無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

野々市市

田舎の政治と国の政治

2011年の11月11日は、当地が市制施行し野々市市が誕生し、石川県11番目のになった日也。
2011年7月に転居した頃は「石川県石川郡野々市町」であった。地図を眺めても金沢市と白山市の影に隠れるほどのちっぽけな「町」であったため、何れかの市の「町内会」なのかしらんと思ったのが想い出也。(野々市市リンク)


 第197回国会(臨時会)が開催(H30/10/24-12/10)されている。これが平成最後の国会になるのだろうか。
ワイドショーはUSA大統領の無茶クチャぶりを報じる事を楽しんでいて、日本の政治や社会を報じる事は無い。もっとも、官邸からは口止めされているのだろうから、体の良い報道管制が引かれていると考えた方が正しいかも知れない。野党が国務大臣をいたぶって時間潰しをしている間に、肝心の法案は論じられる事も無いままに可決していく。
桜田義孝国務大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、片山さつき内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革、男女共同参画)・女性活躍担当大臣を潰したところで、稲田朋美元・防衛大臣のように返り咲いてオシマイ。やはり、頭(安倍草履)を潰さなきゃ。

消費税率が10%になる事は既に法律で決められたことであり、嫌であろうとも国民としては仕方が無いと諦めるしか無いことだ。考えれば現行8%から2%だけ上がるだけであり、突然10%取られるわけでは無い。
2015年03月31日頃には『上がるよ!!』論は語られていた。当時から「軽減税率をどうするか」は語られていたが有耶無耶のままで2年が経ったということだ。公明党が軽減税率に拘る訳が読み切れないが、現在のような「ポイントで還元する」等は無用てある。還元するならば、消費税を上げなければ良いことだ。朝三暮四の誤魔化しは止めてくれ。

安倍政権は消費税率上げを実行に移すよりも、それを名目にしてキャッシュレスを行いたいようだ。
都市銀行ではATMの設置数を減らす(キャッシュレス拡大:考 / ATMが停止に備えて / パスワード⇒生体認証 / コンビニのATMが危ない / 金の置き場所を工夫)との事であり、キャッシュレスを利用しなければ金の出し入れができなくなりそうだ。しかし、自動車運転免許書の返納を奨められるような高齢者がキャッシュレスができるのだろうか。また、年金所得しか無く、保証人がいない高齢者がキャッシュレスできるクレジットカードを取得できるのだろうか。
仮想通貨を認定している国家は日本だけとの事だが、年金を仮想通貨で支払われても使わないよ。
WikiPedia:仮想通貨より抜粋引用
本来、オンラインゲームなどで使用されている通貨も仮想通貨であるが、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれるようになった。
日本では、2017年4月に施行された改正資金決済に関する法律第2条第5項で、「仮想通貨」は...
物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ...

真に国を憂うのであれば、国政より地方行政に携わるほうが正しいかも知れない。来年の統一地方選挙は天皇陛下の退位や皇太子の即位の儀式のなどを考慮し、都道府県と政令指定都市の首長と議員の選挙は4月7日に、それ以外の市区町村の首長と議員の選挙は4月21日に行うなどとする特例法案を11/09の閣議で決定された。

過去記事:消費税率は上げるべきだ / 国民不在の政治劇 / 世界の認知が欲しい総理 / 安倍と仲良しの野党陣 / 消費税が上がるあおり?

徒歩時間の遠近感は

13.56km2の面積しかない当地野々市市は長さが約6Km幅が約4Kmほどの小さな街である。
殊更に急ぐ事でもなければ、良い御散歩ができる長さであり、俺は積極的に歩くことにしている。
1時間に1本程度しか走らないコミュニティバスを待っているよりは、よほど健康的である。
20分もあれば主要な施設には辿り着くのだから、時計を睨みながらイジイジとバスを待つよりも精神衛生に良い。

しかし、転居したばかりの頃は徒歩の10分がとても遠くに感じた。
東京の山手線内に在った事務所から、最寄りのJR駅や地下鉄駅などの公共交通機関までは5分程度であった。
駅では数分刻みで電車が到着し、待つという感覚は無かった。自宅の在った神奈川県でも似たような時間間隔であったから、電車や路線バスを利用しての移動には不自由する事は無かった。
伴って、「最寄り駅は近い」という感覚をもっていたため、当地での徒歩10分はとても長距離に感じた。
ちなみに、女将は未だにどこに行くのでもタクシーを利用する。タクシーを利用する事は。自家用車の維持費よりも安く安全であると考える俺は、それを止める気持ちは更々無い。

しかし、当地に住んでいる人達はおよそ歩かない。近所のスーパーマーケットで買い物をするにしても、自宅を出る時には自家用車を利用する。要するに「歩いているようで。歩いていない」のだ。
あれでは田舎者が都会に出て、駅に行く、公共交通機関を利用するといっても遠く感じるであろう。
また、田舎に住む高齢者ほど運転免許証を手放すことはできないだろうと推察する。

とは言うものの、考えてみれば「駅の入り口迄は近い」と思っても、実は入り口に入ったからといって未だ先がある。階段の昇降や駅構内を歩くことを加えれば、公共交通機関を利用している都会のネズミは日々歩いているのかもしれない。田舎のネズミよりも歩かない豊かな生活環境にあると錯覚しているだけなのかもしれない。
関連過去記事:京急に乗っていたっけ / 食パンの皮

間違ったやり方では無意味! 今すぐできる「最強スクワット」3ステップ

愛飲の牛乳が品薄

図体を大きくするには牛乳を飲むべしという親父の方針で、小さな頃から牛乳を飲む習慣がついている。
牛乳と一概に言っても、牧場での取れたてとは違い、販売ルートに乗る牛乳には成分調整された物ばかりだ。
俺的には味を濃くした牛乳のほうが好みなのだが、大きくなり過ぎた糖尿病患者としては厄年を過ぎた頃からは低脂肪の物を飲むように努めている。いっそ飲まないという選択肢もあるが、骨粗鬆症予防の一環として飲んでいる。

これまでは「明治おいしい低脂肪乳」1000mlを愛飲していた。
しかし、過日(09/06)の北海道地震以来、近所のスーパーマーケットでは入荷しなくなった。
地震により、当該牛乳の産地にある牧場や工場に被害があった為かと思っていたが、それにしては入荷しない期間が長すぎるように思われる。また、他メーカーの低脂肪乳は入荷しているのだから別の牽引らしい。
という事で思いあたったのが、当地野々市市にある「明治北陸工場」が2019年9月で停止される件だ。
この工場には、北陸三県と新潟県の酪農家から年間計約1万トンの生乳が販売されているとのこ。生産設備の老朽化に加え、北陸での将来的な市場の拡大が見込めないことから生産停止を決めた。工場には冷蔵保管機能を残し、物流拠点として活用する。....とのことだ
地震発生から約1ヶ月経つが、近所のイオンには未だに「明治おいしい低脂肪乳」の入荷は無く、石川県内の牛乳屋が作る低脂肪乳が入荷するようになった。明治からは低脂肪乳以外に「明治おいしい牛乳」が発売されている。この品、容量が 900mlなのはよろしいが、注ぎ口が付いているためゴミ出しに手間が掛かるので敬遠してしまう。
どうして?牛乳がペットボトル販売されないワケ  | オリーブオイルをひとまわし
しかし、低脂肪乳は牛乳より安価であることを知った。これについてテレビが報ずるには、「牛乳から乳成分を取り除いた物が低脂肪乳」との事也。取り除いた乳成分はチーズ等に加工して販売できるので、低脂肪乳の価格を安くしても元が取れるのだそうだ。その事が内容量の差に繋がるのかは知らないが、なるほどである。

北海道では紅葉や初冠雪の話題がでる時期になったが、地震被害で自宅に住めない人達には寒さが堪えるだろう。当地野々市市の貸農園では畑仕事に精を出す景色が増えてきた。今日(10/12)は豆乳の日。今年も後80日。

Honda|耕うん機|TVCM&メイキング
石垣島に移住し、自ら野菜づくりをしている女優の吉本多香美さん。

液状化マップ近畿篇

北海道の地震」発生した途端に、「台風21号の被害」はあたかも関西空港だけであるがごとしだ。
6月の大阪府北部地震なんぞは無かったがごとしであり、西日本豪雨だって天皇陛下が見舞いする話が出なかったら話題になる事は無くなった。
安倍政権は「政府が頑張っている姿勢」シーンは報じるが、都合の悪いことは蓋をしているようだ。
台風24号。当初予想より北寄りになり、沖縄に接近するルートに変わってきた。本州に来るかも

要するに「命テンデンコ」で生き残る努力をしなければならない。ということでメモ。

バスの料金に思う

通院時にはシャトルバスを利用する。料金は片道300円である。往復で600円は、なぜか出費した感を抱く。
仕事人時代は会社から定期代が支給されていた。当時は自宅から会社までは片道700円程度だったろうか...その定期の範囲内で仕事をして酒を飲んでいた。したがって、自腹で交通費を払う感覚は無かった。
そんな金銭感覚の俺にしてみれば「病院代以外にもバス代が掛かる」現状は、いたって面白くない。

シャトルバス のんキーの料金は、以前は10円単位であり、俺の利用区間で280円であった。しかしある時から300円になった。100円単位で走るコミュニティバス のっティの回数券を併用する為に100円単位で合わせたのであろう。
しかし、100円 ⇒ 200円 ⇒ 300円と上がる料金は、以前の10円単位時代ならば210円で乗れた客にしてみれば大きな出費となる。とは言うものの、自家用車を利用しない人にしてみれば市内で利用できる唯一の公共交通機関である。高い、安いは別にして、それを利用するしか無いのだ。

回数券を利用する客に対する利便性を考えた上で、100円単位で走るのっティの回数券に料金を揃えたのであろうが、四捨五入のバウンド幅が大きすぎると思う。
ちなみに野々市市が運営するコミュニティバス以外には北鉄金沢バスがあり、金沢市内方面などの足になる。こちらは10円単位の運賃体系であり、370円ほどでJR金沢駅に至る。運賃支払には「ICa」というカード乗車券がある。

出前の運び方の話

当地野々市市では出前する店舗が少ない。
金沢市のビジネス街ならば如何なものかは知らないが、野々市市内であれば片手で数えられるだろう。
過疎化が進む日本の行政の中でも、人口が増えているとされる当市としては淋しい状態である。
それでも、当市に転居した頃に比べれば出前する店舗数は増えてきている。楽天デリバリー: 全国 の出前・宅配

出前する場合の運搬方法はもっぱら自家用車である。東京でならばスーパーカブが多いだろう。
とは言うものの、冬には雪が積もる事もあり二輪車では危険要素が多いのであろう。また、出前を頼むという習慣の少ないと見える当地の住民から偶に来る出前注文には四輪車を使っても差支えが無いのだろう。
しかし、ピザハットではおなじみの二輪車で出前(宅配)しているから、出前をメインにしている場合は二輪車の方が小回りが利くのだろう。とは言うものの、東京ではお馴染みの出前機を付けたスーパーカブを見る事は無い。(岡持ち)

 出前機とは、本業は落語家であったが多芸の柳家金語楼氏の発明品のひとつとのことだ。


この出前機とオリンピック聖火とは、こんな繋がり話がある。
1964年東京オリンピックで聖火を日本全国を持ち回るにあたり、聖火を秘めた予備のランプをランナーの追走車に搭載することになったが、当時の道路舗装率4%であり、地面の凹凸のショックや急ブレーキによって火が途中で消えてしまう事態が懸念された。そこで、追走車の後席に聖火ランプを搭載した出前機が取り付けられ、日本全国のリレーに伴走した。
その出前機は、秩父宮記念スポーツ博物館に聖火ランプとともに保存されているそうだ。
1ヶ月ほど前のテレビ番組で、ネパール(?)の未舗装道路でスープを運ぶという放送があったが、なるほど也。
楽天市場でも「出前機」が売られていた
君は「マルシン出前機」を知っているか。 - ロレンス編集部
関連過去記事:宅配サービスに会員登録 / スーパーカブ:学 / 聖火リレーに疑問

福井大地震:学

NHKのテレビで「ナビゲーション」という番組が有る。
NHK名古屋放送局をはじめとする東海・北陸地方向け地域情報番組とのことで、全国的には放送されないようだ。
そのローカル放送で、2018/07/20に以下のタイトルが放送された。07/22 8時には再放送された。
ナビゲーション「忘れられた危険~福井地震70年の教訓~」 - NHK
70年前の1948年(S23)6月28日16時13分29秒に福井県を中心に発生した福井大地震を扱った内容だ。
福井大地震は、 大正関東地震関東大震災)・兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)・東北地方太平洋沖地震東日本大震災)などと並ぶ日本の災害史上最悪クラスの震災である。石川県金沢市や輪島市でも震度4が観測されている。戦後3番目の死者を出した都市直下型地震であり、家屋の倒壊や同時多発火災、液状化現象など、今に通じる防災の課題が数多く浮かんでいたとのことだ。
関連過去記事:地震動予測地図2018 / 大阪で震度6弱

この番組はNHK名古屋放送局が製作したと窺えるが、NHKの他地域でも「ナビゲーション」のような地域情報番組があるとのことだ。この番組と同様に、全国版として放送したほうが望ましい内容の物が多いのではないかと思えば、視聴できない事が残念である。NHKオンデマンドやインターネットTVで視聴できれば嬉しい也。
NHK名古屋局は東京局大阪局とともに、NHK創設当時から存在する日本最古の放送局の一つとの事だから、他の地域情報番組よりは企画的に優れているのだろうか。全国版だ見た顔ぶれも多いのだが。
他地域の番組
北海道クローズアップ / 東北ココから / 首都圏情報 ネタドリ! / 金よう夜きらっと新潟 / かんさい熱視線
中国 - フェイス / 四国らしんばん / 九州・沖縄 - 実感ドドド!


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
国土交通省ハザードマップポータルサイトより最新シュミレーション
20180721 20180722
野々市市手取川の扇状地に位置するが、上記シュミレーションによれば手取川が氾濫した場合でも氾濫は木呂川付近が境界になるようだ。
気象庁サイトの「洪水警報の危険度分布
地震については「森本・富樫断層帯」がある。(北陸地方の地震活動 - 金沢大学)
北陸地方の地震危険度 - 石川県透析連絡協議会(H24/02/18、PDF)
活断層地図 主要活断層 | 地震情報サイトJIS

東京都シルバーパス:考

東京都シルバーパス - 雅行の酒と絵画の日々」を拝読し、東京都には『シルバーパス』という福祉乗車証が有る事を知った。福祉乗車証を発行している自治体は全国的に少なくないが、石川県をはじめ北陸地方には無い。
WikiPedia:東京都シルバーパスより抜粋引用
東京都内在住で、満70歳以上であればパスの交付を受けることができる。
パス交付の費用は20,510円(一年間有効)であるが、有効期限が半年以内であれば10,255円となる。ただし、市町村民税(特別区民税含む)非課税者の場合は、期間によらず一律1,000円。

当地野々市市では、コミュニティバス「のっティ」とシャトルバス「のんキー」が運行されているが、「1時間に1本程度、稀に2本」しか走らない。JR西日本の鉄道も最寄り駅には「1時間程度に1本」しか停車しないため、この辺の街である金沢市中心部に出かけるには「20分程度に1本」走っている路線バスの方が利便性が高い。
しかし、いずれも連絡乗車券は無く、高齢者等に対する優遇措置は無い。他の地域では行われている「高齢者に対するタクシーの割引措置」や「自宅前に専用のバス停留所を設置する制度」や「フリー乗降制」などは無い。

石川県警では高齢者の自動車免許証の自主返納を勧誘しているが、鉄道やバス・タクシーといった公共交通機関の不便さからして、自家用車を利用しなければ生活できない地域性からして無理というものだ。
こんな地域で暮らす者にとっては、都内のようにバンバンと乗れるバスや地下鉄を年間2万円程の『シルバーパス』で乗り放題できるのは誠に以て羨ましい限りだ。

YKK AP Inc. YouTubeより

関連過去記事:運転時認知障害チェック:学 / 認知症に「ヒトココ」 / 大年寄りと呼ばないで / 自家用車の必要性:考 / 認知症と自動車運転 / 認知症の検査方法に疑問 / 貧乏人の自家用車 / 免許証の自主返納 / 自家用車はいらない / 運転経歴証明を受領 / 運転免許の自主返納完了

地方に住む、俗に言うところの田舎者は歩いている(歩行距離が長い)ように見えるが実は歩いていない。
東京の都心部の住人の方が歩いている。自宅の近傍で間に合う場合は当然歩くし、路線バスでも電車でも乗車する為には最寄り駅まで歩かなければならない。地下鉄に乗る場合は地上と地下との移動までしなければならない。
その点、田舎者は自宅前の駐車場に停めた自家用車に乗りさえすれば良いのだから、歩く距離は知れたものだ。
東京とは言うものの、山手線の外側などの都心部以外の住人は、田舎者と同様に歩いていない。スーパーマーケットやコンビニといった買物ができる場所が中途半端に散在するから、田舎者よりも歩いていないのかもしれない。
そんな歩いていない者が自動車運転免許証の自主返納を奨められたところで、困るのだろう。
もっと歩け。体操の為ではなく、生活の為に歩け。

天の川が線状降水帯に?

07/05頃に沖縄 宮古島等で「50年に1度の記録的大雨」をもたらした台風7号温帯低気圧となったが、気象庁は5日「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがある」として緊急の記者会見を行った。
活発な前線の影響で07/06には西日本で激しい雨となり大雨特別警報が発表された。07/07 8時10分には九州北部の福岡・佐賀・長崎各県について解除となったが、現在も京都・兵庫・鳥取、岡山・広島の5府県で継続中である。
5府県の特別警報続く=多数不明、生き埋め情報も-西日本中心に大雨警戒・気象庁:時事ドットコム
07/05には「天気アナウンサーの話し方」ブログ記事でグダグタ言っていたが、本チャンになるとは
テレビでは特別警報を「数年に1度の記録的〇〇」と言うが、「50年に1度の記録的〇〇」と違うのかい

今朝は線状降水帯が当地野々市市にも手が伸びている模様だ。既に昨夜から、大雨が当地でも降り出したが、今朝は気になるほどの状態ではない。とは言うものの、学校で習った日本は温帯地域というのはは変わってきた。
20170130

先程08:40気象庁サイトの「洪水警報の危険度分布」ページをチェックしたが、市内の河川は「警戒」と「注意」。
20180707
10:10に再確認したら、「警戒」は無くなり「注意」に変わっていた。
20180707a
概況図 - 石川県河川総合情報システム
しかし「NHK各地域災害情報」に石川県は掲載されていないから、まだ差し障りないのだろう。
いつもならば七夕がどうのという話題の今日だが、今年は全国的に雨とのことだ。
気象庁サイトには、「 雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)」と「 レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」が有り、紛らわしい。
関連過去記事:避難判断水位と言うが / 緊急速報の受信策 / 新たな浸水想定マップ / 避難情報の集約化 / 「緊急告知FMラジオ」考 / 不思議な天気予報 / 天気予報は人工知能で / 無料の新天気情報探し / 新・天気予報は役立たず? / スパコン無用の気象庁 / 気象庁語録?? / 広島市の避難勧告は!? / 記録的短時間大雨情報」学 / 警報発令エリアが判らない / 紛らわしい避難の呼び掛け / 広島豪雨災害に思う / 「気象庁の新サービス」考 / 「台風進路予報図」学 / なるほど「特別警報」 / 「特別警報」が出たら / / 特別警報が発表されたら「緊急警報放送」を学ぶ / 天気予報の的中率? / 亜熱帯化(?)

焼け残った町家が頼り

2018年6月15日から民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行される。「民泊」は、旅館業法に言う簡易宿泊所になるのだろう。類似する「民宿」「ホームステイ」との区別が難しいが、苦情などは大丈夫なのだろうか。福井県あわら市芦原温泉べにや旅館が先日火事にあった。国の登録有形文化財である。WikiPedia:温泉関連の文化財一覧

隣の金沢市には『金澤町家』と呼ぶ「町家」がある。「町家」と「町屋」は同じ物を指すのか(?)と思うのだが.......違うのだろうか。 他に、『武家屋敷跡』(長町武家屋敷跡)とかもあり、江戸時代の遺物で観光都市を名乗っている。ちなみに京都で『京町家』と呼ぶ物は、昭和40年代の民家ブームの際につくられた造語で、江戸時代にこのような言葉はなかったとのことだ。
WikiPedia:町屋(まちや)生活共同体としての職業のの中にある家々。特に城下町の短冊型の商家(商いの場や仕事の場を兼ねた商人や職人の家)をさす →町屋 (商家)」を参照
WikiPedia:町家(まちや/ちょうか)
主に江戸時代城下町門前町などの都市部に建てられた町人の住宅 →町屋 (商家)」の項を参照。
金澤城や武家屋敷跡では、冬には雪や凍結から土塀を守るため「こも掛け(薦掛け)」が行われるが、金沢市同様に豪雪地帯とされている他の城下町では聞かない防雪対策である。京都の駒寄せ・犬矢来(犬やらい)を模した物かも知れないが、京都に比べれば如何にも田舎風である。 色々な事につけて大した事でもないことを「金沢だけで行われている」とか「金沢が一番」という金沢市民の思い込み・言い方は鼻持ちならない。北陸に陸封され、他の地域の事を知らないだけの無知と笑って見過ごせば済むことなのだが...(長屋 / 茶屋)

そんな金沢市民の思い入れが多い町家だが、「太平洋戦争の空襲を免れただけの古家」と言えば言い過ぎだろうか。 江戸時代からの由緒を誇るのはカラスの勝手としても、防火対策だけは最新設備にして欲しいものだ。
金沢市移住プロモーション動画「金沢美住」
 
金沢市公式YouTubeチャンネルCityofKanazawa


寓話「三匹の子豚」に曰く、一番目の子豚はわら、二番目の子豚は木の枝、三番目の子豚はレンガ、という事だ。
インカのマチュピチュでは藁ぶき屋根が朽ちて、今では石壁だけになっている。金澤町家は瓦葺とは言うものの、リフォームには制限が多いと聞く。それにしては、余った町家を「持ち家vs仮り家」として提供するそうだ。
 金沢市の著名な観光地として「ひがし茶屋街」があり、茶屋様式の町家が多く残る重要伝統的建造物群保存地区だ。 現在「金沢市東山1丁目」の町名から旧・町名の復活活動が行われている。

『旧・町名』に戻すというのは年寄りのノスタルジーと言うべきだろう。年寄りには馴染んでいた町名で有ったかも知れないが、若者は『新・町名』で慣れているということを考えない、一方的な年寄りの我儘と言うべき事である。
俺の知る東京に関する中でも、江戸時代や東京市時代の町名を改めているエリアは多い。そんな中でも、例えば千代田区神田紺屋町のように未だに「丁目」の設定のない単独町名を用いているエリアもある。

 石川県の中でも金沢市と言えば、県庁所在地であり、加賀藩の城下町として、如何にも市街地であるかのごとき感じだが、東は富山県との県境までがエリアである。 簡単に言えば、都会はほんの一部で、後は立派な田舎町なのだ。もっと言えば、自然溢れる場所が大部分である。
そんな広い金沢市では、地番整理が行われていないエリアも多く見受ける。地名・地番にいろは順を用いている行政は石川県や千葉県にあるようだ。俺は当地に新居を求める際、『イ』とかの地番には戸惑ったものだった。

金沢市で『旧・町名』に戻る事を望んでいるのは街中の人達のようだから『イ』とかの地番には関心がないのであろうが、よそ者としては地番整理を行う方が先決だろうと思うのだが....観光客が迷ってしまうぞ。

関連過去記事:立ち小便はよそう / 世界遺産になりたい症候群 / 紛らわしい「町」と「区」 / 現代版「城下町」タウンページ:考

【京都市公式】今を活きる京町家
 
CityOfKyoto YouTubeより
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • あんよ美人を見たい
  • あんよ美人を見たい
  • あんよ美人を見たい
  • フォト蔵から断捨離
  • Picasaインストール:考
  • 芸能人の性処理:考
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
2019年
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ