無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

HP作成

レンタルサーバー選び?

FC2ホームページ」をレンタルし快調に稼働しているのだが、サブページとして利用しているだけで、本格的にTOPを作ろうという気にならない....というかネタが無い。
関連過去記事;FC2の模様眺め作戦 / サイト開設への思惑は / ブックマーク:考2 / エラー原因を理解
それでも、livedoorブログから引っ越しする場合はFC2ブログへと思っていたので、FC2系列のFC2ホームページをキープしていたが、ブログ引越は見送りとしたのでキープしておく意味が薄れている。
20190117c
FC2ホームページはかなり高機能なのだが、以前悩んだとおり、仮に再度サイトを開設するのであればソコソコの機能は実現したい。となればシコシコとHTMLを書くよりはCMSを利用した方が手っ取り早い。となれば馴染みのXOOPSを利用したいものだ。
関連過去記事:ホームページ開設に掛かる壱考察 / サイト開設への思惑は / サイトのページを移築 / 田舎はWebサイトが多い / XOOPS復活工事を終えて
という事で、ブログ引っ越し取り止めを最終決定した場合はFC2 IDからも退会する方向で考え、FC2ホームページに変わる無料レンタルサーバーを選ぶ方が良かろう....ということで、

【2019年版】無料レンタルサーバーおすすめランキング」を眺め「無料から使える高機能・高品質レンタルサーバー |XREA(エクスリア)」が良さそうとアタリを付けている。前記ランキングの1位お奨めは「無料レンタルサーバーおすすめ1位 Xdomain無料レンタルサーバー」なのだが、「Xdomain」・「XREA Free」共に「HDD容量:1.0GB(1000MB)、PHP:あり、MySQL:あり、独自ドメイン:可能、広告表示:あり」なのだが、「XREA Free」は「CGI」と「無料SSL」が使えるのがプラス点也。
また、(Yahoo!)ジオシティーズ終了に伴う移民の受け入れに積極的な様子に好意が持てる。

「XREA Free」の運営会社はGMOデジロックとの事でGMO(GMOインターネット株式会社)の系列。
「お名前.com」やブログ「JUGEM」もGMO系列が運営する。WikipediaではGMO系列のSSL証明書が使われているとの事で食指が動いている。

「XREA Free」を利用(無料アカウントを作成)する為には以下の手順となるが、(1)ユーザー登録には氏名・住所などの個人情報を詳らかにしなければならない。FC2利用規約livedoor利用規約の比ではない。
「(1)バリュードメイン(VALUE DOMAIN) ユーザー登録」⇒「(2)XREAのアカウント作成」
また、「VALUE-DOMAIN 会員規約、サービス利用規約」でも個人情報に関する内容が明確に記載されている。ちなみに、FC2ブログやlivedoorブログでも有料会員であれば個人情報は細やかなのだろう。
ブログでも有料レンタルしている人は会員登録に個人情報を明確化する事に抵抗が無いだろうし、むしろ当然と考えるかも知れないが、専ら無料レンタルしている俺は個人情報を知らせるのに抵抗がある。
また、取り立ててサイトを開設する必要性も無しに暇つぶしのネタなので、殊更に抵抗感が大きい。
また、GMOはコインマイナーしているとの情報もある(コインマイナー設置注意 / マイニングの遮断を行う)。 ということで、当面は現状通りで行こう...Wikiをレンタルした。これで間に合うだろう。
FC2を退会する場合に、掲示板を新しくする場合は
掲示板の無料レンタル、フリーBBSならteacup.レンタル掲示板 byGMO
関連過去記事:livedoorブログ情報09/25 / ブログの引っ越し思案中

パスワードを作る:学

強力で覚えやすくて1つしかないパスワードを作成する方法 | カスペルスキー公式ブログ
何はともあれ、複数の強力なパスワードを使い回さずに覚えるのは、想像よりもずっと簡単です。
どうしたらよいかは、八っつぁんと一緒にご隠居に聞いてみましょうか…

カスペルスキー 落語deセキュリティ
〜パスワード編〜
カスペルスキー 公式 YouTubeより
ITセキュリティにまつわる誤解:パスワード | カスペルスキー公式ブログ
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
この1ヶ月ほど、Firefoxからアクセスした際に(PNG 画像, 1x1 px)と表示されるだけで画面が出ない事がある事に気が付いた。試したところ、Firefoxばかりではなく、Chromeや IE 11 でも同様である。
ネット検索したところカスペルスキーの「バナー広告対策(アンチバナー機能)」が有効(on)になっている事が原因とのことらしい。以下の方法で解除できるとのこと。
カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 でバナー広告対策を有効にする方法
なお、『既定では、バナー広告対策は無効(off)になっています』との事であり、俺が有効化(on)したのは間違いないが、本件に気づく以前は(on)でもこの事象は発生していなかった。
カスペルスキーはMicrosoft Edgeでは効果が無いので、Edgeには「マイニングの遮断」と「広告ブロッカー」としてuBlock Originを入れているが、画面が出ない。この事から、「バナー広告」ばかりでなく「広告」もブロックしたがる事が原因なのでは(?)と推測している。
本件は「【2019年版】無料レンタルサーバーおすすめランキング」の「無料レンタルサーバーおすすめ3位 XREA Free(https://www.xrea.com/)」に発生して気が付いた。上記により、02/15 11:50アンチバナー機能を無効化(off)・有効化(on)してみた。なお、本件に絡んで、Firefoxの設定「プライバシーとセキュリティ」の「ポップアップウィンドウをブロックする」のon・offが関連するようだ。
(PNG 画像, 1x1 px)が表示される不具合は解消していない。
関連過去記事:adblock detected発生
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
2019/02/17 10:50、Internet Explorer 11をアンインストールした。
Windows10でInternet Explorer 11をアンインストール&再インストールする方法 |株式会社とげおネット
これまでのところ、不具合は無い。(関連記事:ブラウザのアップデート:新 /パスワードを作る / IE 10の未来は)

 CrystalDiskInfoでSSDの寿命チェックをしているが、02/17に87%になった。
(2017年06月にHDDをcrucial(クルーシャル) の「MX300 2.5-inch SSD1」なるSSDに換装)
20190217
関連過去記事:Win10 v1809 Upgrade済2 / SSDに脆弱性との報道 / パソコン修理完了 / パソコン修理が完了 / Windows 10の不調記録:4 / 2018/10/06、PC速度

スクリーンショット注意

以前「ブログの書き方思案」として以下の記事を書いた。
ブログ等を書く場合、元となる記事がどんな内容であったのかを書かなければ続きが見えない場合がある。俺のブログで巷の出来事に関する自分の考えを書くような場合、元になるニュース記事を引用するようにしてきた。“引用”するか、“転載”するかにより、著作権の扱いが違うらしい。
この度(02/13)、文化庁の文化審議会著作権分科会で「インターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツをダウンロードすることを全面的に違法とする方針」が了承されたとの事で、開会中の国会で著作権法の改正案が通れば2020年から施行となる見込みとの事也。
著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞デジタル
  1. これまでは音楽と映像に限って違法だった。
  2. 小説や雑誌、写真、論文、コンピュータープログラム等あらゆるネット上のコンテンツに拡大される。
  3. 個人のブログやツイッターの画面であっても、一部に権利者の許可なくアニメの絵やイラスト、写真などを載せている場合は、ダウンロードすると違法となる。
  4. メモ代わりにパソコンやスマートフォンなどの端末で著作権を侵害した画面を撮影して保存する「スクリーンショット」もダウンロードに含まれる。
この記事を読んでも、どうなればマズイのか(?)さっぱり判らない。このまま法律になれば意味不明也。
以前、「京都大学がホームページに歌詞の一部を掲載」したことについて著作権に関する出来事があった。結局は“引用”したというJASRAC(日本音楽著作権協会)の解釈で一件落着したらしい。
個人の顔写真について国家が顔写真を収集しているらしいが、あの写真に関する個人情報の扱いは
国家が収集した俺の顔写真がネットに漏洩し、それを俺がダウンロードして自分のブログで使ったら違反
過去記事:ブログ記事の中身 / 一億人の昭和史:学 / 写真のネット掲載は注意 / ブログの書き方思案(2) / バスワードに気を付けて / 顔写真の公開は止そう / 孫の写真を掲載する事 / 著作権に要注意だな
そもそもが自分用の忘備録としているこのブログでは、著作権法には抵触しないように気配りしているつもりなのだが、著作権法が変わったら更に注意が必要ということになる。
この記事のように「朝日新聞の記事を引用している(つもり)」であっても、もしかしたら違法なのかも

ブログでネットに一般公開するから著作権法への抵触を気遣わなければならないのだから、自分専用のクリッピングとして「Microsoft OneNote」「Evernote」「Pocket」といったツールを用いる方法もある。

文字フォントを変えた

コピペではてなブログのフォントを変えて見たが... - まりふのひと」を拝読し、触発されてブログの文字フォントを変えてみた。
<< 旧 >>
font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",sans-serif;
<< 新 >>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", YuGothic, "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Hiragino Kaku Gothic Pro","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","MS ゴシック",Verdana, sans-serif;
Windows Vista以降でOKの「メイリオ」か、Windows 8.1以降でOKの「游ゴシック」が、見易い。
「MS Pゴシック」はWindows初期からの標準であり、このブログの初期設定フォントである。
font-familyで指定できるフォント名一覧 (和文フォント)
総称ファミリ名分類のフォント名一覧
(sans-serif)
変えた文字フォントのサイズが大きく、これまでのレイアウトでははみ出すのでこれから微調整が必要也。
左右の帯に入るタイトル等は「MS Pゴシック」で収まるような文字数にしてきたが、2-3字程度減らさなければならない。向後は要注意。過去の物は現状とするが、格好がつくまでは約1ヶ月掛かる。
<< 改 >>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",Verdana, sans-serif;
試みにWindows10から標準搭載のフォントである「"UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",」を加えてみたが、俺的には好みではない。「MS Pゴシック」の方がまだしも見易い也。
<< 改 2>>
font-family: "UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI","メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック",Verdana, sans-serif;
 しかし、Windows 10専用のフォントしか適用していないケースを想定し、「"UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",」を末尾に加えた以下を用いることにした。
<< 改 3>>
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",Verdana, sans-serif;
Windows系では「メイリオ」・「游ゴシック」・「MS Pゴシック」、Mac系では「ヒラギノ角ゴ Pro W3」、他に「Verdana」と「sans-serif」を設定した。(WikiPedia:日本語フォントの比較)

関連記事(HTML5化した記述):CSS / トップページ / 個別記事ページ / カテゴリアーカイブ / 月別アーカイブ / カスタムJS head内 / ブログのHTML5化 / フォント変更:学 / 日本語フォントの経歴
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
以下の記事を発見し、以前より改善できなかった「カーソル飛び」に対応できるかと考え、2019/02/09「カタカナ・ひらがな・ローマ字」キーを無効化した。その後、「カーソル飛び」は発生していない。

goo blog:学

最近立て続けに、「gooブログ」を利用している人達が苦情めいた記事を書かれている。調べてみた。
「gooブログ」から「goo blog」への名称表記変更したとの事、併せて諸々の変更と共にと、スマホ用アプリも変えたとの事。と言う事で、スマホ用の画面やアプリに関する苦情が多いようだ。
引用】本リニューアル前に設定されたアプリ版、SP版のカバー画像は、ご案内の通りリセットさせていただきました。カバー画像の設定は、「新アプリ「goo blog」でのカバー画像の設定方法」を参照ください。

 数あるレンタルブログのどれを利用するかはそれぞれ好みが分かれるところだろうが、俺の俳諧先ではgooブログを利用する人が多かった。その中では、本件の変更に関する苦情発生率が高いように思われる。
苦情の内容はスマホ用アプリの使い勝手に関するようで、パソコンだけからアクセスしている管理人からの苦情は無いようだ。しかし、管理人はパソコンだけ利用であっても、閲覧者がスマホを使っているなら、苦情は起こるだろう。
改めて、(知っているレンタルブログだけだが)スマホからのアクセス具合をチェックしてみたら、兎に角CMが多い事に気が付いた。パソコンからアクセスする場合よりも格段に多い。PCからであれば3カ月間新規投稿が行われなかった場合にCMが付くとされるFC2ブログでは当初から付く。スマホからのアクセス機能には力を入れていないかのように見えるFC2ブログなのに奇妙である。
という事で、goo blogからの移民が増えた場合に備え、ブックマークとRSSの変更を心して置く事。
以前(2014/11/30)、「OCNブログ人」がサービス終了した際、gooブログに引っ越しするハメになった人は嫌になっちゃうかも知れないが、続けて欲しいもの也。(過去記事:紛らわしいブログタイトル)
goo blogから引っ越しする人は、引っ越し予定時期 and 引っ越し先URLをアナウンスして欲しい。
過日「ブログ引越は見送り」したが、再燃した場合は当然ながら「goo blog」は除外して考える事。
それにしても、このlivedoorブログの常時SSL化はいつになったら行われるのだろう。さんざん待たせられた末に、気に入らない変更が加えられたらまいっちゃうね。試験中のFC2ブログも悪くは無いからね。

ブログ引越は見送り

以前からの暇つぶしネタである「ブログの引っ越し」についてはFC2ブログへの引っ越し準備が整ったが、以下の理由により、livedoorブログが常時SSLに対応し結果確認する迄は現状とする。(ブログ色々)

FC2ブログをスマホから利用する景色が合わない。アプリを使わないと新規記事が書けないようだが、FC2から紹介されているアプリに辿り着くことができない。Googleプレイには当該アプリの名称は見当たらない。

と言う事で、FC2ブログをタブレットから利用する件についてメールで質問したところ

  1. タブレットからブログを閲覧する際は、パソコン用のテンプレートが表示される仕様となっている。
  2. なお、タブレットからスマートフォン用のテンプレートを確認する場合は、ブログURL末尾に「?sp」を付加することで、スマートフォン用テンプレートで表示される。
  3. Android用アプリは、Google Playには無い。
    スマートフォンやタブレットからブログへ記事を投稿する場合は、下記ページの「FC2ブログアプリ」を利用。ダウンロード後、自分のブログIDとパスワードでログイン。▼FC2Apps http://apps.fc2.com/
俺の感想として「FC2ブログは、タブレットから利用する事は不向き」である。また、Googleプレイ以外の場所からアプリをDLLするような危険行為をする気にはなれない。DLLするように言われた「FC2ブログアプリ」は▼FC2Apps に収録されている物であり、FC2のサービス一覧によれば『登録料無料の独自マーケットでアプリを販売しよう!』という事で、俺に言わせれば出所不明である。俺的には完璧に不審物である。

と言うことで、ブログ引っ越し作戦はお仕舞。試験中のFC2ブログはてなブログの試験サイトは閉鎖する。
タブレットからの利用環境が便利であれば、パソコンからFC2ブログの使い勝手は良好なのだが、残念。
livedoorブログの常時SSL(https://)が出て、使い勝手がイマイチであった場合は試験中のFC2ブログをゾンビ也。
その場合、FC2ブログをタブレットから書く方法を工夫するべし。ex.Google Keep等の、PCとタブレットで同期を取れるメモを利用して書くのも方法である。念の為ガラケーから記事送信してみたが、満足できない。


FC2ブログ引越関連記事:はてなブログでW / FC2ブログ引越 / FC2プラグイン / FC2テンプレート(現行HTML) / FC2テンプレート(現行CSS) / ブログの引っ越し思案中 / ブログ選び雑感 / にほんブログ村:考 / ブログの引っ越し思案-2

【追記01/28】という事でlivedoorブログに偏ったので、Android用アプリlivedoorブログを使ってみた。
誠に優れモノで、パソコンから操作する以上に良い。しかし、投稿フォーム(HTMLエディタ)で投稿した場合、HTML文『123<br />』が『<div>123</div><br />』と記述される。当然ながら、ブラウザとは無関係也。
ブログ投稿APIのAtomPubを用いても同様なのだろうか?

ブログの引っ越し思案-2

はてなブログでW」で思い付き、常時SSL化の進まない現在利用中livedoorブログからの引っ越しなんて工事を試行し、以降「ブログの引っ越し思案中」⇒「ブログ選び雑感」と進み、FC2ブログの魅力も判ってきた。
とは言うものの、livedoorブログに落ち着く以前はFC2ブログを利用し、飽きてはアチコチと浮気していただけの事だから、古巣に戻ってきたということに過ぎない。

概ね、FC2ブログの良し悪しも把握し、いつでもFC2ブログにデータ移行できる体制になっている。しかし、データ移行した後はlivedoorを捨てFC2に書き続ける事になる事を考えると、もう少しlivedoorブログの常時SSL化に向けた動向を眺めていたいと思う。内部リンクの書き替え作業等も考えると、視力の悪い俺はなかなか気が進まない。
FC2ブログに引っ越ししよう!~livedoorブログ編~ - FC2ブログ 公式ちゃんねる
下記の設定をlivedoorブログ側にて行う必要がある。※使用中は、デフォルト2008(烏羽,3カラム)
デザイン設定:デフォルト2008(スカイ,2カラム/3カラム) または デフォルト2008(アクア,2カラム/3カラム)
何よりも、FC2ブログをタブレット(スマホ)で見る・操作する事が調子が悪いので、引っ越し気分が乗らない。
「スマホから見た場合の画面が小さい(タブレットには小さすぎる)」事に加えて、「URL+/?sp」でアクセスできる『スマホ専用表示』は、TOPを表示しているには問題無いのだが、TOPから別の画面を選ぶと『パソコン表示画面』になってしまう事が大問題と見ている。FC2ブログでは
FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる
として、PCとスマホ双方で表示できるテンプレートをアナウンスしているが、まだ数が少ない。
寝物語で思いつくとメモ代わりにブログを書く俺は、タブレットからブログを書けない事は極めてよろしくない。
スマホから投稿するならFC2ブログアプリがおすすめ - FC2ブログ 公式ちゃんねる」というアプリが紹介されているが、辿り着けないしGoogleプレイにも無い。先日Googleプレイは怪しいアプリの掃除をしたと聞いたが粛清されたのだろうか。

調子良くタブレット(スマホ)からFC2ブログを書く方法を御存知の人がいらしたら、是非ご教授願いたい。

FC2ブログ引越関連記事:はてなブログでW / FC2ブログ引越 / FC2プラグイン / FC2テンプレート(現行HTML) / FC2テンプレート(現行CSS) / ブログの引っ越し思案中

にほんブログ村:考

「巷のブロガーさんは、どんな事を書いているのか?」を知りたいと思い、ブログランキングに参加している。
ブログランキングの中でも「にほんブログ村」では「ランキング用ブログパーツ」なる提供が有り、
PV(ページビュー)や INのアクセスランキング以外に、「新着記事」を表示できる。
俺的にはアクセスランキングなんぞには無関心だが、RSSに登録しているサイト以外の新しいサイトの出現を知る事ができる「新着記事」機能を便利に利用してきた。

しかし本日、「新着記事」が表示されず「ランキング用ブログパーツ」の表示が変わった事に気づいた。
この数日なにかしている雰囲気だったので、そのうち戻るだろうと眺めていたがさっぱり変わらないようだ。
そこでにほんブログ村からのお知らせを読んだところ、以下の事を知った。
TOPが生まれ変わっても御自由にということだが、以下の「ランキング用ブログパーツ」変更は困りもの也。
旧ブログ村の設定状況やご参加いただいているカテゴリー等にかかわらず、表示される内容はカテゴリーが設定されていない INポイントランキングの表示となります。
要するに「新着記事」は表示されなくなったのだ。
「新着記事」が表示されなくなった「ランキング用ブログパーツ」は場所取りでしかないから早速撤去することにした。これにて「にほんブログ村」を退会するのも方法だが、今後の更なる生まれ変わりに期待してしばらくは居残ることにした。但し、「ブログパーツ」は取り払い「バナー」に取り換える事にする。
また、当座凌ぎに「シニア日記ブログ 新着記事」と「定年後の暮らし 新着記事」の明示方法を工夫しよう。

ブログの引っ越し思案中

過日(01/09)、はてなブログにサブブログを作れることを知り、常時SSL化が進まない現在利用中のlivedoorブログからの引っ越し活動が盛んになっている。取り合ず、内緒ブログは引っ越ししてみた。(はてなブログの試験サイト)

FC2ブログの試験サイトでは最新記事に広告が付くという事象があり利用を躊躇っていたが、俺の設定誤りで広告が出ていた事を知り、設定を変えた。設定が有効になるのは、5日後の01/23になるが、それで画面下部の「スポンサーサイト」の表示が消えるか(?) と、Chrome72が公開され「TLS 1.0 / 1.1を使わない」ように設定できるようになった時点が、 livedoorブログ ⇒ FC2ブログ 引っ越し判断の分水嶺になる。
【追記:2019/01/23 08:50】画面下部の「スポンサーサイト」の表示が消えた。
FC2 ブログで記事の下に突然出てきたスポンサーサイト広告の消し方 (画像付き)[ デジタルライフ部 ]
環境設定>ブログの設定>画像高速表示の設定
FC2ブログ上で表示される広告について理解しよう! - FC2ブログ 公式ちゃんねる
また、現在のlivedoorブログでは「ブログ内で記事リンク」を多用している為、引っ越しした場合はそれをどうするかが頭の痛いところだ。外部リンクであれば問題無いが。現ブログとW管理するか..livedoorブログから引っ越ししないのが最も簡潔な方法であろう。
FC2ブログに引っ越ししよう!~livedoorブログ編~ - FC2ブログ 公式ちゃんねる
下記の設定をlivedoorブログ側にて行う必要がある。
デザイン設定:デフォルト2008(スカイ,2カラム/3カラム) または デフォルト2008(アクア,2カラム/3カラム)

FC2ブログ防備
取り敢えず「M字ハゲおやじの野望 ~season2~」を参考にしながら、空白のFC2ブログを試行構築中
 そんなこんなで、あたかも引っ越しするかのごときになってしまったが、以前livedoorからのアナウンスの有った「コメント投稿時の入力項目からメールとURLの項目が削除」の件が、以前に戻れば引っ越しはしたくない。それにしても、https化するとの能書きばかりでサッパリやらないね
WebブラウザをFirefox⇒Chromeにする件(過去記事:待ち遠しいChrome72)は、それはそれとしても、基本的にはFirefoxを使い続ける予定也。となれば「livedoorブログのコメントにURL欄」が有れば引っ越しを考えることはない。
巷の記事を探しても参考は見つけられずにいる。自力で解決するには面倒だ。(コメント欄の表示変更)
コメント投稿について / コメント表示のカスタマイズ(カスタム機能) / 独自タグ一覧(変数)
検索キーワード:livedoorブログのコメント投稿時の入力項目にURLを付ける
【01/20追記】当面はこのブログのコメント欄上部に「※このlivedoorブログにはURL欄がありません。必要により、コメント枠内に記入してください。」のメッセージを書いた。これで間に合わせたい

別件だが、レンタルしていたProgoo掲示板は、2019年2月いっぱいを持ってサービス終了との事也。会員登録を削除した。これにより掲示板は使わない事を考えたが、淋しいので代わりにFC2から掲示板をレンタルした。
この掲示板をゲストブック代わりにして自分のURLを書いてくれれば、「livedoorブログのコメントにURL欄」が無くとも俺的にはしのげるのだが....上手くいかないものだな~

引っ越し先のブログ選択を再考したが、以下によれば FC2 がダントツである。以下、2位 Ameba、3位  livedoor。
無料ブログはどれを選ぶべき?いろいろ比較してみた ※順次追記あり | 無料ブログ | ブログ部
調査の仕方にもよるのだろうが、意外であった。gooブログの利用者がもっと多いと見ていたが、7位とは。
とは言うものの、利用者の少ない方がアクセスは重くならない。FC2が重い話は多聞するが、ブログ以外にもメニューが多い事が原因なのだろう。俺も、livedoorブログを知る以前の若い頃はFC2ブログを利用していたが、機能が豊富で好みであった。しかし、年を重ね目が悪くなるに従い、機能豊富な事がむしろ面倒かつ迷いの元であった。その点、livedoorは迷うほどには機能がなかったので、考える事なく使う事ができた。いや、FC2は、新旧入り交ぜて公式and個人提供の部品等が整理される事無くブチまけられていたから色々な機能が多いように見えたと見る。その点livedoorは、公式の部品だけだから数は少ないが選択された機能が提供されていたと見るのが正解なのではなかろうか。その他のブログについては、機能自体が少ないが、それ以前に利用制限(規約)が多いため楽しみが少ないと思う...か、ブログを単純に日記として考えれば十分な機能があるのだろうか。

instagramにメールで投稿する方法は無いのだろうか?
メール送信・その他のSNSに写真や動画を投稿する方法

<< FC2ブログの粗探し >>
  • コメントした人のIPアドレスが判らない
    ※「FC2ブログにコメントした人のIPアドレスを知る方法」で検索したが、ヒット無し
    アクセス解析orアクセスランキングを設置する事で類似した機能とする事が出来そうだが面倒也。FC2はサービスメニューが豊富だから、色々な部品を組み合わせなければならないのか。
    M字さんより御教授いただく。
    管理画面→ホームの「コメントの管理」→コメント一覧が表示されると思いますが、その中の右から4番目に「ホスト」という項目があると思います。その「ホスト」をクリックしてみてください。
  • スマホから見た場合の画面が小さい(タブレットには小さすぎる)
  • 人気記事を見る機能が提供されていない
  • プラグインにはラベルを付けなければならない。本格的に利用することにしたら、まとめなければラベルだらけに成ってしまう。
  • 投稿時間を設定する際に「現在時間に設定」するボタンが欲しい
  • 「ブックマークレット」を利用した投稿方法が提供されていない
  • 執筆時の「定型文機能」が提供されていない。文字機能はlivedoorの方が良い
  • YouTube画像を投稿する場合、livedoorは表示されたサムネールから選べるが、FC2では出ない
  • テンプレートが多く、設定項目も多く、思う存分に改造できる。しかし、その分、複数レンタルして同じように仕立てようとすると、設定する項目が多いので極めて面倒である
  • ブログ内を検索した場合、検索結果はタイトルの一覧表示となる。livedoorでは記事全体が表示される。どちらが使い易いかは判らない
  • カテゴリを表示するプラグインに好みのが無い
<< FC2ブログの参考 >>

  <div id="tb" class="content">
    <p class="sub_header">トラックバック</p>
    <p class="trackback_url">
この記事のトラックバックURL
      <input onfocus="this.select()" value="<%trackback_url>" readonly="readOnly" /><br />
      <a href="javascript:window.location.replace('https://blog.fc2.com/?url='+window.location.href);" title=""><%template_trackback_this></a>
    </p>
    <!--trackback-->


FC2ブログ引越関連記事:はてなブログでW / FC2ブログ引越 / FC2テンプレート(参考HTML) / FC2テンプレート(参考CSS) / FC2プラグイン / FC2テンプレート(CSS)改造
FC2テンプレート(現行HTML) / FC2テンプレート(現行CSS) / ブログの引っ越し思案中

<<はてなブログの粗探し >>
  • ユーザータグが使えない。しかし、改めて色々なレンタルブログを眺めまわしてみると使える物は少ない。使わないでカテゴリを代用するのも方法だろうか。

<< 監視対象事項 >>

Fiash Player対応状況:学

2020年12月31日にサービス提供終了となるAdobe Fiash Playerに関する、主要Webブラウザの対応予定。
ちなみに、2019年末から2020年始は「12月28日(土)~1月5日(日)」の9日の休日となる...関係無いが。
9月の「Firefox 69」で「Flash」プラグインをデフォルト無効に - CNET Japan
  • Firefox ⇒2019年9月初旬(09/04、?)にリリースされる予定の v69の安定版からデフォルトで無効。
    (※なお、v69でデフォルト無効化されても、2020年初めまでは“about:config”画面から手動で有効化できるようになる見込み)
    ※Adobe Fiash Playerについては、2017年3月公開の「Firefox v52」でNPAPI版のサポート終了したが、PPAPI版は普及率と利用率の高さから例外とされていた。なお、Google ChromeはNPAPI版にも対応している。
  • Chrome⇒2019年7月頃(07/31、?)ににリリースされる予定の v76の安定版からデフォルトで無効。
  • Microsoftの「Edge」と「Internet Explorer」⇒2019年の半ばから末にはデフォルトで無効との事。但し、Edgeは大幅に改造されることがアナウンスされていたから、何がどうなるか
    着実な進化を遂げた「Microsoft Edge」 ~2019年は「Google Chrome」と同じ「Chromium」ベースに - 窓の杜

俺は、2017/07/27でAdobe Flash Playerをアンインストール済。

Adobe Flash Playerの無効化の方法
関連過去記事:ホームページを変えた / Wi10がUpdateできた / Windows10他、色々更新 / 危ない貴方のパソコン / 不親切なAdobe製品 / PCアップデート記録 / Flash Playerが消える
なお、e-GovがJava抜きにになっているが、Java8の無償保守サポートが2019年1月に終了予定とアナウンスされている。俺はJavaもアンインストール済みにつき差し障り無し。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/01/09に公開された月例更新プログラムにより「Windows 7」に不具合が発生する件は解決したとの事。
更新プログラム導入後に「正規の製品でない」と画面表示されるようになったり、パソコン本体などのデバイスが動作しなくなったり、リモート共有フォルダが利用できなくなるといった不具合が、一部で発生していたとの事也。
問題の原因は01/09更新プログラム(KB4480960とKB4480970)と発表されていたが、実際の原因は更新プログラムリリースと同時にサーバに施されたアップデートだったとの事。また、『本件不具合の回避策として01/09更新プログラム(KB4480960とKB4480970)は配信が停止され、すでにインストールした場合は、アンインストールが推奨されている』との事について更新プログラム「KB4487345」が公開され、“Microsoft Update カタログ”からダウンロード可能。但し、問題が発生していない環境では適用する必要はない。(当然、01/09の更新をしてなければ適用は不要)
1月のパッチが原因でWindows 7/Server 2008 R2の共有ファイルへリモートアクセスできなくなる問題が解決 - 窓の杜
また、『さらに、KB971033のサポートページには、企業ユーザーにそのアップデートをインストールしないよう警告する文言が記載されている』との事だが、個人ユーザーとしては学ぶ気にならないでいる。
以上により不具合が解消された事を知り、2018/12/27に設定onとした「来訪拒否宣言」は解除する。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • レンタルサーバー選び?
  • パスワードを作る:学
  • パスワードを作る:学
  • アナと雪の女王・続編:学
  • MiniToolのジュリ、注意
  • MiniToolのジュリ、注意
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2019年
此の日
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
QRcode QRcode(2)
Make it cman
・ IPアドレス検索 ・
  • ライブドアブログ