無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

親と子:考

07/20「夏の土用」(一の丑)を過ぎれば07/23は大暑也。今年は「夏の土用の丑の日」が2回あり、08/01は(二の丑)。 08/07は立秋
anachan_mairu natu01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当地では07/21から公立の小中学校が夏休みになった。尤も、幼稚園以外の教育機関は全て公立だが...
平成30年7月豪雨の被災地でも、07/21から小中学校は夏休みになったと報じられている。
夏休みになって子供が家にいるという状態は、親にとって、子にとって、良い事なのだろうか

自然災害が起こっても、良い事でもあるように早期に授業を再開させることに努めるのが最近の教育事情のようだ。
俺が学童の頃には、河川氾濫が起こると、小学生と言えども働き手として災害復旧に当たっていた。殊更に何かの役に立つ事は無くとも、学校に行かずに親のする事を見て災害復旧の方法や家の補修方法などを学んでいた。
しかし最近では、親は子を学校に行かせたがり、子は家の事を気に掛けるよりは嬉々として学校に行くのが一般的らしい。 子を働き手として家に置くか、勉学の場に送り出すかは、どちらが良いのたろう。

最近では少子化政策の結果、後継ぎの一人っ子を期待を込めて育てている家庭が多いように見える。
家の後継ぎである事は勿論のこと、自分たち親の面倒を見てくれるハズの子に対して、過度な要望があるようだ。
親と子とは、どのような関係なのだろうか (WikiPedia:子供 / 親子)

医療技術の脆弱な昔は「多くの子を設る」ことが血筋・御家の安泰の大原則であったと聞く。
医療技術が進んだ最近は、生まれてくる子のセックス(生物学的性別)まで見極める夫婦もいるようだ(しかし、ジェンダーまでは生まれてみなければわからない)。結果的には、日本国が過疎化するという事態にまで発展している。
「子とは何のために生むのか?」という深淵なテーマを語るほど愚かになれないが、『子のために親がいるのか?』or『親のために子がいるのか?』というテーマも中々に愚かそうである。
日本人が好みらしい儒教によれば「子が親よりも先に死ぬ事は親不孝」と言うようだ。これは『親のために子がいる』事に発想しているように俺には思えるが、現代に儒教は不似合いだろう。しかし、近々道徳が教育されるとの事。

最近の親子関係はボランティアなのかもしれない。時を跨いだボランティアだ。
親は苦労しながら子を育てても、将来は我が身の分身として自分の老後を慈しんでくれるハズであったのか。
以前は親の都合で子を産み育てていたのかもしれないが、その都合は時の流れと共に流れ去っている。

お互い様と言うが

「お互い様」とは、相互に助け合いができる者同士が、対手の遠慮する心を和らげるために使う言葉だろう。
しかし最近では、一方的に助けてもらう事しかできない者が、助けてくれる人に対して臆面も無く「お互い様」と言う場面が多いようだ。それも、年寄りが用いるようだ。
労働力にならないならば経済的な助けでもできれば未だしも、力も金も無い年寄りが言う言葉ではないだろう。
あれは、「優先席を譲らないといって、年少者に文句を言う高齢者と同じ」精神構造なのだろう。
助けてもらったならば、まずは素直に感謝の意を示す事がはじめであろう。

助けてもらいながら、「生きていたってしょうがない」的な事を言うのは、素直では無い。
あんな生意気な事を語る年寄りほど、しがみついてでも生き残りたい者が多い。「ボーッと生きてんじゃねえよ!」
お笑い芸の“熱湯風呂”「押すなよ!絶対に押すなよ!」ではないが、自死を躊躇っているなら押してやろう。

おっと、こんな事を言うと「ボランティアに叱られる」かな。 (特集 防災ボランティア : 防災情報のページ - 内閣府)
蛇足:日本でボランティア(災害ボランティア)と称される行為は、ボランティア(英: volunteer)と言うよりもチャリティー(英: charity)に近いのだろう。英語圏の人に、あの行為をボランティアと称して紹介すれば奇異に映るだろう。 ちなみに、自殺希望者の願いを叶える為の手助けも“慈善の精神”ではないだろうか。
関連過去記事:道路の雪掻き。責任の所在 / 災害支援のあり方? / 熊本地震から学ぶ / 07/16 / 「この世界の片隅に」再

20180708a
Windows 10のショップからDLLした壁紙

避難の方法は疑問だらけ

平成30年7月豪雨で、中国地方と四国地方をはじめ各地で被害が甚大である。
特に人的被害が大きく、後手々にしか対応できない政府筋は避難指示の出し方を検討し始めているとの事也。
避難指示:基準見直しへ 年内に新指針「災害発生前に」 - 毎日新聞
政府内では、市町村長だけでなく、都道府県知事も発令できるようにする案も浮上している。 ....との事だが、現場も知らずに「射撃命令」だけ出しても玉砕するしかあるまい、
とは言うものの、昨年も改定版を出している内容について何度も検討したところで変わりようがあるまい。
避難指示等に関する法律を作りまくるよりは、既に有る法律を実現できない原因を考えるべきだろう。

「〇〇市では△万人に避難指示を出した」なんて事が速報で流れるが、指示を出す政府・行政はどこまで冗談のつものなのだろうか それを速報し、速やかな避難をを呼びかけるマスコミは本気なのだろうか
該当する市町村の住民が本気になって避難をしたところで、避難民を受け止めるような環境は存在していない事は、行政側も、住民側も、マスコミも十二分に知っていることである。簡単に言えば「避難場所が無い」
本当は避難したいと考えている住民にしてもその事実を知っているから避難する事は選択肢から除外している者が多いのではないだろうか。そして行政側もそのような住民がいる事を承知の上で避難場所を設定しているだろう。
簡単に言えば「避難できない人達(避難しない人達)に対する避難スペースは、人数設定に入っていない」

顕著な事例を上げれば、東京圏で大災害が起こり「〇〇区では△百万人に避難指示を出した」という事態になったところで、避難指示を出された△百万人が避難できる場所は無く、避難したところでその先はどうにもなるまい。
ちなみに、そんな事態が起これば火葬場は処理能力を超えるだろう。火葬した上で骨にして納骨する事を定めた法律は、火葬場が不足することで法律を変えざるを得ないだろう。すなわち、焼骨しなくとも良い、墓に埋葬しなくとも良い....てなところか。

避難指示を早期に発令できるように法律を変えたところで、避難場所の扉を開ける等の細々とした作業をするのは現場の地方自治体や町内会役員の人達であり、遅かったとかの諸問題が出る事は目に見えている。
これまでは自己避難した場合に備えて1週間分程度の食糧・飲料水・衛生用品など等を非常持ち出し品として準備する事を勧められてきた。しかし、最近の災害を見るとそんな準備は役に立たない。準備するなら1週間以上が必要であるが、避難所の食糧不足の中で自分だけ非常食糧を食べる根性は無い。また、1週間では社会インフラは勿論、運送ルートが復旧できない。それならば、いっその事、何も準備しないのも選択肢也。
当地石川県では07/11に防災訓練が行われた。テレビニュースで流れる幼稚園児の避難風景は「机の下に潜り」⇒「頭を隠す」という内容だ。俺は「机の下に潜る方法はむしろ危険である」と思っていたが、「防災特集 | 首相官邸ホームページ」等を見ればあながち否定された方法ではないようだ。
 しかし、ミサイルが飛来しようとも、大型台風が襲来しようとも、J-アラートと迎撃用P3Cが有れば大丈夫であるとする政府の姿勢は。明治時代以来の偉大な国家崇拝から来る思考回路なのだろうか
尤も、大雨特別警報という最高級の警報が発令されているにも関わらず、安倍草履をはじめとした政権TOPが宴会をしている国なのだから、そんな程度だろう。 安倍草履を祀る新興宗教は儲かるかも知れないな~
J-アラートも広報用スピーカーもいらないから、「火の見櫓の半鐘」や「空襲時のサイレン」を付けてくれ。あの方が、よく聞こえるというものだ。

関連過去記事:天の川が線状降水帯に? / 避難判断水位と言うが / 不思議な天気予報 / NHKニュースに思う / 緊急速報の受信策 / 特別警報:学 / 「津波防災の日」学 / 特別警報が発表されたら / 「特別警報」が出たら / 紛らわしい避難の呼び掛け / 土石流被害は人災也 / なるほど「特別警報」 / 緊急用サイレンが欲しい / 「緊急警報放送」を学ぶ / 日本公式SNSが欲しい / 地域の防災・減災情報

静かなカーリングを映せ

冬季オリンピックになると必ずマスコミの被写体になる「カーリング」って~ものがある。
あの競技そのものは面白そうなのだが、テレビ報道の仕方に文句があり、心から楽しむ事ができない。
WikiPedia:世界カーリング選手権 / 公益社団法人 日本カーリング協会
カーリングのストーン(石)を弾いて得点するとか、目標の円の中心に近づければ得点という、玉突きダーツを併せたようなゲームの内容は、俺的には好みである。
スウィーパー(ブラシ)で氷を掃くことで、ストーンをコントロールするジタバタ劇は致し方あるまい。
ストーンを投げた奴(スキップ)がギャーギャー騒ぐのも良しとしよう。スウィーパーとやらが思うように働いていない場面では、右だの左だの、もっと頑張れとか、色々と指図しなければスキップの責任が果たせないのだろう。

カーリングのルール説明

北見スポーツ合宿実行委員会 YouTubeより


なんだかんだと難癖を付けようにも、競技者たちはそれぞれの持ち分を成し遂げたく頑張っているんだ。

しかし、スキップが騒いでいる面相を映し続けて、それをかなり長い時間テレビ放映し続ける意味が判らない。あの時間はカットするとかしたところで、テレビで見物を決め込んでいる一般視聴者(野次馬とも)には差し支えない。
スキップが右と指示してるのにスウィーパーが左にやっちまうのを知ろうと知るまいと、それだけの事だ。

臨場感という意味ではあの声と、スキップの表情をテレビで放送した方が良いのかもしれないが、試合の間中ず~と聞かせられ見せられているとウンザリしてしまう。 静かなカーリングを楽しんで観たいものだ。

カーリング競技を行う御嬢様たちが、美人なのか、美声なのか、何をモグモグとしようが、御存分にと思うだけで、それを逐次眺めていたいとは思わない。そんな時は、騒がしいパンダを眺める気分になれば癒されるのかも知らん
カーリングゲーム  ボードゲームの遊び方・ルール紹介

木のおもちゃ カルテット YouTube

『病は気から』:葦

『病は気から』とは、最近大いにわかる言葉になった。
間質性肺炎との診察を受けて禁煙して以来、痰が絡むようになった。
ちょっとした事で、以前ならば気に掛けることが無い程度の事でも痰が絡んだように思える。本当に絡んでいるのかは謎だ。最近の医師が言うところの「ストレスのせい」なのかも知れないし、本当なのかもしれない。
しかし、当人にしてみれば間違いなく痰が絡んでいる感覚はあり、誠に不愉快である。


新しく「悪⇒葦」という副タイトルを用いることにした。「王様の耳はロバの耳」という寓話から取った。
秘密を口止めされた床屋は、葦に向かって「王様の耳はロバの耳」と叫んだそうな。WikiPedia:ミダース
身近の人達からは「しっかり者」とか「我慢強い」とか言われると、口にすることが憚られることは
「葦」に叫ぼう。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • ノモンハン事件:考
  • 2018/08ディスク速度
  • 2018/08ディスク速度
  • 2018/08ディスク速度
  • 2018/08ディスク速度
  • フィッシングメール?
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ