昨日、石川県向けの地域テレビで「防災訓練を実施した」旨の報道があった。

その訓練の内容とは
地震が発生し、学校に行っている児童を親が迎えに行く
というものである。

東日本大震災が発生後、地震後は
学校にて児童を預かり、安全が確認された後に親が引き取りに来る。
のが適切とされているのに、石川県は御存知無いのだろうか??

児童を親に引き渡してしまえば学校側としては気楽であろうが、地震が発生した時、親が迎えに来られるのか??
迎えに来ている際に津波や火災が発生するのでは無いか??
等など、東日本大震災での事例は石川県の防災計画には生かされていない。

そもそも石川県民は、防災危機管理にかんしては極めて無頓着である。
石川県金沢市近郊でも、 金沢平野東縁断層、森本・富樫断層帯がある。
能登海岸断層、邑知潟断層帯がある。
しかし、特に金沢市民は「金沢は、大きな地震が来ない」と言う。

行政側は、一般市民の危機意識を高めることから始めなくてはならない。
ましてや、行政が計画した防災訓練がそんな内容ならば、何おか言わんや!!