
「被害が大きい」と騒いでみたところで現役人類の勝手な言いがかりであろう。「こんな台風に誰がした」
風が強かろうと、北海道で暴れようと、なりたくてなったわけじゃないよ これからは、こんな時代さ。

関西国際空港とやらは高潮がどうしたとやらで騒いでいるが、近い内に大津波が起こったらどうするの。
豊洲市場とやらも似たような設計で工事しているのだから、同じ被害になるね

歩道の景色から

大都市では車道境の歩道にたたずんでいるとタクシーが寄って来る。何となく「タクシー待ち」なのかな~という景色があるのだろう。立っている者はタクシー待ちしているのではなくとも、周囲からはそう見る。
プータロウがやる事も無く只つっ立っているにしか過ぎなくとも、周囲からは何か用があるのだろうと見てもらえる。

当地野々市市ではタクシーの流しは法令で禁止されている。野々市市に限らず、石川県内では金沢市の中心街以外ではタクシーの流しは法令で禁止されているとのことだ。そのため、歩道にたたずんでいたところで「タクシー待ち」をしているとは見てもらえない。そもそも、流しのタクシーが走っていないのだから、「タクシーを拾う景色」が無い。
歩道というものは、ただひたすらに歩くためにあると言っても外れてはいないだろう。

しかし、右の歩道から左の歩道に渡ろうとする者がいることは、都会でも田舎でも変わりは無い。そのような不心得者は都会よりは地方都市の方が多いようだ。地方でも田舎になるほど不心得者が増えるようだ。
稀にしか通る事の無い車なんかを注意していたのでは道路を歩くことができないと言う考えなのだろうか。
そんな田舎で道路横断する者はなぜか年寄りに多い。というよりも、年寄りしか住んでいない地域なのかもしれない。自動車の運転手にしてみれば、人っけの無い道路を横断する者がいるということを予想だにしていないのだろう。鶏と玉子の関係は判らないが、「なぜこんな所で交通事故が?」という場所で交通事故が起こっている。

都会で有れば、自宅に招くとか、喫茶店に入るとかするような場合であっても、当地の年寄り達は道路で立ち話である。しかも、立ち話の時間が半端ではない。よくもあれだけの長時間にわたって話す事があるものだと感心する。
タクシーが流しで客を拾う事が出来るように法令改定されとしても、タクシードライバーは「客なのか?、ただ立っているだけなのか?、会話に夢中なだけなのか?」の見極めが難しいかも知れない。

金沢市では「横断歩道以外で道路を横断する人に注意を促すチラシを配るパトロール活動」が始まったとの事。
ローカルニュースでは鼻高げに報ずるが、俺は「遅い取り組みを、今更...」と鼻で笑っている。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • あんよ美人を見たい
  • あんよ美人を見たい
  • あんよ美人を見たい
  • フォト蔵から断捨離
  • Picasaインストール:考
  • 芸能人の性処理:考
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
2019年
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ