「定年退職後の暇人 ATOK」を拝読した。
ジャストシステムが発売するIMEであるATOKについて書かれている。
いずれも懐かしい名前だ。

ジャストシステムは、OASYS等のワープロ専用機を用いるのが当然だった頃に、NEC PC-9801用ワープロソフト「一太郎」 を発売して一躍脚光を浴びた企業である。
失礼ながら、四国は徳島県という当時にしてはマイナーな地域で あのような物を作り、売れたということに驚いたものだ。 しかも、開発者であり創業者が若い御夫婦であった事には、二重の仰天であった。

当時は 「一太郎」 以外にもワープロソフトが多数出回っていたが、その競争を生き延びたことは、IMEであるATOKが優秀であった為なのだろう。
ATOKは、その名称に定まる以前よりマイクロソフト製品にバンドリングされる等して、知名度が上がったようだ。
Windowsを利用して以来、付録の物(Microsoft IME) 以外の辞書変換ソフトしか他に用いたことが無いが、改めてIMEなる物が複数存在することを知るとともに、ATOKが健在であることを知った次第だ。

改めてATOKに乗り換えるつもりは無いのだが、価格を調べたら6千円程もするようだ。
また、ジャストシステムは、以前はIBMが発売した「ホームページ・ビルダー (V15以降)」 を扱っている。