無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

カメラ

フィルムスキャナー:学

誠に久しぶりに古くからのアルバムをめくってみた。 最近は暇な割にはアルバムを見るという事にまで考えが及ばず、もっぱらパソコンに集録した写真を眺め、それが所持している写真のすべてであると思い満足してきた。
デジカメ全盛になる以前はフィルムカメラで遊んでいたが、退職して脱東京する前にそれまで持っていたネガフィルムをカメラ屋に持ち込んでデジタル化しCDに焼き付けたので、それで全てで漏れがあるとは思っていなかった。

しかし、それは大間違いであった。 ネガフィルムはデジタル化したが、プリントアウトしてアルバムに貼った写真の中にはデジタル化していない物がやたらと有った。 ということで、暇人はデジタル化する為の道具を探している。

ネガフィルムをデジタル化する為の道具はそれなりに販売されている。
【楽天市場】-フィルムスキャナーの検索結果

また、作業方法の説明サイトも見受けられる。
スキャン・デジタル化方法|節目写真館スタッフブログ
しかし、無精者の俺としてはもっと簡単に行いたいと思い、タブレットのアプリを探した。
それなりの機能を持ったアプリがあるが、俺が使用しているAndroid 4.4では「対応していません」とのことだ。

 以前からの寝言である「レコードのデジタル化」も遅々として実行が伴っていない。
いずれのデジタル化も断捨離する必要もないから、健康寿命と相談しながら追々とやろうか....とおざなり也。

関連過去記事:断捨離はソコソコに / 写真を撮ろう-想い出作り / 写真の保存方法(?) / 写真の整理でも / カメラ利用歴 / 音源をデジタル変換したい / 新「Googleドライブ」の情報

アルバムを作ろう

最近では、写真と言えば携帯電話の付録カメラで撮る事が多くなった。 カメラは沢山有るのだが...
散歩は勿論、気紛れ旅行程度では、カメラを持つことが面倒に思えて、どうせ持たなければならない携帯電話で済ませている。 この傾向は、鎌倉在住の頃から始まったように覚えるので、かれこれ10年程になるのだろうか。
2014年12月にも思い出写真を撮ろうなんて考えていたのに、サッパリ実行していない。

そんな最近の日常の中で「断捨離をすることは想い出を捨てることであり、想い出を捨てることで認知症が進む」事を知った。 現在の住まいは終の棲家となる気持ちから、転居して以来、外観や調度品などの写真を撮ることはしていない。女将の庭仕事や、結果として咲いた草花を撮っていない。景色は移ろい変わっているのだと知っていながら、いつでも自分の目の前で見ることができると思っている。 旅行しても、絵葉書のような景色は撮ってもその景色に自分達がいない。 終の棲家は不動の物であり、そこに住む自分は変わらないと思っているらしい。

しかし、時間は進み、環境も自分も変わっている。 女将も変わっている。
そして、いつか、住処を変えて老人ホーム等に転居する日が来るかも知れない。 写真の保存方法(?)

カメラで写真を撮ろう。そして、老人ホームで眺めては思い出せるアルバムを作ろう。
携帯カメラで撮った写真をブログにアップしたところで、その意味は希薄である。
関連過去記事:写真を撮ろう-想い出作り / 人相は変えられる / カメラと鏡 / 大好きな女将は / 写真の整理でも / 音源をデジタル変換したい / レコード⇒PCに保管 / 図書の電子化を模索中 / 写真の保存方法(?)

【目標】
  1. 基本的に写真はデジカメで撮る。
  2. 極力プリントアウトしてアルバムに貼る。

キヤノン「EOS M5」学

キヤノンの新ミラーレス「EOS M5」を試す。片手に収まるほどの小型ボディ、AFも大幅に高速化 - Engadget Japanese
2016/11/25発売
  • 価格はボディーのみ12万円前後、高倍率ズーム『EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM 』とのレンズキットが17万円前後。
  • サイズは115.6(W)×89.2(H)×60.6(D)mm。重量は電池とメディア込みで約427g


所持しているカメラを全部断舎離して、これ一つにまとめようかしらん。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【コスプレ撮影術】キヤノンが本気を見せたミラーレス『EOS M5』の実力検証|@DIME アットダイム

GPSレシーバー:学

ソケットタイプ GPSレシーバー ロマンスグレーの独り言」を拝読した。
以前より“デジカメでGPSを使いたかった”のだが、それをすると携帯の使用料金が高くなるような感じで使わなかった。そもそも、俺はGPSという物がどんな利用の仕方があるのかを判っていない。 ※GPS機能搭載のデジカメ

「ヒトココ」というGPS機器は、親機が子機の電波をキャッチし、離れた場所にある子機を探し出すという。認知症の患者や子どもに子機を持たせておけば、行方が分からなくなった時に親機を使って探索ができると思い関心があった。
それよりも、“GPSとカメラを内蔵したガラケー”のように、地図ポイント付きの写真を撮りたかった。しかし、『GPSのポイントを受信』するという機能はガラケー等の携帯電話用の電波を受信できるからこそ機能するのでは(?)と考えていたが、どうやら“GPS用の電波”と“携帯電話の電波”とは関係が無いようだ。

しかし、そのことに関してWikiPediaのGPSレシーバーを読んでも理解できない。
とはいうものの、最近の“GPS内蔵デジカメ(GPS機能搭載のデジカメ)”を使いたいと目論んでいる。 観光地巡りをする際などに、各写真に撮影ポイント情報があれば、Googleマップ等で表示させることで撮影したポイントを忘れることも無く、後日に関連情報を付記すれば簡単にデーターベース化ができるだろうという算段である。
“GPSレシーバー”を始め、GPS機能を利用できる市販機器について調べてみよう...
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
良いGPS内蔵カメラを買ったら、現在所持している物は断捨離しよう。 過去記事:写真を撮ろう-想い出作り
カメラの断捨離と同時に、溜め込んでいるレコードも処分しよう。
【宅音便】レコード・レーザーディスク・CD・DVDなどを買い取ります!
GPSレシーバを使わずに位置情報を記録する GeotagPhotos の使い方 | Photo Mini

写真を撮ろう-想い出作り

最近、写真を撮っていないことに改めて気がついた。
絵が下手なためか、親父の影響だったのか、写真撮影が大好きだったのだが、最近は撮っていない。
結婚式の写真撮影を頼まれるので、静止画カメラ以外にも、ビデオカメラ等にも手出していたが、最近は数台のフィルムと数台のデジタルカメラを残すだけで、残りは処分してしまった。愛用はガラケーの付録カメラだ。

よく覚えていないが、42歳の厄年あたりまではカメラ撮影を好んでいたように記憶する。 しかし、以降はカメラのファインダーを片目で覗いてもピントが合わせ難くなってきた。 今になって思えば、あれが現在の“眼の異常”の始まりだったのかもしれない。 過去記事:カメラ利用歴

何れにしても、50歳を過ぎた頃には「写真を撮るのは旅行の時」のようになり、普通の風景を撮ることは薄れてきた。
また家族写真等は、被写体となる女将や母がカメラを向けられる事を嫌うようになった為、撮ることが少なくなった。


最近の視力が悪く記憶が悪い俺を振り返ると、父や母そして女将の顔を思い出すのが難儀になったように感じている。 とある瞬間の顔は思い出すのだが、連続的に思い出すことが出来ないことに気がついた。若い頃には意識したこともないことで、若い頃に出来ていたのかは知る由もないが、少なくとも今はできない。
思い出すのは“ナマの顔”よりも、“写真に映った顔”であることが多いことに気がついた。

最近では、女将の写真を撮ることは皆無と言える。 旅先での写真がせいぜいで、顔が写ったものは少ない。
姉さん女房の我が家だが、「死ぬのは俺が先」と勝手に決めてきた。
しかし、順番が狂った場合、女将の顔を思い出せないのは悲しいじゃないか。
マイナンバーカードを申請する為に撮った写真は、似ても似つかぬものであった。仏壇に飾っても「あんた誰」だ。

 アルバム整理するのが面倒になってきた昨今では、ガラケーで撮った写真をメール添付してネット上のアルバムに送信してオシマイなのだが、あれは止そう。 本当の家族写真を撮ろう。
ブログ等のWebに掲載しても差し支えのないような程度の写真は、当事者が逝けば共に風と共に去るだけだ。

 コンパクトなデジカメを身近に置いて、なにも無くても女将を取りまくろう。
“林家ペー・パー子”じゃ~ないが、カメラを向けることが常態化すれば抵抗を受けなくなるだろう。
 電子書籍を読む為に買ったタブレットだが、アルバム代わりにはもってこいである。拡大して見られる。

関連過去記事
思い出写真を撮ろう
写真の保存方法(?)
写真の整理でも
カラーフィルムの話
定点観測の奨め
人相は変えられる続きを読む

不様な撮影ポーズ

紅葉の話題が聞こえる時期になった。 昨年は色々と体験したが、概ね落ち着いている様子だから、旅に出ようか。
 と思うのは毎度のことなのだが、イザ決行となると、同様の事を思案している全国の御同輩を思い腰が引ける。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 一昔前ほど金が掛からず裕福な者の道楽とも言えなくなかった“写真撮影”は、最近では携帯電話にも付録しているから極めて気軽にできる。 写真の現像や焼き増しに掛かる経費なぞは気にかけること無く、自分の腕や才能を気にかけること無く、やたらと取りまくってはSNSで送りつけたり、ブログに貼ったりを楽しむ老若男女が多い。
爺婆の携帯電話の待受画面には、微笑んでいる孫の姿。 というのが定番なのだろう。

 まあ、カメラという便利な物で、誰でも名画家になったような気分になれるのだから、安い買い物の趣味ということだ。 今時は人工知能で“エフェクト”するというパソコン用ソフト等もあるのだから、気軽に楽しむことができる。

そんなカメラだが、携帯電話の出現により撮影する者のポーズ(カメラの持ち方)が大きく変わった。
昔ならば“ファインダーを覗く”ポーズが当然であった。 肘を引いて、カメラを顔に押し当ててぶれないようにした。
最近の携帯電話やスマホに付録カメラでは、“カメラを拝みながら”というポーズである。ファインターは無い。 本来カメラとして用いる為に販売される物でも、デジタルカメラの時代になってからはファインダーの無い物が増えた。

 とはいうものの、宮城県のボート場予定地を視察する都知事の姿に、老若男女が寄ってたかってスマホカメラを向けている景色というものは、なんともいただけないと思うんだね~
※女性都知事の行動・発言ばかり話題になるが、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの競技会場は多い。

関連過去記事:隙間覗で視力向上? / 写真の整理でも / 写真の保存方法(?) / カメラ利用歴 / 「腕次第」と言われた昔 / カラーフィルムの話 / 「写真が趣味」なんて / GPS機能搭載のデジカメ / デジカメ

アプリ「Prisma」が面白い

面白いアプリを見つけた。 写真を人工知能で“エフェクト”するというものだ。
“エフェクト”って何じゃと思うが(effect)とは英語で「効果」「影響」「結果」の意味とのこと。 以下を見ればガテン。
人工知能で写真を芸術作品に加工するアプリ「Prisma」(無料) - グノシー
人工知能で写真を有名画家のインパクトある作風に!「Prisma」 - ケータイ Watch
タップ1つで写真を30種類以上のハイセンスな絵画風に変えられる「Prisma」レビュー - GIGAZINE
携帯電話で撮った写真をそのままでFacebook等のSNSやブログに掲載したがる爺婆には目を顰めたくなるが、エフェクトした画像であればドコの誰だが素性が知れることもない。 なによりも、俺的には見た目が楽しい。

 早速入手元を検索したところ、以下の記事がヒットした。
人気画像加工アプリ「Prisma」、Windows 10版も今月中に登場へ | 気になる、記になる…
それより手繰ってみたか、2016/07/31現在ではWindows 10版は未だ提供されていないようだ。
 そこから辿ると以下のサイトに到着し、“iTunes”からDLLしなければならないことがわかった。
そして、iTunesを利用する為には、“Apple ID”に会員登録するとともにiTunesをインストールしなければ無料アプリである「Prisma」すらDLLできないことがわかった。
ちなみに、iTunesをWindows 10パソコンにインストールし、“Apple ID”に会員登録すれば、Windows 10パソコンに「Prisma」をDLLしインストールすることができるようだ。Windows 10版とは、このことを言っているのだろうか?
Prisma - Art Photo Editor with Free Picture Effects & Cool Image Filters for Instagram Pics and Selfiesを App Store で
Apple ID”への会員登録は無料だが、“iTunes”からDLLする為にはクレジットカードを登録する必要があるため、今回のように無料の物を入手する場合には極めて抵抗感を覚える。 “Google Play”や“Microsoft Store”では有料の物を求めない限りはクレジットカードを登録する必要が無いというのに、“iTunes”はガッチリしていると言うべきか。 俺は利用する気になれない(成り行きで“Apple ID”には会員登録してしまったが、無用だろう)

 いずれはWindows 10版がリリースされるのを待つものとして、取り敢えず利用したかったので、既に提供されているという“Google Play”からDLLしタブレットにインストールした。 なかなか面白い画像を作れて、楽しめる。

タブレットにインストールした後に再度ネット検索をしたところ、評判が良かった「Prisma」は“Google Play”で偽物が有るとの注意を発見した。 世の中の悪人は、なんともやることが素早いものだと感心する。
Android版Prismaのダウンロード→Google Playの検索結果に注意
上記では『2016年7月16日現在、Prismaは、Androidスマートフォン版がありません。』とのことだが、2016/07/28にはリリースされており、以下のURLよりAndroid版「Prisma」が提供されている。 ※Prismaの公式サイト
Prisma - Google Play の Android アプリ
20160731

==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==

 画像の加工用アプリでお薦めがありましたら、教えてください。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 迷惑な年賀状って
  • 今朝は雪国風情
  • Win10の定例Update済
  • Win10の定例Update済
  • なるほど「逃病」ね~
  • 耳毛剃り:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ