GoogleChrome起動時に開く広告や警告表示の停止、削除方法 還暦QPONブログ」を拝読した。
役立ち情報なので、紹介させていただく。
なお、執筆者のQPON氏は、ホームページを開設したシニアには有名な「還暦QPONホームページ」の管理人であり、ホームページ運用に便利な各種プログラム等を提供している人である。

インターネットをしていると「あなたのパソコンは遅くなっている!」というような警告とも読める広告が表示されるパソコンがある。そのパソコンは、既にウィルスに感染していると考えても間違いない。過去記事:MyPC Backup って(!?)
その広告の枠には「Microsoft」の表示がなされていね為、あたかもマイクロソフトの公式プログラムでもあるかのごときだが、実はマイクロソフトとは無縁な不正ソフトウエアサイトに誘導される。 マルウェアとも呼ばれる物らしい。
【一例】
215865129.v1434975185

以前、「いかがわしい広告が付いたようだ」でも書いたが、俺もマルウェアの被害経験者であり、その駆除作業には随分と苦労した。 なお、現在は駆除済みであり、その他のウィルスにも感染していない。

上記記事により、Google chrome のヘルプセンターから「ソフトウェア削除ツール」とタイトルされたツールが提供されている事を知った。 早速ダウンロードし実行してみたが、該当する不正プログラムは無かった。
225569191.v1437787942

ダウンロードや実行する経緯は割愛するが、画面のメッセージに従って実行すれば良いので、迷う事は無いだろう。
但し、上記画面が表示された後で、不正ファイルが存在しなかった場合は、以下の画面になる。
不正ファイルが存在した場合、どのような表示がなされるのか(?) は、知らない。
225569194.v1437787952
この画面では、必ず【キャンセル】を押下しよう。 それまでのGoogle chromeの設定がすべてクリアされるようだ。

俺のブログへの訪問者中、Windows パソコン利用者では、半数がInternet Explorerをブラウザとして用いている。 パソコンに付録している物だから安直に使いやすいのだろうが、その悪評を聞けば使う気にならないのでは?
Internet Explorerのバージョン6を用いている人も来訪する事には、ビックリを通り越してしまう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブラウザを変えてみたい人向け】 (  ) 内は、2015/07/25現在の64ビット用最新バージョン
Internet Explorer 11 (11.0.21)
※「Internet Explorer 11」は、Internet Explorerの最上位のブラウザだ。     Windows 8.1 パソコンに標準で搭載されているが、それ以外にも、Windows 8 をはじめ、Windows 7 及び Windows Serverでも64ビットのCPUなら完動する。
Google chrome (44.0.2403.107 m) 2015/07/25更改
※利用者数は、最も多い。 ASCII.jp:ついに日本でもIEが過半数割れに、世界はすでにChromeが寡占 Mozilla Firefox (39.0) 2015/07/03更改。 なお、64ビットは未提供(開発版有)で、32ビット版のみである。
※「Netscape Navigator」の後続版とも言える。利用者数は、Google chromeに次いで2位という統計もある。
Google chrome以外のブラウザからも、このような簡易な不正ファイル駆除ツールが提供される事を望みたい。

関連過去記事
暇な人は是非やろう
パソコン不調を嘆く君へ
ブログにアクセスできない
ヤバイ PCセキュリティ
怪しいツールバー!?
Webブラウザをチョイス-2
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・- ==【追記】 2015/07/28 ==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
通常使うWebブラウザを、FirefoxからChromeに変更した。
また、64ビット版を使っていたつもりだったのが、32ビット版だったため、変更して 44.0.2403.125 m (64-bit)とした。