違憲指摘、憲法審で論戦 自民「自衛考えるのは政治家」:朝日新聞デジタル
安全保障関連法案の審議が揉めている。 当然のことだ。
  • 当該法案が違憲であるとかを国会で政治家が議論して無駄に日銭稼ぎをしているのならば、法律の専門家に議論させた方が手っ取り早い。 政権が 「違憲では無い」 としたとする専門家と、衆議院憲法審査会参考人質疑で 「違憲である」とした憲法学者を討議させるのも方法だろう。
    自民党の高村正彦副総裁の発言のように、最高裁判所に判断させることも方法だろう。
    しかし、それでは期間が掛かり過ぎる為に、安倍総理としては嫌なのだろう。
    最終的には、与党の数の力で押し切られるのだろう。
  • 安全保障関連法案の内容の是非や法制化の要否、違憲判断に審議時間を掛けることも無いままに、急いで本法案を法制化しなければならない背景には何があるのだろうか 野党は、政権が法制化を急ぐ理由を追及して欲しい。 なぜ今、政権が法制化を急ぐのか(?) の説明は、何らなされていない。
  • 仮に本法案の法制化が日本にとって必要不可欠であったとしても、安倍政権の時代に実現することは嫌だ。 確信犯の大嘘つきに誤魔化されて、戦争への道を作るのは嫌だ 公表できない裏には何が有る
    もっと真摯にこの問題を考えて遂行てきる者が政権を取る時に、改めて議論してから法制化したい。
関連過去記事
姑息な防衛は止めてくれ
先が見えない戦争法案
安倍総理の国会答弁
安全保障法制:学
野党は所詮野党だね