NHKの衆議院代表質問国会中継は昨日で終わったようだ。(今日からは参議院の中継)
嘘つき大会で安倍草履が逃げまくる姿を、追い詰められない野党が質問の名の元に余計な事を聞いても致し方ないだろう。質問したがばかりに、質問以前はピンクであった事が赤であると自他ともに認めてしまうような事ばかりなのだから、むしろ質問しない方が良い場面ばかりである。与党と野党、どちらが政権の味方なのかわからない。
また、受信料で成り立つ公営放送が嘘つき大会を中継しなくとも、両院ともにインターネット中継が行われているのだから、国会審議を視聴したい者はそれを見れば良いことだ。NHKの中継ではカットされたのといった小細工が見受けられるが、ネット中継では正直にフルバージョンだ。また、Twitterでも議論されているからそれを見る方が楽しい。
ネット中継の同時視聴は可能人数制限があるとの事。また、2020年末に配布終了予定のAdobe Flashが必要。

国会議員は「全国民を代表する選挙された議員」で構成されているハズであるが、明治維新により国会制度が持ち込まれた頃以来、地方の利権を争う者であったのではないだろうか。
その辺を語り始めれば喧々諤々となることは見えており、議論が終結することはあるまい。

と思われるようなテーマについて、なんとあのNHKが「先人たちの底力 知恵泉」で一石を投じてきた。
過日のテーマは、『歴史は勝者によってつくられる』
  1. 01/16 歴史は勝者によってつくられる 正史の“裏”を読む
  2. 01/23 歴史は勝者によってつくられる 明治維新の不都合な真実
明治維新とは本当に「維新」だったのか?華々しく語られる近代化の歴史の裏で、「敗者」とされた幕臣たちが貫いた信念と生き方を通して、歴史を読み解く知恵を考える。
01/30には少し毛色が違うが、やはり明治維新絡みの番組展開である。

知恵泉ブログ:NHK

 現在NHKは大河ドラマで「西郷どん」を流しており、前述はその番組宣伝のひとつだろうが、国営放送が歴史の教科書で教えられてきた事に逆らう内容を報ずるのは愉快である。裏読み大好き派の俺としては、大好物也。
子供の頃の親に与えられた偉人伝と言えば「明治政府設立に貢献した者」しか取り上げられず、歴史上の人物としても「天皇家に逆らった者」が書かれることは無かった。江戸幕府側に立った者は悪者以外のなんでもなかった。
特に明治維新においては後に明治政府の中枢となった山口出身者は良き人であり、明治維新の立役者であった鹿児島出身者などは外野扱いされる結果になったと見る。

今また、自由民主党の総裁であり内閣総理大臣でもある山口出身の安倍晋三が日本の歴史を大きく変えてしまった事に、歴史の機微を感じる。正に『歴史は勝者によってつくられる』ということ也。
-【追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『明治維新という過ち』日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト - 眺めのいい部屋から」を拝読し、NHK以外にもそのような図書が出版されていることを知った。Amazonで『明治維新という過ち』
明治維新という過ち改訂増補版 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト [ 原田伊織 ]明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕【電子書籍】[ 原田伊織 ]