無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

社会

レジ袋の有料化:考

政府(環境省)は、マイクロプラスチックごみを削減するため、レジ袋の有料化を小売店などに義務づけ、ペットボトルやストロー等の「使い捨てのプラスチック」の排出を2030年までに25%抑制する目標を設ける方針との事だ。
レジ袋の有料化 小売店に義務づけへ 環境省 | NHKニュース
マイクロプラスチックごみが表立って報道されるようになったのは『USAトランプ政権が中国に対して関税を高くしたため、マイクロプラスチックを中国が買わなくなった』為という報道もあったが、真偽の程は知れない。
また、マイクロプラスチックごみが発生する原因についても議論があり、日本政府が言うとうりかは不明である。
しかし、原因を特化することができないままでも、原因の一部であるかも知れないことを排除する考えは賛成だ。
 とは言うものの、ペットボトルやストロー等の「使い捨てのプラスチック」については抑制する程度の小さな目標しか定めないのに対して、『レジ袋の有料化を小売店などに義務づける』事だけが先行するのが理解できない。

基本的に、『レジ袋の有料化』は大賛成である。というよりも、これまで無料であった事が不思議だ。
仕事人が何かのついでに買物し、入れる袋が無かった的な場面であれば無料が嬉しいかもしれない。しかし、なにがしかの袋を常に携行していれば済むことであり、どんな時でも要否を問われる事無く店舗側がレジ袋に品物を入れて渡す事はよろしくない事である。

という考えから『レジ袋の有料化』に賛成するのだが、環境書の言う事は“有料化”する事だけであり、有料化による収益の使い道が示されていない事がとても面白くない。
有料化する事で「レジ袋を欲しがらない買物客の増加 ⇒ レジ袋使用量の減少」的な効果は望めるだろうが、如何にも「やってます」的な行為であろう。日本政府(安倍政権)が考えそうなマヤカシでしかない。
『レジ袋の有料化を小売店などに義務づける』事で求める効果を具体的に示せ

WikiPedia:ペットボトルリサイクル推奨マーク / エコキャップ運動
ストローは昔は麦藁製であり、俺の時代でもストレート紙製ストローが主流であった。しかし、プラスチック製は「曲がるストロー」や「スプーンストロー」で流行ったのだろう。

全国には、行政側から「家庭ゴミ処理有料化」の提案すらなされず、安穏と日々のゴミを排出し続けている地域が多いのであろう。 環境省が有料化を奨める一方、これに反対する組織も存在するようだ。
もちろん、ゴミを出さない工夫が最初にするべき事だ。 しかし、スーパーマーケットでトレーに入った豆腐を買ってくるような現代の生活では無理というものた。 自家用車の無い、電気の無い....生活を求めるような事だ。
関連過去記事:家庭ゴミ処理有料化:考 / 立ち遅れのインフラ整備

日本人のいい加減感覚

半分、青い。』とかのNHK朝ドラが終わるらしい。青半分とは、どの程度だと考えたタイトルなのだろう。

「半分」とは、どの程度を示すのか考える。「半分」と言われて、50%と思う、40~60%と思う、まちまちであろう。円周率の感覚で、「49.99999999....」、「50.0000001」は「半分」てはないと考える人もいるに違いない。
最近では、「ほぼ」なんて言葉が宣伝にまで使われている。あれだって「限りなく100%に近い」と思う、「50%を超えれば」と思う、色々なのだろう。

朝ドラのタイトル『半分、青い。』は、第12話で小学3年時のヒロイン鈴愛が遠足当日に、雨が止んだ空を見上げて言った台詞でもあるそうだ。「青い」の言葉は「未成熟な状態」を示すつもりなのだろうか。「青い」の反対は「しろい」のだろうか。半分未成熟でも、残り半分は成熟しているのだろうか。
「青い」といっても色見本のように多様である。「空の青」なんて色は人それぞれに思い浮かべる物が違うだろう。

それでも、「半分」と言い、「青い」と言って、互いに同じことを考えているに違いないと思い込むいい加減さが日本人の日本人的な特性なのだろう。
今またまたマスコミの餌食になっている貴乃花親方の騒動では「引退届」とか「退職届」で揉めているそうだ。親方と称する地位にある者が所定の書類を提出しないのは稚児にも劣る。そんな思考回路で、これまで親方として務まったものだと感心するが、これも日本人のいい加減感覚だから務まったのであろう。

巷の女性は「私は歯並びが良ければ美人」的な事を言うが、「歯並びが悪いから美人ではない」と言いたいのだろうか。そんな女性に限って歯並びがどうであろうと美人で無い。一般的には“いいわけ”と称する。
とは言うものの、「歯並びが良い」女性を美人と思う人もいれば、不美人と思う人もいるだろう。「蓼食う虫も好き好き」の言葉もあるように、日本人はいい加減なのである。
しかし、悪いものからでも良いことを見つけ出せるという特技もある。いい加減さこそが、日本人なのかも知れない。「1+1=2」にならないのが日本人なのかも知れない。「2かも知れない」、「ほぼ2」が日本人也。

物事の見方として、正しい事、誤った事が有る。しかし、どうでもよい事が多いのかもと思う爺である

長生きすれば金足らず

安倍晋三君は自由民主党の総裁選挙を勝ち、第4次安倍内閣の改造に突入するようだ。
これで、新元号で初の内閣総理大臣になるが、歴史の汚点と見るべきか。
これにより安倍政権が以前よりやりたがっている悪事を大威張りでできるのだろう。
一旦は取り下げる事にした『安倍内閣の退陣を熱望』看板を再掲する。(過去記事:納得、安倍一強の裏)

既に高齢者と呼ばれる年代の俺は年金受給者である。安いと文句を言いながらでも、仕事人時代の蓄えを食いつぶしながらでも何とか生きている。しかし、もうじき定年退職となる現在は仕事人達の前途は多難だ。
現在の安倍政権は、70歳まで働けと言う。また、年金支給年齢を引き上げたり下げたりと忙しい。
マスコミ等の世論調査によれば「70歳まで働く。働きたい」と答える人が多いとの事だ。しかし、本心は「働かなくて暮らせるならば働きたくない。70歳まで働かなければ老後が不安」ということらしい。
「働ける年代にチマチマと積立れば明るい老後」的な政策で強制的に始まった社会保障制度は、既に陳腐化している。しかし、政府の言う事に従順な日本人は、制度の変更を求める声を発することは無い。
海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと|日刊ゲンダイ
国民年金制度ができた頃の平均寿命で比べても、当時よりも20歳程度は長生きになっているだろう。
その長生きになった高齢者群が、更に健康に留意して体操や食事に気遣っているのだ。また、本心は知らないが、政府も「早めの健康診断で病気を発見すれば長生きできる」的な事で煽っている(あれは、白い巨塔であろう)
しかし、元々が少ない金額の年金とは言え長生きした多くの高齢者に支払いできる財布が底を尽き、何とかして支払額を削ろうとしているのが今の安倍政権である。軍艦を作りアメリカに払う金はOK、社会保障費はNGなのだ。
民社党時代に90兆円になると騒がれた国家予算は、安倍政権になってからの5年ばかりで100兆円を超えた。
支給される少ない年金では健康保険代も払えず、結果的に“無保険”となり、病院に行けない者が増えるだろう。病院に行っても、診察代や薬代が払えない。手術して入院する金が無い者は、健康体操どころではない。

「子供には迷惑をかけたくない」と考える高齢者が増えているそうだ。自分が感じた苦労は子供にさせたくないのだろうか。となれば「介護付き有料老人ホーム」を思いつくが、入居できるだけの蓄えはあるのだろうか。
高齢者「お金のことで子供には迷惑かけたくない」 だが現実は?│NEWSポストセブン

健康に気配りしながら長生きを望む年寄りが多いことを苦々しく見ている成人層も多いと聞く。
彼らに嫌われなくとも、高齢者が望むように「健康に長生きして、自宅でコロコロぷっつん」は難しいらしい。
しかし、やんわりと真綿を締めている安倍政権の御蔭をもって、高齢者の行く末は真っ暗闇となるだろう。
老後(死ぬ迄)に必要な金は如何ほどか(?) という記事は多数見かけるが、2千万円程から1億円程とマチマチだ。こんな金額は、当人の生存年数によって大きく変動するのだから当てにならない。しかし、蓄えが多くても邪魔になる事は無い。とはいうものの、やっと入居した介護付き老人ホームで、強盗にあうのでは堪らない。

海外では「安楽死」できる施設があり、更には安楽死に関する法整備が行われている国もあると聞く。
日本の法律では、患者本人の明確な意思表示に基づく消極的安楽死(=消極的自殺)は、刑法199条の殺人罪、刑法202条の殺人幇助罪・承諾殺人罪にはならず、完全に本人の自由意思で決定・実施できる。
スイスでの安楽死、薬剤投与から死に至るまで20秒│NEWSポストセブン
今の日本では孤独死の惨状が云々されるが、俺が死ぬ頃には孤独死が当たり前の出来事になるかもしれない。
昔の旅人は、どこで行き倒れしても葬儀だけはしてもらえるように懐に葬式代を忍ばせていたと聞く。
孤独死するかも知れない者は、自分の葬儀代程度はタンス預金しておかなければなるまい。三途川の渡し賃も足しておこう。ちなみに現行法では、無縁の者が孤独死した場合は行き倒れと同様に「荼毘⇒無縁墓地埋葬」は行政の費用で行う事ができる。(行旅人 / 行旅死亡人 / 失踪者 / 尊厳死) 関連過去記事:旅先での死 - 遺体搬送

BGM channelより

新安倍政権で「年金受給開始を70才に遅らせる」計画が本格化│NEWSポストセブン

現権力を嫌った政治屋達

石破支持の議員はなぜ負け戦に身を投じたのか、本音を直撃│NEWSポストセブン

上記記事より引用
「ドン・キホーテ」になることを承知で強大な安倍晋三内閣総理大臣に挑むことを表明していた国会議員は、石破派の20人を含めて約50人いた。 (石破茂)
齋藤農水相、田村憲久・元厚労相ら石破派の20人は当然としても、他派閥や無派閥の議員には「現職総理に睨まれる」リスクを取る理由は見当たらない。にもかかわらず、竹下派竹下亘・総務会長、尾辻秀久・元厚労相、谷垣グループ中谷元・元防衛相、無派閥の村上誠一郎・元規制改革相、渡海紀三朗・元文科相など大臣経験者、そして将来ある若手議員たちが石破氏支持を旗幟鮮明にした。
橋本龍太郎・元首相の次男、橋本岳。小泉純一郎の次男、小泉進次郎齋藤健・農水相。
WikiPedia:自由民主党総裁 / 自由民主党総裁選挙 / 2012年自由民主党総裁選挙
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2018年自由民主党総裁選挙より

推薦人一覧
候補者 安倍晋三[12] 石破茂[13]
推薦人代表 橋本聖子 尾辻秀久
選挙責任者 甘利明 古川禎久
推薦人 石原宏高
衛藤征士郎
遠藤利明
大岡敏孝
坂本哲志
平沢勝栄
堀内詔子
宮腰光寛
渡辺博道
青山繁晴
有村治子
佐藤正久
高階恵美子
柘植芳文
塚田一郎
羽生田俊
三木亨
水落敏栄
石井準一
松村祥史
青木一彦
島田三郎
舞立昇治
中西哲
村上誠一郎
中谷元
渡海紀三朗
橘慶一郎
伊藤達也
田村憲久
赤澤亮正
平将明
福山守
田所嘉徳
神山佐市
冨樫博之

Wi-Fiのセキュリティ

常時SSL化(https://)されたサイトにアクセスしましょう」との推進運動とともに、「SSL / TLS設定」は、「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用せず、「TLS 1.2以上を使用しましょう作戦が盛んである。

しかし、「SSL / TLS設定」についてド素人考えをすれば、『下流側の各パソコンユーザーが個々に自分のパソコンで厳重にセキュリティ対策しなくとも、上流側のプロバイダーやサーバーが理想的なセキュリティ対策すれば、泥水が下流に流れ込む事はないだろう』と思う。それでは、上流側と下流側の距離が有り過ぎるのだろうか。
それならば、限りなく下流側に近い「モデム」⇒「ルーター」⇒「無線(Wi-Fi)ルーター」でセキュリティ対策を行えば良いのでなかろうか。と考えたら、Wi-Fiルーターの「SSL / TLS設定」なる事をした覚えが無いという事に気が付いた。

俺のWi-Fiルーターはパソコンと同時期の2011年2月に購入したバッファロー製である。
過日、パソコンをHDDからSDDに換装した際の2017/05/31に「無線Wi-Fi買い替え思案」した結果、Windows 10用ソフト(エアナビゲータ2ライト (Windows用) v2.21 (2018/06/18))に更新し買い替えは行わない事にしている。

本件で学習した結果、Wi-Fiルーターでは「SSL / TLS設定」の機能は無く、ファームウェアを適用するしか無いことを知った。(最新のファームウェアにアップデートする方法 / 無線LAN親機)
これだけはやっておきたい!「無線LAN情報セキュリティ3つの約束」 | 政府広報オンライン
無線LANの情報セキュリティの方式には、WEP(Wired Equivalent Privacy)、WPA、WPA2、という3つの方式があります。そのうち、WEPは最も古い方式であり現在では容易に解読されるおそれがあるため、WEPが持つ弱点を補強して解読が困難となったWPA又はWPA2による暗号化を行いましょう。
俺のWi-Fiルーターは最新のWPA2を設定しているが、脆弱性が発見されている。
※WikiPedia:Wi-Fi Protected Access
しかし、2018年6月25日に「WPA3」が発表。2018年後半より対応機器がリリースされる予定
脆弱なWPA2は消える、WPA3登場で進化する無線LANセキュリティ - 日経トレンディネット
 各自のパソコンでTLS 1.2を設定しても動作が一定しない場合が見受けられるのは、Wi-Fiルーターなど下流側のセキュリティ対策が一定で無いことが原因なのかもしれない。
IoT(モノのインターネット)という事で、テレビや洗濯機を外出先のスマホからコントロールできる仕掛けが提供されているが、あれはスマホのセキュリティを突破すれば後はやり放題になるのだろうな~
過去記事:Yahoo! JAPANがTLS1.2へ / ネットの設定変更方法 (自診くん / Yahoo!のチェッカー) / Microsoftもいよいよ

ネットのセキュリティを語る以前に、自尊心だけは高い日本のシステムは自然災害に備えていない事が判った。
停電の時、電気で動く医療機器を使う在宅療養中の人はどうしたらいいのか
テレビCM パラマウントベッド・INTIME1000「いま、やがて篇」


政府の言うようにキャッシュレス拡大したり、スマホで自宅の施錠管理すると、大いに困る事が実証された。

安倍草履の地盤山口4区?

安倍晋三という政治家を生み出し、内閣総理大臣にした山口県とはどのような人が住んでいるのか学んでみた。
  • 1991年(H3)に総裁候補の最有力と目されていた父・安倍晋太郎が急死。1993年(H5)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙旧山口1区から出馬し初当選。
  • 2006年(H18)9月20日、自由民主党総裁に選出、内閣総理大臣に指名される。戦後最年少で、戦後生まれとしては初めての内閣総理大臣。
  • WikiPediaによれば系譜としては見応えがある。
山口県第4区は1994年(H6)の公職選挙法改正で設置され、旧山口1区時代を含めて自由民主党の強い保守王国である。過去の総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れた2009年の第45回衆議院議員総選挙でさえも、安倍が他党の候補に比例復活すら許さず大差で制している。
との事で、下関市長門市が該当する。
日本ブログ村のPVアクセス順ランキングでは 山口県情報 / 下関情報 / 長門情報

ANN世論調査 次の総裁は“石破氏” ただし…
2018年世論調査|報道ステーション|テレビ朝日
自民党支持者は安倍晋三が良いのだそうだ。一方、自民党支持者以外は石破茂が良いのだそうだ。
議員にしろ地元選挙民にしろ、安倍草履からうまい汁に預かろうとする者は支持するだろうな。
関連過去記事:戦争の支持声明に反対 / アメリカの謝罪報道に思う / 疑問な日本の報道体制 / なにが「ウィンウィン」だ / 何をおっしゃる / これは「いじめ」だな / 既に手遅れと言うべき / 張子の虎の自衛隊 / 安倍総理を褒めてみる? / ザル法は安倍草履の聖書 / 憲法改正と言うが / 信じられる指導者 / 総理大臣は直接選挙で2 / 自己保身だけの安倍晋三安倍草履と報道の陰謀 / 歴史は作られる

ノモンハン事件:考

昨夜はNHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」を見た。過日の再放送である。
当時の関係者の肉声を交えた内容は見応えがあった。

やはり日本人という輩は...と、改めて思う。関係者の肉声が語る言葉は、みな自己擁護てある。
事件が勃発し、肉声を録音する頃の当事者達はそれなりの権力がある地位にいて、どうにでもする事ができるという自負心かあったのだろう。録音した頃には、まさか自分の行った事が遠い未来で悪行として暴かれ。それを正当化する為の自分の発言が広報されることを想定していなかったのだろう

日本人の中でも、古くから人の上に立つ事に慣れてきた家系の者では無い、いわゆる下衆が偶々出世したような輩は結局は我が身が大事であるということだろう。自分の考えひとつで何万人が死に、国が亡びる結果になったところで、自分さえ良ければ良いのであろう。自分以外の者がどうなろうと知ったことではないのだ。

この傾向は日本人に限ったことかと見ていたが、最近になって考えが変わった。NHKスペシャル「人類誕生」を視聴したところによれば、要するにホモ・サピエンスと呼ばれる現代人とはそういう人種らしい。WikiPedia:ヒト
他の人間や存在に危害を加えてでも自分さえ良ければ良しとするのが現代人ということらしい。

安倍晋三やそれを担ぎ上げている政治家・経済人なんて輩は、「ノモンハン事件」に関わった関東軍の司令部等と同じ思想である。目新しい所では、日本大学等の大組織も同様なのであろう。
ノモンハン事件での大日本帝国陸軍の敗北が無かったならば、日本は第二次世界大戦に参戦しなかったかも知れない。競馬の負けを取り戻そうとして泥沼にはまり込んでいく日本を庶民は知らず、知らされなかった。
味方でない者は敵であり、味方以外の者の生死は気に掛けていられないということだ。しかし、悪事はバレる。
「天知る地知る我が知る」
ノーを言わない、言う事を潔しとしない日本国民は、自分が崖っぷちに立ってから泣きわめくだけ也。

戦争と人間五味川純平

政府の注意喚起とは?

医療機関ウェブサイトの「大げさ」な表現にご注意を。 | 政府広報オンライン
テレビCMやチラシ、インターネット上のバナー広告等に加え、医療機関のウェブサイトも広告規制の対象となり、いわゆるビフォーアフターの写真の禁止など使用できる表現も厳しくなりました。どのような表現が禁止されているのかを知って、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。
とのこと也。
政府すなわち厚生労働省と、ネットの医療機関の言い分のどちらを信じるかはカラスの勝手なのだろうか。
いずれを選ぶかは兎も角、両者の言い分は聞いても損は無い。

それにしても、政府もネットや広告をターゲットにするばかりでなく、テレビの医療ワイドショーや、番組で語る医師の発言にも責任ある規制措置をして欲しいものだ。同様に、巷に溢れている雑誌の類も規制して欲しい。半世紀前までは猥褻本のチェックをしていたのだから、格好だけでも出来ないことはあるまい。政府の墨付きの発言であれば、医療事故が起こったとしても政府に責任追及することができる也。予期せぬ副作用が出ても、損害賠償は国相手也。

病院の災害に備えろ

平成30年7月豪雨で被災した広島だか(?)岡山だか(?)の病院が、カルテを消失したとのこと也。
辛うじて残ったカルテも水に濡れたとのことで、乾かしている病院関係者の姿が報じられていた。
カルテが無くなったため、患者からどんな薬を飲んでいるか(?)聞き取りして投薬を調べているとの事だ。

どんな病院なのかは知らないが、今どき「紙のカルテ」しか無いという事は、お粗末この上無い失態である。
それにも関わらず、カルテ消失に対応する病院関係者の姿を「頑張っている」として報ずるマスコミは無知也。
電子カルテ化されている事は当然であり、電子カルテも一カ所集中で管理されている病院は同様の失態を行う。
電子カルテ化した上で、システムやデータは一元管理ではなく分散して保管しなければならない事だ。
電子カルテは、沖縄の病院の患者が北海道ででも受診できる事を目的しているはずだ。
WikiPedia:電子カルテより抜粋引用
日本では、2001年12月、e-Japan構想の一環として厚生労働省が策定した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」において、「2006年度までに全国の400床以上の病院および全診療所の6割以上に電子カルテシステムの普及を図ること」が目標として掲げられた。しかし、2017年現在、いまだ達成されていない。

ちっぽけな町医者でさえ、病院の事務簡素化を図ろうとしたならば電子カルテ化は初歩の初歩である。
電子カルテ化する事で患者の治療に役立てる事は当然だが、治療と投薬等を入力する事で、病院事務が簡素化できる。病院内の経理事務に始まり税務関係まで完結できるのは、電子カルテ化されている事が先決だ。
「紙のカルテ」しか無い遅れた考えの病院に通う患者は、自宅の災害に備える以前に病院を変えるべきである。

当地石川県では、患者が同意すれば他病院での診察・診療状況をネット閲覧できる(いしかわ診療情報共有ネットワーク)。尚、医師の紹介状に掛かる料金が徴収されているか否かは知らない。また、厚生労働省の医療機能情報提供制度(医療情報ネット)の一環として「石川県医療・薬局機能情報提供システム」が運用されている。
「広域災害にどう備えるか」(視点・論点) | NHK 解説委員室
関連過去記事:ふざけるな、厚労省 / 独善的に病院選び:考 / 病気の履歴書が必要 / マイナンバーと電子カルテ / 知らなかった開示義務 / 医者の紹介状 / お薬手帳:学 / 沢山の薬の飲み方

 病院の電子カルテだけではなく、広島や岡山では行政のシステムも被害から立ち直れていないようだ。
山陽地方は進んでいるエリアと見ていたが、過年の広島市安佐南区での土砂災害からの復旧作業と言い、そうでも無いようだ。他地域の情報収集に勤め、自地域に反映させる事は当然であるが、それを国が支援しないのは如何なものだろう。監督官庁として偉そうに上に立ち、不祥事・不手際の際だけに出てくるような国の機関は不要也。

帰巣本能part.2

今日から8月。夏休みが始まって10日程経つが当地の学童たちで日焼けした子は見かけない。
この暑さでは、外で遊ぶこともないのだろうか。
二の丑の今日、定例の通院。いつもならば石川県立大学の学生で混むバスも空いていた。
病院は、内科系の患者は少ないが、退職したばかり風の親父どもが多い。なぜか、泌尿器科
関連過去記事:ジェネリック薬を変えた / 2018服用している薬:変
しかし、お盆休みになれば都会に出稼ぎしている息子が孫を連れて爺婆を訪ねるのだろうか。
過日「出身地に見る帰巣本能」と書いたが、続編で思う。
東北地方では夏祭りが始まっている。弘前ねぷた盛岡さんさ踊り東北三大祭り山形花笠まつり

都会や他の地域に出稼ぎする男性と違い、女性の場合は同じ土地で生まれ・暮らす人が多いのだろうか。
産湯を使った土地で一生を過ごし、その土地しか知らないという女性が多いのだろうか。当地ではそんな女性たちが多いようで、土地の方言を用いるのは女性の方が多いように見ている。しかし、一生同じ土地で暮らしてきた職業の男性も少なくは無いようだ。早い話が、俺と同年配以上と見受ける年寄りは、だいたいは方言でしか話さない。
そのような人達は産まれた土地から出たことがないという、羨ましい人生を送ったのだろうか。
産まれた土地から出て退職リタイアしてからUターンし、故郷の言葉に戻ったという人も多いのだろう。
女性の場合、嫁ぎ先はとんでもない見知らぬ土地である場合もあるだろうし、夫と共に各地を転居して回る場合もあるだろう。そんな視点で考えれば、男性よりも女性の方が故郷に拘らないのかも知れない。

いずれにしても男性の場合、年寄りほど変化を嫌がり、長く暮らした土地とか、生まれた土地に戻りたがる傾向があるように見受ける。生まれた土地に戻る動機としては、先祖代々の土地を守るという義務感なのだろうか。

 今日は定例の通院。
関連過去記事:ジェネリック薬を変えた / 2018服用している薬:変

宮古島・島巡り ②~伊良部島下地島~ 201705

与那国町観光PR動画
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • ★SSL / TLS 設定方法
  • ★SSL / TLS 設定方法
  • 要介護認定学
  • レジ袋の有料化:考
  • 似ている? 二人
  • 似ている? 二人
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
2019年
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ