無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

骨折

骨折の想い出

思い起こせば、昨年の今頃は骨折の治療中。 ちなみに今日は骨折から1年+6週間目、また「禁煙」から460日目。
医師は常套手段のボルトで固定する手術をする気でいたが、幸い手術はしないことになり、全身麻酔を行わなくて済んだ。手術をした場合でも、折った左側の腕は120度程度にしかバンザイできないと医師から宣告されたが、今では180度のバンザイができる。 手術をできなかった医師は、それが本意であったかのごとくの振る舞いをしている。
「全身麻酔」のリスク 「寿命が6年縮む説」は本当か│NEWSポストセブン
もちろん、骨折以前のような動作は出来ないが、まあまあ良しとすべしというところだろう。骨折から1年経過した頃
にはできなかった腕立て伏せが、できるようになった。 これで衰えた腕などの筋肉を鍛えることができるだろう。

しかし、数ヶ月前まで、女将には言わないものの内心ではどうなることやらと思っていた。骨折した側の腕では背中を掻くことが出来ないのでは、不自由なこと極まりない。 何とかして、早期に回復する方法は無いものかと歯痒い。

その点、オリンピックに出場するアスリートや、プロ野球の選手は大したものである。
ボルトを埋めこむような手術をしても、数ヶ月程度でどこ吹く風という外見で復活する。
もちろん、手術をした後には立派なリハビリを受けるのだろう。 稀にテレビで紹介されるが、あのようなリハビリが行われれば俺のように1年も経たなくても元通りに動く関節が得られるのだろうか。

俺もリハビリ専門の理学療法士を紹介して欲しい旨を求めたが、担当医は不要とのことであった。
これは、主として国民健康保険による治療を行う公立の総合病院を受診した為なのだろうか。保険適用外でも構わない旨を告げたのだが、聞き届けてはもらえなかった。 あれは、未だにWhy?! Doctor である。

骨折に限らず、いざという場合に備えて、元気な時に医者を決めておくことが必要だね~
関連過去記事:自分の健康調書作り / 旅先での死 - 遺体搬送
86歳現役医師「介護を頼める信頼できる人を探しておけ」│NEWSポストセブン

左肩の骨折記念日

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折して、丸1年目になった。
関連過去記事:左肩側骨折以来の  / やれやれ健康2015 / 2015/10健康メモ
途中血圧が上がったりと、色々あったが、何とか2016/03/30をもって整形外科を無罪放免となった。

これで、昨年起こった健康面の不具合は、発生してから全て丸1年経過したということになる。
年を取ると背が縮む原因は重力と背骨|筋力の衰え|予防はできる | 雑学は三文の徳
とりあえず、今日はおとなしくしていよう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Windows 7 ⇒ 10 にアップグレードした後の不調は無くなり、伴ったブラウザのアドイン・拡張機能のインストールソフトのインストールも無くなった。 重いパソコンをチェックし、完了した。
Facebookの重いのは、世の中的にあの程度ということのようなので放置。 ということで、すべきことが無い。
いよいよ、終活に精を出すしかやることが無いということだが、なにかイマイチ気が乗らないでいる。

おもしろゲーム大全集」というサイトを発見した。 こんなにもゲームが有るのかと仰天する。
「定年退職後の暇人 ゲームファンに朗報」を拝読して、「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」というケームがiPhone/iPad向けに提供されることを知った。
“マリオ”と名がつくゲームは多いようだ。パソコンを始めた頃に遊んでみたような覚えがあるが、あの手のゲームには手も足もついていけなかったように記憶している。歳を重ねた現在ではとてもできるハズが無いと鼻から放棄しているが、できるのであれば良い暇つぶしになる。

とはいうものの、元来がノロマな俺には“SimCity”のようなゲームが向いているだろう。
そもそもマリオは、安倍総理大臣がリオオリンピックの閉会式で着用したことで、悪印象がある。

久しぶりの通院

骨折騒動が収まり、最近は歯医者通いばかりだったので、本日はたいへん久しぶりの気分で通院してきた。

2016/03/30以来となり、糖尿病の血液検査の結果なども楽しみにしていた。結果は安堵できるものであった。
2016/02/17に高めになった血圧についても、正常になった。降圧剤の中止はもう少し様子を見てからとの事。
骨折は完全卒業となった。2015/12/06からだから、丸6ヶ月。早いような長いような。
眼科は、これまでは2ヶ月刻みで通院していたのを4ヶ月刻みになった。
安定して来たと考えるべきか、見捨てられたと考えるべきか、俺としてはなかなか複雑な心境だ。

喉にイガイガ感があったので、耳鼻咽喉科で鼻と喉のカメラ検査を受けた。結果は異常認めず・
過日の間質性肺炎宣告以来、なんとなく気がかりであったが、イガイガ感が季節替わり時期特有の症状だろうという診察であった為、ひとまず安心というところだ。
現在診察を受けている医師は、2015/10/16の旧・医師の間質性肺炎宣告について疑念を抱いており、06/20に再度検査を行うことになっている。 結果が楽しみである。
「間質性肺炎ではない」という結論が出た場合、『吸うべきか、吸わざるべきか、それか問題だ』

ということで、高値安定ではあるものの、安定しているだけでも安心できるという奇妙な安堵感に浸っている。

 とは言うものの、相変わらず結論の見えない喫煙戦争の中で、受動喫煙についてまたまた話題が出た。



受動喫煙による因果関係が有るとしてカウントされていた“肺癌や心筋梗塞などによる死亡者”に加えて、“脳卒中やSIDS(乳幼児突然死症候群)による死亡者”もカウントされた結果ということらしい。

“西洋に追い付き、追い越せ”の第二明治維新を図って2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催する為に、厚生労働省は受動喫煙対策を強化する方針とのことだ。
本当に『喫煙が悪』なのならば、タバコの発売を禁止すれば良かろう。 脱法ハーブと相違点が理解できない。
また、電子タバコべーピングの相違点はなんだろう。
関連過去記事
清浄されたの?家庭生活
消費税が上がるあおり?
電子タバコは禁止したい
煙草してますか?
「べーピング」って何?
電子タバコの購入 ?
これを試してみよう
脱法ハーブと呼ばないで

骨折を卒業じゃ

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折してから16週間(約4ヶ月)が経ち、前回(02/29)から4週間ぶりの通院。
そもそも今日の通院目的は、糖尿病と眼の検査である。 しかし、整形外科が同日に診察を行うと言い、なんとなく骨折の診察のほうがメインぽくなった。 前回(02/29)の骨折診察時には「次回のレントゲン撮影をもって...」とのことで、レントゲン撮影を行わずとも今日が卒業日であるかのごとき雰囲気があった。 03/28は肺炎通院

しかし、ネット検索で「肩部(上腕骨)骨折」の場合に卒業に要する期間は半年(6ヶ月)と承知していたので、なんだか早過ぎるような気がしてならない。 俺としては、もっとリハビリの仕方を知りたいのだが、部位からして爺の骨折からの復活としては上出来であるというのが医師の見解らしい。 しかし、予期せずして不自由な躰になった者としては得心できない卒業式である。

 骨折して改めて考えれば、人間の躰というものは良くできている。 なかでも、特に意識しなかった骨格というものをこの度学んでしまい、少ない数の骨で人体を支えているものだ(!)と感心する。
しかし骨格だけで人体が動くはずもなく、骨を支える筋肉のリハビリの大切さを実感する。 骨折以前は当たり前のようにできた動作が、リハビリを頑張っても以前のようには動かない。 スポーツ選手達はアチコチを手術してはリハビリを行って回復しているようだが、凄まじい努力をしているのであろう。
考えれば、「這えば立て...」の赤ん坊は、すごい努力をして歩けるようになっているのだね~

ほんの数日だけ腕を動かすという動作を中断しただけで、こんな有様になるのだから、日々の運動が大事也。

 俺の骨折は卒業できたが、骨折の回復期間となった4ヶ月で、元々無い筋肉が失われた
スポーツ選手に及ばずとも頑張ってリハビリに努めよう。
血圧測定記録方法を変更
続きを読む

左肩の骨折-12週間目

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折してから12週間(約3ヶ月)が経ち、前回(02/01)から4週間ぶりの通院。
血圧上昇に気が付く等、色々あり、骨折が原因では(?)とも思っていた。
しかし、血圧上昇は骨折した為に散歩(ウォーキング)ができなくなった為のようで、散歩を始めたら下がってきた。

腕や肩もかなり快調に動くようになってきたので、骨折以来の女将の付き添いを辞退して俺だけで出掛けた。
伴って、タクシーを止めてシャトルバスを利用して通院した。
医師の言うとおり、外見的には骨折しているようには見えない60歳代の爺には、だれも気配りしてくれない。
バスに乗ったところで、石川県立大学に通学する学生さん達が席を譲ってくれることを期待してもダメだね。
以前は金沢医療センター行の路線バスへの乗り方がサッパリ判らなかったが、乗り慣れると野々市コミュニティバスよりも便利かも知れない。 ※シャトルバス のんキー / のっティTOWN / のっティちゃんねる

骨折したことにより、左腕が背中に回らないとか、真上に上げられないとかの不都合があるのだが、医者がいわく「五十肩のリハビリと同じことすれば良い」とのことだ。
俺は五十肩の経験が無く、どのような痛みなのか(?)、どんなリハビリをすれば良いのかが判らず、理学療法士の指導・治療を依頼しようかと思っていたが、状況が良いので次回にもう一度通院すれば御仕舞につき不要とのこと。

 ==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
グレゴリオ暦では閏年の今日は、2月29日閏日だ。  暦法
日本においては、年齢計算ニ関スル法律に より、誕生日前日の終了時(午後12時)をもって加齢するため、2月29日生まれの者は、平年・閏年を問わず、毎年2月28日午後12時に加齢されてお り、平年にあっては3月1日生まれの者と同じである。2月29日生まれの者は、戸籍法上、2月29日生まれとして記載され、2月28日や3月1日と記載さ れることはない。
かつてイギリスでは、4年間のうちでこの日にだけ女性から男性へのプロポーズ伝統的に公認され、男性はそれを断ることはできないとされていた。
閏年>>グレゴリオ暦
グレゴリオ暦では、400年間に(100回ではなく)97回の閏年を設ける。
すなわち、4年に1度ということではない。
WikiPedia:2月30日 / 3月0日 / 1月0日 / 0年 / 紀元前1年 / 紀元前続きを読む

左肩の骨折-直10週間目

2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折したが、転倒の原因となった場所にはトラウマがあり近づいていなかった。
今日久しぶりに立ち寄り、転倒の原因となった「看板立て」の写真を撮った。
今日は平日のため看板立ては(侵入防止用の折り畳み型障壁に沿わせて)脇に置かれているが、当日は休日のため通路の真ん中に置かれていた。
看板立ては、垂直なポール部分と、地面に置くための鉄板部分がある。また、当日は「お知らせ紙」が進行方向に沿って隠れていたため見えなかった。 金属製の看板立ては、周囲の景色(白い壁)とは識別がしにくかった。
また、おしゃれな鉄板は極めて薄く、色調が床のタイルに同化して見えた。せめて、厚みがあれば気が付くかも、

目の悪い俺は背景に溶け込んだポールが見えないままに、散歩(ウォーキング)のかなり早い歩行速度のままで鉄板に片足を載せてしまい、ポールを押す自分の力で(梃子の原理で)鉄板に乗った体が浮き上がってしまい、柔道の払い腰でも掛けられたような状態で、跳ね飛ばされた。 気が付いた時には、寝そべっていた。

20160212a2     20160212a1

改めて現場を見ると、そんな事で転倒するような状況とは思えないのだが、何か慌てていたのだろうか。
とはいうものの、あんなに薄い鉄板、あんなに目立たない看板立て....と文句は残るよ。
 02/15で骨折以来10週間目になる。リハビリを頑張っているせいか、日々調子が良くなる。

==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
それにしても、60歳代の男性は、道を歩きにくい。
年寄りと見るには若そうでもあり、若者と見るには爺だから、周囲の人からの取り扱い方が色々だ。

当人にしても、退職して間もない頃だから年寄り扱いされるのは嫌な年ごろだろう。
多くの60歳代男性としては「社会人としてバリバリ」のつもりだろう。 俺もそのつもりであった。

しかし、骨折など、見た目としては病人と思われない60歳代男性は、なかなか辛いものがある。
三角巾を外した肩の骨折者は、外見的には健常者と何ら変わりが無い。「骨折」と書いた旗でも持ち歩こうか。
順調にリハビリが進んだ俺だが、まだ遠慮している。 しかし、そんな事を知らない周囲の人達は骨折した場所にぶつかってくる。 道端で立ち話をしている婆さん達は、注意してもくれない。

骨折に限らず、見た目は健常に見える隠れ病人は辛い場面が多い。 特に、男性はそのようだ。
「1億総病人」なのだから、そんなものかも知れないが、もう少し庇って欲しいと思うね~ 頼むよ続きを読む

左肩の骨折-8週間目

2016年も1ヶ月が経った。日の出も7時前になっている。節分には、達者なほうの腕で豆を撒こう。(立春:02/04)
今年は、リオデジャネイロオリンピック(08/05-08/21)のある閏年で、2月は29日まである。 ♪床屋に春が
翌年の春分の日および秋分の日は、今日(02/01)発行される官報によって発表される。
インターネット版『官報』 / 官報検索!Kanpoo.jp - 官報を全文検索できる無料サービス

官製葉書を年賀状として使う事を考えていながら、結局は骨折事件で書くことも出すこともできずにい新年を向かえたが、二月礼者の今日、挨拶状を郵送した。 彼らもネットをしてくれれば、e-mailで御挨拶できるのだが。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2015/12/06に左の肩部(上腕骨)を骨折してから8週間が経ち、前回(01/18)から2週間ぶりの通院。
リハビリの成果には自信があったが、経過は良好だ。
しかし、腱板損傷といったこれまでは隠れていた状況が無かったかと思い尋ねだが、損傷していないとの事。
次回の骨折通院は、4週間後の02/29。 閏日に行くというのも、記念になるかな。
アピタル:健康にまつわるお金の話・医療
入院費の不思議
続きを読む
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 年寄りの朝
  • 年寄りの朝
  • 毛が薄くなる(涙)
  • Chromeのバージョン表記
  • 「時代」は名曲だね~
  • 「時代」は名曲だね~
instagram

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板

blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader

・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

QRcode QRcode(2)
Make it cman

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ