無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

健康管理

硝子体手術に朗報

今日(03/15)は恒例の通院日。 糖尿病内科は2017/01/11から2ヶ月目だが、内科を2回受診するタイミングで1回で良いと宣告された眼科は2016/11/16以来(途中、2016/12/19に眼鏡合わせ)となる4ヶ月ぶりの検診である。
しかし、今日の感触では「3ヶ月に1度来い」という雰囲気なり。
硝子体手術は先送りした2015年夏に出血した左目は未だに血のゴミは漂っているものの進展は無く、慣れたせいか気に掛からなくなった。 むしろ、ステロイド注射で済むとの診察を受け施術した右目の方が見え方が悪くなった。
日本では薬だけをもらう都度に医師の処方箋が必要で、数ヶ月に1度は通院しなければ薬をもらえないように法律で定められている。これにより、「処方箋発行料」で病院が儲かる仕組みだ。また、殆どの病院では院外処方箋としており薬局が儲かる仕組みだ。欧米では、医師が長期間有効な処方箋を発行することができる法律となっている為、何年かに渡ってその処方箋を薬局に示すことで薬をもらえるとのことだ。「かかりつけ薬局」とか騒がれ、電子カルテお薬手帳精度の見直しと言ったところで、日本の医療制度は変わりようがないのだろう。

そんな事をしてモタモタしていると医学の世界も進化して加齢黄斑変性などの「他家移植」ができるようになるそうだ。 そんな事を喜んでいたら、硝子体手術の方法が大きく変わるという情報が飛び込んできた。
網膜疾患の日帰り治療実現に期待-東大、長期埋込み可能な人工硝子体を開発 | マイナビニュース
人体で安全に施術できるようになるまでは期日を要するのだろう。また、人口硝子体の賞味期限も短いようだ。
現状では1年程度という賞味期限では、毎年のように人口硝子体の取替をしなければならないのだろうか。
しかし、この手合は加速度的に実現されるケースがある。 待てば海路の日和..ということも無きにしも。
関連各記事:黄斑変性:学 / 白内障の症状に疑問 / 左目の出血-中まとめ
幹細胞使った治験で女性3人失明、米:AFPBB News
米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していた

血糖値を下げる方法?

ドラマ仕立てが長く話の要点に触れるのはホンの少々という、NHKの「ガッテン!」という番組は未だに続いている。
司会は落語家の立川志の輔とNHKアナウンサーの小野文惠で変わらず、二人のお遊び道具と化しつつある番組で、新レギュラーの大島麻衣とやらはやかましい。 関連過去記事:やかましいテレビ番組

 その番組で糖尿病の話題を取り上げるとのことで、視聴した。
最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎 - NHK ガッテン!
最近は殊更に長くなった前置きのドラマ仕立てを取り払って言えば、要するに番組が「デルタパワー」と呼ぶ脳波(デルタ波(δ波))なる物が出るような良い睡眠を取れば血糖値を下げる事ができる可能性が高まるということらしい。
ガッテン!2/22 血糖値を下げるデルタパワーと睡眠 睡眠時間を確保するコツ | 若返りTV
 番組の中で服用薬らしき物が映されていたが、商品名を判読することはできなかった。 しかし、番組内容から推察するには「清酒酵母GSP6」という物と思われる。
やたらと勿体を付けていた服用薬?は以前より有る物、「デルタパワー」と呼んだ脳波も以前より知られた物也。
清酒酵母GSP6入りのサブリメントとしては「ライオン グッスミン 酵母のちから 124粒 02P03Dec16」等が発売されている。これが番組で用いられた服用薬と同じものかは不明確だが...俺としては正解であると考える。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライオン グッスミン 酵母のちから 124粒 02P03Dec16
価格:6285円(税込、送料別) (2017/2/23時点)


 また、「眠りの科学研究室-研究ストーリー|健康美容ラボ|ライオン株式会社」で解説を知ることができる。
(グッスミン酵母の機能性表示食品の届出が受理されました。)

 「デルタ波」を誘発する物としては他にも有るようで「ためしてガッテン!で話題のデルタパワーとは?オレキシンがカギ!? | マミィ」にて紹介されている。 また、「All Aboutの糖尿病ガイド・河合勝幸」ページが詳しい。

 NHKの「ガッテン!」(公式サイト)も最近ではネタ切れなのか(?)、効果の定かでないような、出所不明の治療方法の紹介が多くなったのではないだろうか。 古くからの民間療法だって、人によっては効果があるのだから....信じるものは救われる....ということかもしれないが、それを勿体ぶって番組作りして時間枠つぶしされてもね~
椎名林檎ジユーダム (NHK総合「ガッテン!」テーマ曲)

Release songs YouTubeより

-【追記】2017/02/27-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

AKA-博田法:学

徘徊しているブログ「定年退職後の暇人」の管理人さんが坐骨神経痛になり、脊柱管狭窄症の手術を告げられたが、諸般の事情から手術をする前に何かの方法が無いか(?)ということでネット検索し、AKA-博田(ハカタ)法というのを見つけ治療を受け始めたとのことだ。 ※「定年退職後の暇人-AKA-博田法

女将も「歩いていると太腿にしびれが出て来る」⇒「前傾姿勢かしゃがんでいるとしびれが取れる」ということで、俺の見立ては脊柱管狭窄症では(?)と思い診察を勧めているが、なかなか腰が上がらない。 脊柱管狭窄症:学
というのは女将は特異体質(?)で、薬品アレルギーを始め、麻酔や抗生物質が難しい。今の医学なら何とかなるだろうと思うが、手術などとはとんでもないというのが女将の考えのよう也。したがって、診察を受けてもしょうがないだろうということのよう也。まだ老い先が長そうですから、いずれは何とかしなければならないと思うのだが。

そんなことでAKA-博田法というものに大いに関心を持った。
聞けば、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「ぎっくり腰」こ効果大としてNHKのガッテン!でも紹介されたとの事。
また、脊髄電気刺激療法というものも有るとの事。日本人に多いと言われる国民病には治療法が多いらしい。
高齢者を悩ませる「脊柱菅狭窄症」の痛みを緩和!注目の治療って? | 介護ポストセブン
SCS法 脊髄刺激療法 | 腰痛 椎間板ヘルニアの治療 手術なら郡山青藍病院
 AKA-博田法の治療の実際 豊島区 整形外科 【望クリニック】

Doctors eye AKA-博田法(東京都豊島区 望クリニック)


たった5分間で9割の腰痛がよくなる本 AKA-博田法で、腰痛が消えた!
続きを読む

腹式呼吸:学

今日は定例の通院也。
新年になっての患者連が一斉にスタートしたのかと思うほどに混雑していたが、眼科に寄らず糖尿病内科だけだったので、早く帰宅できた。 最近の健康ブームを反映してか、診察を望む年寄りが増えたのだろうか。

健康ブームの火付け役とも思えるテレビ番組のひとつにNHKの『ためしてガッテン』がある。1995年(H07)3月に始まったとのことだから長い。しかし、昨年2016年(H28)3月に改名してを『ガッテン!』にリニューアルされた。
リニューアルに伴い、レギュラーだった山瀬まみが降板し、その代わりに指原莉乃大島麻衣が事実上の準レギュラー扱いとして出演している。 しかし、司会は落語家の立川志の輔とNHKアナウンサーの小野文惠で変わらない。

出演の長いレギュラー山瀬まみの博学ぶりは鼻に付くことも無くは無かったが、番組リニューアル後の準レギュラー2名の騒々しさに(声質が煩い)比べれば可愛いものである。何よりも、見飽きてしまった司会の2名が変わらないのに出演者を変えたところで、番組的には何も変化が無いと眺めている。 なによりも、あの番組は『謎解きの本題』に入るまでが兎に角長過ぎる。 本題だけで番組作りをしたならば、あの時間枠を使い切れないのでろう。

兎に角、回りくどい番組運びにうんざりし、最近ではテレビ朝日の『みんなの家庭の医学』を見ることが多くなった。
司会者ビートたけしのオチャラケに目をつぶれば、『ガッテン!』のような回りくどさが無く、要点を簡潔に理解できる。

過日は「腹式呼吸」についての能書きがなされ、間質性肺炎の俺としては極めて関心深く視聴した。
基本は呼吸!胸式呼吸で体幹を安定させるピラティスエクササイズ | サン・クロレラ健康BOOK

sunchlorella_officialより

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

眼鏡できた

12/19の検眼結果に基づき作った眼鏡が昨日でき、受け取ってきた。 メガネのハラダ

左目硝子体手術の施術をするか(?)については完全に消滅したわけでは無い。 また出血したならば、今度は逃げるわけには行かないだろう。 なによりも俺自身が困ることだから、自発的に進んで手術してもらうしかあるまい。
とは言うものの、もうすぐ高額医療費の適用枠が上がるから、やるなら早めの手術が良いのかもしれない。
右目にしたところで、充てにはならないことは変わりはない。

そんな状態だから、当面不自由しているパソコン作業用の近距離用眼鏡だけを作り変えることにした。 それの具合を見ながら、遠距離用等の品数を増やす所存也。

以前の物は加齢黄斑変性の原因のひとつと考えられるブルーライト(HEV)軽減用のコーティングをしたが、最近はパソコン用ソフトでカバーしたので割愛した。しかし、LEDや自然光にもHEVが含まれているから、付ければ良かったか?

【これまでの物】             【新しい物】 ※丸型
201612242 201612241
続きを読む

血圧の話

自然災害などで恒例の病院通いができなくなると、真っ先に血圧の薬が切れた事を心配する年寄りが多いらしい。

高血圧は日本人の死亡原因として多いとされているから、薬に頼ってでも下げたい気持ちは判らなくはない。
高血圧になる原因は多いと聞くが特に塩分の摂取量が大きな要因であるとされている。しかし、そのように言われるようになったのには、アメリカの医師が東北地方で五百人程度を調べた結果の事とも聞くので、信憑性はいかがなものだろうか。とは言うものの、脳血管障害による死亡率が高かった長野県では、塩分の摂取に係る指導を広めたことで高血圧患者が減り、結果的には長寿県になったとのことだから、あながち無縁でもないのかも知れない。

最近、“NEWSポストセブン”サイトでは高血圧に関する記事が多く、興味深い。
高血圧の治療方針は正に医師の知識次第ということだろうか。 患者の求めるままに降圧剤を与えるタイプが多いようだが、一度薬を服用すると血圧が正常になったとしても止めるタイミングが難しいようだ。

また、血圧を下げ過ぎることにより生ずる病気には注意が必要だ。高めの血圧で送られる血液で保たれていたのが、血圧が下がったことで血液が行き渡らなくなってしまう。結果的には、血圧が低すぎる為の脳梗塞もあり得る。
やはり、食生活改善と運動により、自己回復力を高めることが重要...と思ったら、医療も進んでいるようだ。
1回投与で効果数年の高血圧ワクチン 実用化は5年以内か│NEWSポストセブン
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
血圧ばかりで無く、糖尿病に代表されるようなサイレントキラーが知れてきた。しかし、そんな隠された病気の原因があるということに気を掛けるのは、既に手遅れの年回りになってから...という人が多いのだろう。
子供に教えられるほどの知識を持つ親は少なく、気に掛ける子供は更に少ない。やはり地域ぐるみの対応也。
ICTを活用し健康管理を! 住民の意識を変えた小豆島の取り組みとは | 介護ポストセブン

 高血圧や糖尿病を引き金にして、脳梗塞や心不全の病名で死ぬ人は多い。また、肺炎を死因とする人は減らない。 とは言うものの、それは老衰を死因としない”との厚労省の指導に従った結界なのではないだろうか。
現在のように病名が細分化されていなかった昔は、むしろ老衰による死が多かったのではないだろうか。
健康寿命:脳卒中・心臓病「5年で5%減」 学会目標 - 毎日新聞
増えた病名のひとつに“”がある。その名を聞くようになってからはアッという間に恐怖の大魔王になった。
しかし、最近では大魔王の椅子から数段下がってしまったような取扱をされている。 本当にそうなのだろうか。
“癌”という病名を付けたくはないという国の方針があるのだろうか。 面白い記事があった。 一部、無断引用。
がん治療は是か非か 専門医が語る「がん放置療法」の現状│NEWSポストセブン
現代の怪談のひとつに、「がん死が減らない」ことがある。かなり前から「がんは治る病気になった」「手術も抗がん剤も目ざましく進歩」「とにかく早期発見・早期治療を」と、国も医療界も連呼している。しかし、がんで死ぬ人は1981年以来増え続けて、なんと35年以上も「日本人の死因のトップ」に君臨。「治る病気」には、全くなっていないのが現状だ。
◆あわてて治療して早死にする人、治療しないで長生きする人

“癌”の治療に限らず、治療をはじめたが為に、外出も旅行も儘にならないままにベットに縛り付けられて老い先を送るのは如何なものだろうか。 同様に、降圧剤が切れる事を心配して暮らすのも寂しいのではないだろうか。健康診断や人間ドックで荒探しされ精密検査⇒治療を受けるよりは、何も知らずにポックリ逝くのも良い。
健康診断を受けて病気を発見し、それを治療する場合と、何も知らずに過ごすのと、生きる時間に差はあるのか。
日本政府は、団塊世代と呼ばれる用済み老人が長生きする事を望んでいないが、発表は避けていると見る。
しかし、厚労省などからアナウンスを行うことで、気にかけているような素振りはにじませている。とは言うものの、医療費負担の増額を行うなど、真綿で首を締めるが如くということだろう。
一方、首を締められている側の年寄り達は、本能的な自己防衛なのか健康管理に躍起になっている。平均寿命だの健康寿命だのと気に掛けているのは当人だけだろうが....惜しまれている内に死にたいものだ。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
今日は、今年最後の通院(呼吸器+メガネ検査)。 
続きを読む

白内障の症状に疑問

一概に白内障と言っても、発生の原因によって、症状の現われ方と進行の速度に違いがあるとのことだ。
その中でも“加齢に伴う白内障”の場合、『白内障の自己チェックシート|白内障と白内障手術』や『白内障の自覚症状 / 白内障ではどのように見える?- 東京逓信病院』に見られるような自覚症状があるとのことだ。

糖尿病+加齢からきたらしい俺の場合でも、症状的には類似しているようだ。しかし、チェックシートで該当する項目は少ないようだ。 「糖尿病網膜症+黄班変性」の場合は症状が異なるのだろうか。
過日、通院していた眼科医の紹介で左目手術の判断をセカンドオピニオンしたが、結果的に硝子体手術は先送りした。 硝子体手術をした場合には、ついでに白内障の施術も行うのが通例とのことで白内障用レンズを悩んではみたものの、左目は硝子体手術を見送ったため白内障の手術も治療も何もしていない状況である。

右目についても以前(鎌倉時代)から白内障の疑いを指摘されていたが、治療方法は示されないままであった。
左目のセカンドオピニオンの際、右目にステロイド注射の施術を受けたが、施術後の見え方は悪化する一方だ。
こちらも結局、白内障に関する治療は何もしていない状況である。 関連過去記事:黄斑変性:学

あれから概ね1年が経過し、出血した左目は浮遊ゴミが少なくなったようで、以前よりはよく見えるようになった。
しかし、硝子体手術のついでとは言うものの、一度は実施することになっていた白内障の施術はどうなったのだろう。
先の通院時に眼科医に問うたところ、話が煮え切らない。必要な手術ならとっととやってくれ。死に際じゃ無意味だ。
白内障なんだけれども、大した病状には至っていないのだろうか...等と、都合の良い解釈をしてみたり
要するに「模様眺め」ということか...と自己解釈している。(「死ぬまで待とう」とも言う)

それならば、度の合わない眼鏡を掛けて前のめりの悪い姿勢で腰を痛めているよりは...ということで、眼鏡を作り変えようと思い、今度の間質性肺炎の診察日(12/19)に併せて検眼してもらうことにした。

 仕事人時代の飲み仲間でも、白内障を指摘されて手術した人が多い。 また、ネットの世界でも他聞する。
手術しなければならない状態の白内障とは、どの程度の見え方になるのだろうか
現在のように手軽に白内障手術が行えなかった昔には、明らかに白内障とわかるほどに白濁した眼の老人がいた。 彼らにはどのような世界が見えていたのか関心深いが、それは知る由も無いことだ。

歯医者でも“インプラント”の手術器具を揃えた開業医は、不要な症状でもインプラントを入れたがると聞いた。
同様にに、白内障の手術器具を揃えた眼科医は手術したがるのだろうか...などと、疑っても見る。
高い手術器具を揃えると、ローンを返済する為には手術を増やさなければならないと都市伝説は語る
WindowsXP来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 感情の誘導はいらない
  • 生きてる間に何をする
  • 生きてる間に何をする
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
logo


  • ライブドアブログ