無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

鹿角市

日本の温泉にも多い

米イエローストーン国立公園で強酸性熱水泉に落ちた男性 遺体は溶解|Infoseekニュース
クレオパトラは蛇を選んだそうだが、安らかに死ぬ方法というものが有るのか(?)は、凡人としては知る由もない。
しかし、酸性の熱湯に落ちるということは、安らかではないまでも、ほぼ瞬間的に死ぬだろうと思われる。
しかも、肉体はもちろん骨までも溶けてしまう。 これならば、散骨も不要ならば、墓に入れる骨も無い。
まことにあっけらかんとした逝き方だろう。 過去記事:週刊誌に読む死に方 / 死に方いろいろ

この事件はアメリカでのことだが、同様の酸性の熱湯という場所は日本でも多い。
俺が現認した限りでも、秋田県鹿角市にある後生掛温泉のそばに後生掛自然研究路にある大湯沼はそれだ。

大湯沼は100m×150mの楕円形の泥沼で、温度は83℃とのことだ。
俺が子供の頃には、沼を一周する自然観察路があった。 アメリカの事件と同様に、酔っぱらいが足を滑らすという事件があった。 遺体を回収するために投網を打ったが、すべて溶解したため回収できなかったと聞いた。
1981年に活動が西側に移動して、沼を一周する自然観察路は破壊され、西側は立ち入り禁止となっている。

2001年9月撮影
20030527103330

 日本には“大湯沼”的な名前の場所が多いが、類似した環境なのだろう。
また、大きな湯沼にまで育たないまでも、地面から蒸気が噴出しているような温泉地帯では、地面が固まり切っていない。 そのような場所では、熱気ある地面にハマったり、硫化水素を吸い込んで怪我をする人が後を絶えない。

温泉地に出掛けたら浮かれて歩かず、定められたルートを守っていないと大変だ...ということだ。

鹿角の大日堂

高校時代迄は、それなりに遊びに行っていた八幡平である。
上京した後に訪れることが無かったが、寄る年波からか(?)、死ぬ前にもう一度と思い2001年(平成13年) に行ってみた。 その後、再訪したいと考えた際に 東北未体験の女将が同行を希望した為、2004年(平成16年)7月 同伴旅行することになった。

宿泊地としては、後生掛温泉とした。 鎌倉から後生掛温泉迄の交通はなかなか不便であり、約6時間といったところか。 秋田新幹線の田沢湖駅から路線バスで1時間以上かかるのだから、致し方ない。
路線バスに揺られて後生掛温泉が近づくにつれ、温泉地独特の卵の腐ったような硫化水素の匂いがする。
当然、宿でも硫化水素が匂うのだが、女将が匂いが嫌だと言いだした為、予定した部屋を多少なりと匂わない部屋に変えてもらうことになった。
風呂も匂う為、入浴できず 水で躰を拭くことで我慢する始末。 結局 女将は、3泊中で1度も入浴せず。

2日目は、花輪町に出張ることにした。
帰りの便を考えると8時頃には出立しなければならないのだが、後生掛温泉からその時刻に立つバスが無かった為、ホテルの車でバスのある志張温泉まで送ってもらえることになった。
路線バスに乗り込み、まずは大日堂舞楽が奉納される大日霊貴神社を訪ねた。
子供の頃には随分と大きな神社という記憶であったが、改めて見ると村の鎮守というった感じ。
大日堂
通称は『大日堂』と呼ぶ大日霊貴(おおひるめむち)神社では、毎年の1月2日にユネスコの無形文化遺産である大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)が奉納される。

DSCF0019

DSCF0024


無人駅のJR八幡平駅は、駅前に雑貨屋という感じの店が1軒。 
ディゼルカーで運転される列車は 1時間に1本程度、路線バスも同様で、交通機関が少ない為、1台しか無いタクシーで花輪に向かう。
花輪は、現在は鹿角市花輪と称するが、以前は鹿角郡花輪町と称する この地域では大きな町であり、JR花輪線の名前ともなった。
花輪でタクシーを乗り換え、おいらの住んでいた場所に行ってみたが、昔と変わらぬ質素な風景にガッカリ。
そのまま、道の駅かづのに向かう。 通称 あんとらあ とも呼ばれ、花輪ばやし・花輪ねぷた・鹿角の盆踊り等を一堂に見学できる。
WikiPedia:花輪ばやし
DSCF0040

施設前では、地元の草花の販売がなされていた。

【食虫植物】
DSCF0033

地元名産の切りタンポを昼食にして、宿に戻ることにした。
後生掛温泉(八幡平山頂) 方面に向かう路線バス迄の時間が長い為、JR田沢湖方面から来る路線バスに途中で乗り換えることにした。
しかし、それぞれの路線でバス会社が異なるせいか、バス運転手は乗客の思惑などにはお構いなしである。
遅れて到着した乗り換え停留所の傍には、北緯40度線が通過しているとのことでモニュメントがある。
乗り換える予定路線のバスも遅れていたため、事なきを得た。
秘湯名湯 028後生掛温泉


3日目は、八幡平山頂に向かう。  宿に戻り、硫化水素の匂いを嫌う女将を連れて後生掛自然研究路を散策。
後生掛自然研究路2013秋


写真共有サイト「フォト蔵」
2001年09月-秋田八幡平
2004年07月-秋田八幡平
2004年11月-秋田八幡平
2006年09月-秋田紀行

秋田焼山も萌えて2

10月1日開催「焼山トレッキング~紅葉路を歩く!」下見に行ってきました。 - 八幡平の自然~アスピーテ日誌~
昨年(秋田焼山も萌えて)に続いて、八幡平ビジターセンタースタッフブログに秋田焼山への下見が掲載された。
この下見記事は2014秋の秋田焼山2013、とよく続いており、定点観測の記事として楽しみな物のひとつだ。

秋田焼山は、気象庁の【常時観測火山】であるが、避難小屋などの設備が整っていないことが心配だ。
とは言うものの、出発点の一つである後生掛温泉に湯治して暇になると良く出かけたコースである。
過去記事:懐かしの秋田焼山

秋田焼山。自然と名湯を育む活火山。

pan naa YouTubeより

写真共有サイト「フォト蔵」
2001年09月-秋田八幡平
2004年07月-秋田八幡平
2004年11月-秋田八幡平
2006年09月-秋田紀行

既に猛暑日也

北陸ですでに猛暑日 北日本・北陸は大雨のおそれ | NHKニュース
今日の北陸。 午前11時半までの最高気温は、富山県高岡市の伏木で36度3分、金沢市で35度5分などとすでに35度以上の猛暑日となっているとのこと。

エアコンちゃんが頑張っている。
糖尿病の症状として暑さに鈍感な俺は、女将の温度設定(26℃)に付き合うと寒い。
そろそろ、リビングから自室に逃げ出さなければ、フリーズされてしまうよ
石川)金沢駅前の上昇率は全国5位 県庁所在地の路線価:朝日新聞デジタル
路線価 金沢駅前は全国5番目 - NHK石川県のニュース
土地代の上昇率が全国並みになったからといって、気温まで全国並みになることはないだろう
腹を減らしたクマの出没が多いが、この暑さではたいへんじゃな~
今年は40℃を超えるとの見解もあるが、熱中症に注意しなければなるまい。
注意!猛暑最高記録「41℃越え」が迫っている| 東洋経済オンライン
今年は降雪も降雨も少なく、水不足が懸念される地域が多くなりそうだ。 九州で降っている大雨を分けて欲しい。
【追記】15:40 金沢市が全国一の暑さ - NHK石川県のニュース
金沢市では午後2時までの最高気温が37度ちょうどと全国で最も高いとのこと。
しかし、日本気象協会(tenki.jp)によれば34.3℃也。 今夕より明日に掛けて大雨との天気予報也。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
昨日は半夏生。 故郷の秋田でも、田植えの済んだ年寄りたちが山の湯治場に繰り出す頃だ。

交響詩『鹿角を生きる』第3章~鹿角賛歌~ 阿部勇一作曲
続きを読む

秋田焼山も萌えて

6月11日 6月20日に行われるイベントの下見で焼山に行ってきました。 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~」を拝読した。 このブログは、一般財団法人 自然公園財団八幡平ビジターセンタースタッフが書いている。

秋田焼山に行ったとの事。 途中の "毛せん峠" の高山植物がたくさん掲載されている。 毛せん峠
秋田焼山 火山防災マップ」のとおり、気象庁の【常時観測火山】に指定されているが、多種の高山植物が見られる可愛い山だ。 道中道すがらのブナ林の暗がりを抜けた山並みに散りばめられた草花は一層と美しい。
焼山トレッキング『ベコ谷地・湯ノ沢 旧登山道を行く』 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~
八幡平焼山登山 後生掛温泉~国見台~もうせん峠~焼山~玉川温泉 2007年10月3日
も併せて読みたい。 金持ちがいたら、紛失覚悟でドローンから撮影し、YouTubeに公表して欲しいものだ
秋田駒ヶ岳といい、常時観測火山なのだから、航空写真くらい撮っておく方が後学の為になるだろう。


関連過去記事
2014秋の秋田焼山
懐かしの秋田焼山
秋田焼山のこと
八幡平山頂の日の出
八幡平ビジターセンター
続きを読む

後生掛温泉の今昔

WikiPedia引用
後生掛温泉(ごしょうがけおんせん)は、秋田県鹿角市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉。
岩手県と秋田県県境の八幡平(火山)山頂から少し西側に位置し、八幡平アスピーテライン沿いにあり、山の中にしては比較的交通の便がよい。
「馬で来て下駄で帰る後生掛」と謳われたように、昔から効能の高い湯として知られている。
後生掛温泉は昔からの湯治宿で、一温泉一軒宿だが、外見上は、「本館」「新館」「湯治棟」に分かれている。
湯治宿の面影を色濃く残す湯治棟は自炊が基本。
宿舎の床下に蒸気を通して暖める「オンドル構造」になっていて、自室で寝ているだけでも湯治効果があるという。
大浴場はかっては全て混浴であったが、今は男女別となっている。
木製の箱の中に頭部だけ出して入り、蒸気で温まる「箱蒸し風呂」は、昔、「原始トルコ風呂」と呼ばれていたころから後生掛温泉の名物となっている。
ほかに「露天風呂」「泥風呂」「火山風呂(気泡浴)」「打たせ湯(滝風呂)」などもある。日帰り入浴も可能。
源泉は4種類。宿の裏側には泥を吹き上げる墳気口や泥火山などを観察できる「後生掛園地」がある。
宿は秋田焼岳の登山口にもなっている。また足湯も設置されている。
高温の源泉を利用して作られる温泉卵が名物。
硫黄分が多いため、卵の殻が黒く変色しているのが特徴である。

後生掛の地名の由来には以下のような伝承がある。
約300年前に、三陸地方出身の九兵衛というものがこの地に住んでいた。九兵衛が重病で苦しんでいた際、恐山巡礼の途中の女性の看病を受け、回復後その女性とともに暮らした。3年後、三陸から九兵衛の妻が当地にやってきた際に、巡礼の女性は源泉地の谷に身を投げた。それを知った九兵衛の妻もまた、「後生」を「掛」けて源泉の谷に身を投げた。以降この地を後生掛と呼ぶようになり、また源泉をオナメ(妾)の湯、モトメ(本妻)の湯と呼ぶようになった。
昭和34年9月3日、後生掛温泉を含む八幡平温泉郷国民保養温泉地に指定。

DSCF0074



鍋・食器等の炊事道具一式をレンタルすることができ、食材も湯治部の売店で揃えることができる。
通の人達は、家族が運転する車で送迎され、一週間程度の食料を持参する。
持参した食料が無くなる頃、「湯治見舞い」と称して、食料を持った家族が遊びに来るという仕掛けなんだね~。


DSCF0090

昔の後生掛温泉です。
古い写真をデジカメで写したので、画像が荒れてます。
昔の後生掛温泉


下は、当時の蒸し風呂です。
後生掛温泉にあった昔の蒸し風呂


この写真を撮った頃の後生掛温泉HOTELに行く道は、現在と違います。
現在は、ホテル部の東側(山側)に立派な道路が通じていますが、あの道はアスピーテが開通した際に作られたものでしょう(たぶん?)
以前、後生掛温泉に行く道は、現在の浴場棟に抜けるように通っていました。
後生掛温泉HOTEL山水館の在る位置付近に赤川温泉・澄川温泉から抜ける道があり、その道から小川に沿って小道が有り、蒸ける沼の中を通って湯治部小屋に出ました。
湯治部小屋からは浴場棟が正面で、湯治部受付棟やHOTEL棟は見上げる位置にあり、湯治部しか泊まったことの無い子供の小生には「千と千尋の神隠し」のホテルのように見えました。
くだんの蒸し風呂は、前述の湯治部小屋よりも手前側の蒸ける位置に建てられた小屋に在りました。5年程前に訪問した際には、小屋の残骸木片が有りました。
写真でも判るかと思いますが、6個設置されていましたね。



関連過去記事:八幡平温泉郷の昔

写真共有サイト「フォト蔵」
2001年09月-秋田八幡平
2004年07月-秋田八幡平
2004年11月-秋田八幡平
2006年09月-秋田紀行

2014秋の秋田焼山

9月30日 10月4日に行われる「焼山トレッキング・紅葉路を歩く」の下見に行ってきました。 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~」を拝読した。
このブログは、一般財団法人 自然公園財団八幡平ビジターセンタースタッフが書いている。
八幡平ビジターセンターは、後生掛温泉に近い大沼の傍に在り、近隣の自然保護に尽力されるとともに自然に触れ合えるようなイベントを開催している様子だ。 なお、「松尾八幡平ビジターセンター 」という類似する名称が存在するが、組織は異なる。

先の記事で、秋田焼山を散策されたことが紹介されている。
焼山は、後生掛温泉と玉川温泉の登山道に位置する活火山であり、秋田在住の頃には歩きまわっていた場所である。 懐かしいので、当該記事をホールドする意味でトラックバックさせていただく。
WikiPedia:秋田焼山より抜粋引用
焼山山頂付近は硫気変質が著しく、山頂火口や山麓に多くの温泉がある。 東側には後生掛温泉、西側には玉川温泉があり、焼山登山への出発点・終着点となっている。 後生掛温泉と玉川温泉の間にはバスが運行されており、縦走登山の際に利用をすることができる。 火山性ガスによる登山者の事故が起きており、登山道以外の立ち入りは禁止されている。
伝説
奥州征伐に来た坂上田村麻呂は、蝦夷の大将である大猛丸を八幡平で討ち取った。 しかし、登鬼盛という武将は難を逃れ、鬼ヶ城に立てこもり、決戦を迎えた。 カルデラの中に突き出た溶岩ドームは、周囲を急斜面で囲われ、その頂きに立てばどんな方向から攻められても優位に立てる。 しかし力及ばず、登鬼盛も討ち取られてしまったと言われている。 史実では、坂上田村麻呂はこの地には到達していない。





関連過去記事
懐かしの秋田焼山
八幡平山頂の日の出
八幡平ビジターセンター
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
追記:2014/12/19
十和田八幡平 『のんびり探検隊2』:活火山・秋田焼山
WindowsXP来訪拒否
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • OneDriveの削除思案
  • OneDriveの削除思案
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 木呂川改修工事完了
  • 感情の誘導はいらない
instagram
Flickr

コメント感謝 -最新12件
トラックバック感謝-最新2件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板



名言黒板
blogramによるブログ分析

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
Subscribe with Live Dwango Reader
・・ IPアドレス検索 ・・

QRcode QRcode(2)
Make it cman

Twitterでプロフィール

livedoor プロフィール

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・
logo


  • ライブドアブログ