無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

HP作成

FC2の白い画面に思う

過日は、後1歩というところでlivedoor⇒FC2に移転するばかりだったが、中止した。

中止した理由は数点ある。
要は「慣れの問題」なのだが、1点だけはどうも馴染みきれない。
視力の悪い俺としては、自分のブログの背景は黒っぽくしている。Windowsパソコンの背景も黒であり、可能な限りのアプリケーションも黒の背景にしている。ガラケーや電子図書ですら背景は黒である。

ブルーライトを軽減する為もあるが、黒い背景に白っぽい文字の方が視認できるからだ。
公・個人を問わず他所のサイトを閲覧する場合でも、白背景に黒文字であれば閲覧を躊躇してしまう。
増してや、個人のブログなんぞで奇妙に影の薄い文字フォントで気取っている場合は即時に撤退する。

一昔前に「ホームペーシを作る」と称してサイト開設する事が流行った頃は、公のサイトだろうが、個人のサイトだろうが、白っぽい画面作りが一般的であった。なんとなく清潔感を抱かせるのだろうか。
片や、黒っぽい画面作りは嫌われていたかのように見える...というか、殆どマニアックであった

しかし最近では、マイクロソフトと言うか、Windows等ではダークモードが提供され始めている。ネット世界でも追随するようにダークモードが増えてきた。それでも、個人のサイトでは未だに拒否反応がある。
俺的には、ブログのテンプレートひとつを設定するのにも、無いセンスと知恵を引き釣り出さなければ気に入った物に辿り着かない。今回のlivedoor⇒FC2移転については運良く、テンプレート提供者の援護を受けて、手間を掛けずとも既成の物を使用することができた。しかし、「ブログのダークな背景」←→「FC2ブログの真っ白けな管理画面や書き込み画面」とを、行き来ししていると、眼に与える影響が半端では無い。
高速道路で「トンネルの闇」←→「明るい外」との出入りを反復しているがのごとし也。
とは言うものの、ユーザーが、FC2ブログの管理画面等をダークな背景に変えることができるはずが無い。

となれば、すべてのウェブサイトにダークテーマを適用できるWebブラウザのアドイン「Dark Reader」を使えば、どこのサイトであろうともダークな背景を見ることができる。
Chrome・Firefox・Safariを簡単に「ダークモード」にできる拡張機能「Dark Reader」を使ってみた - GIGAZINE
それならば、自分のブログを改造するとかで砂上の楼閣作りをするような労力を注がずとも良いな...と嬉しくなった...が、パソコンからのアクセスは解決しても、このアドインはスマホでは動かない。
色々なサイトの背景を変えるについて、個人が望んでも叶う事ではないが...せめてセピア程度に落として欲しいものだ。真っ白は嫌じゃ

また、リッチテキストエディター(ビジュアルエディターシンプルエディタ)を用いて文書を書いた場合で比較すると、FC2ブログはlivedoorブログよりも機能的に劣ると考えている。
なお、「Dark Reader」を稼働させてFC2ブログのエディターを使うと、かなり見易くはなる。
20191002120424

HTTPS対応の状況についてお知らせします|ライブドアブログ 公式ブログ(2019/10/01)
によれば「管理画面(http://livedoor.blogcms.jp/)は2019年10月末(予定)にHTTPS対応」するとの事。livedoorブログの記事書き込み用エディタはJavaScriptを適用している為、管理画面がHTTPS対応した時点でエディタに何らかの変更を加えなければならないと読んだ。
ということから、その時点でlivedoorブログorFC2ブログの再チョイスを行う事にする。

今回の試行錯誤で改めて知ったが「FC2ブログの利用者は、ひたすら文書を書くだけ」である理由は『エディタが低機能である為』であろう。別にlivedoorブログが優れている事は無いようだが、少なくとも『既存記事を修正する』場面ではかなり楽である。
関連過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / ブラウザ&日本語入力 / https://の信頼度:考

livedoorブログは気合が入ってきたね~

livedoor⇒FC2に移転×

2019/10/01。「無無無庵」は、livedoorブログ⇒FC2ブログに移転しました。

気が変わり、移転は中止しました。
edoit01b
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/09/30の「拝啓、livedoorブログ様」のとおり、「ライブドアブログ 公式ブログ」の以下の記事にコメントしたところ、そのせいか(?)は不明なれど、先ほどlivedoorブログの新アナウンスが有った。
HTTPS対応の状況についてお知らせします|ライブドアブログ 公式ブログ(2019/10/01)
それによれば、livedoorブログを(https://)化するのは2020年春(予定)とのこと。今どきの企業なら破産するほど先で随分とのんびりした話題だが、待ってみようかという気分になった。ちなみに俺のコメントに返コメは無いどころか、表示さえされていない。癪に障るので再掲したろう。
この記事を書いた人には良識が無いのですか。
それとも単なる嘘つきですか。それともそれとも、会社を首になるとか、失踪届が出ているとか?
待ちくたびれて他社に引越しする段取りを行いましたが、振られる男が、口先ばかりの女と知りながら一縷の望みを掛けているようなもので踏ん切りがつきません。
私にはその気が無いと一言発してください。それで諦めます
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
本日から10/03までは、Windowsの自動Updateを一時中止する。

拝啓、livedoorブログ様

「ライブドアブログ 公式ブログ」の以下の記事に2019/09/30書き込みした。
この記事を書いた人には良識が無いのですか。
それとも単なる嘘つきですか。それともそれとも、会社を首になるとか、失踪届が出ているとか?
待ちくたびれて他社に引越しする段取りを行いましたが、振られる男が、口先ばかりの女と知りながら一縷の望みを掛けているようなもので踏ん切りがつきません。
私にはその気が無いと一言発してください。それで諦めます
どうせ返コメは無いだろう。ということで、試行用としていたFC2ブログに引越しする気になっている。
引越し日は、決まりが良い日にしたい。とは言うものの、極力近いうちに行おう。
2013年11月14日にブログをはじめたから11/14。2015年10月16日に間質性肺炎になったから10/16。
当市野々市市の市政執行日に因んで11/11。
んん~ん、何れも結構先になるな~。Win10、v1909公開予想のとおり、v1909のリリースが10/02であるとしたならば早期に勝負した方が後の記事執筆が楽になるだろう。

ということで、先ほど「FC2ブログ お引越し機能」に申し込みした。
なお、自動的な引越し機能が完了するまでは、コメントは辞退します(消えてしまいます)

ct_responsive3c黒助

テンプレートだけでも作成しておこう -part 3
関連記事:morpheus_black更新 / FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助
livedoorブログ⇒FC2ブログ引越しに向けてテンプレートを物色し、共有TPの中で aki [sorauta1] 氏作成の「ct_responsive3c」(更新日:19/09/10)に着眼し、「全文表示」用を仮設。その後、「要点表示」を行ってみたくお願いしたところ提供して頂けた。その他の改定を含めて、大いに気に入った。
悪乗りして、追加で、リスト文「<ul><li>~</li></ul>」や「<ol><li>~</li></ol>」を、「点付き」や「数字付き」にする方法を質問している。

<< リストマークの表示 >>
リストマークの表示…についてですが、スタイルシート上部に記述されている reset css で ol,ul,li に list-style-type:none; を指定しているので、新たに記述して頂ければ反映致します。
スタイルシート編集枠の一番下にでも
(例)
ul li{list-style-type:circle;}
ol li{list-style-type:upper-alpha;}

のように追記述して頂ければリストマークが使えます。
ただ、メニュー部分のリストについてはカラム幅やmargin,padding 等で位置が随分とずれてしまいますので、下記のように記述して下さい。
nav ul{padding-left:15px;}
nav ul li{list-style-type:circle;}
nav ol{padding-left:15px;}
nav ol li{list-style-type:upper-alpha;}

リストマークの形状は下記のURL
https://www.tagindex.com/stylesheet/list/list_style_type.html

<< タグリストを付加 >>

<!--tag_list--><p>TAG :<a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"><%topentry_tag_list_name></a></p><!--/tag_list-->
<!--topentry_tag--><p class="tag_lnk">tag : <%topentry_jointtag></p><!--/topentry_tag-->
<%topentry_jointtag>- 半角スペースで結合したタグリストを表示
以下の単変数は<!--tag_list-->~<!--/tag_list-->内で表示します。
<%topentry_tag_list_name>- 設定したタグリストのタグを表示
<%topentry_tag_list_parsename>- 設定したタグリストのURLエンコード化したタグを表示
<dev>TAG :<!--tag_list--><a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"><%topentry_tag_list_name></a> <!--/tag_list--></dev>


これで、FC2ブログが無料提供している「FC2ブログ お引越し機能」を用いて、現行のlivedoorブログ⇒試行用としていたFC2ブログに引越しする環境は整った。
あと気になるのは2019/08/01発表の「FC2ブログ、広告を撤廃」である。当面1年間とのアナウンスだが、広告を撤廃した理由は知らされておらず不気味感がある。以下のような読みもあるようだ。
FC2が1年間の広告廃止を発表、その本当の理由は- Heart on my sleeve
過去記事:FC2ブログをスマホから? / FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる) / FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化

morpheus_black更新

テンプレートだけでも作成しておこう -part 2
関連記事:morpheus_black更新 / FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助
(レスポンシブ対応テンプレート)の共有TPの中で Janedoe1471 [janedoe1471] 氏作成の「morpheus_black」(更新19/09/27)を変更。なお、この版は本告知によるバージョンアップが適用されている。同氏サイト「Heart on my sleeve」。以下、試行用としていたFC2ブログへの工事について防備記録。(※Janedoe1471 [janedoe1471] の作品、 vanillaice (Akira)[vanillaice000] の作品)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
<< スタイルシート編集 >>

1.引用の枠が目立ちすぎるので、簡潔にした
/*記事内h3*/
.blog_entry_text h3{position:relative;}
.blog_entry_text h3:before{content:"\e3ae";width:30px;height:100%;display:flex;align-items:center;justify-content:center;padding:0;line-height:normal;font-family:'Material Icons';color:#fff;font-size:20px;position:absolute;left:0;top:0;}
/*記事内引用枠*/
.blog_entry_text blockquote{margin:15px 0;border:solid 1px #ccc;position:relative;padding:20px 20px 20px 60px;}
.blog_entry_text blockquote:before{content:"\e244";width:40px;height:100%;display:flex;align-items:center;justify-content:center;position:absolute;left:0;top:0;background:#f2f2f2;font-family:'Material Icons';font-size:30px;color:#888;}/strike>


2.文字サイス(font-size:)を変えると、表示が崩れるので中止した。font-familyも変更していない

3.代替え画像が表示されないようにしたいが、変更箇所がわからない。以下、グレー箇所ピックアッブ
/*サムネイルホバーエフェクト*/
.l_container .blog_content_tmb_wrap{position:relative;opacity:1.0;transition: all .4s ease-in-out;}
.l_container .blog_content_tmb_wrap:after{content:"記事を読む";width:100%;height:100%;display:flex;justify-content:center;align-items:center;position:absolute;left:0;top:0;background:rgba(0,0,0,.3);color:#fff;font-size:16px;font-weight:bold;transition:all .4s ease-in-out;opacity:0;-webkit-transform:scale(0);transform:scale(0);overflow:hidden;}
.l_container .blog_content_tmb_wrap:hover:after{opacity:1;transform:scale(1);}
/*画像なし時の代替*/ 
.blog_content_tmb{position:relative;}
span.blog_content_tmb.no_tmb_img:after{content:"No Image";white-space:pre;width:100%;height:100%;display:flex;justify-content:center;align-items:center;position:absolute;left:0;top:0;color:#fff;font-weight:bold;font-size:14px;}

<< HTML文の編集 >>
1.「メールアトレス入力欄」を除去
<div class="comment_form_title">
<label for="mail"><%template_address></label>
</div>

<div class="comment_form_input">
<input id="mail" class="comment_form_text" type="text" name="comment[mail]" size="30" value="<%cookie_mail>" /><%cookie_mail>" /><%cookie_mail>" />
</div>

2.「記事編集」ボタンを付ける
<!--allow_tb-->
<div class="tb_counts"><a href="<%topentry_link>#tb">トラックバック(<%topentry_tb_num>)</a></div>
<a href="<%server_url>control.php?mode=editor&process=load&eno=<%topentry_no>" target="_blank" title="編集(管理用)">記事編集</a>
<!--/allow_tb-->

3.年月日&時間の表示を日本語にした
<%topentry_year>,<%topentry_month>,<%topentry_day>,<%topentry_hour>:<%topentry_minute>
※<%topentry_youbi>- 曜日(洋風)を表示 ⇒ <%topentry_wayoubi>- 曜日(和風)を表示

4.ブログタイトル部分に紹介文を足した
<h1 class="header_blog_name"><%blog_name></h1>
<span class="header_introduction"><%introduction>
<p>トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ</p></span>

FC2ブログ、TP更新記録

過日は「FC2ブログ、引越し見合せ」という事で、一件落着したのだが、テンプレートだけでも作成しておこうという気になった。どうせなら、最新技術らしい(レスポンシブ対応テンプレート)を利用する事にした。 関連記事:morpheus_black更新 / FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助
当該テンプレートを物色、共有TPの中で aki [sorauta1] 氏作成の「ct_responsive3c」に着眼した。
aki氏が提供するTPは多いが、同氏サイト「*Essence」での解説を拝読すると、このTPに傾注しているように思えた為也。「続きを読む」ボタンを押下しなくとも「全文表示」するようにカスタマイズ方法が説明されている。解説のとおりに工事を行えば、俺のやりたいことが叶いそう也。俺は頭を使う事が嫌いだ。
以下、試行用としていたFC2ブログへの工事について防備記録。「ct_responsive3c」更新日:19/09/10
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
使用するレスポンシブ対応テンプレートはct_responsive3c。作者 aki [sorauta1] 氏サイト*Essenceの解説記事の通りに実施。
1.着せ替え nightscapeにより『ct_responsive』暗色CSS(3カラム用)を適用
(エントリー全文表示の方は、更にこの記事のスタイルシート部分だけを再度修正して下さい。
2.文字装飾・絵文字挿入機能では、「コメントの投稿・編集欄に文字装飾・絵文字挿入機能を除去したので付ける方法を解説」との事だが、設定したTPでは除去されていなかった。よって、このまま利用する。
3.エントリー全文表示により(俺が適用した2019/09/27時点では、解説と記載が少々違うので要注意)
<!-- 要約表示用HTMLの貼り換え ここから--> という所から <!-- 要約表示用HTMLの貼り換え ここまで--> という所までを、下記↓Read More に掲載しているHTMLに変更して下さい
<!-- 記事ページの追記開閉が不要の場合はここから削除 -->
<!--permanent_area-->
<div class="hidden_box">
<input type="checkbox" id="navTgl">
<label for="navTgl" class="open">ReadMore</label>
<div class="hidden_show"><%topentry_more>
<label for="navTgl" class="close">Close</label>
</div>
</div>
<!--/permanent_area-->
<!-- 追記開閉が不要の場合はここまでを削除し、この部分に<%topentry_more>(全角山括弧を半角に変更して)を入れる -->
4.プラグイン3をお知らせ用に表示する・管理人コメントを装飾 ※本格運用する事にしたら
5.[必読]レスポンシブテンプレートの使い方(設定) ※殆ど設定済
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
<< CSS >>
1.フォントサイズ変更
font-size:80%; /* フォントサイズは1em(16px)の80% */
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
font-size:100%; /* フォントサイズは1em(16px)の80% */
font-family:"メイリオ",Meiryo,"ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro",Osaka,"MS Pゴシック","MS PGothic",Verdana,sans-serif;
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",Verdana, sans-serif;
2.Google Analytics

3.「メールアトレス入力欄」を除去
<label for="name">Subject:</label>
<input id="subject" type="text" name="comment[title]" value="No Subject" onblur="if (!this.value) this.value = defaultValue; this.style.backgroundColor='';" onfocus="if (this.value == defaultValue) this.value = ''; this.style.backgroundColor='#f7ffff';"><br>
<label for="mail">Mail:&nbsp;管理画面にのみ表示</label>
<input id="mail" type="text" name="comment[mail]" value="<%cookie_mail>" onblur="this.style.backgroundColor='';" onfocus="this.style.backgroundColor='#f7ffff';"><br>

「記事編集」ボタンを付ける
<!--allow_tb-->
<div class="tb_counts"><a href="<%topentry_link>#tb">トラックバック(<%topentry_tb_num>)</a></div>
<a href="<%server_url>control.php?mode=editor&process=load&eno=<%topentry_no>" target="_blank" title="編集(管理用)">記事編集</a>
<!--/allow_tb-->  
過去記事:FC2ブログをスマホから? / FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる) / FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化
<!-- 投稿時間不要の場合は ここから-->
<!--permanent_area-->&nbsp;<%topentry_hour>:<%topentry_minute><!--/permanent_area-->
<!-- 投稿時間不要の場合はここまでを削除 -->
<!--permanent_area--> <!--/permanent_area--> を外すと個別記事ページだけでなく、トップページにも投稿時間が表示される。
以前「スマホにアクセス解析」と思い、「忍者ツールズ」が提供する『忍者アナライズ』及び『忍者バリアー』の無料版を設置するべくlivedoorの審査を申し込んだが非承認との事であった。本工事により煩い事を言わないFC2ブログに『忍者アナライズ』を設置し機能する事は判ったがデカデカとと表示される。あれではブログの邪魔になる。いう事で、FC2ブログでは『忍者アナライズ」ではなく「FC2アクセス解析」を利用することにした。
  • リスト文「<ul><li>~</li></ul>」や「<ol><li>~</li></ol>」を、「点付き」や「数字付き」にする。

FC2ブログ引越し見合せ

以前より、(https://)化の行われていないlivedoorブログを止める事を考え、引越し先としてFC2ブログにあたりを付けてきた。色々と面倒な束縛が無いに等しいと見たためである。また、FC2ブログを提供するFC2から他のサービスも無料レンタルしているからついでという事で、アチコチに会員登録したくなかった。以前にもレンタルしていたので、取っ掛かり易かったのと、PC以外にスマホやガラケーアクセスできるので有効利用である。今どき、ガラケーからブログにアクセスしようという暇人はいないだろう。livedoorブログでは「2020/03/31でガラケー終了」とのアナウンスがあったばかりだ。しかし、ガラケーやスマホからのアクセスは少なくない。俺のlivedoorブログですら、スマホアクセスは3割程度である。

スマホを所有していない俺だが、Androidタブレットでアクセスした画面もスマホと同じ画面なので、ソコソコに身なりを気にしている。しかしlivedoorブログは、PCもスマホも、画面はすべて御仕着せである。当然プラグイン等も御仕着せである。したがって、オーダーメイド的な事を気に掛ける事は無いに等しい。

片や、引越し先と目論んでいるFC2ブログでは、御仕着せよりはオーダーメイドが幅を利かせているようだ。有効な物も少なくは無いのであろうが、大多数は陳腐化した物である。暇人が腕試しの為に作ってはみたものの、それっきりで放置されているのだろうか。いずれにしても、無駄に作品数だけは多いようだ。
過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / FC2ブログに引越し再考 / スマホにアクセス解析
livedoorブログをはじめ多くのレンタルブログでは、ブログ側でアクセスしたデバイスを認知して、PC用orスマホ用の画面を自動的に表示する仕掛けになっている。しかし、FC2ブログではその仕掛けが無い。
べらぼうな事になるので、ここでは書かないが....簡単に言えば、FC2ブログではPC専用URL(https://〇〇/)に(?sp)を付加して書かなければスマホ用の画面にアクセスできない。

繰り返す内容になるが、livedoorブログをはじめ多くのレンタルブログではPC用orスマホ用のそれぞれの画面がある。しかし、FC2ブログでは(https://〇〇/?sp)でアクセスするスマホ用画面(テンプレート)は極めて少ない。また、機能的にも満足できる物は無かった。

それが原因なのかは不明だが、FC2ブログ 公式ちゃんねるでは(レスポンシブ対応テンプレート)なる物を紹介している。『ひとつのデザインで、パソコン・スマートフォン・タブレット端末に対応できる、それが「レスポンシブ対応テンプレート」なのです』とのことだ。
この(レスポンシブ対応テンプレート)は、FC2ブログの公式としても提供されているが、見栄え等を考えれば有志が共有しても良しとして提供する物の方が優れモノである。ということで。試行用としていたFC2ブログをリニューアルししてみた。
「メールアトレス入力欄」を除去
テンプレート内の変数『<%comment_mail+name> を <%comment_name> に変え、変数以外に表示部から以下の記述を削除する。
<dt><label for="mail"><%template_address></label></dt><dd><input id="mail" type="text" name="comment[mail]" size="30" value="<%cookie_mail>" /></dd>
「コメント装飾ツール」を除去
 <div class="comment_tool_wrap">
<script type="text/javascript" src="<%template_comment_js>"></script>
</div>

「記事編集」ボタンを付ける
<!--allow_tb-->
<div class="tb_counts"><a href="<%topentry_link>#tb">トラックバック(<%topentry_tb_num>)</a></div>
<a href="<%server_url>control.php?mode=editor&process=load&eno=<%topentry_no>" target="_blank" title="編集(管理用)">記事編集</a>
<!--/allow_tb-->  
 満足できる結果となったのでジックリ眺め直してみたところ、一点気がかりとなった。
すなわち、TOP画面では書いた記事の一部だけが要約されて表示されるのである。全文を表示させるためには「続きを読む」ボタンを押下しなければならない。これは公式and共有ともに同じようで(レスポンシブ対応テンプレート)とはそういう物なのかも知れない..と見たのだが、記事要約をしていない物もあるようなのでヨー分からない..という事で言及はしない。

巷のブログの殆どには「続きを書く」的なエリアが有り、冒頭部分とは異なる表示をさせる事ができる。
この場合は。執筆者の意図により文書を分割することができるが、(レスポンシブ対応テンプレート)などの様に「パソコンが勝手に要約文を作ってしまう」ということは、俺的には好まない。

 巷の無料レンタルブログの中でもgooブログは(レスポンシブ対応テンプレート)と見受ける物を見かけるが、世の中的にはどの程度の認知度なのだろうか?
また、「続きを読む」ボタンを押下してまで続きを読みたいと思う閲覧者がどの程度いるのだろうか?

俺的には「自分の忘備録」的な使い方をしているブログを、勝手に記事要約されてしまうのはお断り也。
いずれにしても、俺的にはパソコンでアクセスする閲覧者が見易いテンプレートであれば十分である。

鎌倉から当地に転居して2013年から書き始めたこのlivedoorブログである。引っ越しをする場合は書き始めた11月14日を節目にしたいと考えていたのだが....
livedoorブログの(https://)化を期待して、今しばらくこのままで行こう。

過去記事:FC2ブログをスマホから? / FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる) / FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化

ガラケー版終了の案内

(https://)化についてはサッパリ進捗の無いlivedoorブログだが、何やらの改変は行っているようだ。
フィーチャーフォン(ケータイ/ガラケー)向けサイトの表示が、2020/03/31で終了とのアナウンス有。
フィーチャーフォン(ケータイ/ガラケー)向けサイト終了のお知らせ|ライブドアブログ 公式ブログ
また、「【機能アップデート】スマートフォンでGIFアニメが再生できるようになりました」との事也。
いずれも、俺的には支障無い。特にガラケーからのアクセスは皆無の本ブログだが、借りた頃にはそれも選択肢だった事を思えば、これも時代の流れと些か寂しい感。それよりも、(https://)化の進捗見られず。

Pinterest:学

最近、ネットを徘徊していると何かの拍子に「Pinterest 」という画面に飛ばされることがある。
20190912193104

何やら写真関係を扱うWebサービスらしい。WikiPediaで「Pinterest」を眺めても、instagramの同族かしらん(?)という程度にしか理解が及ばない。それにしては公式サイトの画像をバックに目一杯に表示される「Pinterestへようこそ」の画面は力強い勧誘をされている感が強い。

世の中にはYouTubeにしろFacebook・instagramの類に、人の顔写真を掲載しまくりしても何とも思わない人が多い。ブログに掲載する事も含めて、ネットに掲載すれば秒殺で世界中に拡散されている。
自慢したいらしい孫だって、掲載した爺婆が死ぬ頃には立派な成人になる。中には顔がバレては拙い人生を送っているかもしれない場合も有るかもしれない。最近のマスコミはアッと言う間に、容疑者とおぼしき者の過去の写真を見つけてはテレビにお披露目されることになる。
また、「瞳を大きくする」とかのキラキラ写真にするアプリを使っている場合は、キラキラ化する為に何処かのサーバーに元写真が飛んで行っている。中国とは言わず、99%の国家が元写真を分析している事は周知の事実だ。それにも関わらず、巷の美男・美女はアプリで写真を加工して喜んでいる。

スマホにプライバシはない。企業や政治がビッグデータ収集のための道具と言って過言ではない。

一度拡散された写真などには著作権も人権も無いと考えて間違いない。権利を主張する事は自由だが、事実上は無に等しい。最近の「あおり運転」とやらを撮影したドラレコ写真を元にしたテレビ放送の出演者が、たかが数年の刑期を務め終えた犯人に仕返しをされたところで誰にも文句の言い先が無い。
そんな事は誰でも知っているハズなのに、instagramの類が新しく出現する世界は面白い。ちなみに、「ネットを見るときに使うのは、50代までは「スマホ」、60代からは「パソコン」 - シニアガイド」との事だ。このブログの場合、3割近くはスマホでのアクセスだから....

FC2ブログ、試用雑感

FC2ブログに引越し再考したが、結局は見合わせている。試行用としていたFC2ブログは、色々とリニューアルしたが当面は放置する。見合わせとした主な理由は「FC2ブログ」の特異性とでも言うのだろうか。
十年以上前に初めての無料レンタルブログはFC2ブログであり、当時は「無料レンタルブログとは、そんなもの」と思っていた。しかし、XOOPS用ブログWordPressを経験した今では特異な存在として感じる。むしろ、livedoorブログの方が変わり者なのかも知れないが...
巷にはブログサービスは多い。そんな中で、現在利用しているlivedoorブログを良いと言うつもりはない。所詮は個人の好みの問題である...という考えを前提にしても、「FC2ブログ」は特異的と思う。
その特性を形作る要素として、「FC2ブログ」は「FC2」という色々なサービスの中の1パーツであるということだ。
livedoorブログやgooブログ等は、それで完成しているか否かは別にして、ブログと称するひとっ塊で利用する事を目標にして作られていると見た。したがって、アクセス解析等についても機能的に満足するか(?)は兎も角として、ブログの機能としてまとめて提供されている。
しかし、色々なサービスを提供する「FC2」では「ブログ + アクセス解析 + 色々」とパーツを組み合わせて使うことになる。パーツそれぞれは優れていたとしても、組み合わせて使う場合には利用しにくいと感じる。むしろ機能的には劣っているとしても、それぞれのパーツを組み合わせたトータルな製品としてリリースしている方が、総合的には利用し易いと考える。とは言っても、それは個人の好みの問題と言われれば致し方ないとしか言いようがない。これ以外に、FC2が「プラグイン」と称する物を組み合わせれば混在コンテンツを識別する事の面倒さや、jQuery(JavaScript)が新旧混じり合っているであろうことを推測すると食指が伸びない。せめて、古いテンプレートは撤去する努力が欲しい。

と理想を述べても、それは利用者が努力すれば改善できることだ。
「FC2ブログ」は「WordPress」的に、ユーザーがアレコレを組み合わせて自作する的な物なのかもしれない。例えれば、部品を集めて改造車を作るような快感があるのかもしれない。しかし、改造せずとも、そのまま使える事を望む俺には面倒な感が強い。尤も、改造せずとも乗れるには乗れるが...
しかし、記事を書く場合、エディターを利用する場合に感じるギクシャク感は利用者では如何ともし難い。

FC2ブログが提供するエディターには、新と旧がある。この新←→旧の行き来の際の所作が不可解だ。
新エディターを用いて書いた文書を、途中から気が変わって旧エディターで続けようとすると、新⇒旧に切り替えることで書き掛けの文書が消滅してしまうのだ。逆のケースも同様に消滅してしまう。
『旧エディターでは「引用<blockquote>」のボタンが有るが、新エディターでは無い』という、整合性の無い新・旧エディターを提供されても無意味と思われる。
また、旧エディターでは「高機能テキストエディタ」と称する機能があるが、使い分ける意味が不明也。

とはいうものの、FC2ブログを利用する巷の一般的なブロガーの場合、文中でリンクを張ったり、引用を用いたりしている人は少ないようだ。淡々とテキスト文を書くだけであれば、エディターの機能や新旧を気に掛ける事は無いのであろう。しかし、閉鎖予告されたYahoo!ブログ難民から苦情が増えたらどうする

FC2ブログの記事書き込み画面 (新)
FC2

FC2ブログの記事書き込み画面 (旧)
20190914161455

livedoorブログの記事書き込み画面
20190914112518

俺の俳諧先ブログでは「引用」符を用いて記事を書いているのを見かける事は少ないが、それはユーザーが使っていないだけであり、利用しているレンタルブログからは「引用ボタン」が提供されている。
「何とかしろよ、FC2ブログ」とlivedoorブログでぼやいてみても意味が無いか
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2019年の日本
2019年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板

つぶやき
名言黒板
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
QRcode QRcode(2)
Make it cman
・ IPアドレス検索 ・
  • ライブドアブログ