知らなかったではすまされない!妻のへそくりが追徴課税の引き金に…|ダイヤモンド・オンライン



夫が死亡し遺産相続に関する税務申告をする際、妻がヘソクリして自分名義で預金した金でも、法律的には夫の財産(遺産) とみなされてしまう場合があるとのことだ。 税務署はお金の出所を重視するとのこと。

すなわち、収入が無い妻の場合で、夫の収入を元にした生活費を工面してヘソクリをしても 「夫が資金源」 なので、夫(被相続人) の遺産として税務申告しなければ 「所得隠し」 の脱税として罰せられる可能性があるのだそうだ。
また、国税庁には預金取引の履歴や所得税の確定申告データ、資産譲渡の記録など、過去のお金の流れを把握できるシステムが有るので必ずバレてしまうとのことだ。
相続直前に引き出した預金等もチェックされるそうだ。

以前の記事 「妻に毎年110万円渡そう」 でも書いたが、非課税の範囲内でボチボチと妻の名義で貯金替えをすることが必要だろう。 但し、
相続開始から過去3年間に生前贈与したお金も相続財産の対象になる。 
贈与においては年間110万円の非課税枠が設定されているが、この間(相続開始から過去3年間) に贈与されたお金は非課税が無効となり、相続財産に持ち戻して申告しなければならない。 とのことを知った。
また妻は、結婚前の自分の(持算)金や、結婚後に稼いだ金は、夫が資金源では無いことが税務署に判るようにすることだ。
この事は、子供や孫(相続人) も同様とのこと。 生前贈与税の申告に該当する程の金額をお年玉にするケースも少ないだろうが、「夫が資金源」 である場合は貯金口座の名義人に関わらず夫の遺産となる場合も有り得る。