神戸の女児が行方不明となっていた事件は、最悪の事態となった(黙祷)。

この事件に関する、マスコミの細々とした内容のニュース報道には怒りを覚える。
本件に限らず、全国向けの報道で あれ程までの内容が必要なのだろうか。
家族や近親者だけが知れば充分な内容でも、取材したから、自社だけのスクープだと思うから、報道するのだろうか。 マスコミと名乗る会社が多い中で、カメラマン・リポーターの数は知れず、その者達の人件費・取材費等の元を取る為には過激な内容であっても放送するのだろうか。 視聴者はそれを望んでいるのだろうか。

古くのマスコミは、人間の尊厳に関わる内容は報道しなかった。
そのようなことは、三流紙や下らない週刊誌が報じる内容であり、一流と自負する者が報じるものでは無かった。
WikiPediaに見るだけでも「報道」・「表現」に関することはある。
表現の自主規制 / 報道におけるタブー / 放送禁止用語 / 放送問題用語
あれほどまでに、過剰な報道は無用に願いたい。 編集者のプライドは、ドコに消し飛んだのだろう。

関連過去記事

過激報道はもう充分
マスコミは殺人事件が好き