無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

肺炎

禁煙生活まる2年

2015/10/16に金沢の某・大きな総合病院で肺の検査の結果、間質性肺炎の病名を貰って丸2年が過ぎた。
特発性間質性肺炎ということになれば日本の特定疾患、いわゆる難病也。特定疾患治療研究事業
その医師は「2年間の生存期間を云々」と説明し、『確かに説明を受けた』としてサインする事を求められた。
病型によっては5年生存率が90%以上だが、最も悪い病型では2年生存率が50%前後とのこと。
極端に言えば、「禁煙しなければ何時死んでも不思議ではない」ということで、「お前が死んだら、病名は迷わずに間質性肺炎とする」とその医師は言う。 最も、余命宣告をする場合もある病気のひとつということだ。
そして「必ず禁煙するなら治療してやる」と脅かされ、禁煙した。以後、眼の手術をサボった事で病院を替える事になり、替わり先の病院では殊更の治療も無く半年に1度CTR撮影で様子を見るだけだが、まだ生きている。
あの医師は『いつ死んでもおかしくない事を、バカな患者に間違いなく告知した』という証拠を残したかったのだろうと独善的に理解している。病気を治すことよりも、医師としての保身を優先させたのだろう。
そんな医師の診察であっても一度申し渡された「間質性肺炎」の烙印を消すことができずにいる。転院した病院では「間質性肺炎の診断」を疑問視しているが、その烙印を消す事は生検を行うなどしなければできないのだそうだ。つまり、治療を受けるよう大騒動なのだ。ヤブだろうが、誤診だろうが、一度宣告された烙印は死ぬまで着いて回る。
保健に加入するような場面でも間質性肺炎である事を告知しなければならなくなったのは困りものだ。
東京都では自宅禁煙を条例化したと聞くが、東京オリンピック向けに「電気加熱式タバコ」がどうしたとか

人間はいつかは死ぬことが定められているのだから、余名宣告されることもあながち悪い・悲しいことではないだろう。健康を信じきっている者が突然死ぬと、その突然さ由に悲嘆に暮れる家族がいるだろう。

一つ二つの病気を持っている方が色々と気遣いするから、死を覚悟しながらでも長生きするのかも知れない。
家族にしても、ピンピンコロリに比べれば旅立ちの日を覚悟して暮らすことができるということだ。
その意味では、少なからず病気持ちの我が身としては先が見えているだけ家族の悲しみは薄れるかも知れない。

昔は入院すれば(できれば)、確実に治るまでは退院させられることは無かった。
今では、一定の治療を行うか、既定の入院期間を過ぎれば、病気が治っているかは別にして退院させられるようだ。
「どうする ニッポン人の健康」(時論公論) | NHK 解説委員室
介護は自宅で。 国民年金は70歳から。 介護保険も健康保険も高くなるだけで、恩恵は薄くなる右肩下がり。
それでも「いやだ、いやだ」、と愚痴をこぼしながらでも生きていられるだけ幸せなのだろう。
関連過去記事:禁煙してみたけれど / 間質性肺炎の発見経緯 / 肺炎告知に怯えた? / 禁煙は順調に
過去記事:間質性肺炎になった / 肺炎記念日 / 肺炎通院

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

遥か成層圏を飛び抜けて行く北朝鮮のミサイルより余程危険そうだが、安倍草履は「国民の安全を守る」為に「断固として抗議」しているんだろうね。 日本に落下するとなったら、取りあえずタバコして考えよう。
  • 数カ月以内に地球に落下するとみられる。来年1~2月の可能性が高いとの分析もある。
  • 英紙ガーディアンなど海外メディアが報じた。
  • 大部分は大気圏への突入時に燃え尽きるとみられるが、重さ100キロ程度の部品が地面に落下、有害物質が付着している恐れを指摘する報道もある。
  • 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「落下の可能性が指摘されていることは承知しており、情報収集に努めている」としている。

関連過去記事:空から星が落ちてくる / ミサイルが飛んだからとて

救急車利用を思案する

過日感じた左肩と左脇腹から背中への痛みは直ったようだ。
最近の健康ブーム解説テレビから思うには、あの痛みは心臓からくるものだろう。カテーテルでの検査を奨められサボっている身としては何となく色々思うものはある。しかし、左肩側を骨折していることからくる筋肉痛的なことなのかもしれない。 いずれにしても、痛みを感じた部位からして、可能ならば医師の診察を受けたいものだ。

と思っても、体調が不具合になった時間帯によっては右から左には診察を受けることができない。地方都市の場合、心臓や脳といった部位を緊急的に診察できるのは大病院しか無い。そのような大病院での診療受付は平日の午前中限定である。また、紹介状が必要などで、生きるか死ぬかという状態でも診察してもらえるのは難しいようだ。
単純に言えば、平日の午前中にタクシーで出かけていたのでは診察してもらえる保証は薄いということた。
その点、大病院よりも進んだ専門病院が在る東京圏等の大都市は、生き延びる確率が高いのだろう。
やはり緊急的な場合は救急車の御世話になれば、設備の整った大病院で受診できる確率が高まるということだ。
しかし、そう考えるものの、いざとなると、救急車を呼ぶという行為自体を躊躇してしまう。
「痛みにのたうち回っている」とか「失神状態」とかであれば、周囲や家族も迷うこと無く救急車を呼ぶだろう。
しかし、心臓病や脳卒中の前触れかもしれないという事で診察を受けたい場合に、どのようにして病院に行くかということは迷う出来事である。体の異状に気がついた本人にしてみれば、とにかく大急ぎで病院に行きたいであろうが、救急車を呼ぶべきか、通常の方法で病院を受診するべきかは、大いに迷うことである事を知った。
しかし、痛みが去ってしまえば、怖さ半分も手伝って細かな診察を受ける気持ちが大幅に薄れてしまう。
世の中的には救急車を呼ぶことを厭わない人達も多いとも聞く。救急車をタクシー代わりに利用する事はとんでもないと思う。とはいうものの、病院が休診の日に受診しようとした場合は救急車のお世話になるしかないのだろうか。
タクシーで向かったところで緊急診察をしてくれるとは思えない。かかりつけ医を受診している時間が勿体無い場面も多いだろう。また切羽詰まった場面で、どの程度で救急手配するかの心構えを決める家族会議も必要だろう。
独り身は殊更に緊急事態への対応が不如意である。日常から手はずしておかなければなるまい。
仕事人時代に、腰痛がひどくて救急車を呼んだという者がいた。この考えが羨ましいと言うべきか
聞けば、55歳で腰痛は初体験だったとのこと。エスカレーターの無い団地住まいで、階段を降りることができなかったので救急車を呼ぶ以外に思いつかなかったので、自分で電話したと言う。たかが腰痛、されど腰痛。初体験であった彼にとっては大病だったということだ。救援要請に応じて貰えたから事無きを得たということだが、腰痛患者に救急車を手配したことで助からなかった命があったのかも知れない。この世は“塞翁が馬”也。
なによりも、当人として「どの程度になったら救急車の御世話になる」ということを決意しておくことが必要と思う。
関連過去記事:医療行為はワトソンで / 病気の履歴書が必要
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
最近は、どんな症状でも病気となり、病名を付けられてしまうようだ。
十人十色とも言い、人それぞれに不具合はあるだろうが、それに病名を付けまくったところで致し方あるまい。
「早期発見すれば直るから、健康診断を受けろ」と言い、そういう人もいるのかもしれないが、逆に医者に弄ばれなければもっと長生きしたのでは...という人も多いのではないだろうか。

緊急搬送の是非は悩ましい。 搬送された病院で人工呼吸器を外される場面もあるらしい...悪くはあるまい。
人工呼吸器を外すとき ~医療現場 新たな選択~ - NHK クローズアップ現代+
昨夜のNHK「総合診療医ドクターG」では再び“身体表現性障害”が取り上げられていた。詐病と言い、辛いのは当人なのだが、病名すら決められず、病名が定まらないと治療出来ないという医者の知識・技術をどう見ればよいのか

“ドクターG”テーマは「背中が痛む」であった。番組としての結論は「毛細血管が原因の心臓発作」的なことだったが、その結論を導き出せる医師がどこにいるのだろうか (番組講師は岡山大学病院…片岡仁美 医師)
関連過去記事:病気は嫌だが振り向いて
NHK健康ホームページ
北國新聞 健康・医療情報サイト 丈夫がいいねっと続きを読む

定例の通院

今日は定例の通院日。 久しぶりに、コミュニティバスに乗って楽しい。 ※関連過去記事:YouTubeに野々市

今週になって、黄砂に混じってPM 2.5が飛来するとの予報であったが予想外に少ない。
環境省は「COPDでは気道閉塞により全肺、特に気管支での沈着が増加する」としているから、間質性肺炎の俺としては気になる時期だ。 それでなくとも、花粉が飛びまくっている時期である。
しかし、この数週間切れが悪かったので耳鼻咽喉科にて鼻と喉のカメラ検査を受けたが「綺麗」とのこと。
PM 2.5も然ることながら、受動喫煙対策をめぐっては議員達も賛否両論が鳴り止まない。是非の議論が先也。
自民、受動喫煙規制を緩和=厚労省案骨抜きも:時事ドットコム
2020東京オリンピックで西洋人が押し寄せるからといって、ありのままの日本の姿を隠すことはあるまい。
今更のように、古き良き日本を隠そうとする姿勢は、まるで明治維新に還ったかのような時代錯誤を感じる。

 医学研究などの一部に初めて法規制をかける「臨床研究法」が成立した。
新たな法や医学界・製薬業界が示す自主取り組みで研究不正は防げるのか。毒薬開発への道筋とならないように。
過日は「ディオバン事件」があった。
降圧剤としては利用者の多いディオバンは、俺も以前に高血圧症だった頃には投薬されていたが、今は無し。

広がれ「ヘルプマーク」=気付きにくい障害に配慮を-タグ作成、全国に普及:時事ドットコム
高齢者は徘徊に備えて、子供用の防犯ブザーを所持するのも手段であろう。

防犯ブザーの選び方と使い方3つのポイント【子ども】|セコム

眼の注射、アイリーア:学

『わが縄張り”ブラリ散策”:眼科:経過観察通院~眼瞼下垂対策は?・・・』を拝読した。
管理人さんは俺と同じく「加齢黄班変性」とのことで、治療の模様を書いているので参考になる。
これまでにも「病気の知識はブログで / 細隙灯顕微鏡:学 / 怖いよ~目の手術」と勉強することができた。

現在は「アイリーア治療」後、診療を続けているようだ。 ということで、“アイリーア”とは何だろう。
「新生血管を伴う加齢黄斑変性」や「糖尿病黄斑浮腫」などによる『目の中に異常な血管が成長するのをおさえ、小さくする』為の注射ということらしい。 正に、俺には打って付けの物のようだ。
2015/08/16に左目から出血してから2年経とうとしている。ついでのように、右目の黄斑の浮腫みに対して“ステロイド注射”なる治療を行われたが、効き目が無いばかりではなく視力低下の原因になったようだ (過去記事:左目出血から1年記念日) 。 “ステロイド”と称したあの注射は何だったのだろうか

あれからは「硝子体手術に朗報 / 長生きするもんだね」といった新医療技術が出現した。白内障の症状に疑問を持ちながら黄斑変性を学んでいる。 近未来には手術しなくても大きな目玉にできるようになるかも...なんてね。
間質性肺炎の俺としては、眼よりも呼吸困難を心配したほうが良いのかも知れない。
気づいた時には病状進行…「誤嚥性肺炎」に3つの特徴 | 日刊ゲンダイDIGITAL
①.寝ている間に発症する ②.1週間ほど気付かない ③.睡眠薬などが引き金に
※COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性閉塞性肺疾患が世界的に増加 ヘビースモーカーは検査を!│NEWSポストセブン

関連過去記事:町医者の小遣い稼ぎ

続きを読む

腹式呼吸:学

今日は定例の通院也。
新年になっての患者連が一斉にスタートしたのかと思うほどに混雑していたが、眼科に寄らず糖尿病内科だけだったので、早く帰宅できた。 最近の健康ブームを反映してか、診察を望む年寄りが増えたのだろうか。

健康ブームの火付け役とも思えるテレビ番組のひとつにNHKの『ためしてガッテン』がある。1995年(H07)3月に始まったとのことだから長い。しかし、昨年2016年(H28)3月に改名してを『ガッテン!』にリニューアルされた。
リニューアルに伴い、レギュラーだった山瀬まみが降板し、その代わりに指原莉乃大島麻衣が事実上の準レギュラー扱いとして出演している。 しかし、司会は落語家の立川志の輔とNHKアナウンサーの小野文惠で変わらない。

出演の長いレギュラー山瀬まみの博学ぶりは鼻に付くことも無くは無かったが、番組リニューアル後の準レギュラー2名の騒々しさに(声質が煩い)比べれば可愛いものである。何よりも、見飽きてしまった司会の2名が変わらないのに出演者を変えたところで、番組的には何も変化が無いと眺めている。 なによりも、あの番組は『謎解きの本題』に入るまでが兎に角長過ぎる。 本題だけで番組作りをしたならば、あの時間枠を使い切れないのでろう。

兎に角、回りくどい番組運びにうんざりし、最近ではテレビ朝日の『みんなの家庭の医学』を見ることが多くなった。
司会者ビートたけしのオチャラケに目をつぶれば、『ガッテン!』のような回りくどさが無く、要点を簡潔に理解できる。

過日は「腹式呼吸」についての能書きがなされ、間質性肺炎の俺としては極めて関心深く視聴した。
基本は呼吸!胸式呼吸で体幹を安定させるピラティスエクササイズ | サン・クロレラ健康BOOK

sunchlorella_officialより

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

肺炎記念日

08/16は左目出血から1年目であった。 「やれやれ健康2015」のとおり、昨年は健康面では散々の年であった。
目の出血に続いて、昨年の今日(2015/10/16)は、間質性肺炎を宣告された日だ。
その日から禁煙して、今日(10/16)で丸1年が経った。 今年は閏年だから、既に禁煙記録365日を過ぎた。
「受動喫煙と肺がんに関するJTの反論」を国立がん研究センターが完全論破 - GIGAZINE
○年生存率が云々と言われたが、取りあえず1年は生き延びたということだ。非結核性抗酸菌症には要注意也。

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折して2016/03/30には通院不要となったが、季節の変わり目には痛みがある。
病院を替えてすべて作り直した総入れ歯だが、未だに合わない。

そんなこんなと考えている内にお迎えがあるのだろうから、健康面で悩んでも致し方ないのかも知れない。
とはいうものの、治療する病気は決めておこう。

取りあえず、自分の健康調書だけは作っておこう。 「週刊誌に読む死に方」のとおり、死に方も色々とある。
しかし、夫婦二人の我が家では「家の安心パートナー」を依頼したものにしても、 (“最期の瞬間”の迎え方?)
相方一人では、救急車の手配だけでも手に余るだろう。 心臓マッサージができたものにしても、救急車が到着すればドアを開けたり等などがあり、連続して行うことは不可能だ。 御近所に助けを求める時間は無いだろう。

呼吸器内科へ

間質性肺炎の検査の為03/28に続き通院
いつもの病院通いは06/01以来になるが、徒歩で行く歯医者通院とは違い、バスに乗れるので楽しい

CT検査の結果、ことさらの変化は無かった。 多少は快方に向かっているらしいが、間質性肺炎であれば肝硬変のように組織の線維化が起こる疾患であるから、良くても現状維持であって全快することは無い。
医師の言葉のとおり“多少快方に向かっている”のならば、間質性肺炎ではなかったということになるのだろうか。
念のため「タバコを吸っても良いか」尋ねたところ「呼吸器の医者に、喫煙しても良いかを尋ねるのは無駄」との事。
もっともである。 しかし、「吸いたければ止めないが、彼是半年以上禁煙したのだから、今さら吸わない方が良いだろう」とのことなので、「吸いません」と答えた。
確かに今さら改めて喫煙したいとは思わないが、“喫煙できるのに、しない”のと、“禁止されている事を隠れてする”のでは感覚が違うだろう等と、妙なところに拘ってみたりする。




 一応は経過観察しようということで、半年後にCT検査ということになった。
しかし、「去る2016/04から医療費の取り方が変わった」とのことで、CT代金がとっても高くなったような気がする。
とはいうものの、医療費に限らず、介護費などの社会保険料は今春以降めちゃくちゃに高騰しているようだ。
「両親を離婚させるしか…」 介護費倍増、揺らぐ中流:朝日新聞デジタル
一般的な高齢者の家庭においては、“昨年までの目論見では、老後の生活費はとんでもない”という状況らしい。
要するに、考えていたような老後の生活を送ろうとした場合、現在の貯蓄額では足りないとのことらしい。
いつまで生きるつもりだ」と言われる意味合いを理解できるうちに、前途を考えておかなければならないのかね
嘘つきの安倍総理に“老後を保証される”よりも、総理のいとこのちびっ子ギャングに“年寄りは、仕舞い込んでいないでドンドン金を使え”と言われるほうが、真実味を感じる。安いうちに早めに有料老人ホームに入ろう。
続きを読む
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • フットグルマーグラン:購入
  • フットグルマーグラン:購入
  • サンマリノとティターノ山
  • サンマリノとティターノ山
  • 鳥の生焼けに注意
  • 日本人が消滅する?
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ