無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

カメラ

カラーフィルムの話

最近では、デジタルカメラの利用者が多く、フィルム式のカメラを利用している人を見掛ける事は少ない。
デジタルカメラでも、カメラの形をした物では無く、スマホや携帯電話の付録を利用する人が多いのだろうか。

昔は、「カメラ」と言えば、もっぱらフィルム式のカメラであった。 カメラの歴史
どういった経緯なのかを聞いたことは無いが、親父は蛇腹式のカールツアイス製カメラを持っていた。
求めたのは古く、当時東京消防庁に勤めていた関係から、日本橋消防署の望楼から白木屋の火災を撮影した。
また、中国やビルマでの戦争に関する写真が、アルバム数十冊に納められていた。
消防車の運転手をしていた為、戦地においても司令部付き運転者をしていた為に、できたことだったのだろう。

終戦となり復員してから務めた秋田県での仕事でもカメラが活躍していたようだ。
仕事ばかりではなく、まだカメラを所持する者が少なかった頃に、知り合いの写真を撮っていた。
そんな親父を見て育った俺は、カメラは憧れの品物という事になってしまった。


カメラは、随分と買い漁ったものだ。 以前、ここ10年ほどの間に使い今も所持しているカメラを記録してみた。
これまで使用したカメラは百台以上だろうが、断捨離が好みの俺は、新しい物を入手すると古い物は処分した。
それでも、現有の物の中でフィルム式カメラが3台も有る。アサヒPENTAX MZ-5 には、フィルムを入れた事が無い。

デジタルカメラが全盛となった今、フィルムが販売されているのかさえも確認した事が無い。
そもそも、今でもカメラ屋でフィルムを現像したり焼き増ししたりしてくれるのかも知らない。


カメラと言えばフィルムが当たり前であった高校時代の部活では、登山同好会と共に写真愛好会に参加していた。
山で写真を撮っても、フィルムの現像や焼き増しをカメラ屋に頼むと代金が高かったので、自前で行う為に写真愛好会に入ったのだ。 暗室を自前で設ける事は無理であり、現像液等を共同使用することで幾分安上がりだった。
とは言うものの、そもそもフィルム自体が高価であった為、シャッターを切るのは余程の場面であった。
今時のように、連写で 「下手な鉄砲も数打ちゃ」 なんてことをしたら、小遣いが無くなってしまうのだ。

当然、用いるフィルムは白黒だ。
フィルムの規格が35mmに統一されつつあった時代で、パトローネ入りの物がコニシロク(サクラフィルム) ・ 富士フィルムからも発売されていたが、コダックフィルムを使えるとなんとなく優越感があった。
既に35mm版のカラーフィルムも発売されていたが、貧乏な高校生がおいそれと買えもものでは無かった。 しかし、量販化が進んだため、山の写真には白黒よりはカラーを用いるようになった。
それでも、フィルム代を安くするために、オリンパスのハーフサイズカメラは重宝した物だった。

今時では、高価なカメラを求めずとも、気軽に綺麗な写真を簡単に撮影できる。
そして、プリントアウトしなくとも、簡単に写真を見ることができる。 さらには、ブログ等で公開することもできる。
でも、顔写真の公開は止そう。 

関連過去記事
写真の保存方法(?)
「写真が趣味」なんて
写真の整理でも
デジカメ
思い出写真を撮ろう

思い出写真を撮ろう

今更にして思う。
以前に持っていた物が、記憶からも消えてしまっていることに。
おおまかには思いだしても、細部はすっかりと忘れている。
そんな物ほど、懐かしく想われるのは齢のなせることだろうか。

昔は高価だったカメラ、そしてフィルム。
現代では、携帯電話にすら付いている。 撮ろうと思えば何時でも撮れる。

物を処分する前には、写真を撮ろう。
部屋の模様替えの前に、庭の草花の配置...
いつか、思い出の助けになる。

両親などの遺品は仕舞いこんでしまえば忘れるが、アルバムに有れば見て思い出す。

ついでながら、家族の集合写真を毎年撮ろう。
少しめかして、写真館に行こう。

カメラ利用歴

【自論】
写真とは、その写真を撮影する時と場所に自分が居て、撮影できる活力が有ったことの証明書である。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
パソコン利用歴を書き終えたので、カメラ利用歴も防備録しておこうかと思い立つ。

しかし、WikiPedia:カメラメーカーを見ながら思い出すと、書ききれないほどの機種を使ってきたことが判った。
ということで、頭出しだけしておこう。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
デシタルカメラ
FUJIFILM FinePix S9000 (取扱説明書 PDF  / ダウンロード / 仕様 / 参考評価)
u00015u51f091f8be6a1
35mm判換算で28~300mm。手動式ズーム。
スーパーマクロで、被写体まで最短1センチ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
201410043
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
201410042     201410041
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
フィルムカメラ
PENTAX MZ-5 (WikiPedia / 参考)
201410043
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
CANON オートボーイ LUNA
201410042
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
KONIKA Revio (アフターサービス)
201410041


==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
カメラ一覧リンク

歴代カメラへのリンク

これ欲しいかも

小型ながら、光学65倍ズームレンズを搭載したレンズ一体型デジタルカメラが本日(10/03) 発売された。
焦点距離は、35mm判換算で広角21mm~望遠1,365mm相当。
最短撮影距離が、マクロモードの広角側 0cm、望遠側 50cm。
重さは(バッテリーとメモリーカードを含み) 約650g、本体のみは約607g。

キヤノンPowerShot SX60 HS

現在使用中のカメラは、随分と長生きしているからソロソロ買い替えもいいかな~
でも、所詮は目が悪くてうまくは撮れないし...結局は携帯電話のカメラを使っちゃうかもね続きを読む

写真の整理でも

撮影と言うか(?)、カメラ弄りというか(?)...とにかく写真が好きだったおいらは、随分と写真が有る。
いや、正確には有ったと言うべきかもしれない。

中学校の北海道への修学旅行だったと思うが..貰った小遣いを叩いて旅先(たしか、昭和新山) の土産物屋で小さなカメラをフィルム込みで五百円くらいで買い求めたのが初めてマイカメラだった。
戦前からツアィススの蛇腹式カメラを使っていた親父の影響があったのだろうが、カメラを持つことはステータスだった。 当時は子供がカメラを持つことは贅沢であり、周囲の男子からは羨望の目で見られていた。
高校生となってからはアルバイトをして貯めた金で、新製品が出るとあれこれとカタログを見ては買い替えていた。
社会人になってからは、年に2台以上は買っていた。
元来が新しい物好きなところに、カメラのメカニックなところが性に合ったのだろう。
フィルム式の時代には、現像・焼き増し代がバカにならない費用であったが、結婚式の撮影を依頼される等を繰り返しているうちに一端のカメラマン気取りで、撮影しまくりの貧乏所帯は女将に苦労させたことと思う。
8mmカメラに目を向けた時もあったが、現像代が掛かることに変りは無く、動画というものには関心を持てなかった。
その後、ビデオカメラも弄ったが、結局は静止画が好みであることを知った次第である。

そうこうしている内に、デジタルカメラが出現した。 新しい物好きとしては すぐに飛びついた。
現像・焼き増し代が不要なことは、貧乏人としては大歓迎したが、まだまだデジタルカメラは色々な面でフィルム式カメラには追い付かない頃だった。 しかし、あっという間に、取って代わってしまった。
以降は、デジタルカメラで遊んでいる。

これまで二百台を超えるカメラを買い使ってきたが、新しい物に買い替えると古い物はすぐに売却してきた。
下取りと言えば聞こえが良いが、質屋に行ったきりのものも随分とあった。
今になってみれば惜しいことをしたと反省している。古いカメラの陳列を試みたが、ネット上でもカタログデータが無い。 現在手元には、4台のフィルム式カメラ(内、1眼が1台) と、6台のデジタルカメラ(内、1眼が1台。2眼が1台) が残るだけだ。 しかし、視力低下の為、ファインダーのついている物以外は殆ど使わない。

撮影した写真はそれなりに有るものの、フィルム式カメラの写真は可哀そうな状態になっている。
ラミネート式アルバムに張った写真は空気に触れない為、色彩等の劣化は少ないが、古いアルバムに糊付けしたような写真は『何じゃこれは?!』という状態だ。
ネガを保存していた物は、退職前に東京で ネガ ⇒ デジタル化 したのだが、元のネガが劣化していた為、期待するほどの再現力は無かった。
デジタル化 を行った後には古いネガを処分し デジタル写真で見るようにしたので、現在手元に残る写真は少ない。 暇になって思うには、なんとも淋しいかぎりである。
アルバムに張りつけた物の中で『これだけは』と思う物をデジタルで接写することを考えるが、何とも面倒なので保留・検討の状態だ。

最近デジタルカメラで撮影した写真は、プリントアウトされることすら無く、アルバムに張られることが無い。
パソコン内の写真フォルダーに格納され、偶に見られているだけだ。
当地に転居してからはデジタルカメラで撮影することは旅行等の場合だけと少なくなり (カメラ持参で散歩する気にならない) 、殆ど携帯電話の付録カメラで撮影するようになった。 携帯で撮影時は構図確認できないので、見当で構図。 このブログの写真は、携帯写真ばっかり。
携帯電話のカメラで撮影するとパソコン内の写真フォルダーにすら格納せず、携帯メールでフォト蔵に飛ばしてしまう為、手元には何も残らないという状態である。

パソコンは勿論、インターネットも触らない女将が写真を見たいと思っても 見る手段が無いという現状は困ったな~ということで、少し写真の整理をしようと思う次第である。

GPS機能搭載のデジカメ

大きめの神社・仏閣をウロウロしながら撮影していると、どこで撮ったのかわからなくなってしまう。

とういうことで、GPS機能搭載のデジカメを探してみる。

「GPSデジカメ」を試す(2012年版)

価格.com - 写真と地図で楽しい思い出を振り返る!GPS対応のデジタルカメラピックアップ


GPSデジカメ生活のススメ(3) 素早く正しい位置を測位できるかテスト (1/3) - ITmedia デジカメプラス

amazonカメラ情報

amazonカメラ情報
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2019年の日本
2019年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板

つぶやき
名言黒板
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
QRcode QRcode(2)
Make it cman
・ IPアドレス検索 ・
  • ライブドアブログ