無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

HP作成

FC2ブログの広告考察

遅々として進まずタイムスケジュールが延びる一方のlivedoorブログのhttps化である。
07/15にはTLS設定基準が変わったChromeが公開される予定だから、それ以前にはhttps化済みをリリースして欲しいと思いつつ、以前からの浮気心がウロウロしFC2ブログへの引越し準備もしている。暇つぶしとも言う。(無無無庵Ⅱ)

FC2ブログは早くからhttps化されているようだが、俺が徘徊するFC2ブログの利用者様達は旧態以前と(http)のまま変更していない。親切な説明が多いのだからhttps化すれば良かろう。他のレンタルブログでは強制的に(https)に移行させられる。FC2ブログは中途半端なやり方だ。livedoorも同じやり方との事。
FC2ブログをSSL化してみよう! - FC2ブログ 公式ちゃんねる


如何に暇な俺とて、いい加減にソロソロと終の棲家とするブログを決めなければ葬儀もできない。
ということで、『2019/08/01 から無料版でも広告表示しない。但し期間は1年間を予定』としてアナウンスしたFC2ブログの動向を注視している。08/01以降も無料版で広告無しだったら、大いに嬉しい。
【ブログ】 広告表示を撤廃しました! - FC2総合インフォメーション(19/08/01)
livedoorブログやgooブログも何故かスマホでアクセスすると広告が付く。
FC2ブログの現在はPC・スマホ共に広告が付かないが、2020/08/01以降は少なくともスマホには広告が付きそうだ...と言う先達がいる。FC2ブログのスマホ版の広告はデカクて画面の邪魔である...てな事が気に入らなければ使わなければ良いし、有料版を使えば済む事である...等と思いながら、そろそろ有りそうなFC2ブログからの広告対応に関するアナウンス待ちである。
8月になって、FC2ブログの広告表示を確認するとともに、それまでにlivedoorブログのhttps化が進んでいなかったなら、引っ越すよ

関連過去記事:FC2ブログの広告とは / 又また延びたhttps化

simple-translate:学

俺の環境で、Firefoxを用いてlivedoorブログのビジュアルエディタで記事を書くと、何かのタイミングで以下のオンブオバケが憑依する場合がある。なお、このオンブオバケはHTML画面で見なければ憑依している事が分からない。
<div  id="simple-translate"><div><div  class="simple-translate-button isShow" style="background-image: url(&quot;moz-extension://c8014954-e384-464c-b3ef-f09c07c636b1/icons/512.png&quot;); height: 22px; width: 22px; top: 349px; left: 195px;"></div><div  style="width: 300px; height: 200px; top: 0px; left: 0px; font-size: 13px; background-color: rgb(255, 255, 255);" class="simple-translate-panel "><div  style="overflow: hidden;" class="simple-translate-result-wrapper"><div  draggable="true" class="simple-translate-move"></div><div  class="simple-translate-result-contents"><p  style="color: rgb(0, 0, 0);" class="simple-translate-result"></p><p  style="color: rgb(115, 115, 115);" class="simple-translate-candidate"></p></div></div></div></div></div>
何かが「simple-translate」なる物を画面に表示させたがっていると見た。思い起こせば、オンブオバケが憑依した記事では以下のアイコンが散り嵌められていた。アイコンとして形とる直前は花火のような空白BOXが表示する場合もあった。いずれにしても、何でしょうという感じのポンである。
20200707134257
という事で「simple-translate」をググったところFirefoxのアドインである事が解った。
Simple Translate Webページ上の選択されたテキストを瞬時に翻訳。v2.3.0 (作者: sienori)
「simple-translate」はChromeの拡張機能Chromium Edgeの拡張機能でも提供されており同版・同作者である。本記事と同じ不具合が出るのか否かは未確認也。
Webブラウザ上で翻訳する場合、以前は提供元: translate.google.comのアドインを利用する事として統一していた。そのため、Chrome用ではGoogle 翻訳を設置していたのだが、v78.0.3904.70の頃にMalwarebytes AdwCleanerでチェックするとアドウェア 「PUROptional.22ChromeEXT」が付着していると判定される為(過去記事:アドウェアに感染?)、以降は「simple-translate」を利用する事にした。2019/10/29時点でChromeにアドイン「Google 翻訳」を再度設置してみたが「PUROptional.22ChromeEXT」が付着する事を確認し、以降「Google 翻訳」は設置していない。

その後、Chrome及びChromium Edgeでは、アドインを設置しなくとも翻訳できる機能がある事を知った為(過去記事:暇人が悩む日本語入力)、現在ではアドイン(拡張機能)「Simple Translate」により翻訳しているのはFirefoxだけである。Firefoxで、アドイン不要で翻訳できる方法が無いものだろうか

「Simple Translate」が前記のHTMLを勝手に作成し、予期せぬアイコンを作っているとは想定外であったが、ググったところ類似記事が有る。ちなみに、 AdwCleanerでのチェックでは異常無い。
  • FireFoxアドオン”Simple Translate”の悪行の件~WordPress | モノを使い倒す
    ※このブロック(上記<div  id="simple-translate">)はテキストエディタ上で削除することはできるが、ビジュアルエディタに戻って「下書きとして保存」や「公開」をポチると何度でも復活する。
なお、「Firefoxのアドオンの不具合(『Simple Translate』) | /」にて回避策が示されている。「Simple Translate」の設定画面から『翻訳を無効にするURLリスト』欄に「自エディタのURLを書く」ということらしい。(URLリストにはワイルドカード "*" を使用でき、各記事毎に設定..されたハズ)
ex.https://livedoor.blogcms.jp/blog/(ユーザー別)/article/edit*
20/07/06 15時、設定し様子を見る。「Simple Translate」の代わりを探そう
20200707145226

【追記:20/07/08 14時】 本「Simple Translate」の説明に以下の記載を見つけた。
テキストを選択すると翻訳ボタンがポップアップされ瞬時に翻訳が表示されます。
「翻訳の必要がなければボタンを表示しない」オプションを有効にすれば,不要な時にボタンが出てきてイライラする事はありません。
これを読んだ後で考え直せば、前記の「オンブオバケが憑依した記事で散り嵌められるアイコン」とは「翻訳ボタン」であり、このボタンが表示されるのは「Simple Translate」の正常な動作なのである。
しかし俺的な翻訳ニーズとしては、翻訳ボタンによりパーツを指定して翻訳する事は求めない。記事全体を翻訳できさえすれば十分なのだ。よって、翻訳ボタンは不要である。ということで、表示させない。
俺の環境は下図のとおりであったが、上記解説に基づき『ボタンやパネルを表示しない』に設定変更した。
20200708143923

「リンクタグ」書き方:学

20/07/01はFirefox v78が降臨しない事で、無い頭を使ってしまった
その後、Firefoxに関する事を調べていたら以下の記事を発見した。
「Firefox 79」からtarget=“_blank”なリンクの挙動が変更、より安全な仕様に - 窓の杜(20/06/09)
リンクタグは、(例1)の書き方では悪用の恐れがある為、最近では“target”属性に“_blank”を指定する場合、(例2)のように“rel”属性も適切に設定することが推奨されていたとのこと。
(例1)<a href="http://example.com/" target="_blank">
(例2)<a href="http://example.com/" target="_blank" rel=“noopener”>
 大いに初耳である。俺はこれまで、リンクタグとは(例1)の書き方しか知らなかった。
これに関して調べたところ、このlivedoorブログ等各社のエディターを用いて自動生成される物や、Microsoft OfficeのWord等各社オフィスアプリで書かれるリンクタグも(例1)で書かれている....というよりも「target="_blank"」が記述されない...これは何と見るべきか。
そもそも、“target”属性を書かないという方が良いのかもしれない。

07/29に公開されるFirefox v79以降では、(例1)の書き方をしても、自動的に(例2)の書き方と同等に評価されるとのこと也。これにより、(例1)の書き方をしている古いWebページも同様の扱いをされ、悪用の恐れが減るとのこと。
Appleは2019年3月公開の「Safari 12.1」でこの変更を導入済み。「Google Chrome」への導入も計画されており、いずれはすべての主要ブラウザーがこの挙動に統一される見込みだ。
アンカー上の target=_blank が rel=noopener を暗示するようになりました | Firefox サイト互換性情報(20/06/07)
この変更は Firefox 開発者ツール拡張機能 に含まれている互換性チェッカーでテスト可能とのこと。

ログイン通知メール

livedoorブログに「ログイン通知メール」を付加したとの事。
ログイン通知メールが届くようになりました|ライブドアブログ スタッフブログ(20/07/02)

危険なパスワードの利用に警告を表示する機能
■Firefox
Firefox Lockwise - 侵害されたウェブサイトのアラート | Mozilla サポート
■Google Chrome
パスワードが安全ではないアカウントを保護する - Google アカウント ヘルプ
Google Developers Japan: Chrome のパスワード保護を強化 - その仕組み
メールアドレスの所有者確認のヘルプ
https://help.livedoor.com/ldid/guide1081
差出人は、プライバシー

先日、又また延びたhttps化であり、「NAVERまとめ」が終了した㈱LINEのサービスだが

関連記事:livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery / livedoorブログ整理 / ログイン通知メール

続きを読む

FC2ブログの広告とは

livedoorブログのhttps化が又々また延びた。07/15にはTLS設定基準が変わったChromeが公開される予定だから、それ以前にはhttps化済みをリリースして欲しいものだ。原因不明のアクセス不可が増えそうだ。
livedoorブログ残留:決定としていたのだが、未果てぬ夢のようなlivedoorブログの行いを見ていると嫌気が差してくる。とは言うものの、今更大げさに移転準備をする気にはなれないが、多少は何ぞしてみようか的な軽いノリで以前FC2ブログのテンプレート製作者のブログに御邪魔したところ、以下の記事を拝読。
スマホからアクセスであんなデカイ広告が付くんじゃ、邪魔だね~
テンプレートの修正・更新致しました。20/06/20- - *Essence
FC2ブログは以下の記事のとおり、『2019/8/1 から広告表示されていない。期間は1年間を予定』とのことだから、そろそろ今後の広告表示の仕方が告知されるのであろう。上記記事は広告撤廃がなされていなかった時期に偶々広告が表示され、それにより「テンプレートの要修正箇所が判ったので更新した」的な内容である。
【ブログ】 広告表示を撤廃しました! - FC2総合インフォメーション(19/08/01)
 この記事により、「FC2ブログの広告には、パソコンvsスマホ」が有る事を再認識した。
FC2ブログ上で表示される広告について理解しよう! - FC2ブログ 公式ちゃんねる(18/05/17)
ということで、20/08/01からFC2ブログが広告を表示する事になった場合でも、パソコンとスマホにより扱いが異なるという事も有り得るということだ...と、改めてガテンした。

FC2ブログは、パソコンvsスマホで共用できるレスポンシブ対応テンプレートを用いなければ、極めて使い難い。しかし、共有するが為に生じる使い難さも少なくはない。やはり、livedoorブログのようにパソコンvsスマホの其々用のテンプレートを用いる方が良い..と思うのは、慣れの問題だろうか。
いずれにしても、広告表示に関するFC2ブログのアナウンスが楽しみである。広告表示する事になった場合は有料プランを利用しても良いだろう。何にしても、livedoorブログのhttps化の時期次第ということだ。併せて、FC2ブログの広告の行方を眺めながら、7月半ばにはFC2ブログのテンプレート準備取り掛かり。 遊び道具を仮設置した。テンプレートは共有TPの中で「レスポンシブ対応テンプレート」を利用する事とし、*Essence(aki [sorauta1] 氏作成の「youth_resp3c」(最終更新日:2020/06/21)、「ct_responsive3c」(最終更新日:20/06/20)「暗色CSS(3カラム用) 2019/09/29 css更新」を設置(過去記事:ct_responsive3c:改録)。

livedoorブログ⇒FC2ブログに引っ越すかも知れない未来。テンプレートを改造するのはイタチごっこになる可能性が高い。これを避ける為には提供される物をその儘で利用する事が賢明である。
ということで、「youth_resp3c」(最終更新日:2020/06/21)を利用する事とし、以下のみを改造する。
テンプレート・カスタマイズ記事- *Essence -(最終更新日 : 2020-06-13)

将来、(最終更新日:2020/06/21)以降の「youth_resp3c」を改造する事がある場合は、DLLした「youth_resp3c」の以下に手を加える事。
.youth_resp のカスタマイズ(トップ画像表示・非表示)
.文字サイズの変更
1) テンプレート全体の文字サイズ変更
2) 投稿画面で文字サイズを変更
3) 記事カラムまるごと文字サイズを変更 文字サイズの数値は小数点以下が指定できるが、第2位までの指定が無難。
※スマホで希望のサイズにならないので質問したところ「サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1」を紹介してもらう。
.
ページネーションを上にも付ける
.全記事一覧(Title list)にコメント数を表示
この後、俺的な日本語にするとか、編集ボタンを付加するとか。
.コメント欄の「文字修飾ツール」を削除する ※20/07/03、ここまで完了
<script type="text/javascript" src="<%template_comment_js>"></script>
.ct_responsive3c:改録 / FC2ブログ、TP作成-3 / FC2のファビコン設定 / ブログカード利用:学
.20/07/03、TP配布元にて修正有りとのアナウンス。以下のみ修正した。これにより20/07/03配布版と同じないようになっている。なお、「youth_resp3c1_Z1」は俺なりの望む姿として日本語化して100%改造済みであるが、「youth_resp3c1_Y」「youth_resp3c1」は日本語化していない。
1) 正規のURLを示す記述 rel="canonical" を付けました。(全テンプレート)
2) コメント者のURLが無い場合は非表示になるようにしました。(全テンプレート)
その後、全文表示or要約表示
youth_resp 2c,3c のカスタマイズ(エントリー1列と全文表示)
無無無庵Ⅱ (https://nonn634.fc2.net/)
関連過去記事:FC2を再準備-不思議
Heart on my sleeve、作者Janedoe1471氏[janedoe1471]のmorpheus_blackは配布終了。
The other way round、作者vanillaice (Akira) [vanillaice000] 氏
~~<<その他参考>>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  1. 【ブログ】トップページに固定表示する記事を作成できるようになりました - FC2総合インフォメーション
  2. プラグイン「最新記事」で表示する文字数を指定できるようになりました - FC2総合インフォメーション
  3. ブログカードのブックマークレットを作成しました
  4. プラグイン3をお知らせ用に表示する・管理人コメントを装飾 - *Essence -
    2) 管理人コメントに画像を表示。
  5. テンプレート・カスタマイズ記事 - *Essence -
    訪問者コメントにユーザーアイコンを表示
文字の拡大ツール
要約と全文のセレクタ

又また延びたhttps化

彼是2年掛かりで延び延びとなっていたlivedoorブログのhttps化であるが、以下の記事をとどめとして、2020/06月には実現するものと大いに期待してきた。
ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)|ライブドアブログ スタッフブログ(2020/04/28)
20200625133811
  1. ライブドアブログのHTTPS対応について(2018/02/16)
  2. ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2018/09/25)
  3. HTTPS対応の状況についてお知らせします(2019/10/01)
  4. HTTPS対応の状況についてお知らせします(2019/11/07)
  5. 【HTTPS対応】画像のHTTPS配信について(2019/11/20)
  6. ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2020/04/28)
しかし、更に延びるとのことが次の記事(20/06/25)で告示された。以下に文面を引用する。

ライブドアブログのHTTPS対応について(続報)(2020/06/25)
平素よりライブドアブログをご利用いただきありがとうございます。
「ブログページ(サブドメイン)」と「ブログページ(独自ドメイン)」のHTTPS対応につきまして、提供日を7月以降に延期させていただきます。
お客様に安心してご利用いただくため、より十分な検証が必要であると判断したためです。
お待たせして大変申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
※対応状況については【ヘルプ】ライブドアブログのHTTPS配信についてでもご案内しています。
 さすがに腹立たしく、以下をコメントする。
「...以降」という事は、支払期限を設けない借金のようなもの。
「いつまでには..」程度でも約束できないのか。
ちなみに「7月以降」との日本語だが、「以降」とは「それより後」という意味である。
すなわち、本告知は「7月過ぎに延期する」という意味である。
livedoor側は、このコメント欄には返事しない方針のようだが、「7月以降」の意味を明確にされたい。返答如何によってはユーザーとしても、今後の身の振り方を考えなければならない。
俺的には1ヶ月程前にlivedoorブログに残留することを決めたばかりである。さて、どうしたものか
『より十分な検証が必要であると判断した』とのことだが、愚図だね~。少なくとも頭は良くないね
さてさて、何の検証をする為にこんなにも時間が掛かるのだろうか。2020/06月公開予定と告示してから既に半年が経っている。プラグインや諸々を全て検証しても時間が余ると見るが...よく潰れない。
>>1
前記コメントをスルーされるかと思ったが、掲示されたので、調子に乗って再度コメント。
「7月以降」の意味は?
1.正しい日本語の解釈どり。すなわち、8月過ぎのいつかの未来。
2.本文執筆者は「7月以降」の用い方を間違えていた。すなわち、6月過ぎのいつかの未来。
3.これまで「6月(予定)」とアナウンスしていたので、期待しているユーザーに対して「公開予定日を過ぎちゃうけど、7月早々には公開したいと思っているけど」という程度の挨拶。
の、どれだろうかな~
過去記事:livedoorブログ残留:決定 / 新旧テンプレート比較:学 / livedoorブログ整理 / :livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery / 収録写真の引越し完了 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / FC2ブログに引越し再考 / https://の信頼度:考 / ブログ引越は見送り / 新旧テンプレート比較:学 / :livedoorブログ:雑感 / FC2を再準備-不思議

TLS設定基準が変わる

07/15にはGoogle Chromeのv84が公開される。Chromium Edgeも追いかけてv84となるだろう。
これにより、主力の3WebブラウザでTLS 1.0 / 1.1が無効化される。
Firefoxでは20/03/11公開のv74.0で無効化されているが、「TLS 1.0/1.1の無効化により、それに未対応企業でリモートワークができない」という問題があることが判り巻き戻しされているが、再度巻き戻しされ、07/01公開予定のv78でデフォルトでTLS 1.0/1.1の無効化が行われるとのこと也。
延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 | スラド セキュリティ
これにより、SSL / TLS 設定が「TLS 1.3、TLS 1.2」が標準仕様となり、個人のパソコンでも「SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1」は使用しない設定にしなければネットサーフィンできない事になる。
なお、「政府CIOポータル」では、『2020年4月末頃より政府CIOポータルにおいてもTLS1.0、TLS1.1のサポートについても取りやめることになりました』とアナウンスしている。
[IT 管理者向け] TLS 1.2 への移行を推奨しています – Microsoft日本のセキュリティチーム
  • QUALYS' SSL LABS SSL/TLS プロトコルバージョンの、有効/無効の状態を確認
それにも関わらず、俺が利用している大手サイトの中でも、TLS 1.1ならアクセスできるが、TLS 1.2ではアクセスできない所が有る。そのような無神経なサイトにはアクセスしないことにしているのだが、最悪な事には「金沢CATV」にアクセスできない。昨年の暮れには「TLS 1.2ではアクセスできない」事を申請し、それなりの立場の人から善処する旨の回答を得ているのだが、2020/06/14 10:00時点で下図のとおりアクセスできない。07/15になればTLS 1.2に標準化されたWebブラウザ利用者から苦情だらけになるだろうから嫌でも対応しなければならなくなる。とっととやれよ
過去記事:ブログ屋のTLS対応は / Chromeのクッキー対応 / Cookieブロック始まる / 個人情報保護法改正案:考 / gooブログの拍手ボタン / ★SSL / TLS 設定方法:2 / CAPTCHAを敬遠しよう

金沢CATV
https://www.kanazawacable.jp/
20200614095320
2020/06/14 10:00 スクリーンショット
Firefox Nightly、実験的機能の設定をオプション画面に追加 | スラド IT
オプションを追加するには、about:configで「browser.preferences.experimental」を「true」に変更する。あとはオプション画面(about:preferences)を開く


Flash Player のアンインストール | Windows
  • 終了前にアンインストールすることを推奨
  • 今年後半からはアンインストールを促すメッセージを表示
  • 現在のウェブサイトでFlashを使用しているのは全体の2.6%ほど

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

CAPTCHAを敬遠しよう

過去記事「ネット上の行動は筒抜」で「reCAPTCHA」を自ブログに設置したい旨を書いた。
WikiPedia:reCAPTCHAより抜粋引用
reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。
20191005143118 20191005143116
「reCAPTCHA」等のCAPTCHAシステムは、ボットによるシステムへの自動アクセスを防止する為に考案された認証システムということで、ウィルス防止になると考えていたのだが、この機能を利用したマルウェアがいるのだそうだ。
「CAPTCHA」を要求することで自動検出を回避するマルウェア攻撃が登場 - GIGAZINE(20/06/22)
CAPTCHAシステムには「reCAPTCHA」以外にも「拍手ボタン」等が類似する機能なのだろう。

「reCAPTCHA」自体も、FC2ブログ・はてなブログ・Blogger. で用いられている事を承知している。これらの事前に知っている物は安心できるかも知れないが、他のサイトで「reCAPTCHA」を用いている場合は要注意である。「reCAPTCHA」をステッカーとして設置しているだけの場合は問題なさそうだが、「私はロボットではありません」として『訪問者にクリックを求める物』は辞退したほうが無難と見る。
関連過去記事:拍手ボタンを削除、もとい /
新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」が326万ダウンロード--配信から3日で(06/22)

関連過去記事:COCOA:学

livedoorブログのjQuery

向後とも利用中のlivedoorブログを使用すると決め、https化された環境が提供される事が待ち遠しい。
過日05/27、livedoorブログが最新テンプレートとして「デフォルト2019」を公開したので、利用中のテンプレートとの突合を行ったりの暇つぶしをしていた。
PC版デザインテンプレート「デフォルト2019」を改修しました|ライブドアブログ スタッフブログ
過去記事:livedoorブログ残留:決定 / 新旧テンプレート比較:学 / livedoorブログ整理 / :livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery
 そのアナウンス記事に別件だが「reCAPTCHAを使いたい」的な事をコメントするべく出かけたところ、通りすがり氏のjQueryに関するコメントを拝読した。以下に、一部転記。
<$HeadSectionCommon$>でjquery-1.11.1.min.js をロードしているが、その後の import.js で jquery-1.7.1.min.js をまたロード
<script src="https://parts.blog.livedoor.jp/js/usr/import.js"></script>
との事。livedoorブログに限らず、レンタルブログの殆どでは自社方針でjQueryのバージョンを組み込んでいるようだ。その組み込み方は、各社それぞれの様だが、livedoorブログでは「①.HTMLタグに記述」「②.独自タグから引用する」「③.カスタムJSに書く」という3つの方法があると眺めてきた。
俺のテンプレート改造でjQueryを用いている記述は少なく、影響があるとするならば「上に戻る・下に進むボタンをコピペで設置する方法 - ごろごろし鯛よね~」で利用している程度である。
これまで「②.独自タグから引用する」場合、該当タグを知らずにいたが、通りすがり氏の前記コメントにより解ったので、利用するjQueryを最新バージョンで統一する工事を行ってみた。

しかし以前、大手Webブラウザでは「JavaScriptの廃止」と聞いたが(過去記事:ブラウザ&日本語入力)

.livedoorブログで、jQuery設定をしていると推察する独自タグは<$HeadSectionCommon$>と
.20/06/08時点で、jQuery最新のバージョンは「3.4.1」3.5.0である。
.「上に戻る・下に進むボタン」利用の為、「①.HTMLタグに以下を記述」している(過去記事:新旧テンプレート比較:学)。なお、::beforeごろごろし鯛よね~の記述の儘、::afterはjQueryの版を変更。
::after
<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
::before
<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js"></script>
なお、<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.4.0/css/font-awesome.min.css">は「出典:うっすら透明な「上に戻る」ボタンのはてなブログ設置法 - あざなえるなわのごとし」のとおり、『アイコンにFontAwesomeを使うので入れる』との事で、以下に使い方。
一行追加するだけ!CSSのみで使えるフォントアイコン【Font Awesome】の使い方とサンプル | はぴすぷ
なお、【保存版】Font Awesomeの使い方:Webアイコンフォントを使おう(19/05/24)によれば「2017年末にリリースされたFontAwesome5」が最新らしく、以下の記述らしいが、俺の環境では不動作也。
<link href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.6.1/css/all.css" rel="stylesheet">
FontAwesomeは、4.5.0、4.6.1、4.6.3、4.7.0、v5.1.1、v5.6.1と続くらしいが、以下のとおりとした。なお、jQueryの記述は以下の通りカスタムJS内にのみ書くので、HTMLタグとしては不要である。
::最終
<link rel="stylesheet" href="http://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.7.0/css/font-awesome.min.css">
.カスタムJS内の「head内 … ここに書いた内容は </head>の直前 に追記されます」の設定。
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.0.min.js" type="text/javascript"></script>
.俺が現在使用中のlivedoorブログで作動しているjQueryの版を調べた結果、「3.4.0」であった。
という事は、のlivedoorブログ「カスタムJS内」の記述が優先されているという事を承知した。

.以上の試行から、「①.HTMLタグに記述」「②.独自タグから引用する」したjQueryより、「③.カスタムJSに書く」物の方が優先されると独断し、20/06/08、カスタムJS内の「head内」に以下を記述するのみとし、①のHTMLタグは削除した。カスタムJS内での設定は、他よりも優先すると推察する。
.利用中のテンプレート内で「①.HTMLタグに記述」によりjQueryが読みだされている箇所は
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script> (※jQuery 1.11.1)
コメントの設定 - ライブドアブログのヘルプ(PC向け)
によれば「リアクション機能」を利用する為の物らしい。俺は使わない。
参考、ライブドアブログで jQuery がロードされる場合
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/html5.js"></script>
<![endif]-->
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>
<script src="https://parts.blog.livedoor.jp/js/usr/import.js"></script> (※jQuery 1.7.1.min.js)

ここまで学習した後WikiPediaのJQuery#リリース履歴を確認したところ(20/04/10)に3.5.0 が公開されている事を知った。しかし、JavaScript#バージョンとブラウザの対応表を見ると古いブラウザは対応していないかも。とは言うものの、livedoorブログのように陳腐化している IE 9 とかをフォローする気にはならない。ということで、一般的に流通している3.4.1にする。CDNの利用先はGoogleにする。
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>
<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jQuery/jquery-3.4.1.min.js"></script>
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.min.js"></script>
<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.min.js" type="text/javascript"></script> ※旧の記述?
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.4.1/jquery.min.js"></script>

関連記事:livedoorブログに残留:決 / 収録写真の引越し完了 / 混在コンテンツ壊滅作戦 / livedoorブログ整理 / FC2ブログに引越し再考 / https://の信頼度:考 / ブログ引越は見送り / 新旧テンプレート比較:学 / livedoorブログ残留:決定 / :livedoorブログ:雑感 / livedoorブログのjQuery


続きを読む

新旧テンプレート比較:学

昨日06/03は、向後利用するブログをlivedoorブログ残留する事で決定とした。
ついては、だいぶ長い間使ってきたlivedoorブログのテンプレートを手直ししてみようと考えた。
以前より、利用しているテンプレート「デフォルト2008(烏羽,3カラム)」には改良を加えてきた。
これで殆ど満足しているのだがhttps化に先んじて過日HTML5化を試みた。しかし、スキル不足から諦めて放置していた。この度05/27、livedoorブログが「デフォルト2019」を公開したので、これと、俺の改造版を比べてみる事を思いついた。提供されたままでも良いのだが、視力の悪い俺は背景はダークにしたい。
PC版デザインテンプレート「デフォルト2019」を改修しました(05/27)

<<デフォルトTP比較>>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.デフォルト2008(烏羽,3カラム、20200601)
トップページ
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" itemscope itemtype="http://schema.org/Blog">
<head>
<$HeadSectionCommon$>
<meta name="description" content="<$BlogDescription ESCAPE$>" />
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$BlogTitle ESCAPE$></title>
</head>
<body class="default_2008 index"><a name="top"></a>
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
.デフォルト2019 
トップページ
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" itemscope itemtype="http://schema.org/Blog">
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

<$HeadSectionCommon$>
<meta name="description" content="<$BlogDescription ESCAPE$>" />
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$BlogTitle ESCAPE$></title>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/html5.js"></script>
<![endif]-->
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>

</head>
<body class="default_2012 page-index layout-2col sidebar-right">

デフォルト2008(烏羽,3カラム) ※未改造(HTML5にはなっていない時代の物)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<$HeadSectionCommon$>
<meta name="description" content="<$BlogDescription ESCAPE$>" />
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$BlogTitle ESCAPE$></title>
</head>
<body class="default_2008 index"><a name="top"></a>
<!-- ............... Header ............... -->
<$BlogHeader$>

~~<<新・旧の差異は?>>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヘッダー部分の相違点は、上記タグの下線付き部位である。
.<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>
.<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
.<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">.<body class="default_2008 index"><a name="top"></a>
.<body class="default_2012 page-index layout-2col sidebar-right">
は意味が解っていないが、変更するとテンプレート中のアイコンが変わってしまうので弄らない。
は、スマホ表示に関わる記述と独解。livedoorブログのスマホ表示はPCとは別なので加筆しない。
は、バージョン8.0以降のInternet Explorerで使用できる互換モードに関する機能也。加筆しない。
は、livedoorブログ独自の「スレッド形式コメント」を利用する為の記述也。俺は不要だが加筆。
として対応する事とし、ほぽ現行通りである。但し、livedoorブログのhttps化後に動作確認する事。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
個別記事ページ
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" itemscope itemtype="http://schema.org/Blog">
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
<$HeadSectionCommon$>
<meta name="description" content="<$ArticleDescription ESCAPE$>" />
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$ArticleTitle ESCAPE$> : <$BlogTitle ESCAPE$></title>
<script src="<$EmojiJsUrl$>"></script>
<script src="<$MiscJsUrl$>"></script>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/html5.js"></script>
<![endif]-->
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>

</head>

<body class="default_2012 page-article layout-2col sidebar-right">

カティゴリーアーカイブ
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" itemscope itemtype="http://schema.org/Blog">
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
<$HeadSectionCommon$>
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$CategoryName ESCAPE$> : <$BlogTitle ESCAPE$></title>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/html5.js"></script>
<![endif]-->
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>

</head>
<body class="default_2012 page-category layout-2col sidebar-right">

月別アーカイブ
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" itemscope itemtype="http://schema.org/Blog">
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
<$HeadSectionCommon$>
<$OGP$>
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="<$BlogMobileUrl$>" />
<IfFoafUrl><link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" /></IfFoafUrl>
<title><$MonthLabel ESCAPE$> : <$BlogTitle ESCAPE$></title>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/html5.js"></script>
<![endif]-->
<script src="<$PartsBaseUrl$>/js/usr/import.js"></script>

</head>
<body class="default_2012 page-monthly layout-2col sidebar-right">
続きを読む
月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 「弊」の多用に思う
  • REC「池上季実子」探し
  • 野々市市の姉妹都市
  • 野々市市の姉妹都市
  • マイナポイント:学
  • マイナポイント:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
2021年
2022年
旧暦カレンダー
便利コム
計算サイト
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板

ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
現在の閲覧者数:
KEIROMICHI