無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

マスコミ

麻薬取締法は要るのか?

沢尻容疑者 ほかの違法薬物も使用の供述 長年常習的に使用か | NHKニュース

女優の沢尻エリカ容疑者の逮捕容疑は「合成麻薬のMDMAを所持していた」ためとの事。
MDMA日本では麻薬及び向精神薬取締法によって規制されている。
MDMAの輸入、輸出、製造は1年以上10年以下の懲役。譲受け、譲渡し、所持は7年以下の懲役。施用(しよう、経口摂取など、身体に用いること)は7年以下の懲役となる。
麻薬及び向精神薬取締法(旧名:麻薬取締法)は、大麻取締法覚せい剤取締法あへん法と合わせて薬物四法とも呼ばれる。比較的新しい法律の麻薬特例法は薬物四法に含まれていない。他に薬事法で規制される「習慣性医薬品」が有る(脱法ドラッグ)。沢尻エリカ容疑者は、他の違法薬物も使っていたという趣旨の供述をしているそうだから、今後罪状は増えるのかもしれない。
政治ネタを封じられたかのごとしマスコミは、ハイエナのごとく「沢尻エリカ容疑者の逮捕容疑」の話題で持ちきりである。過去記事「思いやり予算、4倍要求」ではないが、これが誰かがマスコミ封じの目的で放り込んだネタであったとしたら大成功である。美人女優の犯罪かもしれない事件は御好みだから。

しかし、薬物四法が法制化された頃であれば「反社会的勢力の資金源を断つ」などの目的があったのだろうが、最近の目的は何であろうか? 
資金源を断ちたいのであれば、別の方法があるし、それを強化すれば良いだろう。

いわゆる麻薬を楽しみたい者がいるのであれば、法律的に制約する必要は無いと考える。
薬物乱用の結果で廃人に成ろうが自業自得というものだ。タバコの代わりに幻覚の無い薬物は無いのか。

それにしても、芸能人の薬物事件と浮気騒動を食い物にするマスコミの姿勢は旧態依然だね~
芸能人にしても瓦版屋にしても、殊更に清廉潔白な人種・社会ではあるまい。不祥事は付き物じゃろ。

思いやり予算、4倍要求



日本のメディアは「桜を見る会前夜祭の5000円」や「沢尻エリカ容疑者逮捕」ばかり報道している場合ではない。この件について、NHKは元より、テレビの報道は目にしていない。政権の脅かしがきついのか
トランプ氏が日本に“思いやり予算”4倍要求、「沢尻エリカで霞まないで」 – アゴラ
「思いやり予算、4倍要求」を報ずるべきタイミングに「沢尻エリカの薬物事件」が露出するというタイムリーさ加減は、マスコミの口ふさぎ用のネタであると見ても不自然さは無い。
在日米軍経費の4倍要求 菅官房長官「そのような事実ない」 - 産経ニュース

東ちづる 騒ぐべきは逮捕された芸能人でない…法を犯しても逮捕されない政治家こそ/デイリースポーツ online

NHKとか大河とかに容疑者や犯罪者を出さないと言うほどに、あの会社や企画は清廉潔白なのか?
沢尻エリカ、出演させば良い。現在ingの「いだてん」より視聴率が下回る事は無い。

福井米のアンバサダー

デヴィ夫人こと、デヴィ・スカルノ氏は1940年(S45)生まれというが、元気な婆さんだ。
テレビ番組などでバンジージャンプをして見せるなど、あの年齢で挑戦する心がうらやましい。

そんな事で、「デヴィ夫人オフィシャルブログ」をRSS受信しているのだが、過日の記事にて「福井米アンバサダー」になったとのアナウンスがあった。昨年に 引き続いて、 今年も .. との事だ。
今年もやります!『福井米でご満悦キャンペーンシーズン2』 ~①
彼女のブログ以外にも各紙で報じられており、福井県も良い広告塔を見つけたものだと感心する。
とは言うものの、「福井米」と称するコメの品種が良くわからない。
福井県経済連のオフィシャルホームページを斜め読みすると、色々な銘柄を総称しているようだ。
令和元年産 福井米キャンペーンは、令和元年9月1日~11月30日(特設サイト)との事也。
WikiPediaによれば、新米と古米の区別について明確な定義はないが、11月から翌年10月までの米穀年度を基準にすると、11月1日をもって新米が古米に変わることになるそうだ。一方、JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば、新米と表示できるのは、収穫年の年末までに精白・包装された精米に限るのだそうだ。石川県産のコメが口に合わない我が家は「新潟県南魚沼産コシヒカリ」だが、入手できるか

いずれを新米とするかは置いても、今年の気象では望ましいコメは少ないだろう。
安部政権はアメリカに押し売られたトウモロコシを輸入するらしいが、コメが無ければトウモロコシを食うのであろうか。世の中的には戦争に向かいつつある風潮だが、食生活は敗戦直後の頃に向かうのだろうか。

【CM】JA福井県経済連 福井米

話がくどいNHK金沢

NHK金沢でニュースを読むアナウンサー(?)達は、話がくどい。また、同業の他エリアに比べ下手だ。
日常の天気予報では呆れ果てる事を通り越して、腹が立ってくる。(気象予報士の池津氏の事ではないよ)
テレビ画面に表示されているすべての地域と天気の情報を読み上げる。
19時前の番組で見ると、NHK金沢が全国版の時間割からもらっている持ち時間は3分のようだが、その3分の割り当てを使うために天気予報を読み上げて時間つぶしをしていると言っても過言ではない。
全地域(全県)の地域ごとに読み上げずとも代表を読めば、後は見ればわかる。それがテレビの文化である。
読み上げる文字数が多かろうと少なかろうと、律義にいつもの行動とばかりに読み上げる。ある日は急ぎ口調で、ある日はのんびりと。それが彼らの任務なのであろう。与えられた事を、与えられた時間内で、淡々と行えばよいのだ。何かを改善するとかを工夫することは、彼らに支払われる賃金の範囲内ではない。
おしゃべりするのは好きそうだが、声を出す事が好きなだけで自分の職種を気に掛けてはいないようだ。手慣れた現地リポーターの方があのアナウンサー達より、話術といい、口調といい、優れている場面が多い。
画面を見ればわかる事を逐次読み上げられる事は、耳の邪魔である。自分の必要とする情報を聞く程度であればまだしも、不必要な情報までを聞かせられたところで耳汚しでしかない。
NHK金沢に限らずNHK名古屋も同様のやり方だが、全国版のやり方を勉強して欲しいものだ。

時間つぶしの天気予報はまだしも、最近の地震などの報道を聞いていても話し方が下手だ。
彼らが受け持ちの時間帯に大きな自然災害が発生しない事を願いたい。
他地域のNHKアナウンサーは勿論のこと、民放のアナウンサーに比べても話し方が下手だ。また、読み上げる文書も下手であり、言わんとしている事を文にできていない事もある。勉強しろよ
関連過去記事:天気アナウンサーの話し方 / 方言アナウンサーを笑う / 話がくどいNHKローカル / 見難いNHK天気予報 / いらないNHKの地方放送 / いなか者にはテレビ不要 / 石川県のテレビch. / ニュースの捕らえ方

新銀河紀行:考

数日前から、NHKで奇妙な被り物をした番組の宣伝をしていた。
殊更に気に掛けることも無かったのだが、8月19日のニュースウオッチ9の後で、その番組が始まった。
事のついでに視聴をはじめたが、なかなかに面白い。最近ではマンネリ化したNHKチコちゃんに叱られる!より斬新だ。途中で予定の番組を見るためにチャンネルを変えたので全ては視聴できなかった。
番組名は『宇宙の人気番組「新銀河紀行~驚異の地球文明~」
奇妙な被り物をした生物は宇宙人キャスターという設定で、かつて存在した地球の文化文明を宇宙人目線で探求するという役柄。イシザワ(石澤典夫)とクサノ(草野満代)の宇宙人キャスタの2人に加えて、地球人類の数少ない生き残りのカトう(加藤諒)が参加する。
加藤諒のTwitterより

すぐに再放送があるだろうと思っていたが、予定は未定...再放送予定はありません...らしい。
宇宙の人気番組「新銀河紀行~驚異の地球文明~」(NHK総合)
また、今後に第2回を作るのか、シリーズ化するのか決まっていないとの事だ。
あの手の番組を作るには体力・知力・経済力の勝負であろうが、続編を期待したい。
NHKオンデマンド | 宇宙の人気番組「新銀河紀行~驚異の地球文明~」
宇宙のある星の公共放送でオンエアされている、人気番組。それは、宇宙人キャスターが、はるかかなたにある星「地球」の文明を紹介する番組だった。ゴッホの「ひまわり」はなぜ名画なのか?不思議な儀式「茶の湯」って何?穴にボールを入れる「ゴルフ」なるものはなぜ地球で人気?宇宙人目線で見てみると、地球カルチャーは不思議がいっぱい。素朴な疑問を入り口にすると、その神髄がわかる。新しい、教養エンターテインメント。
関連各記事:チコちゃんの友だち / ポツンと一軒家:考 / なるほど「チコちゃん」 / 「チコちゃん」って、誰? / 「チコちゃん」視聴率:考 / チコちゃんに叱られたい /

昭和に関する紐解き

昭和を冠した天皇は、今になって、令和を生きる誰かによって辱められようとしているらしい。
然もありなんと言う感想です。
また、あの極秘文書を発見するに至った経緯に非常に関心があります。
更には、文書として記録するに至った経緯も同様です。
尤も興味深いのは、なぜこの時期にNHKがドラマまで作って報道したのかという謎です。
平成天皇が生前退位の意向を示した時に似た闇を感じてしまうのですが 。
と言い、何をどのように印象操作しようとしているのだろうか(?)と、勘ぐっている。

夜明けのスターダスト

日の出が遅くなってきた。当地では6月14日が最も早い日の出で、04:34である。
本日07/13は、04:45である。6月22日の夏至は、04:35であった。
偶々、早朝にテレビを点けたら、通信販売のコマーシャルがオンパレードであった。

CMの出演者は昔懐かしい顔ぶれである。懐かしいと言ってもそれぞれに老化現象が見受けられる。
デブは痩せる為の、ハゲは毛が生える為の...ect.と、それぞれCM向きの人材を揃える工夫が見える。
とは言うものの、昔取った杵柄の年寄りが多数で出演し、勝手連で喋りまくるから騒々しい。
早朝の寝ぼけ気分が一発で目が覚めてしまう。

大勢の出演者の中には痩せすぎの美女もおり、誰だったかしらん(?)と考えたりもする。
いずれにしても、それなりに名の売れた者であれば何となく思い出せるのが面白い。
最近の闇営業とやらをしている者達よりは売れていたと見るべきだろうか。
なんでも良いが、久しぶりのテレビ出演に喜び過ぎて騒ぎまくらんで欲しい。買わないよ

たま「 さよなら人類(歌詞)

マスコミの邪推は止せ

日本はとんでもない国である。e_sakebibマスコミの忖度も極まれると言うべきだ。
トランブ大統領様が鼻風邪を惹いたに過ぎない事を、「日本も戦争ができる体制になってアメリカを助けなければならない」とマスコミは騒ぎ立てている。これでは、安倍草履は心を強くして国会選挙で憲法改定を叫ぶことができるというものだ。少なくとも、アメリカを目指すミサイルは、日本の持ち分として大威張りで迎撃できるようにしてしまうだろう。
トランプ大統領 日米安保「不公平な合意」 | NHKニュース
続きを読む

NHKに視る声と話し方

俺的には「NHK」と聞けば政権寄りの報道ばかりしやがって...と怒りたいマスメディアであるが、冷静に眺めれば、情報の収集については世界の中でも立派な能力があるのであろう。
問題は、国営放送と揶揄されるがごとく、情報の発信の仕方にあるということだ。基本的には時の権力者の太鼓持ちをしているようにも見える。しかし、これもNHK(日本放送協会)内部でのTOP次第也。

NHK Eテレが報ずる『100分de名著』は、『古今東西の名著にスポットライトをあて、その作品の奥深さを、「噛み砕いて解説したらこの人の右に出る人はいない」というプレゼンターがわかりやすく、かつ楽しく解説する』というもので、こんな本も有ったのか...と思いつつ、斜め読みできる。
100分de名著 /100分de名著 - NHKアーカイブス
過日、100分間拡大スペシャルの放送として「メディアと私達(100分deメディア論)」と題する2018/03/17版が再放送された。取り上げられた図書は以下のとおりである。途中からの視聴であったが、なるほどと思う事が多かった。(WikiPedia:メディア・リテラシー / 情報操作 / 言論統制)、楽天「100分de名著」検索
 ベッタリ政権寄りと思っていたNHKが報ずるには、中々に反対側からの放送内容と感心したりする。
情報収集力はあっても、偏向的に報じられる番組の代表としては「ニュースウオッチ9」ではないだろうか。「NHKニュース7」ではあれほどには政権寄りの報じ方はしていない。
俺的には『NHKのニュースの最高峰は、夜9時版』と思い込んでいる為、殊更に腹立たしい。
メインキャスターをしている有馬嘉男桑子真帆の夫婦漫才的なワイドショー的な報じ方は修正されない。
特に、アナウンサーですらない有馬嘉男が、力説しようとした際に声が裏返るのは喧しい。アナウンサーである相方の桑子真帆までもが裏返った声で話し出したら喧しさの二重奏になってしまう。
気象担当の斉田季実治は桑子アナウンサーから日々新参者として紹介されるが、スポーツ担当の一橋忠之は斉田氏を尻目にバタバタと入場し、日々白々しく騒々しい大声で挨拶しまくる姿は不愉快だ。
林先生とやらを始め、何かを力説したがる者が裏返った声で騒がしく話すのは、何かを訴えたい者の特性なのだろうか。一方で発声に自信が有るように見受けられる者は、騒がしくない方法で訴えているようだ。
NHK「先人たちの底力 知恵泉」 店主を演ずる新井秀和も話し方に自信があるのだろうが、『大災害の場面でも動じていないがごとくの発声』は、某ホストクラブには向くかも知れないが、存在感が無い。
居酒屋の店主であれば初代の井上二郎アナウンサーのような、味のある且つ深みのある声でなければつまらない。新井氏の声は「聞こえる」が、真実を伝えているようには思えない上滑りの声と、俺には映る。

最近では報道番組と言えどもナレーターによるドラマチックな内容を構成して見せたがる。更には、見せたいポイント的なタイミングにはピンポン注意音までが入る始末だ。番組を作る側が全てお膳立てし、視聴者はその企画に沿って喜怒哀楽を覚え・表せば良いらしい。バラエティでは「ヘェ~」合唱隊に合わせれば世の中には遅れないで済むということらしい。1億人総白痴化と、プロパガンダによる扇動は完備している。

声と言えばNHK Eテレ「JAPANGLE」なる番組では、笹野高史がナレーションしている。
父は俳優の渡辺謙パリ・コレクション にも2006年初出演しているファッションモデルのは、最近では女優として有名になってしまった。朝ドラ ごちそうさんで主役を演じた後では結婚し3人の子供の母親だ。
「JAPANGLE」のナレーション声は朝ドラで共演したキムラ緑子の声と勘違いしたほどに上手かった。
TBSテレビ制作「世界遺産」の8代目ナレーションを務めているが聞きやすい。


聴きやすい発声と話し方ができる人は羨ましい。

便利になる天気予報

2019年6月19日から、気象庁が「2週間気温予報」の発表を開始した事で、ウェザーマップでも『16日先までの天気予報』を開始した。
ウェザーマップ * | ウェザーマップ『16日先までの天気予報』を開発、ホームページで掲載開始
20190621
これまで気象庁からは「7日先」、ウェザーマップand日本気象協会(tenki.jp)からは「10日先」の天気予報を発表していたが、気象の予報業務許可事業者(民間気象会社)に一般向けの予報としての16日先までの日々の天気や気温、降水確率などの予報を解禁したため。

20190621
ちなみに、tenki.jpでは06/21 12時時点で「10日間天気」也。『16日先までの天気予報』と、10日以内の同日の金沢市の予報を比較してみると、気温ばかりでなく天気マークにも差異を見受ける。データの出処は同じ気象庁のハズなのに不思議な事である。そうしてみれば16日と長期間になれば更に誤差が広がるのかも知れない。テレビや新聞によって天気予報に差異があることの根本的な原因がわかったような気がした。

「住みよさランキング2019」全国総合トップ50 | 東洋経済オンライン
金沢市に隣接する2市がベスト3に入り、全国総合1位は白山市、総合3位は野々市市で総合1位の白山市とは隣接している。『週刊東洋経済臨時増刊「都市データパック 2019年版 新装刊」』は06/17発売。
今回の10位までの顔ぶれを見ると、石川県が3市、富山県と福井県がそれぞれ2市と北陸の市が上位を占める。前回までも北陸の市が上位であることが多かったが、今回は100位までに、富山県は10市中8市、福井県は9市中7市、石川県は11市中7市が入った。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 懐かしのピンボール
  • 2号と称しても
  • 2号と称しても
  • livedoorブログに内定
  • 時代の長さ:考
  • ローマ字での名前表記
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2019年の日本
2019年
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板
つぶやき
名言黒板
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
QRcode QRcode(2)
Make it cman

現在の閲覧者数:
・ IPアドレス検索 ・
KEIROMICHI
  • ライブドアブログ