今や政界は、年内の解散・総選挙ということで色めき立っている。
瓦版屋も これに追随して、解散の話題で持ちきりになっている。

しかし、忘れてはいけない。 ある意味では、今回の解散劇の前哨戦だったかもしれないことが未解決だ。
松島みどり 前・法務大臣、小渕優子 前・経済産業大臣の政治資金問題」 である。

当時は、本来の国会審議を行わずに この問題を追求していた野党であるが、両人が大臣を辞任した途端にダンマリだ。 政治資金問題としての追求は、何ら進展しないままに 今回の解散劇になってしまった。
スネに傷持つ呉越同舟の政治家達は、これ以上追求しないだろう。 瓦版屋も、書き立てることを止めてしまった。

刑事罰も適用されるとか(?) で、やたらと騒いでいたのは どうなってしまったのだろうか
両人は、これから行われる衆議院総選挙では どの選挙区から立候補するのだろうか??
短い期間とはいうものの 大臣経験者の両人だから、きっと再当選するのだろう。
それで良いのだろうか 儂は、当選させた選挙民を笑ってやろう。

松島氏については、2014/10/16 民主党副幹事長の階猛氏が告発状を東京地検に提出しているそうだ。
小渕氏については、自身が 専門家を入れた第三者に調査を依頼する方針とのことだった。 それだけかい
いずれも、最近の動向は報じられていない。

関連過去記事
くだらない国会劇を笑う
政治劇の裏には??
どうした国会審議?!

民主党の野田前総理大臣は、安倍総理大臣と約束した定数削減が実現しないことを怒っているそうだ。
魑魅魍魎が跋扈する政界なんて、そんなものだろう。