無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

血圧

救急車利用を思案する

過日感じた左肩と左脇腹から背中への痛みは直ったようだ。
最近の健康ブーム解説テレビから思うには、あの痛みは心臓からくるものだろう。カテーテルでの検査を奨められサボっている身としては何となく色々思うものはある。しかし、左肩側を骨折していることからくる筋肉痛的なことなのかもしれない。 いずれにしても、痛みを感じた部位からして、可能ならば医師の診察を受けたいものだ。

と思っても、体調が不具合になった時間帯によっては右から左には診察を受けることができない。地方都市の場合、心臓や脳といった部位を緊急的に診察できるのは大病院しか無い。そのような大病院での診療受付は平日の午前中限定である。また、紹介状が必要などで、生きるか死ぬかという状態でも診察してもらえるのは難しいようだ。
単純に言えば、平日の午前中にタクシーで出かけていたのでは診察してもらえる保証は薄いということた。
その点、大病院よりも進んだ専門病院が在る東京圏等の大都市は、生き延びる確率が高いのだろう。
やはり緊急的な場合は救急車の御世話になれば、設備の整った大病院で受診できる確率が高まるということだ。
しかし、そう考えるものの、いざとなると、救急車を呼ぶという行為自体を躊躇してしまう。
「痛みにのたうち回っている」とか「失神状態」とかであれば、周囲や家族も迷うこと無く救急車を呼ぶだろう。
しかし、心臓病や脳卒中の前触れかもしれないという事で診察を受けたい場合に、どのようにして病院に行くかということは迷う出来事である。体の異状に気がついた本人にしてみれば、とにかく大急ぎで病院に行きたいであろうが、救急車を呼ぶべきか、通常の方法で病院を受診するべきかは、大いに迷うことである事を知った。
しかし、痛みが去ってしまえば、怖さ半分も手伝って細かな診察を受ける気持ちが大幅に薄れてしまう。
世の中的には救急車を呼ぶことを厭わない人達も多いとも聞く。救急車をタクシー代わりに利用する事はとんでもないと思う。とはいうものの、病院が休診の日に受診しようとした場合は救急車のお世話になるしかないのだろうか。
タクシーで向かったところで緊急診察をしてくれるとは思えない。かかりつけ医を受診している時間が勿体無い場面も多いだろう。また切羽詰まった場面で、どの程度で救急手配するかの心構えを決める家族会議も必要だろう。
独り身は殊更に緊急事態への対応が不如意である。日常から手はずしておかなければなるまい。
仕事人時代に、腰痛がひどくて救急車を呼んだという者がいた。この考えが羨ましいと言うべきか
聞けば、55歳で腰痛は初体験だったとのこと。エスカレーターの無い団地住まいで、階段を降りることができなかったので救急車を呼ぶ以外に思いつかなかったので、自分で電話したと言う。たかが腰痛、されど腰痛。初体験であった彼にとっては大病だったということだ。救援要請に応じて貰えたから事無きを得たということだが、腰痛患者に救急車を手配したことで助からなかった命があったのかも知れない。この世は“塞翁が馬”也。
なによりも、当人として「どの程度になったら救急車の御世話になる」ということを決意しておくことが必要と思う。
関連過去記事:医療行為はワトソンで / 病気の履歴書が必要
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
最近は、どんな症状でも病気となり、病名を付けられてしまうようだ。
十人十色とも言い、人それぞれに不具合はあるだろうが、それに病名を付けまくったところで致し方あるまい。
「早期発見すれば直るから、健康診断を受けろ」と言い、そういう人もいるのかもしれないが、逆に医者に弄ばれなければもっと長生きしたのでは...という人も多いのではないだろうか。

緊急搬送の是非は悩ましい。 搬送された病院で人工呼吸器を外される場面もあるらしい...悪くはあるまい。
人工呼吸器を外すとき ~医療現場 新たな選択~ - NHK クローズアップ現代+
昨夜のNHK「総合診療医ドクターG」では再び“身体表現性障害”が取り上げられていた。詐病と言い、辛いのは当人なのだが、病名すら決められず、病名が定まらないと治療出来ないという医者の知識・技術をどう見ればよいのか

“ドクターG”テーマは「背中が痛む」であった。番組としての結論は「毛細血管が原因の心臓発作」的なことだったが、その結論を導き出せる医師がどこにいるのだろうか (番組講師は岡山大学病院…片岡仁美 医師)
関連過去記事:病気は嫌だが振り向いて
NHK健康ホームページ
北國新聞 健康・医療情報サイト 丈夫がいいねっと続きを読む

血圧の話

自然災害などで恒例の病院通いができなくなると、真っ先に血圧の薬が切れた事を心配する年寄りが多いらしい。

高血圧は日本人の死亡原因として多いとされているから、薬に頼ってでも下げたい気持ちは判らなくはない。
高血圧になる原因は多いと聞くが特に塩分の摂取量が大きな要因であるとされている。しかし、そのように言われるようになったのには、アメリカの医師が東北地方で五百人程度を調べた結果の事とも聞くので、信憑性はいかがなものだろうか。とは言うものの、脳血管障害による死亡率が高かった長野県では、塩分の摂取に係る指導を広めたことで高血圧患者が減り、結果的には長寿県になったとのことだから、あながち無縁でもないのかも知れない。

最近、“NEWSポストセブン”サイトでは高血圧に関する記事が多く、興味深い。
高血圧の治療方針は正に医師の知識次第ということだろうか。 患者の求めるままに降圧剤を与えるタイプが多いようだが、一度薬を服用すると血圧が正常になったとしても止めるタイミングが難しいようだ。

また、血圧を下げ過ぎることにより生ずる病気には注意が必要だ。高めの血圧で送られる血液で保たれていたのが、血圧が下がったことで血液が行き渡らなくなってしまう。結果的には、血圧が低すぎる為の脳梗塞もあり得る。
やはり、食生活改善と運動により、自己回復力を高めることが重要...と思ったら、医療も進んでいるようだ。
1回投与で効果数年の高血圧ワクチン 実用化は5年以内か│NEWSポストセブン
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
血圧ばかりで無く、糖尿病に代表されるようなサイレントキラーが知れてきた。しかし、そんな隠された病気の原因があるということに気を掛けるのは、既に手遅れの年回りになってから...という人が多いのだろう。
子供に教えられるほどの知識を持つ親は少なく、気に掛ける子供は更に少ない。やはり地域ぐるみの対応也。
ICTを活用し健康管理を! 住民の意識を変えた小豆島の取り組みとは | 介護ポストセブン

 高血圧や糖尿病を引き金にして、脳梗塞や心不全の病名で死ぬ人は多い。また、肺炎を死因とする人は減らない。 とは言うものの、それは老衰を死因としない”との厚労省の指導に従った結界なのではないだろうか。
現在のように病名が細分化されていなかった昔は、むしろ老衰による死が多かったのではないだろうか。
健康寿命:脳卒中・心臓病「5年で5%減」 学会目標 - 毎日新聞
増えた病名のひとつに“”がある。その名を聞くようになってからはアッという間に恐怖の大魔王になった。
しかし、最近では大魔王の椅子から数段下がってしまったような取扱をされている。 本当にそうなのだろうか。
“癌”という病名を付けたくはないという国の方針があるのだろうか。 面白い記事があった。 一部、無断引用。
がん治療は是か非か 専門医が語る「がん放置療法」の現状│NEWSポストセブン
現代の怪談のひとつに、「がん死が減らない」ことがある。かなり前から「がんは治る病気になった」「手術も抗がん剤も目ざましく進歩」「とにかく早期発見・早期治療を」と、国も医療界も連呼している。しかし、がんで死ぬ人は1981年以来増え続けて、なんと35年以上も「日本人の死因のトップ」に君臨。「治る病気」には、全くなっていないのが現状だ。
◆あわてて治療して早死にする人、治療しないで長生きする人

“癌”の治療に限らず、治療をはじめたが為に、外出も旅行も儘にならないままにベットに縛り付けられて老い先を送るのは如何なものだろうか。 同様に、降圧剤が切れる事を心配して暮らすのも寂しいのではないだろうか。健康診断や人間ドックで荒探しされ精密検査⇒治療を受けるよりは、何も知らずにポックリ逝くのも良い。
健康診断を受けて病気を発見し、それを治療する場合と、何も知らずに過ごすのと、生きる時間に差はあるのか。
日本政府は、団塊世代と呼ばれる用済み老人が長生きする事を望んでいないが、発表は避けていると見る。
しかし、厚労省などからアナウンスを行うことで、気にかけているような素振りはにじませている。とは言うものの、医療費負担の増額を行うなど、真綿で首を締めるが如くということだろう。
一方、首を締められている側の年寄り達は、本能的な自己防衛なのか健康管理に躍起になっている。平均寿命だの健康寿命だのと気に掛けているのは当人だけだろうが....惜しまれている内に死にたいものだ。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
今日は、今年最後の通院(呼吸器+メガネ検査)。 
続きを読む

正しい事は知らないよ

過日(04/12)は新しい歯医者で初めての治療を受けた。 そして、
入れ歯が"合わなくなる" | NHK生活情報ブログ」の記事と同様のことを言われた。 すなわち、
なくなった歯ぐきの部分を補うため入れ歯全体を大きくし、「上の入れ歯が口を開ければすぐ落ちてくる状態」を改善する。
以前(横須賀だったかしらん?)の歯医者で同じような事を言われ、そのような入れ歯を作ったのだが、調子が悪かった記憶である。 とはいうものの、俺の口の状況にも変化があったことだから....ということで、お願いした。
仮歯をハメてから1周間近く経つ。 落ちやすかった上の入れ歯は落ちにくくなりすぎて、洗浄する際に外す事が一苦労になってしまった。 下は相変わらずフガフガしている。 明日の通院で補修を頼む予定。

これまで通った歯医者では「総入れ歯は就寝時にどうするか」という疑問を解消していないままに、外して寝ていた。
今度の歯医者で質問したところ、「外して寝ろ」とのことだ。 ハメっぱなしだと、雑菌が繁殖するばかりでなく、歯ぐきに悪影響が起こりやすいとのことだ。 テレビでは、外す派と外さない派がいたが、これでスッキリした。
入れ歯の安定剤使用を奨める歯医者に出会ったことは無い、無くてもOKの入れ歯を作った歯医者は知らない。

また、俺はこれまで血圧測定の方法を、医師(看護師)によって色々と言わていれてきた。
「3回測定し、最も低い値」とか「昼食前の空腹時に測定する」とか等、指導する者や図書・テレビによりマチマチだ。
過日、通いつけている病院の指導部で尋ねたところ。「朝の起床時と、夜の就寝時に、2回測定する」また「測定は1度でOK。せいぜい2度目まで。3度めになると血圧計の腕巻きで血管が圧迫されるので、正しくない【低い測定結果)になる」とのことだ。 これが正解かどうか(?)は兎も角、向後はこの方法で測定することにした。
掲示板へ 
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
【医者が事前通告しない医療の秘密】 -私見
  • インプラント治療をすると、MRIを使用できない。したがって、脳溢血などの場合は諦めるしか無い。
  • 骨折で手術によりボルトを埋めた場合、MRIを使用できない。骨折が治った後にボルトを除去する手術までに心不全でも起こったら諦めるしか無い。
  • 「血液サラサラ」薬を飲んでいる者は、交通事故等での緊急手術は行えない場合がある。薬の効能が失せるまでは3日掛かるという。

高血圧になった日

毎日、大酒を飲みまくっていた頃だった。
二十代・三十代の頃に比べれば、だいぶ酒量が落ちたものの、1晩に日本酒1升は飲んでいた。
ウィスキーならば1本半、焼酎でも1升程度は飲んでいたのだろう。

夜は飲んだくれて、昼は酔いを覚ます生活の繰り返しで、それでも賃金を頂戴できたのだから、気楽な稼業だった。
出張などに出かければ、仕事に行ったのか(?) 酒を飲みに行ったのか、我ながら疑問を覚えていた。
それでも仕事をしているフリさえしていれば良く、日々酒臭い顔をしては家を出ていた。

JR品川の本拠事務所からJR田端の事務所に出かけていた頃があった。
コンピュータのマシン室が在り、全国の中枢ポイントとして各地のコンピュータを統括する為の重要なポイントだった。
中央マシン室と呼べば如何にも恰好良いが、所詮はコンピュータの為の部屋である。
やたらコンピュータが並ぶ室内の片隅に、万一の故障に備えて人間が滞在していた。
平常時には殊更何もすることが無い為、暇つぶしにCAD等で遊んでいればOKという仕事である。
本来はコンピュータの為に作られた部屋であり、室内温度は20℃程度に設定されていた。
二日酔いの俺にとっては、誠に快適な環境と言うべきだろう。
というわけで、酔い覚ましに出向き、常駐者を本拠に戻して俺が代行する事があった。

あれは厄年だったと記憶する。
かなりの二日酔いとなった或る日、いつものようにマシン室に出かけ、涼しさを満喫していた。
その日は躰の火照りが抜けず、特に肩凝りがひどいように思っていた。 その感じは時間とともにひどくなった。
それまでのように昼飯でも食べれば直るだろうと思い、昼食に出かけたのだが、フラフラする感じであった。
それまで経験した事の無い体感に不安を覚え、マシン室とフロア違いの一般事務室の知人に頼んで病院に連れて行ってもらうことにした。 その間にも肩凝り感が増す一方であり、頭が霞む感じでボンヤリとしていた。

地域の総合病院で内科に飛び込み、下された診断は高血圧であった。 上が260程度はあった記憶である。
しばらく降圧の為に点滴を受け、2時間ほど休まされた後、帰宅して安静にするようにとのことであった。
1週間ほど会社を休み、安静に努めた結果、血圧が140程に下がることができた。


あの経験は躰が覚えているようで、未だに "幻の病" なるものの要因になっているようだ。
退職し自宅にいるようになってからは、涼しさ大好きの女将に付き合って夏場はエアコンのお世話になっているのだが、ふと寒さを感じるとあの時の出来事を思い出すことがある。
ノートパソコンに向かう俯き加減の姿勢はよろしくないと考える由縁でもある。

関連過去記事
血糖値が上がった
さぼっている心臓検査
病気の連鎖
「総合診療医」考
どの病院に行けば良い?
漢方医はどこに居る?
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
徳之島町ふるさとCM2014【島唄にのせる、恋心】

Tokunoshimatown さんのチャンネル YouTubeより
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 迷惑な年賀状って
  • 今朝は雪国風情
  • Win10の定例Update済
  • Win10の定例Update済
  • なるほど「逃病」ね~
  • 耳毛剃り:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ