無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

マスコミ

あの娘はだ~れ?

北國新聞CMの女優は誰?出演者の女性が気になる! | NETALSTATION
北國新聞のお友達紹介キャンペーン」のテレビCMに出演している浜辺美波さんが可愛らしい。
このCMは石川県内ローカルで放映されているようだ。
石川県と富山県の地方紙とは言えども北國新聞のCMに起用されるとは、彼女が石川県出身の為だろうか。
TVドラマにも出演。 ing.では「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系、毎週日曜22:30 - 23:25)。
東宝シンデレラオフィシャルサイト 浜辺美波
浜辺美波@MINAMI373HAMABE
北國新聞社CM お友達紹介キャンペーン「浜辺美波」編

hokkokushimbun YouTubeより

【話題のCM】まるごと浜辺美波❤『2018最新作~過去作まで ぜ~んぶイッキ見!』
続きを読む

下らない芸で身内受け

06/03、4ch.日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」でのこと。
番組レギュラーの女性お笑い芸人(森三中川村エミコおかずクラブ)が打ち揃って、イギリス(?)とかの「笑わない女性」とやらを笑わせるという嗜好。何やら馬鹿げた振る舞いはしていたが、「お笑い芸」と呼べる内容は無かった。
結局「笑わない女性」は笑わず仕舞いに終わり、お笑い芸人達が罰ゲームで騒ぐ姿を映して番組時間潰しだ。
笑いの原点は相手に対する「優位性」や「嘲り」による場合もあると聞くが、あの芸はそれにも値しない。
その「お笑い芸」とやらを見ていても、あんな詰まらない仕草では「笑わない女性」で無くとも笑わない。
そんな仕草でも、仲間内では大いに笑える内容らしく、番組では打ち揃って大笑いしている。

あのような「下らない芸」ででも笑うという風潮が最近多い。古くは落語家の初代・林家三平が「ここ笑うトコ」と言って笑わせていたが、そのテレビ版とでも言うべきだろう。古くは親に「人様に笑いものにされるな」と教えられたものだ。
バラエティ番組とやらでは「ヘェ~」とやらで感嘆させてみたり、意味も無く笑い声を流したり、更にはニュース番組にですら注目ポイントらしき事には副音声でチャイム音が流れるようになった。 ※過去記事:不必要な音声効果
要するに、喜怒哀楽の感情コントロールをされているのが現代なのだ。半面、SNSでは炎上とやらがあり、相反する精神作用なのであろう。....こんな事をブログでつぶやく俺の精神はどうなのだろう。

件の「世界の果てまでイッテQ!」において、日本テレビ系列のチャリティー番組である24時間テレビ 「愛は地球を救う」チャリティーマラソン走者が発表された。走者として発表されたみやぞんとやらは嫌がるようなポーズがしばし。
「嫌ならば断われば良かろう」と考えるのは俺のようなバカだけで、あの走者を務める事でその後は日本テレビの支援体制を受けられることは歴史が証明している。使い捨てする安倍草履より日テレのほうが仁義を守る。

それにしても、「愛は地球を救う」も長寿番組になった。前述の「下らない芸」に見る感情コントロールと同様に、あの番組にチャリティ寄付をすることで善人になり、免罪符を得られるような気になっている者が多いのだろう。
関連過去記事:生活保護も悪くはないか? / 恒例の「愛は地球を救う」 / 愛は地球を救えるのか?

有働由美子:考

06/02.、NHKを退職した有働由美子氏が4ch.日本テレビで民放初出演。番組タイトルは「その顔が見たい!
以前出演していたNHK「あさイチ」で、あれほど毎朝のように顔を見ていたのが....という意味のタイトル?
なお、フリー転身後初の出演は2018/05/30に放送された『マツコ、昨日死んだってよ。』のナレーションを担当。
とはいうものの、有働氏に退職されたNHK側としては未だに未練たらしく彼女の出演番組が有るようだ。
NHKドキュメンタリー - スーパープレミアム「第3弾!世界プリンス・プリンセス物語」


BSプレミアムで6月9日(土)21:00から「大好評につき第3弾を制作」とのことで、池上彰有働由美子というNHK退職者の組み合わせでの番組である。第1弾とは(2018/01/08)らしいが、第2弾は不明確也?
とある企業が誰を使おうとも文句は無いが、やたらと人数の多いNHKで考えれば、退職者を使わなければならない事に対して現職者や企業に恥ずかしさはないのだろうか。未だにNHKの視聴率稼ぎのネタである紅白歌合戦の番組が始まった初期の頃は「白組は男性だけ、赤組は女性だけ」という今にしてみれば珍奇な拘りがあった。時代の趨勢と共に消えてしまった珍奇な拘りは、見方を変えれば「日本人が日本人で有る事の拘り」なのかもしれない。
俺的には、有働由美子氏がNHKで広く使われた理由が理解できずにいるが、有働氏サイドから考えれば(日本企業にありがちな事として)NHKに使い潰される前に退職した事は賢い選択であったと見る。
また、安倍草履が意味不明に執念を燃やしている働き方改革関連法案が可決すれば「高度プロフェッショナル制度」の候補になることは間違いないだろうから、NHKを離職することは一抜けになるだろう。
ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ10 | BUSINESS INSIDER JAPAN
関連過去記事:ニュースウオッチ9:考 / 有働アナの降板に思う / 楽しみなAI番組 / NHK女子アナ事情は? / NHK、春の女性アナ攻勢

そういえば、やはりNHKの古参兵である小野文惠氏は、鶴瓶の家族に乾杯とか、ガッテン!とかの番組を担当して長い。NHKは特定の人間に特定の番組を受け持たせる期間は3年とのことだが、何故か有働氏と小野氏は長期間に渡り担当している。これで有働氏が抜けたが、小野氏は気配が無い。
小野氏の夫はNHKではとっても偉い編成局編成センター長との報道もあるが、その影響なのだろうか。
【追記:201806/06】有働由美子アナが日テレ「ZERO」キャスターに : 日刊スポーツ
10月から、日本テレビ系「NEWS ZERO」で村尾信尚に代わりメインキャスターを務める。
下手にやれば、フジテレビ系列昼の「直撃LIVE グッディ!」の安藤優子氏と同様に、大奥の御局様が興味本位に五月蠅いだけのワイドショーなってしまうだろう。 ※過去記事:落ちぶれテレビニュース

落ちぶれテレビニュース

ニュースを伝えるという姿勢から大きく外れ、単なる時間潰しと化しているテレビニュースは不必要と思ってから久しい。三面記事ではあるまいし、視聴者の興味を唆るためにドラマ仕立てにする事はあるまい。
ニュース報道番組で視聴率を稼ごうとしなくとも、他の番組で来客を増やせば良かろうと思う。
テレビニュース等のマスコミが報ずる事が正義であるとは限らないのに、あたかも正義であるかのごとくSNSの記事まで引用して世論を煽る事は、正しいマスコミのあり方なのだろうか。
ニュース番組というものは、事実として判っている事を的確素早く報道すれば良いのであり、飾る事は無い。
各局ともに一人程度はアナウンサーを含めたキャスター構成のようだが、出来事を伝える番組なのか(?)、出来事に対する感想を述べ合う番組なのか(?)、分からない。

などと思いながら、改めてテレビのニュース番組らしき物を拾い出してみると、正に雨後の筍状態で乱立している事を知った。これは、各テレビ局が「ニュース番組らしき物」に時間枠を割き、力をいれているのだろうかしらんと思い、暇人はそれらしき番組を拾い出してみた。これらは、ワイドショーとかバラエティ番組として制作されている番組なのかも知れない。 (WikiPedia:報道番組>>ニュース番組のワイドショー化)
なお、以下のピックアップからは、朝の5時~8時、昼の11時30分~12時15分、夕方の16時40分~19時30分頃に、正当なニュースの番組構成として報道される各テレビ局の番組は割愛している。
しかし、その時間帯でニュースを報ずるアナウンサー達もお笑い芸人なる人種と思考回路・知識は同程度のようだ。
  
 日中 
  

上記のテレビ番組は、当地石川県内の地上デジタルテレビ放送で全国版のネット番組として平日に放送されるものだ。東京などの大都市圏では、これ以外にも放送されているのであろう。
また、土曜・日曜になると、お笑い芸人がメインキャスターとなって面白おかしく週末の締めっくくりとして「ニュース報道なのかバラエティなのか分からない」状況の番組が報じられる。

こうしてピックアップしてみると、如何にニュース番組が多いかが判った。これでは、各テレビ番組が独自色を出さんが為にアナウンサーばかりではなく、毛色の変わった芸人などのコメンティターを用いる事になるのだろう。
しかし、ニュースウオッチ9のように、NHKニュースの顔と考えていた番組が「芸人を含めない自社アナウンサーだけでのバラエティ番組化」されると如何にも情けないと思う次第である。

最近のマスコミは、「日大アメフト反則事件」以外にはネタ切れとなった様子で、執拗に追いかけている。
後は「北朝鮮」の話題が高尚になってきたらしく、アメリカのマスコミが加工した報道ネタを垂れ流す以外にネタは無いようだ。日本の政治事や安倍草履に絡むようなネタは、監督官庁の総務省から口止めされているのか(?)、上っ面を撫でてお茶を濁している体たらくは情けない。結果として、ニュースを知るなら、ネットを眺める事になる。
関連過去記事:なにがあったのでしょう / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方 / 警察とマスコミの癒着 / 何故テレビは報じない? / どうするフェイクニュース / 消えるアナウンサー

テレビ番組ひとつを作るのには、大勢の人が携わっているとのことだ。番組に出演している者を頂点として、番組作りをする人達だけでも数百人に及ぶにしい。更には、レポーターとかの影で活躍する人達を含めたならばどれくらいの人が働いているのだろう。その人達の労務費や、制作費用を考えれば、「ツマラン」と一言では片づけられないのだろう。
とは言うものの、現在は「日大アメフト反則事件」で正義漢ぶっている各局の番組だが、つい数か月前までは「大相撲ぶんなぐり事件」で同様に正義の味方を気取っていた....今更あの事件を振り返って騒ぐことは無いが、日馬富士や貴乃花親方のその後程度は報じても良いのではないだろうか。
 WikiPedia:日本のニュース系列 / ニュース専門放送局 / ニュースキャスター
昨夜は、4ch.日本テレビ系列で全国好きな嫌いなアナウンサー大賞(公式サイト)。 何と言えば良いか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
05/31に第55回ギャラクシー賞放送批評懇談会主催)の贈賞式が開催され、1985年~2004年までテレビ朝日系で放送の報道番組「ニュースステーション」MCの久米宏氏と小宮悦子氏が司会役。当時は立派なニュース番組也。

喧しいバシャバシャ音

最近マスコミを賑わせている日大アメフト反則事件に関連した一連のドタバタ記者会見風景をテレビで視聴していると、新聞社や雑誌の取材カメラマンが使っているのか、一眼レフカメラのバシャバシャ音が誠に耳障りである。
一昔前であればカメラと言えば一眼レフカメラがあったりまえであり、自分の目前の者が邪魔な場合はその頭をカメラでひっ叩いても壊れないほどに頑丈な「ニ〇ン」がプロの報道カメラマンに好まれたと聞いた。
この度のような取材風景がテレビ報道される事が少なかったためか、あの事件の報道回数が多かったためか、よくわからないが兎に角バシャバシャ音を煩く感じた。
デジタルカメラになってからはミラー式(光学ファインダー)の一眼レフを使うよりはミラーレス一眼カメラが使われているのかと思っていたら、また回顧されているのだろうか。 ※WikiPedia:代表的なミラーレス一眼カメラ
とは言うものの、音声感度がアップしている最近のテレビカメラでは、バシャバシャ音を拾いすぎる。
取材場所の臨場感を伝えようとするテレビの音声の思惑も有るのかもしれない。いずれにしても、バシャバシャ音がテレビに漏れ流れないように工夫して欲しいものだ。また、カメラメーカーはミラーの音が少なくなるような工夫をしてくれ。貧乏な写真好きがやっと買った一眼レフカメラを見せびらかしでミラー音を響かせた時代ではあるまい。

静かな場所で、騒音を撒き散らすようなミラー式のデジタル一眼レフカメラで撮影したら、被写体が逃げるぞ。

Sony (Japan)YouTubeより


FUJIFILMglobal YouTubeより

 インスタ映えを目論む現代女性の中からは、昔のフィルム式カメラや、チェキポラロイドインスタントカメラを使う人たちが増えているとも聞く。チェキCMの広瀬すず氏が覗くファインダーの目がデカイ。カメラもでかい。

FUJIFILMjapan YouTubeより続きを読む

テレビニュースは不必要

日本中のテレビと言うテレビが、人員を総動員して、微に入り細に入り、この事件を追いかけまわしている。
女児殺害 下校途中に線路脇の道歩く姿 自宅近くで連れ去りか | NHKニュース
報じられる家族や親族は堪らないだろう。そっとしておいて欲しいだろう。

マスコミが騒ぎ立てたところで、犯人追及の助けにはなるまい。
四国の脱獄事件⇒TOKIOの山口わいせつ事件の追いかけがひと段落したと思っていたら。
他に報道するべき出来事があるというのに、ハイエナと言えばハイエナが怒るな。

あれだけ土俵が出来上がっている国会の質疑でも追い詰めきれない力無き野党を面白可笑しく放送しまくる時間に、刻一刻と変化している国際情勢なんぞに触れる事無き立派なテレビニュースは、存在意義があるのだろうか。
それにしても、野党はホントウに力不足だ。くだらない標語を考えている暇人也。
関連過去記事:なにがあったのでしょう / テレビは不要  / 殴打事件にみるTVの終焉 / ネット同時配信でテレビが / ニュースの捕らえ方

何故テレビは報じない?

国会前デモ:安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で3万人 - 毎日新聞(2018年4月14日 18時50分)


国会議事堂前デモ現地レポート 参加者の顔触れは?歓声上がったのは... : J-CASTニュース(2018/4/14 17:51)


国会前で市民団体が集会 「全部明らかにして」抗議の声:朝日新聞デジタル(2018年4月14日21時24分)


「森友」「加計」真相解明求め国会前で大規模デモ | NHKニュース(4月14日 18時01分)


アメリカの属国の日本

初めて見たテレビはアメリカの西部劇(ボナンザ)だった。昭和30年代の秋田では、東京から発するテレビ電波が新潟経由で日本海を通って受信したと聞いた。その為、日本海が荒れるとオタマジャクシが走る画面だった。
小学校の視聴覚教室には当時にしては最新型の大型テレビが据えられていたが、日本海の波加減次第で楽しみのテレビを視る事ができなかった。自宅で視る番組といっても、ハリマオとかが日本製で、大半はアメリカ製と覚える。

そんなアメリカの番組ばかりの時代から、昭和50年のバブル時代頃には日本の番組と胸を張って見れる物が出た。
 しかし、平成も改まる今、安倍政権からの制約が有るのか無いのか。テレビ番組は無用の長物と化した。

今ではトップニュースはアメリカの事だ。
翻訳してアフレコを入れれば済むのだから、日本のテレビ局としては番組作りが手間無しなのだろう。
野球にしてもアメリカからの輸入品ばかりだ。〇億円をせしめて出稼ぎに出かけた者の事よりも、日本で頑張る野球選手を取り上げればよろしかろうと思うのだが、日本の事などは噂にも上らない。
トランプ大統領が行っているとされるのマスコミイジメよりも、安部草履の制約の方が陰湿なのだろうか。

もっとも、日本のドラマよりは、韓国のドラマのほうが楽しめる。昔の日本のように、懸命にドラマ作りしている姿勢が伺える。また、金を掛けただけで手抜きしている日本のドラマよりも内容が良い。

日本のテレビ局は、大事なニュースは取り上げない。NHKはじめ民放各局が同じ画面を使って大差ない文面を読み上げるだけだ。あんな内容であれば、いずれかのテレビ局をニュース専門テレビにすれば済むことだ。
猟奇ポイ事件や女性が絡んだ事件だけは我武者羅に報道する。それも、何故か顔写真を映したがる。犯人とは定まる前に顔写真を公表する報道姿勢はいだけない。増してや、50歳の容疑者の高校時代の写真を無理やり映すのはスクープとやらのつもりなのだろうか。顔写真を見せられたところで、遠方に住む赤の他人としては目の毒になるだけだ。
一方で三面記事的なニュースでも自社が取材した内容を報じてはいない。グループ会社の新聞社が取材し作成した新聞記事の文章を拡大して赤線を塗って付箋を貼り、付箋を剥がしながら読み上げるという楽な商売だ。
しゃがれ声の香具師もどきが読み上げる新聞記事を見るくらいなら、インターネットの新聞記事を読んだ方が良い。
関連過去記事:健康に生きるor死ぬ / アメリカの犬として死ぬ? / なにがあったのでしょう / メディアとは何だ?:学 / 人の意見は色々で / 疑問な日本の報道体制

緑十字一式陸攻  WikiPedia:緑十字飛行


ザ・スクープスペシャル 緑十字機 決死の飛行 ~誰も知らない“空白の7日間"~ - テレビ朝日制作 2016年

警察とマスコミの癒着

逮捕の現場には、必ずのようにマスコミのカメラが待ち構えていて、修羅場を撮っては報道される。
逮捕劇のタイミングは機密事項ではないかと思うのだが、マスコミが知っている事はおかしいのではないか。

最近のテレビニュースでは、容疑者とされる者が「間違いありません」と言ったとして報道される。
容疑を認めるのであれば「間違いありません」なんて言葉遣いをするはずがないのだが、あの表現でテレビが公表するのは裁判に備えて国民感情の印象操作をしているのだろうか。 過去記事:言い方が違うだろう
いずれにしても。警察組織とマスコミは癒着しているとしか見えない。 (WikiPedia:犯罪報道 / 実名報道)

同様に、三権分立の建前がありながらも、行政機関である政府と司法との力関係も微妙らしい。
そんな中で、渦中のモリカケ騒動で「検察庁が押収した文書を国会に提出」する姿勢を示した事は、この数日の進展に大きく寄与しているのであろう。(WikiPedia:森友学園 / 近畿財務局#森友学園問題 / 加計学園問題)
自殺したと報道されている近畿の財務局担当職員は、本当に自殺なのか...等と考えても、真相は闇から闇になるのだろう。現場の担当職員も、中央省庁勤めの奴等ほどに平然と嘘をつける神経であったならば死なずに済んだのかも知れない。 まあ、自殺にせよ他殺にせよ、これ以上の死者が出ない事を祈る。三河島事故はやばい。

今後は財務省が改竄した決裁文書の所在を公表したとして、誰が何の為に、改竄してまで何かをしようとしたのか(?)がどこまで判るのであろうか。 ロッキード事件のように、多くの死亡者が出る前にしかるべき捜査機関に動いて欲しいものだ。「事件調査特別委員会」を設置するとの提案が無いのが不思議也。(WikiPedia:主な汚職事件の一覧)
WikiPedia:ロッキード事件>>捜査より抜粋引用
捜査が進んだ前後に、ロッキード事件を追っていた新聞記者が、児玉誉士夫の元通訳が、さらに田中元首相の運転手が、と立て続けに急死するなど、マスコミや国民の間で「証拠隠滅と累が及ぶのを防ぐため、当事者の手先によって抹殺されたのではないか」との疑念を呼んだ。
やはり“日本国内だけで騒いでも駄目”だということだろう。安倍晋三の先行きに暗雲が立ち込めてきた昨今、明日はどっちだ。 過去記事:安倍草履の断末魔
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 やはり一人芝居の安倍草履は前のめりで一人走りしていたということだ。

人に歴史あり

入社した1968年(S43)頃に東京12チャンネルで『人に歴史あり』という番組があった。(1968年放送開始)
インタビュアー八木治郎氏の「人の世の潮騒の中に生まれて、去り行く時の流れにも消しえぬ一筋の足跡がある。今日は○○さんの歴史を振り返ってみたいと思います」というナレーションではじまるトーク番組である。
長寿トーク番組となった『徹子の部屋』の放送開始は1976年とのことだから、それより10年程前の放送開始だ。

色々なトーク番組は多いが、俺としては“個人の人生を一つの歴史として捉えた”内容が好みである。
そんな意味からNHKテレビの「ファミリーヒストリー」は興味深く視聴していた。( ※ファミリーヒストリー 公式サイト)
あなたのファミリーヒストリー ~ルーツにまつわる「謎」や代々伝えられてきた「伝説」など大募集!~
テレビが取り上げるような著名人ではない一般人でも、一人一人の個人が作り・辿り・歩んできた時間は、その人以外には経験していない出来事である。その様な出来事・歴史を疑似体験できる事は、小説の世界以上に興味深く思うのは覗き見趣味なのだろうか? 等とも思いながら、自己紹介しているようなブログを見つけると努めて拝読している。 過去記事:ブログを読み通そう / 親子日記を書こう / 「五島編年記」:学 / 年寄り向けテレビ番組

火野葦平作「花と竜」のような、トルストイ作「戦争と平和」のような、島崎藤村作「夜明け前」のような

俳諧先の路傍の花ブログでは「ファミリーヒストリー8 父方編追記」として父君方の歴史編の執筆を終えられた様子だ。よくぞ細かく覚えていらっしゃるものだと感服する。俺では無理だ。過去記事:記憶が悪くても安心
ファミリーヒストリーの調べ方-子孫に伝える家族史づくり
人にはそれぞれの生き方がある。ブログを通じて、見知らぬ人の歴史から自分を見直すのも人生の一幕だろう。

俺のブログの利用方法について考える事があり、これまで設置していた掲示板の使用を取り止めた。
掲示板の代用としてはSNS(FacebookTwitter)を使用する。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
昨日02/08迄降り続いた雪も、今日は少しは融けるだろう。01/18には「東京は雪。徳之島では桜」であった。
01/06~03/04は熱海梅園梅まつり開催中。02/10からは河津桜まつり~3月10日 ※WikiPedia:カワヅザクラ
2017 河津桜まつり(4K) Kawazu Cherry Blossoms Festival 2017(UHD)
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 大阪で震度6弱
  • 大阪で震度6弱
  • 大阪で震度6弱
  • 今日は「父の日」
  • ハン・ソロ:学
  • ハン・ソロ:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
こよみのページ
世界時計
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板から
掲示板へ

名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・


・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ