我輩は某銀行のダイレクトバンキングに加入していた。
女将は野々市市に、我輩は埼玉県大宮区にと 二重生活をしているころ、振り込みの支払いや入金の確認に便利であろうと思って加入した次第である。

ダイレクトバンキング利用にあたっては、PCと携帯のメールアドレスを登録していた。
用途が用途なだけに、G-mail等では無く、我輩の私用メルアドである。
その秘密メルアドに、先週金曜日(12/20)の銀行窓口が閉鎖された後で奇妙なメールが到着した。

最初に某銀行のメールアドレスから 「貴方の申し込んだ懸賞は、めでたく登録を完了しました」 といった内容のメールが届いた。
我輩は、そんな懸賞を申し込んでいない。 これは何だ!!??  である。

10分程して やはり某銀行のメールアドレスで、「ダイレクトバンキングの画面を見ることでパスワードを盗み取るウィルスが確認されたので、速やかにダイレクトバンキングからパスワードを変更してください」 といった内容のメールが届いた。 御丁寧に、変更用画面のURLが示されている。

先のメールと併せて考え、 これは怪しいと考えた。
悪意の第三者が我輩の秘密メルアドを知り、ダイレクトバンキングのパスワードを盗もうとしているのではないか...その手に乗るか

既に銀行窓口の電話には通じない。 
しかし、カード紛失時用に電話し、ダイレクトバンキングの利用を停止してもらった...という次第。
今日は、銀行窓口にて、正式にダイレクトバンキングの利用停止手続きを行った。

使わなっくなったネットサービスは、速やかに解約しなければ