石川)土砂崩落、濁る手取川 アユ放流を延期:朝日新聞デジタル
今年の米は、だめかも知れない

<<転載>>
 国土交通省金沢河川国道事務所によると、崩落があったのは白山市の 一里野温泉から約10~12キロ上流の支流・中ノ川仙人谷付近。5月に入り、河口付近にまで濁りがみられるようになった。国交省が10、11両日にヘリコ プターで調べたところ、上流の斜面が高さ約300メートル、幅約150メートルにわたって崩れ、雪を含んだ土砂が大量に流れ出していることが分かった。

 この場所では昨年10月に小規模な崩落を確認していたが、雪解けとともに崩落が拡大したとみられ、土砂の流出がいつごろ止まるか判断できないという。

(福田純也)