無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

パソコン

ブラウザのアップデート

そのつもりでいたWebブラウザのアップデートが遅れていた。 米国時間で04/18にはMozilla Firefoxの自動アップデートがあるつもりでいたのだが、なされなかった。 今日はGoogle Chromeがアップデート予定也。
 Mozilla Firefoxの場合
により、リリースサイクルが公表されており、それによれば04/18の公開予定であったが行われなかった。しかし、PCの統合メンテナンスソフトである「Glary Utilities」で「アップデートの確認」を行うと米04/18にはv53が公開されている事がわかった。日本では先程(04/20)の先程、中1日を挟んで公開されv53アップデートを完了した。
日本語化に手間取ったということなのだろうか。次期のv54は米06/18と発表されているが、そのつもりでいよう。
Glary Utilities」は有効で強力なユーティリティである。しかし、強力であるが故に利用に当たっては注意が必要だ。言わばマイドクターのような物だから、自分の裸身を晒すことになり、セキュリティ的には相手を信じて使うしか無い。また、「アップデートの確認」は今回のように『日本語版が未提供の場合』であっても新バージョンが有ることを知らされるので、それを心得て用いる必要がある。
無償システムクリーナー「CCleaner」v5.29、「Creators Update」との互換性を改善 - 窓の杜
 Google Chromeの場合
の資料から推察し、「Chromeの最新版v57は、米時間2017/03/09に公開されている」ことから、v58が04/20と読んでいたが、先ほどアップデートがなされた。ということは、以前の推定どおりv59が06/01、v60は07/13也。
このアップデートで、「Chromeでlivedoorブログを書き、HTMLタグで見ると【 】が自動挿入」される問題は解決したような 利用ブラウザを変えてみよう。 過去記事:Webブラウザをチョイス-3
【 】が自動挿入される問題は解決したが、【 】位置が不穏な状況になる。
また、【半角スペース】は【 】になってしまうので、Firefoxに戻る。Google日本語入力は、v2.20.2750.0で2017/04/17時点に変らず。【 】の表情が変わったのはChromeが原因なのか(?)は不明也。この度の“Creators Update”でマイクロソフトが既定IME設定に関連した事を弄くったのが原因なのかも知れない。
 本件のWebブラウザのアップデート完了を以て、俺の“Windows 10 Creators Update” アップグレード作戦は決了とする。 (開発コードネーム「Redstone 2」、バージョン「1703」。現在ビルド番号「15063.138」)
関連過去記事:凄いね、Windows 10 / 既定のIMEをGoogleに / Symantec証明書の失効? / Wordのゼロデイ脆弱性 / Office 2010から乗り換え / Win10アップグレード完了 / Webブラウザ選考:番外

凄いね、Windows 10

「Windows 10 RTM」に対するセキュリティ更新プログラムの提供が5月9日で終了 - 窓の杜
俺のWindows 10パソコンは、2017/04/07に“Creators Update” 開発コードネーム「Redstone 2」を適用し、バージョン「1703」・ビルド番号「15063.138」になった。Windows 10と称するOSは言わば“成長する物”で、『常に2つのバージョンしかアップデートしない』というマイクロソフトの方針が告知されていた。 ※過去記事:Win10の古いバージョンは

この度(04/11付)“Creators Update”バージョン「1703」がリリースされたことで、米2015/07/29から提供されたWindows 10の初期バージョン「1507」は05/09でセキュリティ更新プログラムの提供の対象から外れたということのようだ。(サポート対象外となる年代が祖父なのか曽祖父なのかは理解していない。詳細は上記記事で)
まあ、マイクロソフトにしてみれば「いつまでも年寄りの面倒はみない」と言ったところだろうか。
Windows 10 のリリース情報 - 現在のブランチ、ビルド履歴
Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴 - Windows Help

 2015/11/xxには2つのアップグレード『November Update(バージョン1511)とAnniversary Update(バージョン1607)』がリリースされている。現在アップグレードingの“Creators Update”(バージョン1703) の次期バージョン「Redstone 3」は2017年秋に正式リリースと予想されているとのことだ。(それの正式リリースで、2015/11にリリースした2つがサポート対象外になるのだろうか?)
Windows 10、初の「Redstone 3」PC向けプレビュービルド公開 - ZDNet Japan
本件を知らずに“Creators Update”を行い損ねた個人ユーザーはエライ目に逢うことになるかも知れない。
そんなにもマイクロソフトの言いなりにアップグレードを続けなければサポート対象外の爺にされてしまうのであれば、代変わりを追い掛けなくても済むWindows 7や8.1の方が気が楽かも知れない...まあ、自動アップデートで済む事だが。企業向けに提供されている“長期サービスブランチ”ではアップグレードを追い掛けずともOKとの事。
複数台のWindowsパソコンを持っている人は要注意だね。 1台だけアップグレードして他はしていないとか
【追記:2017/04/19】 こんなツールを使って、アップデートし損なったらやばいんじゃ~ないのかしら(?)
“Windows Update”を無効化できるようになった「Windows10 設定変更ツール」v1.3 - 窓の杜
鬱陶しいと感じても、“乗ってしまったWindows 10”は豆にアップデートを続けなければダメじゃろう。
【追記:2017/04/21】
Windows 10の次期大型更新は9月 ~MicrosoftがWindows/Officeの新リリース方針を発表 - 窓の杜
  • 「Windows 10」の次期大型アップデートは、順調に行けば2017年9月に実施される
  • 「Windows」と「Office」は3月と9月を目標に年2回のリリースを行う方針


続きを読む

既定のIMEをGoogleに

俺は日本語入力として「Google日本語入力」の最新版(v2.20.2750.0)を『既定のIME』に設定していたのだが、2017/04/07に“Creators Update”し、バージョン「1703」・ビルド番号「15063.138」にアップグレードを行って以来、『既定のIME』i設定ができなくなった。「Google日本語入力」の他に「Microsoft IME」も入れていたのだが、「Microsoft IME」が『既定のIME』になってしまい、元に戻すことができなくなった。 初心に還って「dynabook.com | 既定の言語を変更する方法<Windows 10>(2017.03.14)」を見ながら、復元を試みたがダメであった。サインin、outしなければダメ?

04/05にマイクロソフトが提供したツールを用いたアップグーレードを終えた後に色々な情報が出てきた。
色々と細々書かれているが、俺的には「大した改造も無かったにしては、日本語入力という根幹に余計な事をしやがって...」という感想である。俳諧先で話題になり『日本語入力 – 愚呑庵』、管理人さんが「不要なIMEの無効化方法」を説明しているが、当面はこの儘で。
関連過去記事:日本語入力変更-2 / 日本語入力システム変更 / 「カーソル飛び」修理
“Creators Update”の公式リリースは米04/11に開始されたばかりの為なのか(?)、俺のような症状に陥った人がいない為なのか(?)....いずれにしても、本件に関する情報はヒットしない。
『既定のIME』として「Google日本語入力」を設定できない以外は殊更の不具合も発生していないので、Microsoft先生ご自慢の生徒である「新・Microsoft IME」の機能を遊びながら、新しい「Google日本語入力」が提供される事を待ってみようという気分である。
それにしても、マイクロソフトが「Microsoft IME」をいじるのは我田引水と見える。俺の場合パソコン購入時にバンドリングされてきたMicrosoft Office 2010に同梱された「Office IME 2010」が母体であるが、Windows 7と同様に2020年10月13日限りでサポート終了予定のOffice 2010と運命共同体だろうと考えている。しかし、マイクロソフトが未だに「Office IME 2010」を弄ぶのならば2020/10/13以降にも使えるのかしらん
【追記:判った~解決した~】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なお、俺は“Creators Update”を2017/04/07にツールを用いて行ったが、以下の記事によれば
  1. “Windows Update”から「Windows 10 Creators Update」へ更新してみた - やじうまの杜 - 窓の杜
  2. Microsoft、「Windows 10 Creators Update」の一般提供を開始 ~Windows Updateで配信 - 窓の杜
(1)ツールを用いた場合と、(2)自動アップデートによる場合では、手順に相違があるかのごときに見える。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Windows 10でマイクロソフトの自慢と評される「Cortana(コルタナ)」では「Microsoft Edge」が規定である。
“コルタナ”が既定のWebブラウザーを使ってくれない問題を解決する「EdgeDeflector」 - 窓の杜
により既定ブラウザを変えても、コルタナは日本語入力として「Microsoft IME」が好みの様子だった。また、Edgeにて“既定の検索エンジン”を変更しても、コルタナからEdgeを用いた場合は変更が有効にならずBingに飛ばされる。
「Internet Explorer 11」で「VBScript」が無効に ~「Windows 10 Creators Update」 - 窓の杜
によれば「タブバーの右端に[Microsoft Edge を開く]ボタンが追加」されたとのこと。
そのボタンでEdgeに飛んでもBingの英語サイトだけである。そして、日本語には変えられない。あんな物いらん。
【併せてやろう】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 お散歩コースでは、柳が春に。(2017/04/14撮影)
20170414
続きを読む

Wordのゼロデイ脆弱性

Wordにおけるゼロデイ脆弱性、McAfeeとFireEyeが注意喚起 -INTERNET Watch
e-mailにPDFを添付したセキュリティ攻撃は以前より有名だったが、ワープロ文書もやばくなってきた。
この数日は殊更に、「偽メールに添付されたワープロ文書」の注意喚起が多くなった。
PDF用の著名ソフト「Adobe Reader」のセキュリティアップデートが明日公開される。PDFソフトウェアの一覧

『このゼロデイ脆弱性を悪用するWord文書のファイルは、拡張子が「.doc」(Microsoft Office Word 2007未満の、Office 2000・Office XP・Office 2003で作られた物)のリッチテキストフォーマット(.RTF)ファイル』とのことだ。
俺は一昨年、Word文書で拡張子「.doc」のファイルを、Office Word 2007以降でしか使えない拡張子「.docx」に置き換えた。また過日、Office 2010から乗り換えたがLibreOffice(64Bit版)にも同じゼロデイ脆弱性があるのだろうか?
OpenDocument テキスト (.odt) 形式と Word (.docx) 形式の相違点 - Office サポート

上記の記事では、「信頼できない場所から取得したOfficeファイルを開かないことを推奨」している。 また、
Windows 10で動作するOffice 2016の環境でも、この攻撃は無効化されないとのことだ。ただし、McAfeeによれば、この脆弱性を悪用したファイルによる攻撃は、Officeの「保護ビュー」では機能しないという。
Mozilla Thunderbird」の64ビット版に「保護ビュー」的な機能はあるのだろうか??
などと余計な心配をせず、拡張子「.doc」のWord文書は無視すれば済むことだ。
早い話しが Windows XPやVista
と同時購入したMicrosoft office製品で作られた文書がヤバイということになる。サポート期間の終わったパソコンを使っている人とはe-mailをやり取りしなければOK也。
友を選ばばWindows 7以降を使っている人にしよう。包丁をぶら下げて友達だと称する人は友達ではない。

「Microsoft Office」に未修正の脆弱性、任意コードを実行される恐れ - 窓の杜
脆弱性対策情報ポータルサイト“JVN”の脆弱性レポート(JVNVU#98665451)に当面の対策が難しく書かれているが理解できない。2017年4月11日現在、対策方法は不明とのこと。また、Microsoft Word 以外の Windows コンポーネントを標的として行われる可能性があるとのこと。拡張子「.doc」のWord文書は無視。
【追記:04/12】Officeのゼロデイ脆弱性も修正 ~Microsoft、2017年4月のセキュリティ更新を公開 - 窓の杜
「Word」文書に偽装した攻撃に悪用されているゼロデイ脆弱性(CVE-2017-0199)修正されているとのこと。
マイクロソフト、「Word」文書を利用する脆弱性に対処--月例の「Patch Tuesday」で - ZDNet Japan
これを以て、俺の“Creators Update”関連の作業は完了
過去記事:04/12は混雑するかも?! / Office 2010から乗り換え / Win10アップグレード完了
過去記事:危険なセキュリティ

ブログの書き方思案(2)

ニュース記事を“引用”or“転載”することについては著作権に抵触しないように、元記事にリンクを貼るようにしてきた。しかし、元記事の掲載元(テレビ・新聞社・出版社・等)により、リンク先の記事を公表する生存期限があるらしい。そこで、ブログの書き方思案(2017/03/27)のとおり、掲載元別に生存期間を調べて見ることにした Web新聞検算
調査を始めてから2週間なのだが、既に生存期限が切れたネット公開リンクが出始めた。本件のような調査をするにしては期間が極めて短いのだが、以前からの記憶も含めれば俺なりにガテンできたので本調査は打ち切りとする。
本調査は、俺の偏見で「(1).新聞・ネットニュース系」・「(2).週刊誌・雑誌系」・「(3).おまとめ・他社の記事転載系」に分けて行った。結果判断として、(1)の公開期間は短く半年程度と推察、(2)は半年以上、(2)は比較的短寿命のようだ。(1)and(2)は読みのとおりだが、(3)はもっと長い期間に渡り公開しているのではと読んでいたのだが意外であった。しかし、他社記事を横断的にパクリ集めて公表するだけの機能サイトと見れば納得できる。
『元記事にリンクを貼る』方法は、(2)の場合は有効と思われるが、(3)は向後行わないことにする。
コンピュータ関係の掲載サイトの記事は数年経っても存在するようだから、リンクで大丈夫そうだ
俺が勝手に“生存期限”と呼んだが、これは「個人が無料で利用できる公開期間」ということで、「企業等が有料で利用する」場合の期間は無期に近い長期間であるようだ。しかし、たかが俺のブログに金を掛けたくは無い。

無料記事検索サービス | 調べ方案内 | 国立国会図書館】には、『ウェブ上で無料で新聞記事の検索ができるサイトを、全国紙・地方紙(県)・地方紙(市町村等)・業界紙に分けて紹介』されている。
上記サービスの内容は『無料で検索』する事であり、俺が調べようとした事とは異なるが、概ね合致するだろう。

国立国会図書館のサービス以外にも新聞社では、有料ではあるが検索サービスが提供されている。

しかし、検索結果にリンクを貼る事で、俺が思うような「ブログでニュース記事を利用する」ことはできない。結果的には“引用”or“転載”する方法を取らなければ、元記事提供が終わった時点でリンク先無しになるということだ。
とはいうものの、“引用”or“転載”する方法は著作権を考えれば望ましくは無い方法だ。

閲覧者が記事の内容を意味不明な状態も望ましくは無いが、数年経った俺が自分の書いた事を理解できなくなるような状態は何としても防止したい...という事で、生存期間の長い元記事の掲載元を探してみよう。
俺が見るだけのことならばpocket.EvernoteOneNoteを使うことも選択肢になる。
【追記:2017/04/11】 ※この掲載元の記事生存期限が長そうと見て再調査。 NHKは付録。
【追記:2017/04/23】あまりにも気が長すぎるので、上記の再調査は取り止める。以下、各社のサイトの説明。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「いいね中毒」って? ふかさんの喫茶室』を拝読した。
「いいね!」ボタンと酷似した物は、俺も「livedoor プロフィール」が提供する「拍手」ボタンを設置している。
しかし、「拍手」機能では、拍手していただこうか、コメントをいただこうが、「どこの、どちら様」なのか判らない。
敢えて「拍手」ボタンを設置しなくとも、コメント欄が有れば十分であるとも思える。また、「拍手」ボタンの提供元「livedoor プロフィール」は、「livedoorブログ」とは兄弟会社らしいが組織が異なるようで、使い勝手がイマイチよろしくない。 いずれにしても、コメントと拍手ボタンのどちらが良いのかはなかなかに難問である。

 “引用”or“転載”or“リンク”の方法検討に併せて、「拍手」ボタン等の撤去について考えてみようと思う暇人也。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
今朝はパソコンの電源を入れた途端に、年賀状の宛名書きに使っている『ソースネクスト』からe-mailがあった。
また、セキュリティソフトが大幅に自動アップデートされた。いずれも、「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポートが米国時間2017/04/11に終了する事に関連した連絡・措置である。過去記事:04/12は混雑するかも?!
続きを読む

04/12は混雑するかも?!

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを4月11日に公開 - ITmedia エンタープライズ
Adobe AcrobatAdobe Readerのセキュリティアップデートが米国時間の4月11日に公開されるとのことだ。
同日には「Windows 10 Creators Update」が公開される。 両方共にアップデートする場合は、バッティングが
米国時間の4月11日は、日本時間では4月12日(水)だ。 ※PCアップデート記録
「Windows 10 Creators Update」は既に行える。 やる予定の人は明日中(04/11)に済ませた方が無難かも
「Windows 10 Creators Update」が解禁! さっそくアップデートしてみました - やじうまの杜 - 窓の杜
Microsoft、「Windows Vista」のサポートを米国時間11日で終了 - 窓の杜
「Internet Explorer」は、今回の「Windows Vista」のサポート終了に伴い「Internet Explorer 9」をサポートするものはなくなり、「Internet Explorer 11」のみがサポートされることとなる。
サポート終了の「Windows Vista」、使い続けるとどうなる? -INTERNET Watch
Windows Vista のサポートが終了します - Microsoft Windows Help
2017年にサポートが終了する製品 - Microsoftライフサイクルポリシー
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
Windows 10、初の「Redstone 3」PC向けプレビュービルド公開- ZDNet Japan
Redstone 3は、「Redstone 2」(Windows 10 Creators Update)に続く機能アップグレード。
正式リリースは2017年秋になると予想されている。
早くもWindows 10次期大型アップデートのテストが開始 ~Build 16170が公開 - 窓の杜
【追記:04/12】 Adobe、「Acrobat DC」「Acrobat Reader DC」をアップデート ~47件の脆弱性を修正 - 窓の杜

Office 2010から乗り換え

これ迄オフィススイートとしてパソコン購入時にバンドリングされてきたMicrosoft Office 2010を使用してきた。
仕事人時代に会社の仕事を自宅でも行う習性が付いていたので、その名残りということだろう。現在のパソコンは当地に転居する際の引っ越しに合わせて2011年春に買った物だ。退職し、町内会のチラシ作りからも疎遠となった今ではOffice 2010を使い続ける意味が無くなった。 2015年にはWindows 10にアップグレードし、64ビット版のソフトを使うようになり、オフィススイートはLibreOffice(64Bit版)を使用することにした。使い勝手は良い。
LibreOffice(最新版)(64bit版)v5.2.5(17/01/26) 日本語ヘルプファイルはx86のみの模様
 その後、ハードディスクの邪魔者と化したOffice 2010であるが、ふとヒラメいたことがあった。
現在インストールしているOffice 2010は32ビット版であるが、64ビット版が存在するだろう..という事で調べたら、「Microsoft Office 2010」⇒正式には「Microsoft Office Home and Business 2010」のDVDに両方が同梱されていた。

また、「Office 2010」には「ExcelやWord等」以外にも、メールソフトの「Outlook2010」や日本語入力(IME)の「Microsoft IME」・「Microsoft Office IME 2010」が同梱されており、「Office 2010」を普通にアンインストールするとこれらもアンインストールされてしまう事がわかった。とはいうものの、メールソフトはクライアントタイプのG-mailとスタンドアロンタイプのMozilla Thunderbirdに、日本語入力は、Google日本語入力に乗り換えているから、「Office 2010」をアンインストールする事は一挙両得ということになる。
ということで、一昨日(04/05)作業を行った。 本作業が終わった昨日(04/06)、“Windows 10 Creators Update”への手動アップグレードができることを知り実行したが、本件の整理を行った後でよかったね

 「Microsoft Office Home and Business 2010」のアンインストールは、以下の記事を見ながら1日ほど作業したが、結果としてはアンインストールできず、再度32ビット版をインストールして決了することにした。

20170405

 しかし、32ビット版Office 2010のアンインストール⇒再インストールという操作を行ったことで、「Windows 7⇒10 にアップグレードされた際に発生したのだろう?」としか考えられない、思わぬゴミ掃除ができた。
本作業でゴミの表示は消去されたが、消えた(表示されない)「Outlook2010」や「Microsoft IME」は利用可能だ。
使用前
20170329
使用後
20170406
 また、本アンインストール作業前には「2007 office system 互換機能パック」というソフトがインストールされていた。このソフトの役目を理解していなかったが、むやみに除去することを憚っていたが、この際調べてみた。 結果、
Microsoft Office 2007は、Office 2000・Office XP・Office 2003(拡張子「.doc」) とはファイル形式が変わっているためOffice 2007で作成されたファイル(拡張子「.docx」)は、未満のバージョンでは開くことができない。
Microsoft Office 2000、 Office XP、Office 2003 がインストールされたパソコンに「2007 office system 互換機能パック」をインストールすることでOffice 2007 で作成されたファイル形式のファイルを表示・編集・保存ができるようになる。 ...とのことだから、「Office 2010」の俺のパソコンでは不要なソフトだったということだ。と言うよりも、「Office 2000、 Office XP、Office 2003」がインストールされたパソコンはアリエねぇという事だ

ということなので、LibreOfficeに乗り換えた俺としては、これをアンインストールした。

関連過去記事:オフィスソフト変更を思案 (OneDriveの削除思案) / Windows 10の不調記録
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ということで「Office 2010」の32ビット⇒64ビット化作戦は失敗に終わっている。
本件に併せて電子メールクライアントの「Mozilla Thunderbird」の64ビット化を模索したが、「64ビット版の存在」自体が疑問詞付きである。 DLL先では「64ビット版」と明記された物は無いが、窓の杜サイト等では『対応OS :64bit版を含むWindows XP/Server 2003/Vista/7/8/10』との事で、現在提供されているThunderbirdでも「64ビット版」とも読み取れる。俺は昨日(04/07)バージョンアップしたばかりだが以下の通り「32ビット版」である。
20170407

 いずれそのうちに再度チャレンジしてみよう。 電子メールクライアントの一覧
-【2017/04/08:追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
  • 「Office 2010」の32ビット⇒64ビット化作戦は成功した
    上に掲載している画をよく見たところ「Microsoft Access database engine 2010(Japanese)」というものが邪魔していることが判り、これをアンインストールした結果、作戦成功。よく見ろということだ。
  • Thunderbird 64bit版をインストールする - Nishiakashi’s Blog(2017-02-12)
    によれば、64ビットの公式版は未提供とのこと。32ビット版を再インストールし完了とする
旧 Windows の来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 眼の注射、アイリーア:学
  • 眼の注射、アイリーア:学
  • 重くなってきたSNS:考
  • 重くなってきたSNS:考
  • 重くなってきたSNS:考
  • 凄いね、Windows 10
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ