『病は気から』とは、最近大いにわかる言葉になった。
間質性肺炎との診察を受けて禁煙して以来、痰が絡むようになった。
ちょっとした事で、以前ならば気に掛けることが無い程度の事でも痰が絡んだように思える。本当に絡んでいるのかは謎だ。最近の医師が言うところの「ストレスのせい」なのかも知れないし、本当なのかもしれない。
しかし、当人にしてみれば間違いなく痰が絡んでいる感覚はあり、誠に不愉快である。


新しく「悪⇒葦」という副タイトルを用いることにした。「王様の耳はロバの耳」という寓話から取った。
秘密を口止めされた床屋は、葦に向かって「王様の耳はロバの耳」と叫んだそうな。WikiPedia:ミダース
身近の人達からは「しっかり者」とか「我慢強い」とか言われると、口にすることが憚られることは
「葦」に叫ぼう。