放送の遅い当地で、今日の秘密のケンミンSHOWでは 「食い倒れの街 大阪」が流れている。
「大阪」 とは言うもの、「岸和田市」等が取り上げられている
大阪」とは、「大阪市」 のことを呼ぶ地名であると思い込んでいたので、勉強してみた。
WikiPedia:大阪によれば
大阪は、日本の近畿地方(関西地方)の地名である。西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神(畿内、大阪都市圏、関西圏)を漠然と総称することにも使われる。
とのことだ。 それ以外にも、歴史を含めて色々と記述されているが...

話題は違うが、我輩は、今風に言う「大阪弁」 を好まない。
昔は浪花千栄子氏などが話す方言が大阪弁と思い、さすがに歴史の長い土地の方言は京言葉に並び 響きの良い美しい言葉と思っていたが、あれは船場言葉というもので、最近のお笑い芸人が使う我輩が嫌いな大阪弁とは異なる。
WikiPedia:船場言葉
船場言葉(せんばことば)は、大阪市船場の商家で用いられた言葉。昭和中期まで、折り目正しい大阪弁の代表格として意識されていた。大阪弁研究家の前田勇は船場言葉について「大阪弁は庶民的な言語であるというのが通説であるけれども、少なくとも船場言葉にそれは当たらず、船場言葉は、いうべくば貴族的以外の何物でもない。」と評した。
最近は、船場言葉を耳にすることは稀である。 ガサツな大阪弁は、大阪人の根性を見ているようだ。
大阪都構想を推進するよりは、浪速を独立させたほうが良いのでは...美しい大阪市、美しい大阪
WikiPedia:大阪弁より
大阪弁とは、大阪で話される日本語の方言で、近畿方言(上方言葉または上方語)の一種である。
  1. (狭義)大阪市の方言:摂津方言の一種(船場言葉を含む)。
  2. (広義)大阪府の方言:摂津方言・河内方言・和泉方言。

さりとて、東京も偉そうに言えるわけでは無い。
産れも育ちも秋田の団塊爺に言わせれば、旅先等で 「東京から来ました」 と能たまう小母様・お嬢様が 練馬区 あたりの人と知れば、あそこは東京じゃ無い 
東京者と名乗るならば、旧東京市15区(麹町区・神田区・日本橋区・京橋区・芝区・麻布区・赤坂区・四谷区・牛込区・小石川区・本郷区・下谷区・浅草区・本所区・深川区) に住んで欲しい。 ※東京都区部の歴史
WikiPedia引用
江戸時代、江戸の市域は、「朱引」と呼ばれ、その範囲は「朱引き線」によって明示されていた。
明治2年2月19日(1869年)、江戸に代わった東京府は、新たな朱引を定めた。
これは皇居を中心とし、朱引の内側を「市街地」、外側を「郷村地」と定めるものであった。
要するに、練馬は勿論のこと世田谷・豊島・板橋・杉並・中野等は東京じゃない。 東京都民である伊豆諸島や小笠原諸島の住民は、東京から来たとは言うまい。 東京都下の市民は、厚かましく言うかな
しかし、巷では以下のような認識があることは確かだ
WikiPedia:「東京」の範囲によれば
歴史的に、江戸時代の江戸市域を中心に東京が形成されたが、東京府東京市から東京都成立という歴史もあり、様々な範囲のとらえ方が見られ、曖昧模糊としている。
「多極分散型国土形成促進法」には「東京圏」と表現し、それには市部が含まれている。
WikiPedia:東京地方より
東京地方という表現は、天気予報において用いられており、東京都のうち、島嶼部の伊豆諸島及び小笠原諸島を除いた本土部分全域を指す地域名。
天気予報以外でも「東京地方」という言葉が使われることもある。
東京都は日本の首都であるという特殊性から関東地方から分離独立して使われる時に使用される。但し一般的には沖縄県が九州地方に含まれるのと同様、東京都は関東地方に含まれる。
※東京都が日本(国)の首都である根拠は無い。
WikiPedia:日本の首都より   ※WikiPedia:首都
日本の現行憲法下においては「首都」を制定すべき法的要請はない。また首都を制定する法令もない。
※この為、京都を日本の首都とする識者もいるとのこと。
現在の「首都」は一般的に「首都建設法」(昭和25年法律第219号:廃止)内で謳われている東京都であるとされている。ただし、首都建設法は1956年(昭和31年)に廃止されており、現行法規で「首都」についての直接的な表現を用いて定めるものはない。
また、「首都圏整備法」(昭和31年法律第83号)では、茨城県、神奈川県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、栃木県、山梨県を首都圏と定めている。 ※天気予報では、新潟県も首都圏としているのは??
色々と勉強になったが、京都府 と 京都市 の関係も よ~わからん。 まっ、ええかという いい加減さ