世界遺産になったとか聞けば、今どきの日本人は その場に殺到する。
自身では何を見たいのかの当ても無く、有名になった場所だからという理由のようだ。
世界遺産に限らず、海・山・川の自然景観でもテレビに紹介されると人は殺到する。
自然景観だけでなく、名産や美味しい店として紹介されると人は殺到する。

何をしに行くのか(?) 目的も無く、人混みを求めているとしか思えない。
日本人の一般家庭意識と同様に、テレビ等で紹介されたことをしなければ、のけ者になったかのごとき思いなのか
混雑することが歴然としている時期に、混雑する場所を求めて行かずとも、他に選択肢が有ると思うのだが...

他人の尻を眺めながら やっと登った富士山頂で、他人様の顔を通して景色を撮らなくても...

今日から8月。 暇に任せて出かけて 他人様の手を煩わせることのないように、自力で楽しもう。