NHK土曜ドラマ「足尾から来た女」を見て、尾野真千子の演技力を見直した。
柄本明氏などの渋い共演者達に囲まれ、あの重いストーリーの中で、自分の景色を発揮している。
※WikiPedia:NHK土曜ドラマ「足尾から来た女
比べては恐縮だが、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役を演じた綾瀬はるか氏の拙い東北弁よりも 堂に入った栃木弁である。  ※WikiPedia:足尾銅山

尾野真千子について我輩は、NHKの朝ドラ「カーネーション」 と NHK土曜ドラマ「夫婦善哉」 に出演した女優という程度しか知らなかった。
いずれのドラマでも関西弁というか大阪弁というか(?)での演技であり、彼女が奈良県出身ということも相まって、関西が嫌いな吾輩としては食わず嫌いのところがあった。
しかし、「足尾から来た女」  を見て、その誤りに気付いた次第である。
調べてみると、尾野真千子氏は随分と色々出演しているんだね~

宮崎あおい氏、沢口靖子氏に並べて、注目したい女優さんである。