無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

社会

マイナカードが保険証?

2018/04/04「マイナンバーの無駄遣い」にて『健康保険証に関してマイナンバー制度に背くような動きが始まった。マイナンバー制度とは、国民にとっては確定申告にしか役に立たない』と書いたが、進展があるようだ。
マイナンバーカードを保険証に=20年度、取得者拡大も狙い-厚労省:時事ドットコム
厚生労働省は2020年度から、マイナンバーカードを健康保険証の代わりとして使えるようにする。
との事だが、現有機能だけでは実現できないため機能付加の必要が有り
マイナンバー制度と診療報酬の審査業務を担う「社会保険診療報酬支払基金」などをつないだシステムを構築
との事だ。 そんな事はマイナンバー制度を導入する時点で判り切っていたはずだ。
それにも関わらず、「マイナンバーカードの申し込み」について大騒ぎ(2016/01交付開始)してから年数の経った今になって再び持ち出して「システムを構築」に掛かる費用を使いこもうとする魂胆は如何なるものだろうか
と難癖を付けても「個人番号カード、保険証に/税管理、病院で使用も(47NEWS、2015/01/20)」で報道済也。
また、所持率が1割というマイナンバーカード健康保険証の代わりに使えるようにしたところで、その為にカードを作成する者が増えるとは考えられない。本気でやる気があったのであれば、既に出遅れだ。

J-アラートと言い、システムと呼べば何も文句を言わない日本人は、本件に関する「システムを構築」に掛かる費用について四の五のと言わないのであろう。野党もセクハラ騒ぎに浮かれていないで、本件にも反対しろ。
マイナンバーカード総合サイト(個人番号カードの公式サイト) - 地方公共団体情報システム機構

当地野々市市は長生きとので、ガイドブック「ののいち日和-いつまでも普通に楽しい暮らし」を作ったとの事。
野々市流長寿 アイデア満載 女性平均寿命88.6歳 全国5位:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)
しかし、今年から値上がりした介護保険料は全国平均よりも高い。(野々市市 介護保険料)
緊急通報装置のレンタル / 在宅高齢者福祉サービス申請書 / 介護保険サービスを利用するためには
国民健康保険料だって負けてはいないようだ。
国民健康保険
 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」 - 厚生労働省
関連過去記事:マイナンバーの無駄遣い / マイナンバー情報 / 年金生活者の確定申告 / 確定申告不要制度:学 / ふざけるな、厚労省 / マイナンバーと電子カルテ / お薬手帳:学 / マイナポータルの本格運用 / マイナンバー情報 / 改正介護保険など:学 / 高齢者、自宅の売り時は?

処方薬 病院近くの薬局と遠い薬局で価格が異なる理由 | マネーポストWEB
【概略。詳細は上記記事】調剤基本料は、病院内にある直営の「院内薬局」が80円、病院敷地内にあるが病院が運営していない「門内薬局」が100円、病院の近くにある等の「門前薬局」が250円。一般薬局は410円。

何故テレビは報じない?

国会前デモ:安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で3万人 - 毎日新聞(2018年4月14日 18時50分)


国会議事堂前デモ現地レポート 参加者の顔触れは?歓声上がったのは... : J-CASTニュース(2018/4/14 17:51)


国会前で市民団体が集会 「全部明らかにして」抗議の声:朝日新聞デジタル(2018年4月14日21時24分)


「森友」「加計」真相解明求め国会前で大規模デモ | NHKニュース(4月14日 18時01分)


アメリカの属国の日本

初めて見たテレビはアメリカの西部劇(ボナンザ)だった。昭和30年代の秋田では、東京から発するテレビ電波が新潟経由で日本海を通って受信したと聞いた。その為、日本海が荒れるとオタマジャクシが走る画面だった。
小学校の視聴覚教室には当時にしては最新型の大型テレビが据えられていたが、日本海の波加減次第で楽しみのテレビを視る事ができなかった。自宅で視る番組といっても、ハリマオとかが日本製で、大半はアメリカ製と覚える。

そんなアメリカの番組ばかりの時代から、昭和50年のバブル時代頃には日本の番組と胸を張って見れる物が出た。
 しかし、平成も改まる今、安倍政権からの制約が有るのか無いのか。テレビ番組は無用の長物と化した。

今ではトップニュースはアメリカの事だ。
翻訳してアフレコを入れれば済むのだから、日本のテレビ局としては番組作りが手間無しなのだろう。
野球にしてもアメリカからの輸入品ばかりだ。〇億円をせしめて出稼ぎに出かけた者の事よりも、日本で頑張る野球選手を取り上げればよろしかろうと思うのだが、日本の事などは噂にも上らない。
トランプ大統領が行っているとされるのマスコミイジメよりも、安部草履の制約の方が陰湿なのだろうか。

もっとも、日本のドラマよりは、韓国のドラマのほうが楽しめる。昔の日本のように、懸命にドラマ作りしている姿勢が伺える。また、金を掛けただけで手抜きしている日本のドラマよりも内容が良い。

日本のテレビ局は、大事なニュースは取り上げない。NHKはじめ民放各局が同じ画面を使って大差ない文面を読み上げるだけだ。あんな内容であれば、いずれかのテレビ局をニュース専門テレビにすれば済むことだ。
猟奇ポイ事件や女性が絡んだ事件だけは我武者羅に報道する。それも、何故か顔写真を映したがる。犯人とは定まる前に顔写真を公表する報道姿勢はいだけない。増してや、50歳の容疑者の高校時代の写真を無理やり映すのはスクープとやらのつもりなのだろうか。顔写真を見せられたところで、遠方に住む赤の他人としては目の毒になるだけだ。
一方で三面記事的なニュースでも自社が取材した内容を報じてはいない。グループ会社の新聞社が取材し作成した新聞記事の文章を拡大して赤線を塗って付箋を貼り、付箋を剥がしながら読み上げるという楽な商売だ。
しゃがれ声の香具師もどきが読み上げる新聞記事を見るくらいなら、インターネットの新聞記事を読んだ方が良い。
関連過去記事:健康に生きるor死ぬ / アメリカの犬として死ぬ? / なにがあったのでしょう / メディアとは何だ?:学 / 人の意見は色々で / 疑問な日本の報道体制

緑十字一式陸攻  WikiPedia:緑十字飛行


ザ・スクープスペシャル 緑十字機 決死の飛行 ~誰も知らない“空白の7日間"~ - テレビ朝日制作 2016年

残業代込みの生活が破綻

過剰な時間外労働が原因として死亡する人が出る中で政府は、「働き方対策」とやらを持ち上げている。
その施策が役に立つのか否かはこれからの課題として、我こそは優秀と思っている日本人は頼まれもしない事を奪ってでも行い、ドヤ顔をしたがる。頼みもしない事を進んでやりたがるのが日本人の考え方の原点だろう。
その逆の意味で、今騒動のネタになっている「陸上自衛隊のイラク派遣の日報問題」について、航空幕僚監部などからも出てくるという現象はバカげている。 当事者意識というか、連想する思考力が無い馬鹿なのか。

そもそも労働力の計画は会社側(経営者側)が計画する事である。その計画に基づいて労働力となる労働者を確保する事になる。そして時間外労働を行うことを前提として労働計画されている場合もある。その場合は、雇用する労働者の人数は少なくなり、時間外労働を行う事は当然で、常態化することになる。
一方で、繁忙期を除いて時間外労働を必要としない労働計画もある。その場合は雇用労働者の人数は多くなる。
ザックリとこんなバランス感覚で成り立っているのではないだろうか。
したがって、時間外労働とは、会社側が雇用者に命令する事で発生することである。

しかしながら、世界に珍しい日本の労働体系においては、時間外労働は雇用者が勝手に行っているケースが多いのではないだろうか。勝手にと言えば聞こえが悪いが、雇用者が経営者であるかのごとく、会社の事を・仕事の事を心配して考えた結果とも見えなくはない。
まあ、要するに「経営者の役目」と「雇用者の役目」が機能せず、混じりあうという日本の良き文化の成せる結果なのかもしれない。いずれにしても、命令もされず、必要もない時間外労働が行われ、それがどのような内容であろうとも労働に対する対価が支払われるという場面もあるだろう。勿論、ただ働きの場合もある。
会社から命令されていないにも関わらず、自分勝手に意気に感じて拘束時間を創作し、会社に期待されている哀れな労働者であるかのごとき錯覚を持って時間に縛り付けられてしまい、結果的に健康を壊す場合もあるだろう。

俺が勤めていた会社では、昼間は仕事をせず時間外タイムになると「自分の時間外労働の必要性を正当化するかのごとく、仕事をしているかのようなポーズをする」者もいた。その働きの必要性は、自身が知るだけだ。
時間外労働を行う事で会社から出される補食を食べることや、会社帰りの居酒屋で割り勘の飲食で満腹すること等で、自宅での夕食代を浮かす者がいた。如何にもセコイ話だが、そこまでしてでも金を貯めたいらしい。

時間外労働と称したところで、それに見合った仕事をしているのかを判定することができなくとも、会社に居さえすれば会社の拘束時間として賃金の支払い対象時間になるということだ。 自身の所得計算の中に時間外労働の賃金を含んだライフプランをしていて、夕食代を浮かす事も含めて女房ぐるみで計算づくなのだから堪ったものではない。 
 こんな話題はバブル絶世記の俺の周囲の職場環境だけの出来事かと思ったら、現代でも有る出来事のようだ。
以下の記事に取り上げられた人が、前記のような「会社に求められない時間外勤務」をしているのか(?)は知らないが、時間外勤務により得る金も常態として受け取る収入に組み込んで生涯設計をしていたということだ。
49歳「アラフィフ残業貴族」を襲った年収減  | 東洋経済オンライン
残業代収入を含めてローンで自宅を求めた人の生活が、最近政府が推進する「働き方改革」の影響で、「残業代込みの生活プラン」が破綻しかかっている。
というものだ。 アベノミクスに始まり造語ばかりの安倍政権は「高度プロフェッショナル制度」なんちゅ~呼び名まで作り「残業ゼロ法案」として、年収1075万円以上の高度な専門職についている人には残業代を支払わないそうだ。
また、時間外労働は最大でも年間720時間以内、月100時間未満とするとのこと。(※働き方改革関連法案)
高い知識・技術を持つことで高収入を得る事ができるようになった者は、時間外手当も貰えずに70歳にならねば年金も貰えない。高収入に見合った税金を取られ、年金や保険料も同様に支払い、それで長生きしなきゃつまらん。
 野党も安倍草履のコキ落としにばかり終始していないで、現実的な国会審議にも目を向けて欲しい。

20180401
Windows 10のショップからDLLした壁紙

パワハラって言うが?

伊調馨へのパワハラ認定 協会が委託した第三者の弁護士:朝日新聞デジタル
レスリング女子の伊調馨(ALSOK)が、日本協会栄和人強化本部長からパワハラ行為を受けたとされる告発状が内閣府に出された問題で、同協会が委託した第三者の弁護士による聞き取り調査の結果、伊調へのパワハラ行為が認定されたことがわかった。
とのことだが、どこの組織が「パワハラ行為を認定」したのだろうか 別サイトの記事では第三者機関との事。

略称で「パワハラ」と称するが、元々の如何にも英語のような「パワーハラスメント(power harassment)」とは『2001年(平成13年)に東京のコンサルティング会社が創った和製英語』である。
その言葉にどのような意味が有るとして、「パワハラ行為を認定」したのだろう。曖昧模糊とした意味しか無い言葉に対する行為・思想をどのように解釈したのだろうか。 認定したのが内閣であったら問いただしたいものだ。

と思っていたら、厚生労働省の看板を出した以下のようなサイトで解説がなされている。
パワハラの定義|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けたポータルサイト
本サイトは、都道府県労働局や労働基準監督署への相談件数が増加の一途をたどるなど、社会的な問題として顕在化してきている職場のパワーハラスメント問題について、2011年7月から開催された「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」の提言等を基に、職場のパワーハラスメント問題の予防・解決に向け、問題に関する様々な情報発信を行なっていくため、厚生労働省委託事業として、平成24年10月1日に開設しました。

とのことだ。 和製英語に政府筋が定義付けをするというのは聞いたことが無いが....
それによれば、「職場のパワーハラスメントとは」以下のとおりだ。
職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。
前記の「パワハラ行為を認定」した組織が『何を根拠』にしたのか知らないが、いい加減な解釈とも言える。
さすがは『伝統を守る大相撲』を国技として文部省が関わるような国家。「和製英語である事に拘らない。

厚生労働省雇用環境・均等局公式「あかるい職場応援団」SNSアカウント情報
Twitterアカウント名:@no_pwr_harassmn
TwitterアカウントURL:http://twitter.com/no_pwr_harassmn
Facebookページ名:パワハラ対策相応情報サイト「あかるい職場応援団」

パワーハラスメント(power harassment)という和製英語以外に、ドクターハラスメント(doctor harrassment)やモラルハラスメント(仏: harcèlement moral、英: mobbing)といった「〇〇ハラスメント」・「〇〇ハラ」という用語をマスコミが用いるが「セクシャルハラスメント(sexual harassment)」以外はすべて和製英語とのことだ。
「〇〇ハラ」という言葉は三十数種類あるとの事。 如何にも横文字かぶれの日本人らしいと言えよう。
全33種類の○○ハラスメント一覧 | 社会人の教科書
 「ハラスメント」をWikiPediaで検索すると『嫌がらせ(いやがらせ)』 と出る。

政治屋はドキドキ也

3ヶ月も隠蔽していた理由はなんだろうか。(陸上幕僚監部 / 統合幕僚長 / 陸上幕僚長 / 陸上自衛官)部隊編制
陸上自衛隊では知っていたことを、政治屋どもに知らせなかった理由はなんだろうか。
シビリアン・コントロールはできていないし、せっかく戦争ができる国になったのだから、我欲しかない政治屋をぶっ潰すクーデターでもやってみれば。行政に携わる省庁も、政権を無視すれば良い。国民としては変わりないだろう。

「なぜ内閣への報告が遅れたかを調査させている」と防衛大臣様は偉そうに記者会見するが、誰に調査させているのだろうか。クーデター計画があるのであれば、同族同士で内部調査してもわかるまい。5W1Hを明確に。
この件は、無駄に騒ぐだけの野党よりは、与党の幹部にとって怖い出来事であろう
こんな事をブログに書くと共謀罪でしょっぴかれるかしらん
過去記事:着地点の無い安倍草履 / 安倍草履の断末魔
大日本帝国時代であれば、大日本帝国軍の統帥権天皇にあった(陸海軍の最高指揮官は大元帥の天皇)からクーデターを収束することができた。現在では、自衛隊最高指揮監督権を有する内閣総理大臣と隊務を統括する防衛大臣を殺めれば止める権力は無い。止められるのは陸・海・空の各自衛隊同士撃ちしか無い。
関連過去記事:憲法改定に反対 / 戦争をしたい?安倍総理 / 信じられる指導者 / 総理大臣は直接選挙で2 / 終戦の手段が無い日本

2・26事件の内幕・緊迫の24時間・その時歴史が動いた

嫌だね、医者の腕試し

これまでは、しこたま高額な自費診療でなければ行えなかったロボット手術のダビンチ(da Vinci、ダ・ヴィンチ)が2018年の診療報酬改定で公的医療保険適用になった。体験者の蟷螂さんによれば、380万円が1/10程となるらしい。

ダビンチは胸腔ないし腹腔の内視鏡下手術用ロボットということで、ガンの手術に用いられる場合が多いとの事。
しかし、開腹手術よりも内視鏡下手術が大流行の昨今では、手術料さえ高くなければロボット支援手術でも然したる抵抗感は薄いのだろう。なぜかは判りかねているが、政府はAI(人工知能)に御執心の様子だから。
がん治療で活躍のロボット「ダビンチ」 保険適用広がりより“患者に優しく”|AERA dot
増してや、空っ風の吹く地域では医者の腕試しのようにして患者が死んでいるのだから、なまじな出世根性とか、損得感情を持たないロボットにお任せするのも悪くは無いかもしれない。
da Vinciについて | インテュイティブサージカル合同会社 - ダヴィンチ サージカル システム


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昔は、山崎豊子氏の小説『白い巨塔』とか、松本清張氏の作品を読んでは、裏社会というものに驚愕していたが、最近では正に「事実は小説より奇なり」となってきた。
WikiPedia:初診料 / 再診料 / 外来管理加算 / 混合診療 / 保険外併用療養費
関連過去記事:ふざけるな、厚労省 / 独善的に病院選び:考 / 病気の履歴書が必要 / マイナンバーと電子カルテ

マイナンバーの無駄遣い

「便利なマイナンバー制度が始まる」として、「マイナンバーカードの作成」の呼びかけには膨大な宣伝費用を掛けたようだ。しかし、未だにマイナンバーカードの所持者は少なく、利用シーンの少ないマイナンバー制度である。

個人一人ずつにマイナンバーを割り当て、生まれてから死ぬまでの各種手続きが行えるという謳い文句であった。
特に社会保障制度の上では絶対に必要であると宣伝していたが、既に健康保険証に関してマイナンバー制度ら背くような動きが始まった。結局のところマイナンバー制度とは、国民にとっては確定申告にしか役に立たない、税務署が取っ逸れが無くなった事を喜ぶだけの高い玩具だったのだろうか。
番号2桁増で個人識別=健康保険証、19年夏から-企業、自治体負担抑制へ・厚労省:時事ドットコム
現行の健康保険証は世帯別に番号が付いており、加入者本人と扶養家族の保険証番号が同じで個人を識別できないため、厚生労働省は現在のものに2桁付け足して、一人ひとり違う番号を割り振る検討に入った。2019年7月から新たな保険証に順次更新し、健康診断結果などの継続管理に役立てる。
75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険証番号は既に個人別に割り振っており、対象外だ。

とは言うものの、「システム構築」という国民に対する甘い言葉をチラつかせて、陰で儲かっている誰かがいるのかも知れない。要するに各個人は、マイナンバーカードと健康保険証の2枚を所持する事になり何も変わりはしない。
国は、これを管理するという名目で闇金を自由に使える。 国民年金の失敗は依然として繰り返されるだろう。

今日から国民健康保険(国保)の保険料が変わる。運営主体は地方自治体(4月に市区町村から都道府県に移る)であるため居住地により保険料が異なるが、43%の自治体で上がる。(厚労省は、57%は下がるか据え置きと発表)

マイナンバー制度のような高い玩具を作らなくとも、頑張っている地方行政のやり方を真似れば済む箏が多い
神戸新聞NEXT|死亡の手続き、一括で 三田市役所がおくやみ窓口
死亡に伴って市役所で行う手続き(死亡届は除く、税金や国民健康保険、介護保険など最大52種類に上り、担当は18課にまたがる) を、「おくやみコーナー」で職員が遺族に聞き取りを行い、必要な手続きを紹介。あらかじめ故人の情報が印字された書類を手渡し、遺族は最小限の記入や署名・押印だけで済む。 ※2016年に大分県別府市が始めたのが最初とみられる。(三田市-おくやみコーナー別府市-お悔やみ ※主な手続き一覧松坂市)
【CM】UQmobile UQモバイル 家族割 深田恭子 多部未華子 永野芽郁 友近

「徘徊」の言葉:考

「徘徊」使いません 当事者の声踏まえ、見直しの動き:朝日新聞デジタル
認知症の人が一人で外出したり、道に迷ったりすることを「徘徊(はいかい)」と呼んできた。だが認知症の本人からその呼び方をやめてほしいという声があがり、自治体などで「徘徊」を使わない動きが広がっている。
「徘徊」の辞書説明では「目的もなく、うろうろと歩きまわること」(大辞林)「どこともなく歩きまわること」(広辞苑)
であり、当事者の認識としては『目的も無く』ではないから徘徊ではないという言い分のようだ。

厚生労働省は当事者の意見をふまえ、「新たな文書や行政説明などでは使わないようにしている」とのこと。
そして、朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊」の言葉を原則として使わず、「外出中に道に迷う」などと表現するとのことだ。 (※WikiPedia:図書館情報学用語の一覧)


かつて「痴呆(ちほう)」と呼ばれたが、侮蔑的な表現であるなどの理由で2004年に厚労省が「認知症」と改めた。しかし「徘徊」の呼称も「時代にあわない」と問題提起がなされているとの事也。侮蔑だ、イジメだと日本人は身勝手也。

俺の周囲では「痴呆」なんて~漢字ではなく、単純に「ボケ」と呼んでいたが「呆け・耄け」と書くらしい。
有吉佐和子氏の小説『恍惚の人』が「痴呆」の理解に与えた影響は少なくないのではないだろうか。
呼び方を変えてところで、本質的には何も変わらない事象の言葉に拘っても致し方あるまいと言えば叱られるのだろうか。また、辞典の説明と自分の行動・考えを照らし合わせて、相違しているということにクレームを行うという姿勢が俺には理解できない。その言葉の違いによって生きるか死ぬか的な問題に発展するのであれば兎も角、目的の有無に関わらず歩き回るという行動を示す言葉だろう。
とは言うものの、改めて考えれば当地野々市市では「行方不明者が出ました」との広報だったかも知れない。

俺のネット生活で、よくお邪魔するブログを「徘徊先」と称し、ブログ執筆時にもそのように表記してきたが、本件を知ったからには向後改めたいと考える次第だ。しかし、順位付けのNo.2として「巡回先」を用いているので、なかなかに悩ましい。「放浪(ほうろう)」ってのも何だし、「閲覧(えつらん)」では並みっぽいし...
 今日、東京ミッドタウン日比谷がオープンした。ビル内で徘徊しそうだ (公式サイト)
東京での仕事サボリ散歩道がドンドンと変わっている。上京したら徘徊の御上りさんだな~

TVCM 東京ミッドタウン日比谷「シアワセって」篇

三井不動産 YouTubeより

どうするフェイクニュース

NHKをはじめ主要な民放各局を含めた地上基幹放送局免許の有効期間は5年であり、平成25年10月に再免許された全ての放送事業者が今年(2018年)10月を以て失効することになり、再申請が必要となる。

放送・通信を管轄する総務省では、野田聖子総務大臣がモリカケ問題でそれ以外には気が回っていないような安倍草履の下知を待っていたようだ。昨日の「放送の規制、全廃方針 - 共同通信」によれば『NHK以外の放送関連の規制をほぼ全廃し、インターネット通信の規制と一本化する方針』とのことだ(参考:PDF)。 これに対して、
野田聖子総務相 「放送法4条を撤廃した場合、事実に基づかない報道が増加する可能性」 - 産経ニュース
放送法4条(国内放送等の放送番組の編集等)
との報道もある。これに関連してと見るが、昨夜NHKでは放送記念日特集として「フェイクニュースとどう向き合うか~“事実”をめぐる闘い~」を流していた。何を捉えてフェイクニュースとするか(?)は、籠の鳥の身分の俺としては知るよしも無いが、NHK自身は自局の報道を虚偽であるとは考えていないらしい。 (WikiPedia:放送禁止 / 表現の自由)
プロパガンダと言い、フェイクニュースと言い、国営放送と揶揄されるNHK(日本放送協会)が本家ではないのか
ちなみに「放送記念日」とは『NHKが1943年(S18)に制定した記念日』とのこと。 へぇ~ものだ。
「放送法4条を撤廃」すれば、フェイクニュースに関する規制は無くなるということだ。
嘘つきが、自分で自分のことを「嘘つきです」と言うはずもない。
社会のことや、自然のことなど、宇宙も神も、私は何も知らないままに生まれ死んでいくのかもしれない。
島国の日本では、今日も国会とやらで嘘つき合戦が騒々しい。安倍草履なんて存在は善人のフェイクそのものだ。
WikiPedia:ネット検閲 / 情報通信法案


【追記:03/24】放送法の「政治的公平」撤廃を検討 政府、新規参入促す:朝日新聞デジタル
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • Chromeの拡張機能
  • Chromeの拡張機能
  • 電気の契約アンペア:考
  • ♪行かなきゃ良かった
  • パスワード⇒生体認証
  • 長生きのリスクを思う
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
こよみのページ
世界時計
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板の記事-最新5件

名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

  • ライブドアブログ