無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

エッセイ

書斎に引っ込むか

ブログを書いている時に限って女将がチョッカイを掛けてくる。
女将も暇なんだろうか、俺だって暇なんだ。 でも、暇な時間が合わないだけ。
女将が忙しい時は俺が暇。 しかたなく何かをはじめると、今度は女将が暇になる。
でもさ。俺が暇だからって、女将にチョッカイしないだろう。 だから、俺にもチョッカイしないで欲しいんだ。
パソコンする時は書斎に引っ込もうかな。

猫は飼い主が何かをしている時に限って邪魔をするらしい。パソコンしてるとキーボードに乗るそうだ。
あの犬でも、やきもちを焼くらしい。別の犬がかまわれていると不貞腐れるとか、割り込むとかするそうだ。
人間だって、ストーカーされている間は鬱陶しいらしいが、されなくなると寂しいそうだ。
生き物っちゅ~のは、面倒なもんだね~

一人じゃさみしい、二人ですごしましょ
女将のキャッチコピーだ。 そうだね

日野美歌 氷雨 作詞:とまりれん作曲:とまりれん ♪ 飲ませて下さい

人間は平等ではない

『人間は平等』という世迷い言が言われ続けている。
これは、平等では無いことを知っている平等論者が、平等を求めている言葉なのだろう。
身分制度の上では平等にありたいものだ。 しかし、生まれる前から健康の度合いに違いがあり、平等ではない。
双子で生まれ、同じ生活を送ったからと言って、同じ時に死ぬとは限らないだろう。
ましてや、病気になって治療を受ける場面では、担当医との巡り合わせ一つ考えても運・不運がある。
色々と考えるについて、人間が平等であるはずがないという結論に辿り着く。 にも関わらず、平等を叫ぶ人がいる。

日本人というヒトの種が発生した経緯には謎だらけと言う科学者がいる。縄文文化は稀有とも聞く。
SF小説では「長寿の人種が短命の人種から妬まれて攻撃を受けないようにヒッソリと暮らす」事も書かれている。
島国でわがまま放題に暮らしてきた日本人は、大陸を追い出される原因となったであろう半島の種族により再び追いやられようとしている。 ユネスコに申請して「絶滅危惧種」の指定を受けるか
とは言うものの、既に純血種の日本人は存在しないのだろう。

平等という死語が独り歩きしている今、日本人も日本列島を出て世界で生き残る道を探さなければなるまい。

20170930
Windows 10のショップからDLLした壁紙

「頑張る」の言葉

人は二言目には「頑張る」と言う。
自然災害から立ち直ろうとする時、入学試験を受ける時....例示すれば限りなく、頑張る機会はあるらしい。

人は、「頑張る」という言葉が好きなのだろうか。
本当に頑張っているのだろうか。 誰に対して頑張るのだろうか.....、自分に、他人に....
単純に「頑張る」というアドバルーンを上げているだけではないだろうか。

別に、頑張りたいなら頑張ればよいだろうが、自分で「頑張る」と口にするほどに傍目で見れば頑張っちゃいない。
もっと頑張らなければならないんじゃないのかいと見える人でも、「頑張る」と言うだけで頑張らない。

いちいち「頑張る」と口にしなくても、もっと自然体で生きていけばいいんじゃないのかな。
頑張って生きていると疲れるよ。 きっと。

とは言うものの、別の側にいる人は「頑張れ」と言う。
マラソンを走る人や、入学試験を受ける人....例示すれば限りないらしい。

別に「頑張れ」と言ったところで、言われたところで、何か変わりがあるのだろうかとも思うが、それは俺のような朴念仁だけのことで変わりがあるのだという人達が多いようだ。
とは言うものの、マスコミ等でも書かれているが「頑張っている」者に対して「頑張れ」と言うことは、侮蔑しているのではないだろうか。当人の頑張り度合いを認めていない為に更なる頑張りを求めているのだろうか。
「頑張れ」と言われる側は、そんな言葉を掛けられずとも懸命なのではないだろうか。
..........................etc.
類似した用い方に「大丈夫」というのがある。泡を吹いて倒れている者に「大丈夫か?」と問われても...

とどのつまりは言葉のボキャブラリーの問題なのだろう。「頑張る」という心情・行為を表す言葉が少ないのではないだろうか。『頑張る(がんばる) - 語源由来辞典』によれば『頑張るとは、困難に耐え、努力してやり通すこと』

なるほどと思ったり、思わなかったり。 新造語が溢れる現代に「頑張る」に替わる言葉が現れない事を何と見る。
過去記事:家族の名前を呼ぶ事

家族の名前を呼ぶ事

世の中の夫が妻を呼ぶときには「おい」や「かあさん」が多いようだ。
妻は夫を「あなた」や「とうさん」と呼ぶらしい。 最近では「パパ」に「ママ」なのだろうか。
「うちの嫁」などと呼ぶ地域では「うちの婿」と呼ぶのだろうか。

家の中という限られた世界で、この呼び方で特定できる相手が少ない場合は「とうさん」「かあさん」で良いだろう。
しかし、避難所などではそうはいかないだろう。「とうさん」と「かあさん」だらけになってしまう。
ウチの「かあさん」を見なかったか...と言って話の通じる相手ばかりとは限らない。
何かしら、個人を特定できる名前を常日頃から周囲にアピールしておくことも考えなければなるまい。

自宅では「おじいさん」「おばあさん」と呼ばれれば自分のことだと思っている爺婆が、避難所で実名で呼ばれても自分のことではないと思ってしまうような状態にならないように、常日頃から慣れておく事が肝要也。
今時の病院は番号札で呼ぶ。それを知らずに怒った岩手の議員が、後日自殺した事件もあった。

俺の親父は、70歳を過ぎた頃から、それまで「かあさん」と呼んでいたのを実名で呼ぶように変えた。
俺たち夫婦は、世帯を持った頃から実名である。 まあ、心配しなくても良いか...と思っている。
なんと言っても、旅立ちの時に耳元で「とうさん」と呼ばれるよりは良かろう...と思っている。

ゴンゴン「何してくれとんねん」篇

一切れのパン

朝は食パンを一切れと決めている。それも、六枚切りだ。
今の住処で暮らしだしてからはもっぱらトーストすることに決めている。
トーストする香りを楽しみながら、何を塗るかを考えるのは数少ない思案のネタの一つだ。
とは言うものの、バターにするかジャムにするかの二つの選択肢しか無いのだから、悩むほどのことではない。
糖尿病持ちとしては何も塗らないという選択肢もあるのだが、それでは余りにも寂しいだろう。
青少年の時代は母の愛がこもった米の御飯を食べていたが、就職して大酒を飲むようになり二日酔が多かったので、朝食は食べないことにしていた。しかし、50歳を過ぎた頃から始めた糖尿病の治療で「糖尿病薬を飲むと血糖が下がることがあり、それを予防する為には朝食を採らなければならない」と申し渡され、渋々はじめたことが続いているということだ。 食べたくて食べているのではないため、最低限の食パン一切れということで落ち着いている。
塗る物としているバターorジャムは、指導入院の際に病院で出されたからであり、効果の程は理解していない。
以前はトーストしていなかったが、北国を終の棲家としてからは暮らしの余裕としてはじめた。早い話が暇つぶし。
本格的に治療に取り組んだ頃は医学の知識も薄っぺらであったが糖尿病というものは他の病気と同じように完治するものだと思っていた。これから仕事を辞めるのだから、その前に治しておこうという甘い考えであった。あの頃は、以前は行かなかった人間ドッグを受けたりと前向きな人生だった。
しかし、糖尿病は治らないということを知り認識したころから俺の老後が順調にスタートしたのだろう。
六枚切りパンを食べた後のアイスコーヒーを味わいながら、長いのか短いのかは見えない未来を思う日々だ。

関連過去記事:ひとりの時間に / 食パンの皮 / 朝食って

シニアカー:考

過日、女将の歯が不調になり、昨年に続いて横須賀の病院に出向くことになった。ついては、宿を手配し、新幹線を予約して07/14切符を受け取りにJR松任駅まで出かけてきた。

切符受取りの道中はいつもの散歩道を通ったが、後ろから微妙な電動音がするので振り返った。
70歳代前半と見受ける爺さんが、小洒落た格好で走らせている“年寄り向け電気自動車”が発する音であった。
帰宅後ネット検索したら『電動カート・シニアカー・電動四輪車・電動カート・電動カー等、いろんな呼び方があるらしいが、正式名称は「シニアカー」というようです』とのことだ。 WikiPediaでも「シニアカー」として取り上げている。
高齢者が乗るシニアカー(電動カート)について知ってもらいたいこと | りくまろぐ
なお、「電動車いす」と「シニアカー」とは別物とのことだから、購入を検討する際は要注意だ。
また、「シニアカー」でも、価格的にも8万円程度から40万円を越す物と多岐にわたるようだ。

そのシニアカーのスピードはなかなかに早く、通常の散歩時よりは遅いものの、お出かけモードでそれなりの速度で歩いていた俺を楽に追い抜いていった。 ハッキリとは視認できなかったが、あのシニアカーはこれだろう。

 「シニアカー」は、「日本の道路交通法では車両ではなく歩行者扱いとなる為、車道ではなく歩道を通行する」とのことだが、当該の散歩道(野々市市内の主な遊歩道)では、法令に言う道路から進入する交差部には自転車などの侵入を妨げるような措置がしてある。
それに関する行政側の考えは示されていないが、散歩道をあの類が走行するのは如何なのだろうか。

電動カート・電動車いす 「パルパル」 取扱説明書 映像版

スケベ親父の末路

ある日突然、予期せぬ突然死急死というのは珍しくは無い。死なないまでも、パソコンに触れなくなることもある。

残された家族の元に見知らぬサイトから請求書が届くということもあるそうだ。それは、エロサイトである事もある。
親父が見たかも知れず見ないかも知れずとも、請求書に対して金を支払ってしまうことが後腐れが無いと思うのは不自然ではないだろう。しかし、「マウス操作の間違いで偶々開いてしまった」という事が多いらしい。すなわち無罪也。
【追記:2017/07/31】警察を偽装したネット詐欺を国内で新たに確認 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

そんなややっこしい話題ではなくとも、突然死に伴いレンタル料金の支払いが滞るという出来事はありそうだ。
月払いとしている物、セキュリティソフト代とか有料のレンタルブログやサーバーの代金などが思い当たる。

パソコン関連に限らず、ローンで支払う場合は家族が後始末することに成らざるを得ないだろうが、それは家族が承知しているだろう。しかしパソコンの場合は、当人以外には中身を知らないことが多いから話がややっこしい。
普段からパスワード等を知らせておけば問題は無さそうだが....PWを知っていた奥方が、親父の元気な内にパソコンを見てしまい、エロ写真だらけだった事に呆れてしまい離婚に及んだというニュースがあったが、なるほど也。
バカな親父の不始末と放置して支払が遅れると、家族ごとブラックリストに掲載されるし、困ったものじゃ
遺書代わりにパソコンに色々と書き溜めている場合も工夫が必要だろう。 子供がおらず、パソコン音痴の女将という我が家の場合、後に残したいことは紙に書き留めて置かなければならない。俺のパソコンは玩具として終わり。

関連過去記事:ヨッシーの思い出 / 残されるホームページは(?) / エンディングノートvs帳面 / 熟年離婚は愚行なり / 自分の健康調書作り / 今日は「遺言の日」
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ブルゾンちえみのお笑い芸を真似る(パクル)事を多く見かける。稀にどこぞの番組でやる程度ならば笑って済ませる出来事だろうが、天下のdocomoが高畑充希にパクリ演技させてCM放映するとなると笑ってはいられない。高畑充希と言えば、それなりの女優との社会認知があるだろう。恥ずかしいね。また、やらせるdocomoも企画力が無い。「みつきのほんき」篇 という、このCMタイトルも愚劣である。天下人が貧乏人のマネをするのに本気になってどうする。
「みつきのほんき」篇

docomoOfficial YouTubeより
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • フットグルマーグラン:購入
  • フットグルマーグラン:購入
  • サンマリノとティターノ山
  • サンマリノとティターノ山
  • 鳥の生焼けに注意
  • 日本人が消滅する?
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ