無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

パソコン

simple-translate:学

俺の環境で、Firefoxを用いてlivedoorブログのビジュアルエディタで記事を書くと、何かのタイミングで以下のオンブオバケが憑依する場合がある。なお、このオンブオバケはHTML画面で見なければ憑依している事が分からない。
<div  id="simple-translate"><div><div  class="simple-translate-button isShow" style="background-image: url(&quot;moz-extension://c8014954-e384-464c-b3ef-f09c07c636b1/icons/512.png&quot;); height: 22px; width: 22px; top: 349px; left: 195px;"></div><div  style="width: 300px; height: 200px; top: 0px; left: 0px; font-size: 13px; background-color: rgb(255, 255, 255);" class="simple-translate-panel "><div  style="overflow: hidden;" class="simple-translate-result-wrapper"><div  draggable="true" class="simple-translate-move"></div><div  class="simple-translate-result-contents"><p  style="color: rgb(0, 0, 0);" class="simple-translate-result"></p><p  style="color: rgb(115, 115, 115);" class="simple-translate-candidate"></p></div></div></div></div></div>
何かが「simple-translate」なる物を画面に表示させたがっていると見た。思い起こせば、オンブオバケが憑依した記事では以下のアイコンが散り嵌められていた。アイコンとして形とる直前は花火のような空白BOXが表示する場合もあった。いずれにしても、何でしょうという感じのポンである。
20200707134257
という事で「simple-translate」をググったところFirefoxのアドインである事が解った。
Simple Translate Webページ上の選択されたテキストを瞬時に翻訳。v2.3.0 (作者: sienori)
「simple-translate」はChromeの拡張機能Chromium Edgeの拡張機能でも提供されており同版・同作者である。本記事と同じ不具合が出るのか否かは未確認也。
Webブラウザ上で翻訳する場合、以前は提供元: translate.google.comのアドインを利用する事として統一していた。そのため、Chrome用ではGoogle 翻訳を設置していたのだが、v78.0.3904.70の頃にMalwarebytes AdwCleanerでチェックするとアドウェア 「PUROptional.22ChromeEXT」が付着していると判定される為(過去記事:アドウェアに感染?)、以降は「simple-translate」を利用する事にした。2019/10/29時点でChromeにアドイン「Google 翻訳」を再度設置してみたが「PUROptional.22ChromeEXT」が付着する事を確認し、以降「Google 翻訳」は設置していない。

その後、Chrome及びChromium Edgeでは、アドインを設置しなくとも翻訳できる機能がある事を知った為(過去記事:暇人が悩む日本語入力)、現在ではアドイン(拡張機能)「Simple Translate」により翻訳しているのはFirefoxだけである。Firefoxで、アドイン不要で翻訳できる方法が無いものだろうか

「Simple Translate」が前記のHTMLを勝手に作成し、予期せぬアイコンを作っているとは想定外であったが、ググったところ類似記事が有る。ちなみに、 AdwCleanerでのチェックでは異常無い。
  • FireFoxアドオン”Simple Translate”の悪行の件~WordPress | モノを使い倒す
    ※このブロック(上記<div  id="simple-translate">)はテキストエディタ上で削除することはできるが、ビジュアルエディタに戻って「下書きとして保存」や「公開」をポチると何度でも復活する。
なお、「Firefoxのアドオンの不具合(『Simple Translate』) | /」にて回避策が示されている。「Simple Translate」の設定画面から『翻訳を無効にするURLリスト』欄に「自エディタのURLを書く」ということらしい。(URLリストにはワイルドカード "*" を使用でき、各記事毎に設定..されたハズ)
ex.https://livedoor.blogcms.jp/blog/(ユーザー別)/article/edit*
20/07/06 15時、設定し様子を見る。「Simple Translate」の代わりを探そう
20200707145226

【追記:20/07/08 14時】 本「Simple Translate」の説明に以下の記載を見つけた。
テキストを選択すると翻訳ボタンがポップアップされ瞬時に翻訳が表示されます。
「翻訳の必要がなければボタンを表示しない」オプションを有効にすれば,不要な時にボタンが出てきてイライラする事はありません。
これを読んだ後で考え直せば、前記の「オンブオバケが憑依した記事で散り嵌められるアイコン」とは「翻訳ボタン」であり、このボタンが表示されるのは「Simple Translate」の正常な動作なのである。
しかし俺的な翻訳ニーズとしては、翻訳ボタンによりパーツを指定して翻訳する事は求めない。記事全体を翻訳できさえすれば十分なのだ。よって、翻訳ボタンは不要である。ということで、表示させない。
俺の環境は下図のとおりであったが、上記解説に基づき『ボタンやパネルを表示しない』に設定変更した。
20200708143923

記憶域スペース対策

Windows 10 v2004にて発生したと報じられている以下の不具合に対し、サポートドキュメント「KB4570719」が公開されたとのこと。
「Windows 10 May 2020 Update」の“記憶域スペース”機能に問題、パリティモードで“未割り当て”に - 窓の杜(20/06/19)
  1. 検索ボックスで“トラブルシューティング”と入力し、[トラブルシューティングの設定]
  2. [更新とセキュリティ]-[トラブルシューティング]
  3. [履歴の表示]リンクを選択し、重要または推奨として表示されているトラブルシューティングツールを実行する。
  4. “実行されていません”と表示される場合は、今回の問題の影響を受けない環境なので無視してよい。
というプロセスは、以前読んだ記憶があるが、再度実行した。結果、俺の環境は本件とは無縁也。無視
20200706095033 20200706095036
  • この問題はOSのバージョンを元に戻しても解決しない。
    ※完全な解決や修正プログラムが提供されるまでそのまま待つことが推奨
  • この問題の影響を受けるデバイスで「chkdsk」コマンドを実行することも推奨されていない
関連過去記事:ドライブの最適化:学 / Win10 v2004に成った /

「May 2020 Update」へ更新すると「OneDrive」のファイルオンデマンドが機能しなくなる不具合 - 窓の杜(20/07/06)

Microsoft、Windows 10 Version 2004へのアップグレードを「あなたのPC設定はサポートされていません」エラーでブロック - ソフトアンテナブログ(20/07/06)

NECのPCが起動しない?

2020年6月25日~26日頃のWindows Update降臨により、PCが起動しなくなる不具合が発生中との事。
WindowsUpdateによりNECのPCが起動しなくなる不具合。BIOSの更新失敗が原因 | ニッチなPCゲーマーの環境構築Z(07/06)


当該の降臨はNECのPCにのみ配信されたファームウェアで、
2020年6月30日時点で取り下げられ、以降はWindows Updateに降臨していないとの事。上記記事には「NEC案内の復旧方法」が掲載されている。

この不具合の対象機種は『VersaPro J Type VU』シリーズと『Mate J』シリーズで、詳細の型番等は以下のNECのページで確認できる。
2020年6月25日、26日頃配信のWindows Updateの不具合について
(掲載日:2020年6月29日、更新日:2020年7月01日) ※原因については調査中
上記モデル以外の『Lavie』シリーズでも発生しているとのユーザー報告も有るとの事だが、俺の2011年春版のLAVIE SPC-LS550DS6B PCLS550DS6BはNECのサポート切れで、既に降臨の対象外であった。

Google、2段階認証:学

7月7日より、Googleログインの2段階認証が変わるとの事。
Google、2段階認証のログインがより簡単に - PC Watch(20/06/17)
Google アカウントの2段階認証が強化、7月7日からはプロンプト方式が標準に - 窓の杜(20/06/19)
セキュリティキーを用いた2段階認証を設定しているユーザーや、2段階認証機能自体を有効にしていないユーザーについては適用されない...との事だが、何がどう変わるのか分かりかねている。
俺は2段階認証を設定しているので、具体的な変化について注目したい。
過去記事:Google二要素認証check / Googleの二要素認証 /
Webブラウザに「gmail.com」と入力するとGmailの細かな設定変更ができるって知ってた?@DIME
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~最近、Firefoxのsync。v78.0.1に成って以来アクセスが外れる なぜだ
07/05 12時、Firefoxのsyncより(Firefoxアカウント管理)⇒「端末 & アプリ」にて接続している端末を確認したところ、Firefoxの利用を止めたタブレットが接続されていたので、これを切断(解除)。
【過去記事19/12/18】Mozillaも2020年から拡張機能開発者に2段階認証(2FA)の有効化を義務付け。
Mozilla、拡張機能開発者に二段階認証の有効化を義務付けへ | スラド IT
義務付けとは別に2段階認証(2FA)の有効化は強く推奨されており、パソコンとタブレット間でSyncを利用している俺的には以前より望むところなのだが、「タブレットの認証アプリで QR コードをスキャンし、そこに表示されたセキュリティコードを入力」しなければならないため実行できない。

「リンクタグ」書き方:学

20/07/01はFirefox v78が降臨しない事で、無い頭を使ってしまった
その後、Firefoxに関する事を調べていたら以下の記事を発見した。
「Firefox 79」からtarget=“_blank”なリンクの挙動が変更、より安全な仕様に - 窓の杜(20/06/09)
リンクタグは、(例1)の書き方では悪用の恐れがある為、最近では“target”属性に“_blank”を指定する場合、(例2)のように“rel”属性も適切に設定することが推奨されていたとのこと。
(例1)<a href="http://example.com/" target="_blank">
(例2)<a href="http://example.com/" target="_blank" rel=“noopener”>
 大いに初耳である。俺はこれまで、リンクタグとは(例1)の書き方しか知らなかった。
これに関して調べたところ、このlivedoorブログ等各社のエディターを用いて自動生成される物や、Microsoft OfficeのWord等各社オフィスアプリで書かれるリンクタグも(例1)で書かれている....というよりも「target="_blank"」が記述されない...これは何と見るべきか。
そもそも、“target”属性を書かないという方が良いのかもしれない。

07/29に公開されるFirefox v79以降では、(例1)の書き方をしても、自動的に(例2)の書き方と同等に評価されるとのこと也。これにより、(例1)の書き方をしている古いWebページも同様の扱いをされ、悪用の恐れが減るとのこと。
Appleは2019年3月公開の「Safari 12.1」でこの変更を導入済み。「Google Chrome」への導入も計画されており、いずれはすべての主要ブラウザーがこの挙動に統一される見込みだ。
アンカー上の target=_blank が rel=noopener を暗示するようになりました | Firefox サイト互換性情報(20/06/07)
この変更は Firefox 開発者ツール拡張機能 に含まれている互換性チェッカーでテスト可能とのこと。

Codecsの脆弱性?

「Microsoft Windows Codecs Library」に脆弱性があるとの事。
「Microsoft Windows Codecs Library」とは何ぞや??  (WikiPedia:コーデック)の事なのか??
マイクロソフトストアから自動降臨すると下記JPCERT コーディネーションセンターの記事では書かれているが、マイクロソフトではそんな説明は見当たらない。その名ではストアでもヒット無し
その後、以下の記事が掲載され、これにて本件は納得する事にする。
Windows 10に画像ファイルを開くだけでコード実行が可能になる脆弱性が2件 - 窓の杜(07/01)
『最近「HEIF 画像拡張機能」にアップデートがあったことが確認されており、このパッケージに問題があった可能性がある』
「HEIF 画像拡張機能」は、俺の環境では20/06/24に降臨している。
HEIF 画像拡張機能
Windows 10ミニTips(277) iOS 11で標準化されたHEIF形式の画像とHEVC形式の動画を再生可能にする | マイナビニュース(18/05/13)
Windows10の勝手に入っているHEIF 画像拡張機能は削除しても大丈夫?アンインストールの方法 │ dollars~$に恵まれた日々を

「Microsoft Windows Codecs Library」をググると、リモートワークに関する画像処理に絡むヒットが多い。また、以下の記事にても出現している。Zoom等を利用している人は極めて重大と見た。

Firefox v78の降臨×

今日はFirefoxのv78公開予定日也。これにより『TLS 1.0/1.1対応の廃止を再導入し、TLS 1.2をサポートしていないWebサイトではエラーメッセージが表示される』ということで楽しみなのだが、俺の環境には未だ降臨しない。以下の記事(20/07/01 08:09)によれば公開されたらしいのだが...
「Firefox 78」安定版公開、延長サポート版のメジャーアップデートも | マイナビニュース(07/01)
Firefox v78の公開を報じる記事は13:50他には見ていない。「Firefox 78.0, See All New Features, Updates and Fixes」には掲載されているが、アメリカでの出来事で日本では未だかも知れない。
「Firefox 78」が正式リリース ~「Firefox ESR」も「Firefox 78」ベースへ - 窓の杜(07/01 14:00)の記事なども報じられはじめてきたが、14:40時点で俺の環境には未だ降臨しない。
【追記】Firefoxの更新予定日に降臨しなかった事は初体験である。一般的に降臨していないのかとも思ったが、19時近くにFirefox v78のユーザーエージェント(Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:78.0) Gecko/20100101 Firefox/78.0)を持つ人の訪問であったということで、降臨している人もいるのだ しかし、「MozillaZine.jp フォーラム • フォーラム閲覧 - Mozilla Firefox」でFirefox v78を利用している人は20:30時点でいない。
しばし待ってみて、最後の手段としてはFirefox を最新リリースに更新するには | Firefox ヘルプ各システムと各国語版のダウンロードページ よりDLLした物で上書きインストールを試みる事にする。DLLしたファイルは「Firefox Setup 78.0.exe」也。
【追記】情報の早い下記サイトでFirefox v78の降臨に関するネタが未だ無いのが気に掛かる。
Windows 10 May 2020 UpdateでFirefoxに関連した不具合が次々と発生 | ソフトアンテナブログ(20.06.17)
【追記】22:00、DLLしたファイル「Firefox Setup 78.0.exe」で上書きした。これで、Firefox v78成り
20200701220023
Firefox 78がリリース - macOS 10.9/10.10/10.11をサポートする最後のバージョン | ソフトアンテナブログ

【07/02 08:30追記】
早速、修正版のv78.0.1が出た。昨日公開のv78.0に不具合が発見され、自動更新機能が一時停止されていたらしい。俺は上書きして版Upしたが、本日v78.0.1に更改されたので無事に機能している事に安堵。
「Firefox」を更新すると検索エンジンが消失する不具合 ~修正版のv78.0.1が公開 - 窓の杜(07/02)

20200702094355
また、Mozilla製メーラーのThunderbirdがv68.9.0⇒v68.10.0に版Upした。
この出来事で気が付いたが、Mozilla Firefoxの最新版は「Firefox Quantum」と名乗っているとばかり思っていたが、本日降臨したv78は「Firefox Bruwser」であった。「Firefox Quantum」は2017年からの名前だが...

Chromium Edgeが予期せぬ版Up「v83.0.478.56⇒83.0.478.58」

関連過去記事:TLS設定基準が変わる /

エッ、新Microsoft Edge

2020/06/22の以下の記事で「更新プログラムKB4559309が降臨」すると、Windows 10 のMicrosoft Edgeが新Microsoft Edgeに置き換えられる事を知った。レジストリーを書き変えるというオタク的な工事を行う事で降臨を阻止できるとの事だが素人には極めて困難である。同様に「Windows 7 及び 8.1 でも更新プログラムKB4567409が降臨すると新Microsoft Edgeが配信される」との事である。
 しかし、新Microsoft Edgeの降臨により、以下の出来事が発生する事が判明したとの事也。
新しい「Microsoft Edge」が勝手に「Google Chrome」や「Firefox」からデータを抜き取る? - やじうまの杜 - 窓の杜(20/06/30)
この問題に対し、海外のWindows専門ブログ“Windows Central”がMicrosoftへ問い合わせたところ、以下のような回答が得られたとのこと。
新「Edge」は確かに他のWebブラウザーから勝手にデータをインポートしますが、[インポートしないで続行]オプションを選択すると、インポートされたデータは破棄されるそうです

新Microsoft Edgeが公開(20/01/15)される以前に先行して手動インストールした俺の環境では如何なことになっているのだろうか 俺的には無断抜き取りされても殊更の憤慨は無い。そもそも、好むと好まないに関わらず、Windowsを使う以上は新Microsoft Edgeが付いてくるのだから致し方ない事だ。
これから新Microsoft Edgeにアップデートする人で無断抜き取りを嫌う人は[インポートしないで続行]オプションなる方法を研究して行うしか逃れる道は無い。


新Microsoft Edgeはアップル系パソコンでも使えるが、既にChromeやFirefoxを利用している環境に新Microsoft Edgeを追加インストールした場合に、同様の無断抜き取りが行われるのかは不明である。
関連記事:Microsoft Edge情報  / 新Edgeの自動配信は? / Edge Updateとは? / ブラウザ導入状況:5 /

  • 「Microsoft Edge」のリリースが2週間停止 - 窓の杜(20/07/06)
    “Dev”、“Beta”および“Stable”チャネルのリリースを今後2週間停止。7月13日の週には通常のリリーススケジュールに戻る。現在v83.0.478.58

オートコンプリート:学

「文字列入力中に次に連なる字句を推測して優位な候補を提示する機能」を『オートコンプリート』と称するとの事也。オートコンプリートは、自動補完(Autocomplete)・入力補完とも呼ばれ、ワープロ・電子メールなどのアプリで広く採用されている機能である。また、Webブラウザで検索する際には「検索ボックスに検索キーワードの履歴が(オートコンプリート)されて表示される。

オートコンプリートの有効or無効はユーザーが設定することができるが、殆どのWebブラウザやアプリはディフォルトで有効化されている。オートコンプリートが有効化されている事により、Webブラウザ等は、当該ユーザーの習性等を知り、それにより次に連なる字句を推測する事ができるという仕掛けである。Webブラウザ等はその利用規定により「オートコンプリートを有効化した場合は、その結果で得られる個人の習性等を提供者の自由裁量で利用して良い」としている。簡単に言えば「手軽に入手できるビッグデータ」である。多くの一般ユーザーはこの利用規定を知っているのか(?)不明だが、オートコンプリートを有効化したままである。

Webブラウザ等を利用中であればオートコンプリートを有効化して次に連なる字句を推測して優位な候補を提示するという便利な機能を使う方が便利であろう。しかし、利用後にまでも有効化したままで自分の習性等を詳らかに放置して置くことはないだろう。特に、『Webブラウザの検索履歴』はクリアにしておきたい。突然武漢ウィルスに感染しCOVID-19肺炎で旅立った後に、あのスケベイ爺と思われない為にも

『Webブラウザの検索履歴』を削除する方法は、利用しているWebブラウザと検索エンジンの組み合わせにより異なるようだ。しかし、数種類のWebブラウザを利用していても、同一の検索エンジンを利用している場合は、当該検索エンジンの検索履歴を削除すれば完結する。
逆に言えば、「数種類のWebブラウザを利用していても、同一の検索エンジンを利用」した方が自分の習性等が拡散しないということだ。

ということで、「Webブラウザと検索エンジンの組み合わせ」により方法が異なるが、これまでのオートコンプリートを削除し、オートコンプリートの履歴を保存しない設定に変更すると安心と思うのだが。
MS-IME「りんな」を20/06/29 13:30 onにした。 (設定⇒時刻と言語⇒言語⇒Microsoft IME⇒全般)
何か変わったのか....訳が分からないので16:00 offにする。
Google 日本語入力のほうが賢いのかも知れないな~  インストールした。(サイト)v2.25.3700.0
過去記事:暇人が悩む日本語入力 / Google日本語入力を導入
20200618135750
りんな変換 - りんな

AdwCleanerとWin10

Malwarebytesと、Windows 10 v2004の相性が合わないケースがあるとの事。(Win10 v2004に成った)
MalwarebytesがWindows 10 Version 2004で発生するパフォーマンスの問題を認識 | ソフトアンテナブログ(20.06.29) ※Malwarebytes(Techdows) 同社のニュースページ
俺はMalwarebytesの「AdwCleaner」を利用しているが、これが該当物なのだろうか。
現在、v8.0.5(20/05/25)也。配布サイト:Malwarebytes Cybersecurity for Home and Business
20200629103744

一部のユーザーだけが影響を受けている模様との事で、上記記事内に回避策が記載されている。

回避策の中に『Real-Time Protection画面にあるRansomware Protectionを一時的にオフにすることもできる』との記述があるが、俺が現在利用中のAdwCleaner(無料版)には上図のとおり、そんな物は無い。
AdwCleanerでも有料版での話題なのかもしれない。

ということで、よく判らないが、本件記事の続編が出るまではAdwCleanerの結果を過信しないこと。
【追記】20/07/03、v8.0.6に成った。状況は不明であるが、本件はそれにて決了とする。
月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 「弊」の多用に思う
  • REC「池上季実子」探し
  • 野々市市の姉妹都市
  • 野々市市の姉妹都市
  • マイナポイント:学
  • マイナポイント:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
便利コム
計算サイト
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板

ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI