無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

HP作成

コメントにURL欄

今日01/20は大寒也。暖冬と予報された今年、当地ではこれまで降雪がない。今朝は温かい。
小寒01/06 → 大寒01/20 → 立春02/04 → 雨水02/19 → 啓蟄03/06 → 春分03/20

このlivedoorブログでは、livedoor判断で「コメント投稿する人のサイトのURL」を書く欄が無い。
ライブドアブログ スタッフブログ
以前より「livedoorブログからの引越し」を企てているが、「コメントのURL欄」が無い事が原因の一つである。「コメントのURL欄」が有るレンタルブログを使っている人から見れば如何にも考えるにも値しないような事かも知れないが、住人にしてみれば結構な不便さと感じている。俺が知る限りのレンタルブログを見渡しても、コメント投稿枠に「メールアドレス欄が無い」ものは見受けるが、「URL欄が無い」のはlivedoorブログだけである。また、コメント欄に書いたURLが自動リンクしない。本文欄も同じ也。
俺は自動リンクさせたいと思っていたので、次の記事を参考に工事してみたが、公開された期日が古かったのか、実現する事はできなかった。また、「コメントのURL欄」の設置を試みたができなかった。
コメント欄のURL自動リンク機能のみ(のみ?) - 万年床生活者の備忘録(2007年07月18)

そんなことから自身の力量不足を嘆くのであるが、以下の記事のように「メールアドレスとURLの欄は不要」とする考えもある。「メールアドレスとURLの欄があると、ハードルが上がる」との意見だ。
賢威7のコメント欄をカスタマイズしてメールアドレスとURLの項目を消そう。|田村カツオのブログ
最近のフィッシュング詐欺等を考えれば、メルアドとかの個人情報が悪意の第三者の目に触れるのは好ましくないだろう。しかし、ブログやサイトのURLが知れたところで問題は無いだろう(?)と思う。
俺的には、「コメントしてくれた人の自宅を知りたいので、サイトのURLを書いて欲しい」。しかし、URLを書いてくれない来客も少なくはない...してみると、「欄があると、ハードルが上がる」のだろうか。
引越し先として新居設計したFC2ブログではコメント欄を工夫して下図とした。
20200115a

関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録 / FC2ブログ、TP作成-2 / FC2ブログ、TP作成-3 / FC2ブログ、RSS??
関連過去記事:FC2ブログに引越し再考 / FC2プラグイン適用実験 / FC2用に設置プラグイン

日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74等、すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事であるから、いずれかのメジャーWebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、以前はlivedoorブログに内定としたが翻ってFC2に引っ越し....
  • プラグインの選択については、jQuery (ジェイ クエリー,javascriptライブラリ)は悪者とは限らないようだ(過去記事コメント欄の表示変更)が、IE 9~11 に脆弱性はIEのスクリプティングエンジン(JavaScriptのコード実行を受け持つコンポーネント)に潜んでいるメモリー破壊バグによって引き起こされるとのマイクロソフトの説明。それはそれとして、改めてFC2ブログのプラグインを見ると、随分古い物が消されずに残っているんだね~。ゴミ捨て場状態を解消しないところに引越しするのは考えものかも知れない。10年以上前からの腕試しが転がっている。
  • テンプレートはHTML5に対応した物を用いるべし。
    テンプレートはFC2の物が多いに気に入っているのだが、引越しに伴う諸々が気篝で腰が上がらない。また、livedoorブログからもhttps化が済んだら良いテンプレートが提供されるのではないかという二股的な考えが消えない。
  • アクセス解析はhttpsの邪魔をしない物を利用するべし。
    .OBVIO ※Google アナリティクスを分析・レポート化するサービスツール
    .アクセス解析研究所 2020/01/19 PM設置。11/20 17時ボットの除外、20時
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ブックマークを利用している「はてな」だが、livedoorブログの移転先候補として「はてなブログ」をkeepしている。しかし、引越しするとしてもFC2ブログ お引越し機能に比べ面倒そうである。
他のサービスからブログを移転する(ブログデータのインポート) - はてなブログ ヘルプ

FC2ブログ、RSS??

「livedoor ⇒ FC2」へのブログ引っ越し作戦中の暇人。
以前はlivedoorブログに内定したが、WebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、すべて移転準備が整ったFC2ブログに引っ越しする....としたが、
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録 / FC2ブログ、TP作成-2 / FC2ブログ、TP作成-3
FC2ブログの(01/09)アナウンスがあって以来、試験設置しているFC2ブログからのRSSフィードが不調。
【ブログ】 RSSフィードから未来日付の記事データを除外いたします。 - FC2総合インフォメーション
よって2020/01/09、以下によりFC2に問い合わせした。
不思議な事象が出ましたので報告します。
FC2ブログ様で既知の事象であり、対策をご存知であれば教えてください。https://nonn63400.blog.fc2.com/
において、RSSフィードが出力されているのですが、feedly.comで受信しようとすると「Feed not found」Wrong feed URL or dead feed、のエラーが発生して受信できません。
トップページ(最新のエントリー)     ブログURL/?xml
新着コメント     ブログURL/?xml&comment
共に同様の症状です。
しかし、前述のとおり「RSSフィードが出力されており」、inoreader.comでは受信できます。
よって、feedly.comに特化した事と素人考えしているのですがわかりませんでした。
Feedly (公式ウェブサイト)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上の不具合について、2020/01/14 15時半(先ほど)ころ解消した事を確認できたのでメモ。
また、以上の不具合等の解決を以って、当面FC2ブログに関する工事・確認はOKと思い、本記事を以って記事の書き込みを含めて作業を中断することにし、閉鎖する事にした。但し、広告が付くと面倒なので1ヶ月に1回程度は記事を書き込むこととし、Windowsの定例更新記事のみを転載すること

Microsoft Edge情報

2020/01/15に公開されるマイクロソフトのWebブラウザ「Microsoft Edge」に関する最新情報メモ。
なお、従来(現行)版を「EdgeHTML」、新らしく公開される版を「Chromium Edge」と記す。
Chromium EdgeとWindows on ARMの最新情報を整理する (1/2) - ITmedia PC USER
「EdgeHTML」と「Chromium Edge」が共存できるらしい。
この方法は「Chromium Edge」をインストールする前に行う必要があり、そうでない場合、新バージョンのインストーラーを再度実行したあと有効になるそう....との事。俺はこれを実行しない。
また、2020/01/15になると「EdgeHTML」は自動更新で「Chromium Edge」に書き変えられるとのことだが、Blocker Toolkitなるツールを実行する事で自動更新をブロックできるとの事也。なお、Blocker Toolkitツールをインストールしてもユーザーによる手動インストールを妨げることはない....との事。俺はこれを実行しない。なお、Blocker Toolkitの入手先は不明也。「Chromium Edge」用の拡張機能ストア(Microsoft Edge Addons)がオープンしている。「EdgeHTML」に拡張機能がインストールされている場合、「Chromium Edge」インストール時点でMicrosoft Edge Addonsストアに同じ拡張機能が登録されていれば自動で移行が行われる....との事。既(11/08 AM)に安定版(裏版。12/21 10:00現在v 79.0.309.54 (公式ビルド) (64 ビット))を利用している俺の環境では如何なりますか
「Chromium Edge」では「IEモード」が提供されるとの事。Internet Explorer 11(IE 11)は自動削除されるのだろうか (関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は / IE11をアンインストール)-・-【以上2019/12/21迄の情報、以下逐次追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Edge for iOS v44.10.19が公開 - お気に入りが同期可能に | ソフトアンテナブログ(2019.12.23)
Microsoft、EdgeからBetaラベルを削除するテストを実施中 | ソフトアンテナブログ(2019.12.30)
.Chromiumベースの新Edge、ドメイン参加のWindows 10には自動更新で提供されず | 財経新聞(2020/01/13)
.Chromium版Microsoft Edge、明日1月15日に予定通り正式公開の見通し - Publickey(2020/01/14)
(おそらく日本時間で15日深夜頃からではないかと予想されます)
特にインストール作業などをしなくとも1月15日以降に順次利用可能
2020/01/15、Win10 更新(新Microsoft Edge公開)にてChromium Edgeが正規版に成り、本件は決了也。
なお、俺が利用しているセキュリティのカスペルスキーはMicrosoft Edgeは対応ブラウザーでない
正式リリースした新Edgeは6週間単位で更新 - 阿久津良和のWindows Weekly Report | マイナビニュース(2020/01/19)
Microsoft Edge 用 Windows 更新プログラム | Microsoft Docs
Microsoft Edge を IE モードで使用する | Microsoft Docs
関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ ブラウザ導入状況:3 / アドインのインストール状況:03
関連過去記事:Microsoft Edge情報 / Win10、v2004情報 / Cookie等規制だって? / 画像右クリック保存:学

FC2ブログ、TP作成-3

FC2ブログ、TP作成-2」に引き続き、パート3。
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録
.現行のlivedoorブログでは、画面上部にドロップダウンメニューを設置している。これには殊更の意味は無いのだが、10年ばかり以前にサイト作りを始めた時代の流行りであった「左右3カラム」+「ドロップダウンメニュー」有りきのレイアトに馴染んでいたせいだろう。その後のXOOPSでも同様のレイアウトで利用してきたので「そんなものだ」という先入観から引き続き利用してきた。
また、livedoorブログでは「メッセージボード」というスペースが提供されていたため、これを利用する事で簡単に設置できたので殊更に頭脳を使うこともなかった。

livedoorブログでは過去記事「コメント欄の表示変更」のとおりjQuery (ジェイ クエリー,javascriptライブラリ)を使っていた。しかし、最近は「jQueryを用いない」傾向にある(?)と聞き、FC2ブログ用としては「HTML+CSSだけで作る方法」に乗り換えた。また、livedoorブログのドロップダウンメニューについても「HTML+CSS」に乗り換えた。(関連過去記事:カスタムJS head内)上記方法以外にも「ct_responsive3c」テンプレート作者 aki [sorauta1] 氏サイト*Essenceで解説されている「インデックスエリアを設置」or「プラグイン3をお知らせ用に表示する」方法も可也。
MozillaがFirefoxの新セキュリティバグが攻撃を受けていると報告 | TechCrunch Japan
悪意のあるJavaScriptがホストコンピュータのブラウザ外で実行される可能性がある

.以下の機能を付加したかったが、jQuery で動作するとのことにつき、見送ることにする
テンプレート同様に、新旧取り混ぜてユーザー提供されているプラグインは注意し、jQuery(JavaScript)を用いたプラグインは使わない事。https化後のlivedoorブログも同様。
.「メールアトレス入力欄」「コメント装飾ツール」の除去は、当面放置(FC2ブログ引越し見合せ)
というよりも、新しいテンプレートを適用したところ、むしろ有った方がgoo也。

.FC2ブログの記事書き込み画面(記事エディタ)には (新) and (旧) がある。俺的には(新) を用いるのだが、「引用」符<blockquote>タグを簡便に使えないことが不服也(FC2ブログ、試用雑感)。また、(新)
で絵文字を入力しようとしすると、背面が透けてしまい、使いものにならない。要するにあれを使わなければ良いということらしい。ということで、(旧) に切り替えてみたところ、(新)よりも機能が豊富であることを知った。スマホからではアプリを使えという事らしいが、いっそのこと「パソコンからしか記事を書かない」というこで割り切れば済むことであると達観した。しかし、その後使っていると (旧) は字の表示が小さい事を痛感した。慣れの問題かもしれないが、なかなか也。

.livedoorブログには「HISTORY VIEW」機能が提供されている。この機能は異なる年の同じ月日の出来事(記事)をひと目で見比べることができ、大いに重宝である。しかし、現在のページはhttps化されておらず、将来https化されるというアナウンスは無い。
片や、FC2ブログには「過去記事の一覧表示機能」が提供されている。いずれも甲乙つけ難い。

.livedoorブログにバンドリングされている「自ブログ内の検索プラグイン」はやたらと遅い。検索に限らずlivedoorブログは動作が緩慢になる事が多く感じる。プラグインは同程度付けているのだがFC2ブログの方が早く思う。

.「ガラケーでメール投稿」機能はFC2ブログにしか無いが、機能的にはイマイチ也。

.「人気記事を表示させるプラグイン」。FC2ブログでは「FC2アクセスランキング」で代用OK。

.livedoorブログで画像リンクについてはhttps化されている(画像リンクとhttps://化 / 画像のHTTPS化?)が、FC2ブログへの引っ越し話再燃に備えて、2020/01/15からははてなFotolifeを利用すること。

再度、「livedoor ⇒ FC2、試行」を行ってみる所存也。これにより「FC2ブログ お引越し機能」でlivedoorブログ内の個別記事のリンクが(http) ⇒ (https) に自動変換されないものか(?)を確認したのだが、自動変換はされていない。手動で過去記事をするのも面倒。

FC2ブログに無料の忍者ツール(アクセス解析バリア)を設置した。パソコンでは小さなバナーが出るだけなのでlivedoorを利用していては気が付かなかったが、FC2でスマホアクセスした場合にはデカデカと広告が出る...有料版にすれば出ないのかも知れないが確認する意思は無い...ということでFC2で忍者ツールは使わないことにした。しかし、各Webブラウザで混合コンテンツがブロックされる事態となれば忍者ツールにも変化が起こらざるを得ないだろう...とも読める。
【重要】 Google Chrome で混合コンテンツがブロックされることが発表されました。 - FC2総合インフォメーション
2019年08月のアナウンスで「2019/8/1 から1年間を予定」とのことで「FC2ブログ、広告を撤廃」されている。この撤廃期間が過ぎた後では広告が出るのかと思えば広告の無いlivedoorは魅力的である。とは言うもののFC2ブログで広告表示されるのは「1ヶ月記事を書かなかった場合」だったと記憶している。そんなに長期に渡って記事を書かないことは無い予定だから、FC2ブログで広告表示される事への懸念は無用な心配かも知れない いずれにしても、「1ヶ月記事を書かないでいて広告が出た」なら慌てて書けばその広告は消えるらしいから、心配する事はあるまい。

取り敢えず保存する情報

関連過去記事:FC2ブログに引越し再考 / FC2プラグイン適用実験 / FC2用に設置プラグイン /


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
考えてみればlivedoor ⇒ FC2に引っ越ししてマズイ理由は極めて少ない。
と言うよりも、「女房と畳」的に新しいFC2に引っ越したい気持ちが強い。
日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74で「TLSのバージョン1.0 と1.1 への対応打ち切られる」との事だ。すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事。
とのことであるから、いずれかのメジャーWebブラウザがTLS旧版対応を打ち切った期日までにlivedoorブログでhttps化スケジュールのアナウンスが無かった場合、またはあっても打ち切り期日より遅い場合は、以前はlivedoorブログに内定としたが翻ってFC2に引っ越しする。

ダークモードが好きだ

Windows 7のサポート終了が直である。しかし、「ホント?、Win7⇒10無料」のとおり、Windows 10への無償アップグレードができる環境にある場合があるらしいから、試してみる価値はあるかもしれない。
大変!大変!急がなきゃ PC使えなくなるよ (-"-;A ...アセアセ | 伊豆の田舎でお洒落に暮らす」を拝読すると、いつもは小屋作りをされている管理人のおばさんが『OSをWindows10にアップグレードしょう!』ということで、2020/01/07に自力でWindows 7 ⇒ 10 にしちゃっているのには脱帽する。




 それはそれとして、視力の悪い俺としては、「ブルーライトが眼に悪影響がある」という学説を信じて色々と対策をしてきた。サングラスは元より、LEDライトやパソコン画面を見る際の眼鏡には対策コーディングをした物を用いてきた。しかし、退職してからはお座成りとなった時期もあったが、加齢性黄班変性などで硝子体手術が云々となり、気配りするようにしてきた。(過去記事:ブルーライト軽減を模索)
一時はパソコン用ソフトに頼ってダークモード化していたのだが、最近は同機能のソフトがWindows 10に標準装備された。更には、著名なWebブラウザではブラウザがダークモード機能を装備している。
Windows 10 (過去記事:ブルーライト軽減:学)
Google Chrome (過去記事:Chromeのダークモード)
Mozilla Firefox (過去記事:Firefoxダークモード:学  / Thunderbird 68:学)


しかし、ブラウザによりダークモード化の機能には差異がある。また、引越しする事を検討しているFC2ブログの記事を書く画面が真っ白々画面への対策として(過去記事:FC2の白い画面に思う)、すべてのウェブサイトにダークテーマを適用できるブラウザ用アドイン「Dark Reader」を試用している。
その効果は絶大なのだが、中途半端な色調のブログ・ウェブサイトなとでは逆効果で、見難くなる。

まぁそんなこんなで眼の悪い俺としてはダークモード化に拘ってきたが、ベストチョイスには巡り合ずにいる。昨年の大晦日が押し迫ってから注文した眼鏡にはブルーライトのカットをコーディングをしたのでブルーライト削減対策はOKであるが、白い背景にグレーの文字は苦手である。WikiPedia:色覚異常の症状
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
1月15日は、新Microsoft Edgeが公開され、既存のMicrosoft Edgeを自動更新で置き換えられる。
Windows 10ミニTips(464) 新Microsoft Edgeの自動更新を中止する | マイナビニュース(2020/01/11)
新Microsoft Edgeの自動配布とインストールを無効にするには、公式ツール「Blockerスクリプト」を用いるとよいとのこと...但し、レジストリをイジることになるとの事...諦めて入れた方が無難そう也。

関連記事:Microsoft Edge、安定版 (Beta版)/ Microsoft Edge情報

FC2ブログ、TP作成-2

昨日リリースされたばかりのFirefox v72.0に、深刻度は同社基準で4段階中最も高い“Critical”の深刻な脆弱性が見つかり、01/09修正版が出た。01/08にはChromeもv79.0.3945.117になる等と慌ただしい。

また、日本時間で2020/03/11に公開予定のFirefox v74で「TLSのバージョン1.0 と1.1 への対応打ち切られる」との事だ。すべてのメジャーWebブラウザが2020年初めにTLS旧版対応を打ち切る予定との事。
TLS 1.0/1.1 対応が廃止されました | Firefox サイト互換性情報
これにより、TLS 1.2 or1.3 が有効でないウェブサーバーへのアクセスをブロックされる。
既に「TLS 1.2以上に設定していないユーザーからのアクセスができなくなる」旨のアナウンスをしているWebサイトが多いが、ユーザー側で設定していないケースが多いようだ。そのようなユーザーはいつものサイトにアクセスできなくなって慌てるという景色が増えるであろう。(過去記事:ブログの引越し雑記)

後1週間ほどでWindows 7のサポートが終了する事から、買い替えたWindows 10で使い方に慣れていない人にとってはTLSプロトコルの設定変更は難関かも知れない。また、来月から始まる確定申告をe-Taxで行う場合ももたつくかもしれない。とはいうものの、税制の変更に伴い、いわゆる青色申告(個人事業主の確定申告)の特別控除額は『電子申告で手続きを行なう場合は従来通り65万円のまま、そうでない場合は55万円に減額される』とので、10万円損するのだから、頑張ってe-Taxを使うようにせねばなるまい。


少なくとも刻限のアナウンスがあったFirefoxを利用する場合、2020/03/11迄にはアクセス先もhttps化して欲しい。そんな先行きなのであれば、春を予定しているlivedoorブログのhttps化も急がねばなるまい。

ネタ切れボヤキ症候群」を書いていたらFC2ブログへの引越し話を思い出してしまい、試行設置している物のテンプレートを最新化することを思いつき工事した。livedoorブログのhttps化がもたついているようならば、一度は見送った「https化済みのブログに引越しする」事が再燃するということになる。

FC2ブログの共有テンプレートで最新技術らしい(レスポンシブ対応テンプレート) aki [sorauta1] 氏作成の「ct_responsive3c」更新日:2019/12/04を利用する事にした。以下の過去記事を参考にし、作者 aki [sorauta1] 氏サイト*Essenceの解説記事の通りに実施。なお、旧版は(更新日:2019/09/10)、「暗色CSS(3カラム用) 2019/09/29 css更新」である。
関連記事:FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助 / ct_responsive3c:改録

FC2ブログに引越ししたくない理由の一つとしてlivedoorに有ってFC2に無い機能に「人気記事の表示」が有った。昨日FC2アクセスランキングを試験設置しているが、俺の目的には十分であることが判った。

また、 [vanillaice000] 氏(The other way round)のブログカードを設置することとし、CSSを訂正した。
「暗色CSS(3カラム用) 2019/09/29」を適用したことにより『要約表示』した場合予定外の表示になったため作者に質問。頂いた回答によりこれを修正しOK。
2020/01/09時点のCSSHTML保存。及び利用しているプラグイン関連記事TOP
-<< 参考 >>-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
過去記事:FC2ブログをスマホから? / FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる) / FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化 /画像右クリック保存:学 / モバイルフレンドリ:考 / 収録写真の引越し完了 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / livedoorブログに内定 / ブログカード利用:学 / Rankletで人気記事表示 / FC2ブログの画像処理 / livedoorブログに変化 / 最近のlivedoorブログ:考 / 画像リンクとhttps://化 / ガラケーでメール投稿 / 不思議なスマホ広告作戦 / HTMLの文法チェック:学 / プログ記事の表示形態? / ブログの引越し雑記 / ネット上の行動は筒抜 / スマホにアクセス解析 / FC2ブログ、広告を撤廃 / FC2ブログをスマホから? / morpheus_black更新 / FC2の白い画面に思う / livedoor⇒FC2に移転× / ct_responsive3c黒助 / morpheus_black更新  FC2ブログ引越し見合せ / FC2ブログに引越し再考 /
関連過去記事:進むブログのSSL化 / https://の信頼度:考 / httpsとは:考 / httpsとは:考2 / SSL証明書、表示の違い / ブログの引っ越し思案中 / FC2ブログ、試用雑感 / FC2ブログに引越し再考 / はてなブログでW  / スマホにアクセス解析 / 画像右クリック保存:学 / FC2ブログ、引越し見合せ
関連過去記事:SSL化に伴う作業は? / ブログ人のSSL化は? / セキュリティ証明書が原因 / TLS に関連した動向:学 / レンタルサーバー選び? /

関連記事(HTML5化した記述):ブログのHTML5化 / フォント変更:学 / HTML5化の上部
スクロールによってTOPへ戻るボタンを表示させる方法 [ホームページ作成] All About

チャット室を再び開設

以前チャットを開設したのですが、利用者が少なかったので閉鎖しておりました。
この度思うところがあり、リアルタイムな情報交換ができるように、再度チャット室を設置しました。
URL: http://chat.kanichat.com/chat?roomid=nonn634
携帯用URL: http://chat.kanichat.com/mobile.jsp?roomid=nonn634
チャット室はカニチャットからのレンタルですが、【無無無庵】ブログ専用です。
掲示板なら相手がいなくとも絵になるが、相手のいないチャット室というのは寂しいものかも

チャット室という名称ですが、『タイトルの無い伝言板』として利用することを想定しています。
俗に言う 『1行掲示板』 的な使い方をしてください。いちいちタイトルを付ける程のことでもない、簡単なメッセージのやり取りに便利では(?) と考えています。
なお、チャット室に利用者がいる場合は、ブログ右帯の真ん中付近に表示されます。

 その他、内緒話は【ダイレクトメール】をご利用ください。
関連過去記事:SNSを遊んでみよう / 飛んでけ「スパム」 / チャット室の利用方法説明 / facebookとTwitter / ブログ vs 掲示板 / LINE参加とチャット開設 / チャット室を再び開設

以下に、チャット室の利用方法を説明します。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
1.チャット室の初期画面です
上部MENUから、【入室・書込み】をクリックします。
208593073_624.v1407580527

2.【ニックネームを入力して入室してください。】の下部入力欄に、貴方のニックネームを入力してください。 (本例では、「ののいち君」 として説明します。)
  1. 入力欄「ののいち君」と入れ、【入室する】ボタンをクリックします。
    なお、【入室する】ボタンの右側にある【ログインして入室】ボタンは、Twitter加入者だけが利用できますが、無視してください。 小生も詳細は知りません(汗)
  2. 【トリップ】の右側入力欄への入力は、無視してください。 小生も何に使うのか知りません(汗)
208593081_624.v1407580537

3.入室後の画面です。
「ののいち君さんが入室しました」のメッセージにより、入室できたことが確認できます。
また、画面の右側帯に 現在入室しているユーザー名が表示されます。
真ん中の白い部分が、文字の入力部になります。
文字サイズや色等をいじれますし、画像の貼り付けもできます。 色々と試してみてください。
208593093_624.v1407580546

4.伝言内容を書いて リターンすれば、内容が書き込まれます。
208593099_624.v1407580558

5.書込みすることが終わったら、【文字の入力部】右上の【退室する】ボタンをクリックします。
それにより、当初の画面に戻りますが、貴方の書込みは そのまま表示されます。
ただし、一定期間を経過した書込みや 書込み数がオーバーフローした場合は 自動的に消去されるかも知れません。
208593113_624.v1407580569

この説明について御質問がありましたら、掲示板にて御願いします。

画像右クリック保存:学

WikiPediaのクリスマスによれば、「キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では, クリスマスは「12月24日の日没から12月25日の日没まで」である...との事で、信者ではなくとも何でも騒ぎたがるだけの日本人はクリスマス・イヴ明けになっているだろうが、おそらくはキリスト教徒であるマイクロソフトの社員は未だクリスマスを祝っているのだろうか。
いずれにしても、Windows更新プログラムの降臨が有るのであれば日本時間の水曜日ということで今日12/25あるかと思ったが無く、2019年は過日12/11の定例更新を以って完了したということらしい。
という事は、俺にとって以下の事項がパソコン関係での2020年への繰り越し事項、すなわち無し也。
関連過去記事:Win10、v2004情報 / Microsoft Edge情報 / Cookie等規制だって? /
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
巷のブログ・サイトや、セキュリティ的に力を入れていると思われるFacebookやTwitterでさえも、「ページ内の画像を右クリックやドラッグすることで他人の画像を自分のパソコンに保存」することができる。

著作権に対する意識が高まっている最近のネット社会では自サイトに掲載した画像等を横取りされないように細工をしているケースを見受ける事がある。しかし、99%効果は無いor無意味と思われる。
ページ内の画像を右クリックやドラッグで保存させない方法 - MEMO REC
  1. 「右クリックの禁止」bodyタグに<body oncontextmenu="return false;">を埋め込む。しかし、右クリック時に出てくるメニュー全てが使えなくなる
  2. 「右クリックで「コピー」を選んだ時に警告メッセージを出す」
    <body onContextmenu="window.alert('右クリックは禁止です');return false">
    しかし、警告メッセージを無視されればそれだけの事である。悪意が有ればかっぱらうだけだ。
いずれの方法も「画像だけではなく、テキストも含めて、すべての右クリックが禁止となる。
<body class="default_2012 page-index layout-2col sidebar-right">
<body class="default_2008 index"><a name="top"></a>
 ということで、俺的には有効打と思える解決策は見当たらずにいた。WordPressをはじめ、FC2・livedoor・アメーバブログ・Bloggerなどでも、公開掲載された画像は無条件で横取りする事ができる。
しかし、gooブログは右クリックで画像を横取りする事ができない事を知った(設定が必要である)
これは、画像の横取りが禁止されるだけで、テキストの右クリックはOKなのでコピペはできる。
前記の方法以外に「右クリックの禁止」の方法が有るに違いないと考えているが、判らない。俺のブログでは横取りされて好ましくない画像は無いが、横取りされる事があれば良い気分ではないと思えば、できる事ならば対応したいものだ。gooブログは気持玉機能がある等、引越し先候補にしたいような機能が増えた。
気持玉って好みだ。FacebookやTwitterでも色々と褒めたり貶したりできるのに、拍手一筋は何とも。
とは言うものの、来春に公開されるChromeで、あの手は禁止となる。さて、どうなる事やら。
歌詞検索の「J-Lyric.net」などでは「右クリックでテキストを横取りする」事ができないが、前(1)の方法ではないだろうか?....まぁ、クリックのメニューが使えなくても良ければ、それも悪くは無い。
関連過去記事:画像のHTTPS化? / 画像リンクとhttps://化 / ブログカード利用:学 / ネット上の行動は筒抜
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去記事でも書いたが、「レスポンシブ対応テンプレート」を利用するFC2ブログに引っ越すよりも、gooブログへの引っ越しが大きな選択肢と考えられる。(以下、モバイルフレンドリ:考より転載)
私のPC自作部屋」を拝見し、gooブログでは、「TOPに表示されている各記事の要約を、各記事の冒頭部分を抜き出した物とは異なる文章として表示することができる」事を知った。これはFC2ブログ等の「レスポンシブ対応テンプレート」による要約表示とは異なり、利用のし甲斐が有りそうだ。
新規投稿 - goo blogの使い方 概要文(Description)
[ブログ設定]で[概要のみ表示する]に設定した場合に書き込むことができ、トップページなど記事単体ページ以外ではこの内容が表示されます。「概要文(Description)」に入力できる文字数は、HTMLタグなどを含めて1,000文字以内です。空欄で投稿した場合は、本文の最初の約200文字を自動的に区切って表示します。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
エラーメッセージ第一弾「アルバムにこれ以上の画像は追加できません」 - FC2ブログ 公式ちゃんねる
▼FC2ブログ マニュアル
 - 新ファイルアップロード画面
 - アルバム機能って何?
 - アルバムにファイルを追加しよう

関連過去記事:Microsoft Edge情報 / Win10、v2004情報 / Cookie等規制だって? / 画像右クリック保存:学

モバイルフレンドリ:考

あなたのウェブページはモバイル フレンドリーですか? - Webテク倉庫」記事を拝読しGoogleツールで「モバイル フレンドリー テスト」なる物が有る事を知った。同テストツールは、ブログが「スマートフォン等のモバイル画面で最適に表示されているか?」を確認出来るとのことだ。

以前より右往左往していたブログ引越し作戦はlivedoorブログに内定しているのだが、(https)化されたlivedoorブログが公開されない事には最終決定していない。

以前「プログ記事の表示形態?」にて書いたが、引越しする場合の移転先と目論んでいるFC2ブログはスマホでアクセスした場合の画面表示がショボイ。その為、「レスポンシブ対応テンプレート」なる物でパソコンorスマホを問わない画面表示をすることで凌いでいると見ている...とはいうものの、「レスポンシブ対応テンプレート」とはスマホからアクセスするケースをメインとしていると考えられる。スマホで軽いアクセスができるようにするため要約表示と称する「記事の冒頭だけを表示させる」方法が主流らしい。一方、全文表示と称する「記事の全てを表示させる」方法は重いアクセスとなるため少ないようだ。
「レスポンシブ対応テンプレート」なる物はFC2ブログ以外にも取り入れられ、要約表示が促進されているとの見解もあるようだが、俺の周辺ではパソコンでアクセスし全文表示させるブログが殆どだ。
余程の関心がある内容なら兎も角、要約表示されている記事を全文表示させてまで読もうとする事は無い。
とは言うものの、FC2ブログで「レスポンシブ対応テンプレート」を用いずにスマホアクセスした専用画面を表示させる場合は「https://〇〇.blog.fc2.com/」+「/?sp」としなければならない。携帯アクセスの場合は「https://〇〇.blog.fc2.com/」+「/?m」となる。
俺の知る限りの巷の他社レンタルブログでは「+/?sp」的な付加をしなくともサーバーがパソコンとスマホの何れかを識別して見合った画面を表示するのであるが....FC2ブログでは自動切換えが提供されていない事が「レスポンシブ対応テンプレート」なる物を使うようになった由縁であろうと推測している。
前述の記事執筆者はFC2ブログのユーザーで、記事内で「レスポンシブ対応テンプレート」を褒めていると感じる。FC2ブログでスマホアクセスをする場合、一読すれば理解が進むかもしれない。
FC2ブログのように「テンプレートでもプラグインでも、会社が提供する公式の物以外にユーザー提供してもOK」とは違い、livedoorブログは全て公式である。したがって、面白い物は無いかもしれないが、すべてlivedoorの管理化にある。特にスマホ用テンプレートはlivedoorの広告稼ぎ頭の模様の為「レスポンシブ対応テンプレート」なんて物をユーザー提供されることは規定違反ということらしい。
livedoorブログは来春とアナウンスする(https)化を目前にして、HTML5化したパソコン用テンプレートを提供した。また、最近は新機能を次々と公開し、先が見えない行先不明の楽しみが出てきた。


ライブドアブログのHTTPS配信について - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
FC2ブログでも素敵なスマホ用テンプレートを提供しているユーザがいるが、最新版は見受けない。
FC2ブログの「レスポンシブ対応テンプレート」を利用する場合、パソコンorスマホでアクセスすると同じプラグインが表示されることになる。したがって、「パソコンでは表示したいが、スマホでは表示したくない」といったプラグインまで表示される事になることは鬱陶しい。それぞれ分相応の表示が良い。
私のPC自作部屋」を拝見し、gooブログでは、「TOPに表示されている各記事の要約を、各記事の冒頭部分を抜き出した物とは異なる文章として表示することができる」事を知った。これはFC2ブログ等の「レスポンシブ対応テンプレート」による要約表示とは異なり、利用のし甲斐が有りそうだ。
新規投稿 - goo blogの使い方 概要文(Description)
[ブログ設定]で[概要のみ表示する]に設定した場合に書き込むことができ、トップページなど記事単体ページ以外ではこの内容が表示されます。「概要文(Description)」に入力できる文字数は、HTMLタグなどを含めて1,000文字以内です。空欄で投稿した場合は、本文の最初の約200文字を自動的に区切って表示します。

引っ越すか否かは兎も角、いずれにしても混在コンテンツを潰しておかなければ(https://)化後のブログ・サイトにおいて、最近のWebブラウザでは危ないサイトとして扱われるのだから先行実施すろべし。
混合コンテンツはすべてデフォルトブロックへ ~「Google Chrome 79」から段階的に実施 - 窓の杜
“混合コンテンツ”とは、閲覧ページが安全な(https://)接続で読み込まれているにもかかわらず、その(https://)ページに含まれる他のリソース(画像、動画、スタイルシート、スクリプトなど)が暗号化されていない、安全ではないHTTP接続で読み込まれている状態、つまり(https://)ページにHTTPサブリソースが混在している状態をいう。

なんじゃらかんじゃらと話題が飛んでしまったが、本記事のテーマである「モバイル フレンドリー テスト」を現行livedoorブログと、引越しするかも知れないFC2ブログで行ってみた。結果、どちらも〇適也。
20191220a

2020年1月14日でサポートが終了となるWindows 7に関するlivedoorブログでの取扱いが告知された。
管理画面・投稿アプリの推奨環境について|ライブドアブログ スタッフブログ(2019/12/19)
  • Windows7でライブドアブログの管理画面を利用する時の推奨は2020年1月14日まで
  • 2020年3月31日以降は、ライブドアブログのフィーチャーフォン(ケータイ/ガラケー)向けサイトの閲覧を終了する
FC2ではどうするつもりなのだろうか それ以外にも、Windows 7に関する取扱いの告知は少ない

関連過去記事:livedoorブログに変化 / Rankletで人気記事表示 / FC2ブログの画像処理 / 画像のHTTPS化?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この記事に書いた内容について....書き終わってから、改めて考えた。
ホームペーシを作成していない、レンタルブログ利用者の俺にとって、他山の石なれど不要な事であった。

来訪拒否の取止め:結論


過日12/13の来訪拒否の拡大予告:再」については、最終結論として取り止めするとともに、現在設置している拒否設定については除去しました。 向後、私のブログでは来訪拒否設定はしません。
69daikan2
~~~<< 取り止めとした理由 >>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2020年1月14日でサポートが終了となるWindows 7は、以降もウイルス定義ファイルが提供される事が判明したため。「Microsoftのサポートページでウイルス定義の更新を提供すると明記」との事也。

【追記;2020/01/14】これは疑問詞付きの模様也

 来訪拒否に利用する忍者バリアがSSLに対応しておらず混在コンテンツとなり、2020来年の春に(https)化されるlivedoorブログに最近のブラザでアクセスした場合「安全でないコンテンツがブロックされました」とのマークが表示される事が明確になり、来訪拒否をする目的意図に反するため。
なお、「忍者バリアーのSSLへの対応予定」について2019/12/18質問したが、12/19の回答で計画に関する明確な回答は無かった。よって、livedoorブログが(https)化された暁には『忍者アナライズ』を含めて忍者ツールズの利用を止める事で考えることにする。「忍者バリア」は昨日撤去。12/27  16:00on
※「安全でないコンテンツ」とのマークが表示される事は、(https)化済みのFC2ブログで確認済。
忍者ツールズは色々と利用した。いずれSSL化するのかもしれないが、会員から撤退するチャンス也。

ユーザーエージェント(UA)文字列は時代遅れ? ~「Google Chrome」で凍結・非推奨に - やじうまの杜 - 窓の杜


過去記事:ホント?、Win7⇒10無料


続きを読む
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


プロフィール+つぶやき
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて

現在の閲覧者数:
・ IPアドレス検索 ・
KEIROMICHI
  • ライブドアブログ